蓄膿症 匂い。 蓄膿症の臭いはどんなにおいで対策はあるのか

この臭い、他人ににも臭ってる?ただの風邪ではなく蓄膿かも!気になる蓄膿症の臭いの特徴を知ろう

蓄膿症 匂い

桃の節句も間近となり、長かった冬も終わろうとしていますが、皆様いかがお過ごしですか。 お客様から蓄膿症で病院に通っていると言うお話を頂きました 中々完治まで大変そうで、お悩みになっている方の何かの足しになればと頂いたお話をまとめてみました。 よろしければお付き合いください。 Sponsored Link 蓄膿症による臭い玉が口臭の原因?原因と対策 膿栓(臭い玉)とは? 蓄膿症(副鼻腔炎)の方は鼻をかむと黄色い塊のようなものが出てくると思います。 蓄膿の膿のようなものが鼻から喉の奥に溜まり、口臭の原因になることがあります。 ここに溜まる膿の塊を膿栓といい、通称、「 臭い玉、匂い玉」などと呼ばれています。 場所はのどの扁桃腺のポケットのような場所。 のどちんこの奥のひだの部分です。 Sponsored Link 蓄膿症による臭い玉が口臭の原因?原因と対策 膿栓(臭い玉)ができる原因は? 膿栓(臭い玉)は 鼻水の膿が溜まったものと思われがちですが、 実はそうではありません。 扁桃腺のポケットのようなくぼみは誰にでもあり、 そこに細菌の死骸や食べかすなど汚れが溜まります。 細菌が繁殖し腐敗臭を出すのが膿栓による口臭の正体です。 実はけっこう臭い玉があることを自覚している人は多く、 なんとか自力で取ろうとしているようです。 一つ一つは臭いを閉じ込めたカプセルのようになっていて、 カプセルが破れると臭いが拡散するようです。 つまり破れなければそれほど害はないということです。 Sponsored Link 蓄膿症による臭い玉が口臭の原因?原因と対策 対策は? 膿栓(臭い玉)は耳鼻科で取れます 綿棒や爪楊枝など道具を使うと粘膜を傷つける可能性があるので、 もし取りたいなら耳鼻咽喉科に行くことをおすすめします。 ただし膿栓(臭い玉)は取ってもまたすぐに出来ます。 扁桃腺のくぼみがある限りはなくなることはありません。 また診察で軽い蓄膿症と分かることもあり、薬を飲むだけで解決することもありますよ。 Sponsored Link 蓄膿症による臭い玉が口臭の原因?原因と対策 膿栓(臭い玉)の予防ってあるの? 予防方法としては 殺菌効果のあるうがい薬を使って毎日うがいをすることです。 単純ですがそれが一番効果があります。 外出時なら 緑茶や烏龍茶などでうがいをするも効果があります。 うがいの際はできるだけ喉仏くらい奥のところでうがいします。 扁桃腺のくぼみに行き渡るようにしましょう。 やりすぎるとえづいてしまうので、少し顔を上に向けるくらいでいいと思いますよ。

次の

蓄膿症(副鼻腔炎)のくさい臭いの原因と消す対策

蓄膿症 匂い

スポンサーリンク 鼻水が臭い原因は、大きく分けて二つ考えられます。 では、ひとつずつ詳しく説明させていただきます。 つまり、 大気中のホコリ ホコリ中の成分 が臭いと、 そのホコリが付着する「鼻水」、 そしてその鼻水を元にして作られる「」が臭くなるという事です。 これは、服や髪に臭いが付くのと同じ原理です。 もう少し詳しく説明します。 臭いは元々、「粒子」と呼ばれる、 とてもとても細かい粒々です。 例えば、 焼肉の臭いは服や髪に付きやすいです。 あれは、焼肉の成分が粒子となって宙に舞い、 それが服や髪に付着することで臭いがつきます。 また、焼肉の場合、その成分に脂が含まれているため、粒子が剥がれ落ちにくいのです。 つまり、臭いが落ちにくいということです。 同様に、地球上には排気ガスや便、はたまたお香やアロマなど、さまざまなニオイを発するものがあり、その成分も数知れずです。 ですから、 仮にアナタが「臭い」ものを完全に排除した環境に身を置けるのであれば、アナタの「鼻水、鼻くそ」は臭くなくなります。 既述の通り、臭いは「粒子」なので、 その臭いを吸わない限り、鼻水・鼻くそは臭くなりません。 そのため、臭いが気になるのであれば、 マスクでの生活をオススメします。 マスクをすれば、 鼻くその量も減り、臭いも格段に落ち着きます。 続いて二つ目の原因を見てみましょう。 明らかに「鼻水、鼻くそが臭い!」という場合は、この副鼻腔炎を疑った方が良いでしょう。 ではここで、副鼻腔炎について簡単に説明します。 副鼻腔炎とは? 副鼻腔炎 ふくびくうえん とは、 鼻の周辺にある4箇所 左右計8箇所 の「副鼻腔」という場所が、何らかの原因で炎症を起こす病気です。 副鼻腔炎は風邪やインフルエンザの延長で発症することが多く、鼻の奥に溜まった黄色や緑色の鼻水が、そのまま副鼻腔の中で溜まり続け、副鼻腔内で炎症を引き起こします。 それら原因で炎症が引き起こされると、 副鼻腔内で 膿が発生し、 臭いのきつい黄色・緑色の鼻水となって出てきます。 これらの症状が慢性的 3ヶ月以上 になった場合、それは 「慢性副鼻腔炎 蓄膿症 」と言われる病気に進行している可能性があります。 副鼻腔炎の場合は、 自然治癒するものから、最悪手術が必要になるものまでありますので、まずは今の症状が副鼻腔炎なのか、さらにはどのタイプの副鼻腔炎なのかを見極めましょう。 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の

蓄膿症(副鼻腔炎)のくさい臭いの原因と消す対策

蓄膿症 匂い

鼻の中が臭い場合は蓄膿症かも? どろどろの鼻水が喉に落ちて、鼻の中が臭い場合には、先ず蓄膿症(副鼻腔炎)を疑ってください。 蓄膿症(副鼻腔炎)になると、鼻水が喉に垂れる後鼻漏の症状を起こし、鼻と喉からひどい口臭がするようになるので、膿栓(のうせん)と勘違いされる方もおられます。 また、後鼻漏になっているからといっても、蓄膿症ではなくアレルギー性鼻炎の場合もあります。 後鼻漏になると、「鼻うがい」で対処する方もおられますが、お医者さんの指示をうけずに勝手に「鼻うがい」を行うと鼻の粘膜を傷めるかもしれません。 それに、蓄膿症(副鼻腔炎)は、鼻の奥の副鼻腔という所に膿が溜まる病気で、放置すると慢性化や悪化する原因になるのでご注意ください。 このように、正しい知識がなく対処すると、かえって悪化することがあります。 今回は、蓄膿症(副鼻腔炎)の症状と対処法についてお伝えしますので、鼻の中が臭いとか後鼻漏が気になる場合には、ぜひご参考にしてください。 この記事の目次• 鼻が臭い場合の原因(病気) 風邪でもないのに鼻がつまるのが続く、それも鼻で息ができないほど鼻がつまる。 鼻をかんでもかみきれないし、黄色い鼻水が出る。 それに、鼻が臭い! もしかしたら、鼻の病気かも? このような症状で一番疑われるのが、蓄膿症(副鼻腔炎)です。 蓄膿症(副鼻腔炎)は、鼻の根本にある副鼻腔に膿がたまる病気で、膿が鼻汁と混じり喉にたれるため鼻が臭くなります。 そして、副鼻腔に膿がたまることでよく頭痛を引き起こします。 元々、鼻水は無色なのですが、慢性蓄膿症になると死滅した白血球や免疫物質が鼻水に混じるため、鼻水が黄色くなります。 ところが、鼻水が黄色ではなく褐色になっている場合は、出血しているかもしれないので、早目に耳鼻科で診てもらってください。 引用: 「鼻が臭い」場合は、蓄膿症(副鼻腔炎)が原因のことが圧倒的に多いのですが、鼻や喉に細菌が感染して炎症を起こし「膿」が出るようになると臭くなります。 蓄膿症以外にも次のような病気で鼻が臭くなることもあります。 アレルギー性鼻炎• 咽頭炎• アデノイド• 扁桃炎• 耳鼻咽喉科の腫瘍など 後鼻漏(こうびろう)で鼻と喉が臭くなる 普通、鼻水は鼻の外に流れ出るのですが、喉(のど)の方に垂れることがあります。 これを後鼻漏(こうびろう)といいます。 蓄膿症やアレルギー性鼻炎になると後鼻漏になりますが、蓄膿症の後鼻漏は「ドロドロ」としていて黄色や緑色の鼻汁、しかし、アレルギー性鼻炎の後鼻漏は「サラサラ」で無色透明の鼻汁です。 たいていのアレルギー性鼻炎のケースでは、「鼻・喉が臭い」ということは起こりません。 その理由は、アレルギー性の鼻炎になると鼻水が多量に分泌され喉に落ちても胃に流されるからです。 しかし、 ドライマウスの場合には、鼻汁が乾き喉粘膜に付着しばい菌が繁殖します。 このことが、アレルギー性鼻炎のケースでも口臭を起す原因になっているのです。 鼻炎による口臭について詳しくは、『』をご参考にしてください。 このようにドライマウスの人が後鼻漏(こうびろう)になると、鼻水が喉(のど)の壁にべっとりとつき細菌が繁殖します。 細菌が増えると、扁桃から免疫物質が分泌され副産物として膿栓(のうせん)や膿汁(のうじゅう)が出来ることに。 そして、口臭が出るようになります。 後鼻漏の原因について詳しくは『』をご参考にしてください。 鼻炎が元で後鼻漏(こうびろう)になっている場合には、先ず鼻炎を治療することが大切です。 ところが、鼻炎の治療をしないでそのままにして口臭を抑えようとする人がいます。 これでは、口臭も鼻炎もいつまでたっても良くなりません。 また、ばい菌が繁殖した粘液が舌に着くと舌苔ができます。 舌苔は口臭を発生するため、更に喉や鼻が臭いようになります。 舌苔の原因について詳しくは、『』をご参考にしてください。 蓄膿症(副鼻腔炎)で鼻が臭い 蓄膿症(副鼻腔炎)は、鼻の奥にある副鼻腔に膿がたまる症状をいいます。 風邪やアレルギーによって鼻の中に炎症を起こし、長引くと副鼻腔にも炎症(副鼻腔炎)が起きます。 アレルギー症状がある人の場合には、かんたんに急性の副鼻腔炎になるので、早目に病院で治療を受けることが大切です。 そのまま放置すると蓄膿症になるのでご注意ください。 副鼻腔炎が慢性化し、膿がたまるものを蓄膿症といいます。 ですから、副鼻腔炎を軽くみると大変なことになります。 蓄膿症の症状• 鼻がつまり息苦しい• ドロッとした黄色い鼻水が出る(悪化すると緑色の鼻水に。 鼻汁が喉にたれネバネバする(後鼻漏)• 鼻水が臭う• 鼻をかんでもかみきれない• 頭痛や頭が重くなる• 鼻の周りが痛いなど顔面痛を起こす• 食べ物の味やにおいがしない 蓄膿症(ちくのうしょう)の判断方法 蓄膿症(副鼻腔炎)になっているか確かめる方法は次のようにすると分かります。 蓄膿症になると副鼻腔に炎症を起こしているので 、鼻の付け根部分を指で押すと痛く感じます。 また、鼻づまりで息苦しくなり口呼吸になるのも特徴ですが、蓄膿症が悪化すると鼻茸ができるため鼻が詰まりやすくなるからです。 そして、鼻水は黄色くねばっとしています。 手指で鼻の付け根をおさえると痛みを感じる• 鼻水や鼻くそが臭い• 黄色や緑色の鼻水が出る 鼻炎になっているため、鼻汁や膿が喉に垂れることもあります。 いわゆる後鼻漏(こうびろう)の症状です。 後鼻漏になると、喉に鼻汁がべったりと付くので違和感を感じるようになります。 また、 後鼻漏が原因で膿栓が出来たり、口臭の原因にもなります。 詳しくは『』をご参考にしてください。 蓄膿症の臭いの特徴 蓄膿症になると、鼻水に膿が混じるため腐敗臭のような臭いをします。 よく言われる臭いとしては、魚の腐った臭いや生ごみの臭いです。 蓄膿症の原因 蓄膿症になる原因はいろいろありますが、意外にも一番多いのが「風邪」。 風邪は万病のもとといわれていますが、鼻風邪をこじらせると蓄膿症になるかもしれないので、早目に治療を受けることが大切です。 他にもアレルギーがある場合には、大掃除をした後に蓄膿症が発症することもあるのでご注意くださいね。 蓄膿症(ちくのうしょう)になる原因で多いのは風邪です。 風邪で鼻の粘膜に炎症が起こったのが、長引くことで副鼻腔炎にまで発展するケースが多いです。 同じ理由から、アレルギー(花粉症、ハウスダスト、ダニ、ペット、)症状がある人の場合にも、副鼻腔炎になりやすいです。 他にも、鼻の形、歯の炎症、偏食、大気汚染、ストレスが原因になることもあるようです。 喉(のど)から口臭がする場合の原因 喉(のど)から口臭がするといっても、その原因は様々で蓄膿症だけが原因ではありません。 原因を誤ると対処を間違えてしまい大変なことになるかもしれません。 昨晩、71歳の兄から電話がかかってきました。 「喉に白い塊ができたけど何やろ?」 細かく症状を聞くと、「喉に何かが引っかかっているようで違和感がある。 」、「痛みも熱もないが、唾を飲むと喉がイガイガして少し痛くなる。 」… もし、あなたも(私の)兄と同じ症状で、扁桃腺に白いものが見えたら、膿栓の可能性が高いです。 引用: では、喉からの口臭がする場合の原因には、どのようなものがあるのでしょう?• 蓄膿症(副鼻腔炎)や咽頭炎• 後鼻漏(こうびろう)• 膿 栓(のうせん)や膿汁(のうじゅう)が出来ている。 舌の奥部分に舌苔(ぜったい)が出来ている。 奥歯の奥に歯周炎が出来ている。 喉(のど)から臭いがする場合には、これらの内のどれかが考えられます。 唾液の分泌が少なくなると、舌の表面や喉(のど)の細菌が増殖するからです。 蓄膿症になると、後鼻漏(こうびろう)と言って、鼻腔に溜まる膿が喉に落ちてきます。 その膿が喉粘膜に付着することによって、膿栓ができるのです。 膿の中には細菌が多量にあるため、扁桃から免疫(粘液)が分泌されるのですが、この粘液が膿栓の原因になります。 喉(のど)の扁桃(へんとう)で細菌をキャッチしたものが膿栓(のうせん)です。 細菌は細菌の死骸にも繁殖します。 そして、口臭を発生します。 実は、蓄膿症になると鼻づまりになるため口呼吸になりやすい。 口呼吸になると口腔が乾燥するため、喉や口内の細菌が増えやすくなり、膿栓や舌苔がよく出来ます。 このように、蓄膿症の場合には膿栓が出来やすく、また、蓄膿症を治さない限り膿栓も出ないようにするのが困難ですし、蓄膿症が治ってからも中々膿栓が治らないこともあります。 詳しくは「」をご参考にしてください。 膿栓の対処法 膿 栓(のうせん)は、このように身体(喉)の仕組みによって出来るので、膿栓(のうせん)を取ってもすぐに出来ます。 膿栓(のうせん)ができないようにするには、喉(のど)を清潔にして細菌が増えないようにしないといけません 膿栓(のうせん)と膿汁(のうじゅう)を予防するためには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で喉のうがい(ゴロゴロうがい)を小まめに行うことがお勧めです。 アルカリイオン水はたんぱく汚れをよく落とすので、毎日喉うがいを行うことによって、喉を清潔にすることができます。 ですから、喉うがいは膿栓除去だけではなく膿栓の予防にもなります。 膿栓の対処法について詳しくは『』をご参考にしてください。 蓄膿症(副鼻腔炎)の予防と対策 蓄膿症(副鼻腔炎)になる原因で多いのは、風邪です。 その次が、花粉症などのアレルギー。 そして、鼻の形(鼻の中の壁が強く曲がっている)。 他にも、「虫歯や歯周病」、「偏食」、「大気汚染」、「ストレス」なども原因になることがあるといわれています。 予防で最も大切なことは、風邪をひかないようにすることです。 そのためには、よく手洗いしうがいを行うこと。 また、風邪が流行している時には、マスクをかけることも必要です。 それと、風邪にかかりやすくなるのは、体の免疫力が低下している時。 免疫力を保つには、規則正しい生活と食生活(栄養)はもちろんですが、ストレスをためないことも重要です。 蓄膿症(副鼻腔炎)かなと思ったら、耳鼻科で診てもらうことが大切です。 蓄膿症(副鼻腔炎)の治療 病院では膿(うみ)を吸引したり、鼻の中に薬を吹きつける処置が行われます。 鼻の奥の副鼻腔まで届くように、薬剤を霧状にして口と鼻から吸入するネプライザー治療も一般的です。 また、炎症をおさえるために、抗生物質など飲み薬が処方される場合もあります。 症状が重い、または、長引く場合には手術も行われますが、以前のような「顔面や口の中を切開して膿(うみ)を出す」というような大掛かりな手術は減ってきています。 医療技術の進歩から、最近では内視鏡を使った手術が普及し、体への負担は少なくなっています。 また、薬局薬店でも、ちくのう症(蓄膿症)を改善する薬を買うことができます。 後鼻漏の対処は鼻うがい 蓄膿症(副鼻腔炎)やアレルギー性鼻炎になり鼻が臭い場合には、後鼻漏が口臭原因になっているので、鼻うがいが効果があるかもしれません。 鼻うがいを行うと、喉が洗浄できるのでニオイも取れるかもしれませんが、ネットでいわれているような自己流の鼻うがいを行うと、鼻粘膜を傷めるかもしれないのでご注意ください。 また、真水で鼻うがいを行うと細菌感染をして中耳炎になることもあるので、次の方法をご参考にしてください。 ハチアズレという粉のうがい薬(たいていの病院で処方できます)一袋を清潔な微温湯(40~42度位)100-150ccに溶かし、それを左右各々の鼻から吸い込み、のどに入ってきたら口からオエー!っと出します。 ただこれだけ、単純です。 引用: 後鼻漏になっていたり鼻が臭い場合には、耳鼻科の病気になっていると考えられるので、自己流の鼻うがいで治そうとしないで、先ずは耳鼻科にご相談されることをおすすめします。 まとめ 蓄膿症(副鼻腔炎)になると、鼻の中から口臭を感じたり鼻水も臭くなるので気にされる方が多いです。 でも、風邪と勘違いされ軽く考えている方もおられます。 また、蓄膿症になると、膿が鼻水に混じり喉に垂れ食道にべっとりとへばりつ気違和感を感じるようになります。 いわゆる後鼻漏です。 ですから、後鼻漏の症状がある場合には、蓄膿症を疑う必要があります。 蓄膿症になると、鼻の奥に膿臭い口臭がします。 放置すると口臭が治らないだけではなく、蓄膿症が悪化するので、気になる場合には、耳鼻科を受診されることをおすすめします。 また、慢性的に膿栓ができるとか口臭が気になる場合は、「美息美人」のアルカリイオン水でうがいを行うと良いです。

次の