箕輪 厚介 スッキリ。 箕輪厚介『スッキリ』は起用継続するのか 歪なパワーバランスを利用したセクハラ

加藤浩次もスポンサーもダンマリ!? 箕輪厚介氏の不穏な「闇」報道にネット上が騒然|日刊サイゾー

箕輪 厚介 スッキリ

幻冬舎の編集者でテレビのコメンテーターとしても知られる箕輪厚介氏に今、緊急事態が起きている。 「27日にTwitterを更新した同氏は、翌28日の『サンデー・ジャポン』 TBS系 に出演予定だったようで、『明日のサンジャポ、すごいメンバー。 ひろゆきさん』とつぶやいていました。 しかし、その後のツイートで『諸事情で出演なしになりました。 詮索しないでね』と、『サンジャポ』が直前になって出演中止になったことを、意味深な言葉で発表したのです」 芸能ライター その後の同氏のツイートを見てみると、「どんどん番組がキャンセルになる!笑える」と嘆き、また、「来週のアベブラも出演しません」と、ニュースチャンネルAbema Newsで配信されている報道番組『Abema Prime』にも出られなくなったことを明かしている。 彼は月曜コメンテーターとしてこの4月から出演していた。 さらに、「ちなみに今、日本一ゆるい街ブラ番組に出てるらしいです。 干される前の貴重な映像」と、自ら「干されている」と語っている。 こうした背景を、箕輪氏自身は明言していないものの、多くのネットユーザーは、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を巡る現状について述べた発言が起因しているのでは、ともっぱらの噂だ。 「23日の『スッキリ』 日本テレビ系 に出た同氏は、吉本の闇営業問題から話を発展させて、『大手事務所を独立した人が、ネットテレビにしか出られない』『あそこまで人気者だった人が、地上波から消えちゃうってどんだけ前時代的なんだ』と苦言を呈し、今回の闇営業騒動が、『テレビ局とプロダクションのあまりにもズブズブの関係を断ち切るいいチャンスのような気がします』と期待を寄せていました」 同 同氏が挙げた人物が、元SMAP3人のことを指していることは誰の目から見ても分かるだろう。 全文はソースをご覧ください.

次の

箕輪厚介の学歴(高校・大学)は?水道橋博士が批判?嫁や子供は?

箕輪 厚介 スッキリ

本人は騒動について公の場で説明することなく、記事が出た直後の5月19日にも、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に登場していた。 しかし、本来の出演日である6月2日は姿を見せず、ネット上では「『文春』報道で降板したのでは?」と、注目が集まっている。 5月16日配信の「文春オンライン」の記事は、エイベックス会長・松浦勝人氏の自伝をめぐる箕輪氏と女性のトラブルを詳報。 箕輪氏が、女性に執筆を依頼し、出版に向けて動いていたというが、途中で制作は見送りに。 短期間で原稿を書き上げたにもかかわらず、原稿料や必要経費も支払われなかったと、当事者の女性が証言しているという内容だった。 箕輪氏は2010年に結婚し、2児の父でもあるのですが、16年12月、女性の自宅に『行きたい』と言い出し、『絶対変なことしないから!』と宣言していたはずが、実際は『キスしませんか?』などと、強引に体を触ってきたとか。 『文春』では、女性と箕輪氏がメッセージのやりとりをしているスクリーンショットも公開していました」(芸能ライター) この報道後の19日、箕輪氏は隔週で火曜日レギュラーを務める『スッキリ』に通常通り出演。 番組内で記事を取り上げるどころか、箕輪氏が言及する場面もなかったため、一部視聴者からは説明を求める声が上がった。 そして、30日には同じく「文春オンライン」が箕輪氏に関する続報を掲載。 記事によれば、箕輪氏は20日に有料オンラインサロン「箕輪編集室」の会員向けにライブ配信を行い、セクハラ疑惑を否定しながら、告発女性に対する暴言を吐いていたという。 また、「俺は反省してないです。 ふざけんなバーカ」とも口にしていたそうだ。 「実は箕輪氏は、幻冬舎から『この件は弁護士の対応中につき、一切コメントするな』と、指示を受けていたそうなんです。 しかしこれを無視し、オンラインサロンのメンバーに向けて、『文春』記事や女性を非難したわけです。 この続報により、ネット上でも擁護の声がどんどん減っていきました」(同) 一方、6月2日は不出演となった『スッキリ』だが、同日時点で番組公式サイトの「出演者」欄には、箕輪氏の顔写真が掲載されている。 『スッキリ』としても、現在の炎上レベルでは、『まだ降板には値しない』と、判断したのでしょう。 箕輪氏は芸能人ではなく、出版社のいち社員。

次の

2020年05月08日10時の『#スッキリでスナック箕輪』のTwitterトレンドまとめ

箕輪 厚介 スッキリ

「死ぬこと以外かすり傷」(マガジンハウス)より 5月に「文春オンライン」で女性ライターのA子さんへのセクハラや不倫関係の要求、原稿料未払い疑惑を伝えられた出版社「幻冬舎」の編集者の箕輪厚介氏が、自身が運営するサロンメンバーに向けた動画で当該記事について「反省してないです」、「何がセクハラだよボケ」などと発言していたことを同月30日、再び「文春オンライン」に報じられて物議を醸している。 同サイトに掲載された最初の記事によると、既婚者の箕輪氏は、自身の要望でエイベックス会長の松浦勝人氏の自伝を執筆していた女性ライターのA子さんに対して「家に行きたい」など何度もしつこく求め、不倫関係になることは拒みつつも、「仕事の発注元である担当編集者に対して断り続けるのも負担」ということで、A子さんが仕方なく家に入れたところ、「キスしませんか?」、「触っていいですか」と迫ったという。 さらに、A子さんが求めた書き上げたぶんの原稿料についても「俺では判断できないから、会社で話してみる」と言ったきり無視を決め込んでいるとか。 報道を受けて箕輪氏は同月19日に「トラップ。 よろしくお願いします。 」と自身のTwitterに投稿して波紋を広げていた。 そんな中、同サイトが同月30日にアップした新たな記事では、箕輪氏が同月20日に行った自身のサロンメンバーに向けてのライブ配信において、A子さんのことを「ちょっと異常な人」と説明。 出版界からも自身に対する批判の声が上がっていることに対しては「出版人の嫉妬だよね」とし、「俺のやった罪ってそんな重くないだろ。 はっきり言って」、「俺は反省してないです。 ふざけんなバーカ」、「何がセクハラだよボケ」などと話したという。 この報道を受けて、インターネット上では「元々箕輪って編集者は嫌いではあったけど。 こんな仕事の仕方をしているのかと呆れています」、「あんなLINE送っておいてトラップも何もないわ。 気持ち悪い」といった厳しい声も。 さらに、「やっぱテレビにコメンテーターとして出演してるならキチンと喋らないとダメ。 スッキリもこの問題をきちんと取り上げないと! 」、「逆ギレ開き直りはテレビに出演している身としてどうなのか?早く降板してもらいたい」と、批判の矛先は箕輪氏がコメンテーターとして出演している日本テレビ系情報番組『スッキリ』にも向かっている。 同局の番組スタッフは語る。 「箕輪氏の騒動に関しては、『文春』の最初の報道があった後の番組出演の際、本人から説明も謝罪も一切なく、だんまりを決め込んだこともあってか、局にも視聴者から批判の声が届いています。 今のご時世、やはりセクハラやパワハラに対する風当たりは強いですからね」 そのうえで、こう続ける。 「ただ、ウチの局は元来セクハラにはゆるいところがありますからね。 13年に『NEWS ZERO』で番組プロデューサーによる女性キャスターや女性スタッフへのセクハラ騒動が起きた時も、プロデューサーは番組から更迭されたものの、番組による正式な発表はありませんでしたからね。 普通、報道番組でセクハラ騒動が起きようものなら番組内で徹底的に検証するなり、視聴者への何らかの説明があってしかるべき。 場合によっては番組が即打ち切りですよ。

次の