宝くじ 当選 番号 年末 ジャンボ。 年末ジャンボミニ宝くじ2019当選番号 第819回 結果発表

年末ジャンボ宝くじ当選番号 (第651回)|2013年12月31日(火)

宝くじ 当選 番号 年末 ジャンボ

お問い合わせの多い、「1等の前後賞(ぜんごしょう)」を掲載いたします。 2013年大晦日抽せんの「第651回年末ジャンボ宝くじ」でいえば、「130916番」の一番右端の数字「6番」のことをさします。 つまり、「1等の前後賞」は、上記2つになります。 「組」の「23組」が一致していないのに、「番号」だけ「130915番」と「130917番」の抽せん券をお持ちでも、それはハズレになります。 「前賞」と「後賞」は、各1億円。 「前後賞」合わせて、賞金2億円になります。 ご当選されたあなた、おめでとうございます。 年末ジャンボ宝くじ 第651回全国自治宝くじ 発売概要 等級 当せん金額 本数 1等 500,000,000円 60本 1等の前後賞 100,000,000円 120本 1等の組違い賞 100,000円 5,940本 2等 1,000,000円 1,800本 3等 3,000円 6,000,000本 4等 300円 60,000,000本 大晦日特別賞 50,000円 180,000本 発売期間 2013年11月22日(金曜日)~2013年12月20日(金曜日) 抽せん日 2013年12月31日(火曜日) 発行ユニット数 60ユニット(ユニット増刷あり)を予定 発売額 1,800億円を予定 抽せん会場 赤坂ACTシアター(東京) 発売金額 1枚300円 抽せん開始時間帯 当日の午前11時58分頃(4等~)から順次抽せん 直近の出現傾向 2013年12月31日(火曜日)大みそか。 1等前後賞合わせて7億円の「年末ジャンボ(第651回全国自治宝くじ)」 、 1等7,000万円の「年末ジャンボミニ7000万(第652回全国自治宝くじ)」の二大巨塔の抽せんが終了した。 全国各売り場の当せん本数はいかに!? 2014年12月31日(水曜日)大みそかに抽せんされる「年末ジャンボ(第669回全国自治宝くじ)」、「年末ジャンボミニ7000万(第670回全国自治宝くじ)」を購入する、ひとつの参考として欲しい。 大阪市北区にある 「大阪駅前第4ビル特設売場」が、全国ナンバーワンの栄光に輝いた。 これは昨年の 年末ジャンボで、1等前後賞合わせて6億円を5本も輩出し、最強の称号を得て 連続1位となる。 あの「西銀座チャンスセンター」には知名度ではやや劣るものの、 もはや実績は西銀座を遥かに凌ぐスーパー宝くじ売り場となっている。 2014年の年末ジャンボは、「特設」に決まりだ。 他、 「年末ジャンボミニ7000万(第652回全国自治宝くじ)」では、1等7,000万円をなんと6本も輩出。 全国の宝くじ売り場多しと言えども、併売ジャンボ宝くじで、これだけ圧倒的なシェアを誇っているのは「特設」以外に存在していない。 1等当せん本数(前後賞を含む) 2014年の固定ファン率評価 過去の実績評価 4本(総当せん金額:28億円) 「大阪駅前第4ビル特設売場」が、全国でナンバーワンに輝きました。 2014年11月発売の年末ジャンボ(第669回と第670回全国自治宝くじ)の購入は、「特設」の一択でしょう。 ジャンボ宝くじ発売初日の「1番窓口」への行列は、もやは風物詩となっている。 しかしながら、2014年は特に芳(かんば)しくない結果ばかりだ。 2014年の大きな宝くじでの1等本数は、僅か4本(前後賞を含む)。 立地と歴史とマスコミの取り上げ数が多いので行列は途切れないが、宝くじは当たってナンボの世界。 真冬にあれだけの行列が作られて、1等が僅か2本は寂しい。 時代は着実に、「大阪駅前第4ビル特設売場」に移行しつつあるのは自明だった。 しかしながら、では初日の大雪の中、信じられないほどの長蛇の列ができたようなので、2014年以降の巻き返しに期待したい。 1等当せん本数(前後賞を含む) 2014年の固定ファン率評価 過去の実績評価 2本(総当せん金額:14億円) 地域別でブロック分け 地域別でブロック分けすると、以下の結果となった。 東北ブロック 中部ブロック 関東ブロック 近畿ブロック 西日本ブロック 7本 7本 12本 11本 6本 1等配当本数は、ので、1等が出ていない地域もある。 東北ブロックでは、 青森県、岩手県、福島県、茨城県、栃木県がそれに該当する。 中部ブロックでは、 新潟県、石川県、岐阜県。 近畿ブロックでは、三重県、滋賀県、奈良県。 西日本ブロックでは、 鳥取県、島根県、岡山県、香川県、愛媛県、高知県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県。 以上のように、西日本ブロックの当せん率は、やや低いデータが上がってきた。 特に、 四国・九州を合わせて僅か5本となっている。 東北ブロックは、北海道が1位の3本となっている。 北海道地区でも話題となり、今後は客足が伸びるだろう。 「ラッキーゲート」(北海道苫小牧市柳町3-1-20)は、以前から有名な売り場。 苫小牧市柳町の「イオンモール苫小牧店」にあり、土地柄お客さんが集中する場所にたたずんでいる。 「ジョイフルエーケー大曲店」(北海道北広島市大曲工業団地7-3-4)の1等も、番狂わせな高額当せん実績となった。 一方、北海道では行列ができる超有名店の 「大通地下チャンスセンター」(北海道札幌市中央区大通西3-10)は、ここ数年は芳しくない結果ばかりだ。 2011年を最後に、ビッグ賞金をコンスタントに出さなくなった。 2014年以降の巻き返しに期待したい。 東北地区と言えば、福島県の 「一休さん 大黒堂若松店」(福島県会津若松市東千石1-32)がかなり有名だが、ここ数年は1等の組違い賞止まりのようで寂しい限りだ。 中部ブロックは、愛知県が1位の3本となっている。 「名駅前」も「西銀座」と同じく、近年はやや高額当せんの実績が落ち込み気味。 「蒲郡アピタチャンスセンター」(愛知県蒲郡市港町17-10)は、今回が初の栄光となる。 3本目は 「栄エンゼルチャンスセンター」(愛知県名古屋市中区栄3-15-20) かな?と思いきや、 「栄プレチケ92」(愛知県名古屋市中区栄3-5-1)となった。 中部地区と言えば忘れてならないのが 「平川たばこ店」(岐阜県美濃加茂市太田本町2-1-18)だが、年末ジャンボでは高額当せんは無し。 小さな売り場を侮ってはいけません。 また、浜松市で行列ができることで有名な静岡県の 「宝くじのマスミ」(静岡県浜松市中区板屋町521)も、今回の1等は見送りとなった。 関東ブロックブロックは、東京が1位の6本となっている。 「みずほ銀行芝支店」(東京都港区芝5-34-7)。 この手の銀行併設店は、最初からターゲット店にしづらい側面がある。 「渋谷駅ハチ公広場宝くじ売り場」(渋谷区道玄坂2-1)はソコソコ知られた売り場だが、2009年の第573回以来4年ぶりの高額当せんとなった。 昭和24年の老舗店(東京都港区新橋2-16-1)は、知る人ぞ知る高額当せん店。 コンスタントに高額当せんを出しているので、「西銀座」の長蛇の列に並びづらい場合は、新橋店をオススメする。 「新小岩クッターナチャンスセンター」(東京都葛飾区新小岩1-44-2)も、初の高額当せんとなった。 ここ4~5年は、今回の年末ジャンボ以外は全く1等当せんはなし。 西日本ブロックブロックは、各地区1本ずつとなった。 2013年12月15日(日曜日)。 「年末ジャンボ(第651回全国自治宝くじ)」の発売期限が2013年12月20日(金曜日)までに迫る中、この日は発売期間としては最後の大安吉日となる。 「大阪駅前第4ビル特設売場」の営業開始時間は午前8時。 日曜日とあって、朝から特設売り場の取材に余念がなかった我々はタカをくくっていた。 午前11時前までは、いつも通りの行列で、「日曜日なので、まぁこんなものだろう」と勘ぐっていた。 ところが・・・ 午前11時を回り出した頃から、次第に特設売り場にお客さんの行列が出来始める。 お客さんが欲しい「組」や「番号」や「ユニット」は、千差万別。 単純に「連番10枚とバラ10枚、合計20枚」などなら既に用意済みだが、細かく要望されるお客さんへ対応できる体制が整っている。 ただし、細かい注文の受け付けは毎日ではないようで、朝8時~昼2時までの日と、昼2時~夜8時までの日があることも調査済みである。 この辺りは、窓口でお気軽に聞いてもらえればカンタンだろう。 あなた好みの抽せん券を購入されたい。 ちなみに、耳寄り情報です・・・ 2014年11月21日(金曜日)より、「年末ジャンボ(第651回全国自治宝くじ)」が発売される。 年末ジャンボ発売初日限定で、「大阪駅前第4ビル特設売場」では金色の輝きがまぶしい寶箱(たからばこ)を無料配布している(個数限定)。 日本一の高額当せん売り場「大阪駅前第4ビル特設売場」で購入したジャンボ宝くじの抽せん券を寶箱に入れて大切に保管しておくだけで、金運成就、高額当せんの確率が格段にアップすると噂されている。 何度も言うが、 初日限定で個数限定なので、「年末ジャンボ宝くじ」の発売初日には、なるべく早く足を運ばれることをお勧めする。 オータムジャンボ宝くじでお見事!3億9千万円をゲットしたアナタも、残念ながら惜しい結果になったアナタも、 2014年11月21日(金曜日)発売の「年末ジャンボ宝くじ」の購入も、 「大阪駅前第4ビル特設売場」で決まり! 結果一覧.

次の

年末ジャンボ宝くじ2019当選番号 第818回 抽選結果発表

宝くじ 当選 番号 年末 ジャンボ

上の抽せん券なら、 「01組」が10枚そろい、1234 50番~1234 59番までの10枚です。 「連番」を10枚購入希望なら「大阪駅前第4ビル特設売場」の窓口で、 「連番1セットください。 」と言ってください。 「連番1セット」の購入金額は、3,000円です。 そして、 「連番2セット」以上を購入することもできます。 問題は、 「連番2セット」以上を購入すると、 違う「組」、違う「番号」が渡されることです。 上の抽せん券なら、 2セット目から「10組」が10枚、1543 20番~1543 29番までの10枚です。 1セットずつ違う「組」と違う「番号」の 「連番」を20枚購入希望なら「大阪駅前第4ビル特設売場」の窓口で、 「連番2セットください。 」と言ってください。 「連番2セット」の購入金額なら6,000円、 「連番3セット」なら9,000円・・・です(以下続く)。 しかしながら、 同じ「組」で、「番号」が続く抽せん券を2セット以上購入したい場合もあります。 この場合、 「タテ連」という買い方があります。 同じ「組」が11枚以上続く! 「タテ連」 「タテ連」は、単に 「連番2セット」以上で購入すると、 1セットずつ違う「組」、違う「番号」が渡されることを嫌うあなたにオススメしたい買い方です。 同じ「組」が11枚以上、「番号」が続く買い方を、 「タテ連」と言います。 上の抽せん券は、 「タテ連20枚」です。 購入金額は、6,000円です。 「大阪駅前第4ビル特設売場」では、 「組」の指定ができるのは当たり前ですし(「10組のタテ連20枚ください。 」と指定すれば良い)、 「番号」は「千の位」までなら指定できます。 例えば、「19万3千からの番号をください。 」と言ってください。 もちろん、2セット、3セット・・・100セット以上の購入も可能ですが、 複数セットの購入の場合、「組」が重なる場合があります。 1セット目(10枚) 2セット目(10枚) 10枚セットの場合、 「十万」+「万位」は10万~19万、末尾(下1ケタ)は0~9番になっています。 「バラ」の 最大の特徴は、1枚1枚が規則性の無いバラバラな数字なので、当せん番号を照合する際にドキドキ感を思う存分に味わうことができます。 ただし、 「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」では、「前後賞」は狙えません。 しかし、 「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」は「前後賞」がありませんので、 「バラ」で充分です。 事実、 「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」は、 「バラ」での購入者がとても多く見受けられます。 」と言ってください。 スポンサード リンク.

次の

年末ジャンボ宝くじ 第818回全国自治宝くじ 当選番号【2019年】

宝くじ 当選 番号 年末 ジャンボ

キーワード :• 1等前後賞合わせて史上最高額、10億円が当たる年末ジャンボ宝くじ。 今からワクワクするが、当選しても諸手を挙げて喜べないところもある。 税務署は、高額当選した人の情報を一生残しているのだ。 今年最後の運試し、1等前後賞合わせて史上最高額10億円が当たる年末ジャンボ宝くじ 第688回全国自治宝くじ。 「ドリーム」や「サマー」なども含めたジャンボ宝くじのこれまでの最高額は7億円だから、一気に3億円アップだ。 内訳は、1等賞金が7億円、1等の前後賞がそれぞれ1億5千万円。 史上最高額に夢見る人も少なくないが、ジャンボ宝くじで不満なのが、2等賞金が1千万円と、1等とあまりにも差があること。 1千万円が当たればそれはそれで嬉しいが、「2等なのに前後賞より額が少ないってどうよ」と、当たったこともないのだがいつも思っている。 ところで、最近はよく知られてきているが、宝くじの当選金は非課税扱いだ。 税金が掛からないので、10億円当たれば、そのまま10億円をいただける。 これは本当に嬉しい。 すでに10億円をどう使おうかと、ウキウキしている人もいるだろう。 10億円貰えるなら、多少のことは許せそうだが、覚えておきたいのが、10億円当選したら、税務署に一生その情報は残されているということ。 どこからそんな情報が税務署に伝わっているのかとういうと、高額資金が動いたら金融機関から税務署に情報が行くことになっている。 つまり、相続が発生するまで当選者は監視されているというわけだ。 監視というと大げさだが、相続が発生して、銀行口座に現金が残り少なければ、その使途を調べられる。 別に何に使おうが個人の自由だが、マイホームを購入していれば相続財産になるし、妻や子どもに多額のお小遣いを上げていれば、贈与税の申告があったかなど確認される。 いい気分はしないが、それが現実だ。 今回、ジャンボ宝くじを、仲間うちで共同購入した人もいるだろう。 共同購入した宝くじが見事1等前後賞の10億円をゲットしたときは要注意だ。 知らないで、代表して誰か1人が当選金を受け取りに行ったら面倒なことになる。 10億円ともなれば、銀行振り込みになるだろうから、共同購入した場合の手続きは面倒になりそうだが、たとえば、後で山分けしたら、当選金を受け取った人から分けた人への贈与とみなされ、「贈与税」の課税対象となる可能性もでてくる。 代表して当選金をもらった人は税金を取られなくて、他の人は高額な贈与税が取られたら、これは揉めごとになりますよね。 半分以上税金で持ってかれることになる。 この共同購入で一番ありがちなのが、兄弟や夫婦での購入のケース。 共同購入した宝くじの当選金を非課税とするためには、面倒だが当選金は共同購入者全員で受け取ったという証明をもらう。 受取人名義に全ての名前を書くか、署名押印した委任状を用意して、分配者全員の存在をはっきりさせておくことだ。 購読を希望される方は下記フォームよりご登録ください。

次の