メール を 転送 し ます 英語。 メールを転送しますは”Forwarding・・”でよいでしょうか

英語ビジネスメール

メール を 転送 し ます 英語

— ビジネスシーンで使える英語をもっと学びたい方は、ビジネス英語に特化したオンライン英会話を今すぐ体験! 1. 感謝を伝える お問合せや質問をいただいたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。 Thank you for contacting ABC Company. (ABC Companyへのご連絡ありがとうございます。 ) 相手があなたのメールに返信してくれたことに対する感謝は Thank you for your prompt reply (迅速な対応ありがとうございます。 ) Thank you for getting back to me (お返事ありがとうございます。 ) 感謝の気持ちを伝えることであなたの礼儀正しさが伝わりますよ。 要件を伝える メールの書き出しで、感謝の一文を添えるのが難しいときもあるかもしれません。 そんな時は要件を先に伝えてから本題に移りましょう。 I am writing to enquire about… (…についてお伺いしたいことがあります。 ) I am writing in reference to … (…の件でメールを送らせていただきました。 ) 忘れてはいけないのが、メールを受け取る相手はみんなメールを素早く読みたいということ。 メールの分は短く、かつ簡潔にしましょう。 結びのあいさつ メールを終わらせる前にもう一度感謝の気持ちを伝えましょう。 Thank you for your patience and cooperation (ご辛抱とご協力ありがとうございます。 ) Thank you for your consideration (ご検討よろしくお願いします。 ) I look forward to hearing from you (お返事お待ちしております。 いかがでしたか?5つのステップをおさえれば英語でビジネスメールが作成できます。 あなた自身、そしてあなたの会社のプロフェッショナルな印象を崩さないためにも、メールを送信する前にもう一度文法やスペル、時制のチェックをすれば完璧です!.

次の

「re」の意味とは?ビジネスで使えるメール術も紹介

メール を 転送 し ます 英語

同じ内容の例文を見てみましょう: 私はあなたから返事をもらっていないので、念のため先日送ったメールを再送するーI have not received a response from you, so I will resend this email just in case. 私は前送ったメールに間違えがあったので再送するーThere was a mistake in the previous email so I will resend it to you. 私は先ほどのメールに誤りがあったので再送する-There was an error in the previous email so I will resend it to you. 「再送する」は英語で「resend」と言います。 「re」は「もう一度」、「繰り返す」という意味で、「send」は「送る」です。 「re」は便利な接頭辞で、他に「rearrange(再び整理する)」、「react(反応する)」、「reapply(再適用する)」などもあります。 I am resending the message I sent the other day. 「先日送りましたメールを再送します。 」 もうちょっと丁寧にしたいと思ったら、以下のように、「just in case」などを付けて書くこともできます。 Just in case, I will resend the message I sent the other day. 「念のため、先日送りましたメールを再送します。 」 My apologies if you have already received it, but I am resending the message I sent the other day. 「もうもらっているなら謝りますが、先日送りましたメールを再送します。 」 早く返信が欲しいと思っていたら、 Please let me know when you receive this message. 「このメールもらったら、返信してください。 」 を最後に付け加えるといいです。 「The other day」は「先日」に相当します。 「The email that I sent」は「送りましたメール」に相当します。 「Re-sending」と「sending... again」は「再送します」に相当します。 「In case you haven't got the email... 」と「in case the email... has gone astray」は 再送する理由を説明します。 「In case」は「万が一」という意味です。 「You haven't got the email」は「まだメールを貰っていない」という意味ですが「the email has gone astray」は「メールが届いていない・どこかで失くした」という意味です。 両方とも「ご返事がいただいていないので先日送りましたメールが届いていないのではないかと思って再送します」という意味です。 参考になれば幸いです。

次の

英語メールの件名の例文80選!ビジネスから日常まで

メール を 転送 し ます 英語

「re」とは? 接頭辞「re」の意味は「再び」 英語の接頭辞である「re」の意味は「再び」「さらに」「新たに」など、一度あったことをもう一度繰り返されることです。 そこから「~しなおす」や「~し替える」や、「もとへ~する」「し戻す」などの亥ももあります。 例: 「reminder」:思い出させる人や物、思い出させるための助言やメモ 「reenter」:再び入れる、~に再び入る 「reassure」:「再び取る」「再び引き受ける」「再開する」 「react」:反応する、作用する 「recover」:取り戻す 接頭辞「re」のもう一つの意味「反対」や「否定」 「反対」や「否定」など事象を打つ消す意味として「re」が使われるのは、ラテン語系の言葉のみです。 たとえば反対の意味なら、「resist」(抵抗する、反対する)や「rebel」(反逆者)があります。 また否定の意味なら「sign」(契約する、署名する)の反義語として、「signしない」という形にして「resign」とすると「辞職する」という意味になります。 時間的な意味で「後の」や「後に」なら「remain」(残る、存続する、生き残る)が一例です。 この語源となるラテン語は女性名詞の「res」で、主題や物事、物語の題材という意味です。 ちなみに「Re:」を大文字で「RE:」と表記する場合もあり、どちらも正しいです。 「Re:」の読み方に決まりはない 「Re:」はメールの件名に付かれる表記であり、あまり読まれることはありません。 あえて読むとしたたら、「リ」や「リー」、または「レ」や「レー」と読まれています。 「Re:」以外の表記もある 返信メールの件名前に付加される「Re:」以外の表記もあります。 メールソフトによっては、「Re>」や、返信数の数字をReの後に入れて「Re6:」と自動的に表記されることもあります。 「Re」以外の文字を表記される場合は、英語以外のメールならありえます。 ドイツ語なら答えの意味の「AW:」、スウェーデン語やデンマーク語は「SV:」、フィン語なら「VS:」などがあり、大文字でも小文字でも構いません。 ただ国際化されたメールソフトは言語に限らず「Re:」を標準として使っていることが多いため、「Re:」を使っていれば問題ないでしょう。 ビジネスで使える「Re:」の使い方 ビジネスメールの返信で「Re:」はOK ビジネスでの返信メールに「Re:」をつけて返信をするのは相手に失礼だと思われる方もいるようですが、むしろ「Re:」をつけておいた方がいいこともあります。 なぜならそのほうが何についてのメールか相手にとって分かりやすいからです。 同内容のメールのやり取りには「Re:」をつけて返信し、メールをやり取りしているうちに要件が変わったのなら、その時点で「Re:」をつけた返信をやめるのがいいでしょう。 その際には要件に合った新しい件名に変えましょう。 「Re:」が増えすぎてしまったら数字に置き換える ただメールのやり取りをしていて「Re:」が増えすぎてしまうと、メールが読みにくくなってしまうことがあります。 メールが開かないといった問題が起こることもあります。 そのような時には「Re:」は1つにして件名の後にカッコ書きで返信数を記載するという方法もあります。 「forward」はスポーツ用語にも使われていますが、その際は「前衛」という意味です。 しかしこの転送メールに付く「Fw」や「Fwd」は、「forward」の動詞形の意味である「(手紙などを)転送する」という意味で使われています。 転送メールのマナー:前置きと書き換えなし ビジネスメールなら、ただメールを転送するのではなくて、案件が何についてなのか一言触れると読み手に取って丁寧なメールになります。 お時間があるときに目を通していただけると幸いです」 また、転送メールとして送付されるオリジナルのメールは、編集や加工または何かを書き足すなど、元の差出人の許可なく虚飾してはいけません。 元の差出人に迷惑をかけることも考えらるため、元のメールはそのまま転送します。 まとめ 「re」は英語の接頭辞で「再び」という意味と、「反対」や「否定」の意味があります。 また返信メールに「Re:」と自動的に付加されますが、ビジネス上でも返信メールに「Re:」と件名前に付加されていても失礼になりません。 むしろ同じ案件には「Re:」が付いていたほうが受信者も整理しやすいため「Re:」をつけて返信しましょう。

次の