レイブン。 レイブン (れいぶん)とは【ピクシブ百科事典】

口コミ一覧 : レイブン

レイブン

レイヴン、 レイブン(Raven)とは、である。 他に「レー」や「レー」等と表記する場合もある。 概要 欧では一般的な()であり、英名を「 Raven」、学名を「vus 」という。 和名は「」。 これは、ではとしてで見られるためである。 で一般的な「」である「ハソ」や「ハシブト」よりも一回り大きいため、「」や「大(大)」という表記を用いるのが妥当である。 曖昧さ回避 基本的に偽名だったり怪しいに付いたり。 以下はレイブン、及びレイヴンと名のついた者達を紹介する。 実在する人物• レイヴン - の元。 Raven -や9などで放送する。 レイヴン・シモーネ - の。 文 - の、元O。 バンド• レイヴン - のへヴィ。 航空機• ・メントRQ-11 レイヴン - ・メントが開発した小人()、。 架空の人物• ・レイブン - 『』の登場人物。 その名の通りを用し、をにしている。 ング・レイブン - 『』の登場人物。 のついた特殊を身に付けて中から襲いかかる。 別名ングゆみちゃん。 レイヴン - 『』の登場人物。 顔のX字傷が特徴の。 - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。。 レイヴン - 『』の登場人物。 レイブン - 『』の登場人物。 レイヴン - 『』の登場人物。 の肌をもつの。 レイヴン - 『』の登場人物。 悲運のを持つ隻腕の士。 : その他用語• ta 11 Raven - 『』に登場する人。 - 『』に登場する人()。 Raven - 『』に登場する架の機体。 の使用する移動ディテ。 本体に攻撃はないが、誘導である の射出と、各種兵装の設置が可。 - 『』に登場する架の。 レイヴン - 『』に登場する架の汎用。 レイヴン - 『』における。 ()を所有する。 としてレイヴンズ・を初めとする管理・互助組織に所属している。 をす言葉としても使われる。 RAVEN - 『』に登場する架の。 が欲しいらしい。 - 『』に登場する 人()。

次の

レイブン|キャラクター|DCコミックス|ワーナー・ブラザース

レイブン

ステータス編集はステータス表右の「編集」から行ってください。 ソードマスター 剣聖 デッドリーエッジ アイコン ドット絵 スキル名 Lv 効果 初回使用までの時間(秒) 再使用までの 時間(秒) 所持ユニット 銀 金 青 白 黒 奥義 天破滅影剣 Lv1 攻撃力が2. ならばその期待に応えよう。 この想いもまた同じ 副官 今は副官として頑張るよ、王子。 同クラスでは3人目にして初となる召喚枠である。 ソードマスターの例に漏れず1ブロックとしてはコストが少し高めだが、戦況を一瞬で引っ繰り返せる程の強力なスキルが最大の魅力。 ステータスも決して低くはないが、高い攻撃力と引き替えに防御面がやや控え目である点に注意。 彼女の必殺剣(スキル)は「奥義 天破滅影剣」。 発動の瞬間、射程300の シビビーム衝撃波を最大9体の敵に放つ。 スキルレベル最大で攻撃力は3. 4倍の補正が入り、同時に高確率で対象を即死させる。 スキルは1回の攻撃ですぐに待機状態に移行してしまうので、連続では放てないが 雑魚ならほぼ確実に高威力の衝撃波で吹き飛ぶか即死攻撃で昇天する。 即死攻撃に耐性がある強敵でも攻撃力2000超の衝撃波は無傷では済まされないだろう。 運が良ければ強敵のラッシュにすら一撃で壊滅に近い被害を与えられることも。 さらにスキルレベル5なら初動15秒、再使用も30秒という抜群の回転率の良さを誇り、ほとんどの戦場において複数回使用できる機会が訪れる。 高確率で即死させられるとはいえ、即死が効きにくい相手にも有効打を与えたいので、可能な限りスキルレベルは上げておきたいところ。 短時間ながらスキル発動中はブロック数が0になってしまうため、移動速度が速い敵は再ブロックが間に合わず抜けられてしまう。 またシャドーなどブロック中にしか攻撃できない敵は衝撃波が外れてしまうことは留意しておきたい。 ステータスは高水準だがそれでもスキルの依存性が高いのがソードマスターというクラスの特徴。 彼女を使うならスキルの打ちどころを見極める判断力を付けておこう。 使い勝手が良すぎるのでぶっちゃけ適当に使っても仕事できちゃうのだが 第一覚醒 覚醒アビリティ「闇染の刃」により攻撃時に稀に一撃で敵を倒せるが、攻撃速度が僅かに低下する。 即死効果の発動率はかなり高めであり、 スキルの暗殺系統とほぼ同率である模様。 検証によると、「奥義 天破滅影剣」でも上記効果が有効であり、覚醒前よりも即死成功率がアップする効果もあるとの事。 レイブンの攻撃全てに即死効果が発生するため、暗殺耐性の低い敵は次々と闇染の刃の犠牲となる。 デメリットである攻撃速度の低下量は2フレームで、同一の敵をずっと攻撃しない限りほぼ体感できないレベル。 だが通常攻撃で一撃で倒せる敵に対してはデメリットしか存在しないのは、ほんのわずかだが気になるかもしれない。 とはいえ、覚醒によるステータス増強のメリットも大きいので、覚醒ができるのであれば積極的に行ってしまった方が良い。 第二覚醒 デッドリーエッジ レベル上限が99まで解放。 HPと攻撃力が微増、スキル再使用時間が40%短縮、スキル中の攻撃力が1. 2倍となる。 ステータス自体の変化は微増にとどまるが、スキル中の攻撃力が大きく増加。 暗殺が効きづらい相手に対してもより大きなダメージを叩き込むことが出来るようになる。 また再使用時間も常時18秒と大きく短縮され、大きく使い勝手が向上する。 倍率、使い勝手共に純粋な強化となるので、迷わず第二覚醒してよいだろう。 余談 身長159㎝、B85W59H88。 実装と同時に開始された緊急ミッション「」のキーパーソンの一人でもある。 このイベントの報酬ユニットであるとは幼馴染の関係。

次の

レイブン

レイブン

ステータス編集はステータス表右の「編集」から行ってください。 ソードマスター 剣聖 デッドリーエッジ アイコン ドット絵 スキル名 Lv 効果 初回使用までの時間(秒) 再使用までの 時間(秒) 所持ユニット 銀 金 青 白 黒 奥義 天破滅影剣 Lv1 攻撃力が2. ならばその期待に応えよう。 この想いもまた同じ 副官 今は副官として頑張るよ、王子。 同クラスでは3人目にして初となる召喚枠である。 ソードマスターの例に漏れず1ブロックとしてはコストが少し高めだが、戦況を一瞬で引っ繰り返せる程の強力なスキルが最大の魅力。 ステータスも決して低くはないが、高い攻撃力と引き替えに防御面がやや控え目である点に注意。 彼女の必殺剣(スキル)は「奥義 天破滅影剣」。 発動の瞬間、射程300の シビビーム衝撃波を最大9体の敵に放つ。 スキルレベル最大で攻撃力は3. 4倍の補正が入り、同時に高確率で対象を即死させる。 スキルは1回の攻撃ですぐに待機状態に移行してしまうので、連続では放てないが 雑魚ならほぼ確実に高威力の衝撃波で吹き飛ぶか即死攻撃で昇天する。 即死攻撃に耐性がある強敵でも攻撃力2000超の衝撃波は無傷では済まされないだろう。 運が良ければ強敵のラッシュにすら一撃で壊滅に近い被害を与えられることも。 さらにスキルレベル5なら初動15秒、再使用も30秒という抜群の回転率の良さを誇り、ほとんどの戦場において複数回使用できる機会が訪れる。 高確率で即死させられるとはいえ、即死が効きにくい相手にも有効打を与えたいので、可能な限りスキルレベルは上げておきたいところ。 短時間ながらスキル発動中はブロック数が0になってしまうため、移動速度が速い敵は再ブロックが間に合わず抜けられてしまう。 またシャドーなどブロック中にしか攻撃できない敵は衝撃波が外れてしまうことは留意しておきたい。 ステータスは高水準だがそれでもスキルの依存性が高いのがソードマスターというクラスの特徴。 彼女を使うならスキルの打ちどころを見極める判断力を付けておこう。 使い勝手が良すぎるのでぶっちゃけ適当に使っても仕事できちゃうのだが 第一覚醒 覚醒アビリティ「闇染の刃」により攻撃時に稀に一撃で敵を倒せるが、攻撃速度が僅かに低下する。 即死効果の発動率はかなり高めであり、 スキルの暗殺系統とほぼ同率である模様。 検証によると、「奥義 天破滅影剣」でも上記効果が有効であり、覚醒前よりも即死成功率がアップする効果もあるとの事。 レイブンの攻撃全てに即死効果が発生するため、暗殺耐性の低い敵は次々と闇染の刃の犠牲となる。 デメリットである攻撃速度の低下量は2フレームで、同一の敵をずっと攻撃しない限りほぼ体感できないレベル。 だが通常攻撃で一撃で倒せる敵に対してはデメリットしか存在しないのは、ほんのわずかだが気になるかもしれない。 とはいえ、覚醒によるステータス増強のメリットも大きいので、覚醒ができるのであれば積極的に行ってしまった方が良い。 第二覚醒 デッドリーエッジ レベル上限が99まで解放。 HPと攻撃力が微増、スキル再使用時間が40%短縮、スキル中の攻撃力が1. 2倍となる。 ステータス自体の変化は微増にとどまるが、スキル中の攻撃力が大きく増加。 暗殺が効きづらい相手に対してもより大きなダメージを叩き込むことが出来るようになる。 また再使用時間も常時18秒と大きく短縮され、大きく使い勝手が向上する。 倍率、使い勝手共に純粋な強化となるので、迷わず第二覚醒してよいだろう。 余談 身長159㎝、B85W59H88。 実装と同時に開始された緊急ミッション「」のキーパーソンの一人でもある。 このイベントの報酬ユニットであるとは幼馴染の関係。

次の