メラノーマ 進行 速度。 悪性黒色腫(皮膚) 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

メラノーマは早期発見が大事!初期症状を見極める方法とポイント

メラノーマ 進行 速度

まだハッキリとした理由は未だにわかっていないですが、 皮膚の組織のシングルである、 メラニンを形成する色素セル、「メラニン細胞」が、 紫外線などの影響で悪性化するとされています。 メラノーマは別名「黒子のがん」と言われていて、 普通、浅黒い黒子のように見えることからこう呼ばれています。 すなわち、パッと見で区別がつかないということです。 では、メラノーマと黒子との相違は何でしょうか? スポンサーリンク 黒子とは、メディカルサイエンス的には色素性母斑と呼ばれ、 母斑セルと呼ばれる細胞の集まりです。 この色素性母斑は誰もが持っていて、 紫外線など何らかのキッカケで、色素セルからメラニン色素が生成され、 小さな褐色や、シミとして肉眼で見えるようになります。 これが黒子と呼ばれるものです。 しかしメラノーマじゃない時もあるため注意が必要です。 小爪に色黒のスジや斑点があるからといって、メラノーマだと自身判断するのは尚早です。 単なる皮下出血、副腎機能が低下するアジソン病、ホルモン非常事態の可能性もあります。 慢性の便秘でも黒色斑点が生じます。 メラノーマは大変に重大な病気なので早急に発見が決定的ですが、色黒のスジだけで思い悩まないようにしましょう。 気になる自覚症状があるなら、検査をアドバイスします。

次の

メラノーマ(?)を放置

メラノーマ 進行 速度

メラノーマについて メラノーマ(悪性黒色腫)は皮膚がんの一種で、皮膚のメラニンという色素を作る色素細胞(メラノサイト)や、ほくろの細胞(母斑細胞)ががん化してできます。 黒色に見えることが多いため、黒色腫と呼ばれますが、まれに茶褐色調、赤色調を呈することもあります。 60歳~70歳代で最も多く発症しますが、30~50歳代で発症することも少なくありません。 メラノーマが発生する原因については、まだよくわかっていませんが、白色人種に多く発症することから、紫外線に関係しているといわれています。 日本人では足の裏や爪など、いつも刺激を受けている場所にできやすいことから、外的な刺激も関係していると考えられています。 メラノーマは、皮膚科専門医による臨床症状の総合的な診断が必要です。 視診とダーモスコピーという拡大鏡が診断に役立ちますが、見ただけでは診断が難しい場合には、腫瘍全体を切除して組織を確認して診断します。 診断された病期によって治療方法が決まります。 病初期のほうが手術治療のあとの再発率が低くなるので、早期発見・早期治療が重要です。 がんの厚さ 潰瘍なし 潰瘍あり がんは原発巣のみ 1mm以下 IA IB 1mmを超え2mm以下 IB IIA 2mmを超え4mm以下 IIA IIB 4mmを超える IIB IIC 1個のリンパ節転移がある III 2~3個のリンパ節転移、またはリンパ節転移を伴わない皮膚や皮下転移がある 4個以上のリンパ節転移、またはリンパ節転移を伴う皮膚や皮下転移がある 他の臓器へ転移している IV.

次の

» メラノーマの進行速度は全部が早いわけではない

メラノーマ 進行 速度

このセクションの要点• メラノーマとはメラノサイト(皮膚に色調を与える細胞)と呼ばれる皮膚細胞に悪性(がん)細胞が認められる病気です。 メラノーマは全身のあらゆる部分に生じる可能性があります。 異常なほくろ、日光照射および既往歴によりメラノーマの発生リスクに影響が出ます。 メラノーマを疑う症状としては、ほくろまたは色素部分の外観の変化があります。 メラノーマを発見し、診断するために、皮膚の検査が用いられます。 諸条件により予後(治癒の可能性)や治療法の選択が変わります。 メラノーマとはメラノサイト(皮膚に色調を与える細胞)と呼ばれる皮膚細胞に悪性(がん)細胞が認められる病気です。 メラノサイトは表皮の基底層全体にわたって認められます。 メラノサイトはメラニン(皮膚に自然な色を与える色素)をつくります。 皮膚が日射を受けると、メラノサイトはより多くの色素をつくり出し、皮膚は黄褐色または暗褐色になります。 皮膚は身体のもっとも大きな器官です。 皮膚は熱、日光、損傷および感染から保護します。 皮膚は大きく分けて2つの層:表皮(上層または外層)と真皮(下層また内層)を持っています。 皮膚がんには3つのタイプがあります:• メラノーマ。 基底細胞がん。 有棘細胞がん。 メラノーマが皮膚に発生した場合、皮膚メラノーマと呼ばれます。 メラノーマは粘膜(唇のような表面を覆う薄い、湿った組織層)にも発生することがあります。 このPDQは皮膚(表皮)メラノーマおよび粘膜に影響を及ぼすメラノーマについて要約しています。 メラノーマが眼に生じた場合、それは眼内メラノーマまたは眼メラノーマと呼ばれます(詳しい情報については、PDQの眼内 眼 メラノーマ*の治療に関する項目を参照してください)。 注 *の項目はがんinfoの項目には含まれていません。 メラノーマは基底細胞がんや有棘細胞がんよりも急速進行性です(基底細胞がんと有棘細胞がんの詳しい情報については、PDQのの治療に関する項目を参照してください)。 メラノーマは全身のあらゆる部分に生じる可能性があります。 病気を発症する危険を高めるものをリスク因子と呼びます。 リスク因子があるからといって、がんになるとは限りません。 また、リスク因子がないからといって、将来がんにならないわけではありません。 リスクを持つと思う人は医師に相談してください。 リスク因子には次のようなものがあります:• 色白である。 以下のいずれかに該当します• そばかすがあり日焼けしやすい、日焼けしていない、あまり日焼けしていない白い肌。 青、緑または明るい色の瞳。 赤毛またはブロンド• 長い期間にわたって天然または人工的(タンニングベッドなど)な日光を浴びる。 特に子供や十代の時に日焼けによる水疱の既往歴がある。 いくつかの大きな、または多くの小さなほくろがある。 異常なほくろ(非定型母斑症候群)の家族歴がある。 メラノーマの家族歴または既往歴がある。 白人である。 白人あるいは色白な人はメラノーマの危険性が増大しまが、浅黒い肌の人を含めて誰でも発症します。 メラノーマを疑う症状としては、ほくろまたは色素部分の外観の変化があります。 メラノーマによって、以下の症状や他の症状などがみられることがあります。 他の状況によって同じような症状の原因となる場合もあります。 以下の症状が1つでもみられた際には医師の診察を勧めます:• ほくろについて• 大きさ、形または色の変化。 端または境界が不規則である。 色が1種類以上ある。 非対称性である(ほくろを半分に分けた場合、互いの形、大きさが異なっている)。 そう痒性である。 浸出性、出血性または潰瘍形成性(細胞表層が破壊されると穴ができ、組織が透けてみえる)である。 色素化(着色)した皮膚の変化。 ほくろの付随(既にあるほくろに隣接して新たなほくろが成長する)。 普通のほくろおよびメラノーマの写真と解説は、を参照してください。 メラノーマを発見し、診断するために、皮膚の検査が用いられます。 がんが体内に拡がる方法は3通りあります:• 組織を透過して、がんが周囲の正常組織に侵入します。 リンパ系を透過して、がんがリンパ系に侵入し、リンパ管を経て体内の他の部分に移動します。 血液を透過して、がんが静脈と毛細血管に侵入し、血液を経て体内の他の部分に移動します。 がん細胞が原発部位 初めの腫瘍 から離脱してリンパや血液を経て体内の他の部分に移動すると、別の腫瘍 二次性腫瘍 を形成するかもしれません。 この過程を転移と読んでいます。 二次性腫瘍 転移性腫瘍 は原発部位の腫瘍と同じタイプのがんです。 例えば、もし乳がんが骨に転移するのなら、骨のがん細胞は実際に乳がんのがん細胞です。 その病気は骨のがんではなく、転移性乳がんです。 メラノーマを病期分類する方法は、主に腫瘍の厚さ、がんがリンパ節あるいは身体の他の部分に拡がっているかどうかに基づきます。 腫瘍を摘出するための外科療法はすべての病期のメラノーマに対して主要な治療法です。 医師は次の方法のいずれかを用いて腫瘍を摘出します: 広範囲局所切除術: メラノーマとその周囲の正常組織の一部を摘出する手術です。 リンパ節の一部も摘出される場合があります。 リンパ節切除術: リンパ節を摘出し、サンプル組織を観てがんの徴候があるかどうかを調べるための外科的手法です。 センチネルリンパ節生検: 手術中にセンチネルリンパ節(腫瘍からがんが最初に拡がると考えられるリンパ節)を摘出します。 放射性物質または染料はリンパ管を通ってリンパ節に流入します。 放射性物質または染料を取り込んだ最初のリンパ節を摘出します。 病理医が顕微鏡下でがん細胞があるかを調べます。 がん細胞を認めなかった場合、さらにリンパ節を摘出する必要はありません。 手術によって生じた創傷を覆うために皮膚移植(がんを切除したあとの皮膚を埋めるため、体の別の場所から皮膚を植皮する)が行われることもあります。 手術の際に目にみえるがんをすべて取りきれたとしても、実際にはがんがまだ残っている可能性があり、医師から術後に化学療法を勧められる場合があります。 再発のリスクを下げるために手術後に行う化学療法はアジュバント療法と呼ばれています。 化学療法 化学療法は、薬剤を用いてがん細胞を殺すかまたは細胞分裂を停止させることでがん細胞の増殖を停止させるがん治療のことです。 口から服用したり、筋肉や静脈内に注入する化学療法では、薬剤は血流を通って全身のがん細胞に影響します(全身療法)。 脳脊髄液、臓器、腹部などの体腔に薬剤を直接注入する化学療法では、薬剤は主にこれらの領域中にあるがん細胞に影響します(局所化学療法)。 局所化学療法の一つに温熱分離四肢潅流法があります。 この方法では、抗がん剤はがんがある腕あるいは脚に直接到達します。 止血帯で四肢間の血流を一時的に遮断します。 温溶液とともに抗がん剤は四肢の血液に直接注入します。 これにより、がんのある領域に高用量の抗がん剤が投与できます。 化学療法の方法はがんの種類や病期によって異なります。 詳しい情報についてはを参照してください。 放射線療法 生物学的療法は、患者さん自身のがんと闘う免疫機構を活発にする治療法です。 自らの体内でつくられる物質や実験室で作成された物質を用い、患者さん自身の病気に対するもともとの抵抗力を高め、方向づけしたり、回復させたりします。 このがん治療法はまたバイオセラピー、免疫療法とも呼ばれます。 インターフェロンとインターロイキン-2(IL-2)はメラノーマの治療に用いられる生物学的療法です。 インターフェロンは、がん細胞の分裂に影響を及ぼして腫瘍の増殖を遅らせます。 IL-2は、多くの免疫細胞、特にリンパ球(白血球の一種)の成長と活性を高めます。 リンパ球はがん細胞を攻撃し殺すことが出来ます。 腫瘍壊死因子(TNF)療法は他のメラノーマの治療と共に用いられる生物学的療法の一種です。 TNFは抗原との反応や感染によって白血球が作る蛋白質の一種です。 腫瘍壊死因子は実験室で作ることができ、がん細胞を殺す治療として用いられます。 詳しい情報についてはを参照してください。 標的療法 標的療法は、正常な細胞を傷つけずに特定のがん細胞を識別したり攻撃したりする薬剤や他の物質を用いる治療法の一種です。 メラノーマの治療に用いられている標的療法の種類には次のようなものがあります。 モノクローナル抗体療法: 一種類の免疫系細胞から実験室で作られた抗体を用いるがん治療です。 これらの抗体は、がん細胞上にある物質やがん細胞の増殖を促進する可能性のある正常物質を同定することができます。 抗体はこれらの物質に付着して、がん細胞を殺すか増殖を阻害あるいは拡散を防ぎます。 モノクローナル抗体は注入により投与されます。 これらは単独で用いられる他、がん細胞まで薬剤、毒素、または放射性物質を直接送達するために用いられることもあります。 モノクロナール抗体療法はアジュバント療法として化学療法と共に用いられることがあります。 シグナル伝達阻害剤: 細胞内のある分子から別の分子に伝達されるシグナルを阻害する物質です。 これらのシグナルを阻害することでがん細胞を殺す可能性があります。 ベムラフェニブは、進行性メラノーマあるいは手術によって摘出できない腫瘍に用いられるシグナル伝達阻害剤です。 腫瘍溶解性ウイルス療法: メラノーマ治療に対して研究中の標的療法の一種です。 腫瘍溶解性ウイルス療法は、正常な細胞には感染しないで、がん細胞に感染して破壊するウイルスを用います。 より多くのがん細胞を殺すために、腫瘍溶解性ウイルス療法の後に放射線療法あるいは化学療法が行われることがあります。 血管新生阻害剤: メラノーマ治療に対して研究中の標的療法の一種です。 血管新生阻害剤は新しい血管の成長を妨害します。 がん治療において腫瘍の増殖に必要な新しい血管の成長を阻止するために行われます。 詳しい情報についてはを参照してください。 新しい治療法は現在、臨床試験で有効性を検討中です。 何人かの患者さんにおいて臨床試験に参加することは最良の治療選択であるかもしれません。 臨床試験はがんの研究過程の一つです。 臨床試験は新たな治療法が標準的な治療法より安全で有効であるかを見つけ出すために行います。 がんに対する今日の標準的な治療法の多くは早期の臨床試験を基本にしています。 臨床試験に参加する患者さんは標準的な治療を受けるか、初めて新しい治療を受けることになるかもしれません。 また、臨床試験に参加する患者さんは未来のがん治療法の改良を助けます。 新しい治療法の臨床試験が有効性を示さなくても、しばしば重要な疑問の答えとなり、研究が前進するのを助けます。 がんの治療を始める前、または始めるか、治療を始めた後に患者さんは臨床試験に参加することができます。 II期メラノーマの治療法は次のいずれかになると思われます:• 腫瘍および腫瘍辺縁の正常組織の一部を取り除くための手術。 リンパ節マッピングおよびセンチネルリンパ節生検後、腫瘍および腫瘍辺縁の正常組織の一部を取り除くために手術を行います。 センチネルリンパ節にがんが認められた場合には、さらに隣接リンパ節を摘出するために2度目の手術が行われる場合があります。 手術後に用いられる新しい種類の治療法の臨床試験。 現在、米国での患者さんを受け入れている臨床試験があるかどうかをNCIのがん臨床試験リストから確認してください。 試験の場所、治療の種類、薬剤名など研究の他の特徴から研究を詳細に知ることが出来ます。 臨床試験に関する一般的情報はから入手可能です。 III期メラノーマ 手術によって摘出できるIII期メラノーマの治療法は次のいずれかになると思われます:• 腫瘍および腫瘍辺縁の正常組織の一部を取り除くための手術。 手術により生じた創傷を覆うための皮膚移植が行われることがあります。 がん再発のリスクが高い場合、手術後にインターフェロンによる生物学的療法。 手術によって摘出できないIII期メラノーマの治療法は次のいずれかになると思われます:• イビリムマブおよびベムラフェニブによる標的療法。 局所化学療法(温熱分離四肢潅流法)。 一部の患者さんは腫瘍壊死因子による生物学的療法も受けるかもしれません。 III期メラノーマの臨床試験において研究中の治療法は以下になります:• 手術後に用いられる新しい種類の治療法の臨床試験。 腫瘍溶解性ウイルス療法のような腫瘍への注入による治療法の臨床試験。 全身化学療法の臨床試験。 現在、米国での患者さんを受け入れている臨床試験があるかどうかをNCIのがん臨床試験リストから確認してください。 試験の場所、治療の種類、薬剤名など研究の他の特徴から研究を詳細に知ることが出来ます。 臨床試験に関する一般的情報はから入手可能です。 IV期および再発性メラノーマ IV期および再発性メラノーマの治療法は次のいずれかになると思われます:• イビリムマブおよびベムラフェニブによる標的療法。 インターロイキン-2(IL-2)による生物学低療法。 化学療法。 症状の軽減とQOLを改善するための緩和療法。 いずれかになると思われます。 リンパ節あるいは肺、消化管、骨、脳にある腫瘍を摘出する手術。 脳、脊髄、骨への放射線療法。 IV期および再発性メラノーマの臨床試験において研究中の治療法は以下になります:• 生物学的療法の臨床試験。 シグナル伝達阻害剤をはじめとする、各種の標的療法の臨床試験。 血管新生阻害剤の臨床試験。 腫瘍溶解性ウイルス療法のような腫瘍への注入による治療法の臨床試験。 既存するすべてのがんを摘出するための手術の臨床試験。 現在、米国で、の患者さんを受け入れている臨床試験があるかどうかをNCIのがん臨床試験リストから確認してください。 試験の場所、治療の種類、薬剤名など研究の他の特徴から研究を詳細に知ることが出来ます。 臨床試験に関する一般的情報はから入手可能です。

次の