特定 介護 職員 処遇 改善 加算。 介護職員処遇改善加算って何?という方に!わかりやすく簡単に解説します!|介護士さんのための情報サイト「きらッコノート」

介護職員処遇改善加算とは?支給方法・対象者・要件・計算方法を解説

特定 介護 職員 処遇 改善 加算

新たな処遇改善加算【特定処遇改善加算】の内容が明らかに 2019年2月13日に、第168回社会保障審議会介護給付費分科会が開かれ、2019年10月の消費税増税に合わせて始まる介護職員に対する新たな処遇改善の加算【特定処遇改善加算】の仕組み、加算率が明らかになりました。 今回明らかになった部分について解説します。 それ以外にも、 ・職場環境等要件に関し、複数の取組を行ってい ること ・介護職員処遇改善加算に基づく取組について、HPへの掲載等を通じた見える化を行っていること が取得要件になるようです 詳細は未定。 追記:取得要件が明らかになりました。 解説はこちらをご覧ください。 特定処遇改善加算は現行の介護職員処遇改善加算とは別の加算として設定されます。 特定処遇改善加算の加算率 特定処遇改善加算の加算率はサービス毎に違う 特定処遇改善加算の加算率はサービスによって異なります。 加算率がもっとも高いのは 訪問介護で 6.3%、 最も低いのは通所介護で1.2%となっています。 最も処遇改善されるサービスは訪問介護:最高で20% 特定処遇改善加算の加算率が最も高いサービスは訪問介護ですが、 訪問介護は現行の介護職員処遇改善加算でも加算率が最も高いサービスとなっています。 介護職員処遇改善加算、特定処遇改善加算共にを取得すると、加算率は断トツの 20%にもなります。 まだ確定しない部分も多いですが、やるべきことの方向性ははっきりしてきたように思います。 処遇改善加算については色々な意見はありますが、 介護事業所の経営者・運営者や介護従事者の立場からすると、 公金によって介護スタッフの報酬をアップしてくれる制度は大変ありがたい制度です。 これを活用しない手はありません。 詳細が決まったら、行政からのアナウンスがあります。 すぐに対応ができるように、情報チェックは怠らないようにしましょう。 処遇改善加算を取得しないのはもったいない 厚労省によると、10%の事業所は現行の処遇改善加算を取得していないようです。 色々な理由によって取得できない場合はさておき、 手続きが面倒というのが取得していない理由だとしたら 大変もったいない話です。 処遇改善加算のメリットは非常に大きいです。 スタッフの給与をボンとアップすることができます。 利用者さんの自己負担額への影響もありますが、 国が考えた制度である旨をご説明することで、他の加算に比べると理解を得られやすいというメリットもあります。 区分支給限度基準額への影響もありませんから、処遇改善による限度額オーバーの心配もありません。 特に 訪問介護については、他のサービスよりも手厚く、最高で20%の処遇改善が可能ですので 是非とも取得をおすすめします。 処遇改善加算取得の方法が分からない場合 処遇改善加算の取得をしたいけれど、どうしたらよいかわからない場合、 介護事業運営支援センターが加算取得をお手伝いします。

次の

【特定処遇改善加算】をわかりやすく説明すると?

特定 介護 職員 処遇 改善 加算

ページID1022543 更新日 令和2年6月11日 令和元年度介護職員処遇改善加算等の実績報告について 令和元年度に加算の算定をした全ての法人(事業者)について、介護職員処遇改善及び介護職員等特定処遇改善実績報告書の提出が必要です。 令和元年度の途中で事業を廃止した場合や介護職員処遇改善加算の算定を終了した場合も提出が必要なので御注意ください。 4)(令和2年3月30日)」の問10において、「令和元年度の実績報告については、「介護職員等特定処遇改善加算に関する基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について」(老発0412第8号平成31年4月12日付厚生労働省老健局長)に基づき報告することとなる。 」とされているため、それぞれの様式で報告する必要があります。 また、押印も必要となりますので、御留意ください。 提出期限 令和2年7月31日(金曜日)必着 提出場所 1 提出先 宇都宮市 保健福祉部 保健福祉総務課 介護事業者指導グループ(2階D5窓口) (注意)第1号訪問事業又は、第1号通所事業のうち、 宇都宮市外に所在する事業所であって宇都宮市の指定を受けている場合の届出は、 高齢福祉課 地域包括ケア推進室事業グループに御提出ください 2 提出方法 上記窓口へ持込又は郵送 (注意)いずれの場合も必着です 提出書類(介護職員処遇改善加算)• 報告書 別紙様式3• 報告書 別紙様式3(添付書類1)指定権者内事業所一覧表• 積算資料 参考様式 市外、県外の介護サービス事業所を一括して計画をしている法人の場合は追加で下記の書類が必要です。 報告書 別紙様式3(添付書類2)届出対象都道府県内一覧表• 報告書 別紙様式3(添付書類3)都道府県一覧表 提出書類(介護職員等特定処遇改善加算)• 報告書 別紙様式3• 報告書 別紙様式3(添付書類1)指定権者内事業所一覧表 市外、県外の介護サービス事業所を一括して計画をしている法人の場合は追加で下記の書類が必要です。 報告書 別紙様式3(添付書類2)届出対象都道府県内一覧表• 報告書 別紙様式3(添付書類3)都道府県一覧表 提出書類一覧(介護職員処遇改善加算)• 提出書類(介護職員等特定処遇改善加算)• 介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算について 介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算(以下、「処遇改善加算等」といいます。 )について、確実な処遇改善を担保しつつ、算定に係る文書負担の軽減を図るため、算定要件の考え方の整理を行い、介護職員処遇改善計画書と介護職員等特定処遇改善計画書、介護職員処遇改善実績報告書と介護職員等特定処遇改善実績報告書がそれぞれ一本化されました。 加算の取得については、基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例を掲載しますのでご確認ください。 なお、一本化された計画及び報告書については、令和2年度の加算から適用されます。 令和元年度の報告については、旧様式を御利用ください。 介護職員処遇改善計画書・介護職員等特定処遇改善計画書 提出期日 処遇改善加算等を取得する月の前々月の末日まで (注意)末日が閉庁日の場合は前開庁日 (例)令和2年7月から取得する場合 令和2年5月29日 (例)令和2年8月から取得する場合 令和2年6月30日 (参考)新型コロナウイルス感染症への対応により期限までの提出が難しい場合の対応については、下記の添付ファイルを参照してください。 提出書類 1 介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算を取得する事業者 1) 介護職員処遇改善計画書・介護職員等特定処遇改善計画書(別紙様式2-1) 2) 介護職員処遇改善計画書(施設・事業所別個表)(別紙様式2-2) 3) 介護職員等特定処遇改善計画書(施設・事業所別個表)(別紙様式2-3) 2 介護職員処遇改善加算のみ取得する事業者 1) 介護職員処遇改善計画書・介護職員等特定処遇改善計画書(別紙様式2-1) 2) 介護職員処遇改善計画書(施設・事業所別個表)(別紙様式2-2) 提出先及び提出方法 1 提出先 宇都宮市 保健福祉部 保健福祉総務課 介護事業者指導グループ(2階D5窓口) 2 提出方法 上記窓口へ持込又は郵送 (注意)いずれの場合も必着です。 様式 (別紙様式2)介護職員処遇改善計画書・介護職員等特定処遇改善計画書のエクセルファイルの中に、 ・ 別紙様式2-1 ・ 別紙様式2-2 ・ 別紙様式2-3 が含まれています。 (注意)令和2年3月31日に厚生労働省より書式の差し替えの通知を受け様式を差し替えました。 (注意)基本情報入力シートにおいて、訪問型サービス(独自)、通所型サービス(独自)を選択したときに、別紙様式2-2及び2-3でエラーになる不具合が修正されました。

次の

大阪市:介護職員処遇改善加算届出及び介護職員等特定処遇改善加算届出について (…>介護保険>居宅介護支援・居宅サービス)

特定 介護 職員 処遇 改善 加算

このコラムを読むと分かること ・2019年(令和元年10月)改正の特定処遇改善加算の概要が理解できる ・特定処遇改善加算の適用要件が理解できる ・特定処遇改善加算受給後の配分方法の仕組みが理解できる 介護(福祉)職員の賃金改善を国費補助する処遇改善加算。 平成24年に交付金方式から現在の加算方式に変更された後、数度に渡り改正。 このコラムでは2019年(令和元年)10月実施の特定処遇改善加算について詳しく解説する。 合計29枚の文書でなかなか分かりにくい。 まずは制度の趣旨を一言で説明しよう。 特定処遇改善加算とは、 一定キャリアの介護職員がいる場合に、現行のに加えて加算が得られる制度だ。 現行の同様、 受給額以上を対象職種に配分する必要がある。 対象事業所では有効な賃金施策となる。 具体的な計算方法は以下の通り。 報道でクローズアップされている要件は「 10年以上の介護福祉士がいる場合」だが、これは必ずしも正確であるとは言えない。 それはどういう意味か? 「勤続10年以上の介護福祉士」とはあくまでも基本的な考え方であって、例えば次のようなキャリアでも問題ない。 ・複数の法人にまたがる経歴でも通算10年ならOK ・介護事業所だけでなく医療機関の経歴も含まれる ・事業所内の能力評価や等級システムによっては10年未満でもOK つまり事業所の裁量で決めることができる! 「勤続10年以上の介護福祉士」を制度上正式には 経験・技能のある介護職員と呼ぶ。 この「経験・技能のある介護職員」について、厚生労働省は下記の通り例示している。 介護福祉士の資格を有するとともに、所属する法人等における勤続10年以上の介護職員を基本としつつ、他の法人における経験や、当該職員の業務や技能などを踏まえ、各 事業所の裁量で設定することとする。 キャリア10年というのはおよその目安という趣旨である。 介護福祉士の資格保有は必須か? 厚生労働省の通達内のQ&Aには、 介護福祉士の資格を有する者がいない場合の措置が記載されている。 Q&Aからは介護福祉士不在でも特定処遇改善加算が取得可能なように読み取れる。 しかし制度の趣旨から考えると、これはあくまでも例外中の例外であることをご認識されたい。 さらに特定事業所加算の受給要件を簡単に説明すると以下のようになる。 詳細は本コラム後半で解説する。 対象者を理解しよう! 配分の対象者 次のステップでは、特定処遇改善加算の配分対象者を整理する。 対象は大きく分けて3種だ。 なお厚生労働省の通達では、 基本給での配分が望ましいとされている。 ここで言う8万円には、事業主負担の法定福利費増加分は 含めることができるが、年収440万円には法定福利費増加分を 含めることができない。 なお既に年収が440万円以上の職員がいる場合は、この条件は既に満たしていると判定される。 また年収の算定について、法改正初年度(2019年度)は12カ月未満となるため、「12カ月特定処遇改善加算を受けていた場合の年収」で想定することが可能である。 平均値の算出には、 配分を行わない者も分母に算入することに留意したい。 またその他の職種の職員に特定処遇改善加算を配分後、年収が440万円を上回る場合にも、対象とすることはできないことに留意しよう。 しかしこれには一定の配慮措置がある。 ・小規模事業所で加算額全体が少額 ・職員全体の賃金水準が低く、1人だけアップするのが困難 ・規程の整備などに時間がかかる このようなケースでは、例外的に合理的な説明を付けることで、上記要件を満たさなくても良い場合がある。 該当する場合には試みても良いだろう。 特定処遇改善加算と同時に取得することも可能なので、まだ取得していない場合は今すぐ準備を始めよう。 職場環境要件 「資質の向上」、「労働環境処遇の改善」、「その他」の3カテゴリーからそれぞれ1つ以上の取組を行う必要がある。 現行処遇改善加算を得る際に既に実施している取組と重複してもよい。 詳細はここでは省略する。 見える化要件(2020年4月から実施) 特定処遇改善加算に基づく取り組みを、 ・介護サービス情報公表制度() ・自社のホームページ いずれかで公表していること。 公表相手には当然ながら事業所職員も含まれる。 なお、当然のこととして労働基準法の遵守義務も併せて課せられているため、適切な労務管理が必要となることは言うまでもない。 それ以後は、加算を得たい月の前々月末日が提出期限となる。 なお、実績報告書は最終加算の支払いがあった月の翌々月の末日が期限。 通常は毎年7月31日となる点にも留意したい。 「人材確保等支援助成金(介護・保育労働者雇用管理制度助成コース)」とは介護労働者が職場に定着し、長く働ける環境づくりをする取り組みに対して、事業者に一定の助成金を支給する仕組みだ。 一例として、人事評価・賃金制度の実施導入を行うことで50万円。 1年後、2年後に離職率が改善されれば、ボーナス的に57万円、85万円を受給することができる。 特定処遇改善加算と並行して受給のための計画を取りたいところだ。 介護事業所にとって国費によって賃金改善ができる絶好の機会であると言える。 加算の取得には複雑な書類作成知識が必要となるため、手続きにお困りの方は是非当事務所までご相談を。

次の