日本 選手権 クロス カントリー 2020。 【2020 クロスカントリー日本選手権】U20は石田洸介がV!【2020高校駅伝への道】

クロスカントリー日本選手権2020の結果!順位・タイム一覧|まるっとスポーツ

日本 選手権 クロス カントリー 2020

概要 [ ] 選手権としてシニア男女・ジュニア男女の4種目が実施され、その他にジュニア男女・中学生駅伝男女の4種目が行なわれる。 各種目の出場選手数はシニアが60人程度、ジュニアは300人を超える規模を持つ。 高さ6mの急坂があり、が大きいが設けられた形状の、長さ2000mのコースを周回して競技が実施される。 主催は、国営海の中道海浜公園、、、である。 種目 [ ]• シニア男子 - 12km• シニア女子 - 8km• ジュニア男子 - 8km• ジュニア女子 - 6km 歴代優勝者 [ ] シニア男子10000mおよびシニア女子6000mの歴代優勝者記録である。 2002年第16回大会までのシニア女子は5000mで実施されていた。 ( )は・のに出場した選手である。 日本では、後にに所属し、各陸上競技大会やなどで活躍した。 2005年の優勝者であるは、前年の女子5000m金メダリストである。 、、、、はいずれもに属するジュニア選手であったが、シニアの部に出場して優勝を飾っている。 メセレト・デファー 福岡国際クロスカントリー大会 [ ] 年 男子 記録 女子 記録 10 1996 29分42秒 16分18秒 11 1997 ジェフ・シーブラー 28分44秒 16分08秒 12 1998 28分43秒 16分16秒 13 1999 ジェフ・シーブラー 29分00秒 16分09秒 14 2000 29分33秒 16分40秒 15 2001 山口洋司 30分41秒 ユリア・オルテアヌ 16分40秒 16 2002 28分50秒 15分36秒 17 2003 29分13秒 18分51秒 18 2004 サムエル・ワンジル 29分02秒 19分25秒 19 2005 サムエル・ワンジル 29分20秒 19分16秒 20 2006 30分27秒 19分38秒 21 2007 29分29秒 19分56秒 22 2008 28分18秒 18分54秒 23 2009 29分15秒 19分33秒 24 2010 29分04秒 19分32秒 25 2011 27分52秒 19分09秒 26 2012 30分27秒 新谷仁美 20分18秒 27 2013 29分47秒 新谷仁美 20分00秒 28 2014 28分43秒 19分23秒 29 2015 29分22秒 19分54秒 5000m 第28回大会は を兼ねて開催 日本選手権 [ ] 年 シニア男子 記録 シニア女子 記録 U20男子 記録 U20女子 記録 2016 35分59秒 27分13秒 24分19秒 19分43秒 2017 36分07秒 26分46秒 24分02秒 19分51秒 2018 ナイキ (10kmに変更) 29分53秒 26分31秒 中谷雄飛 佐久長聖高 24分05秒 19分50秒 2019 29分36秒 ND28AC 26分43秒 葛西潤 関西創価 23分48秒 廣中璃梨佳 長崎商高 19分56秒 テレビ中継 [ ] 大会の模様はRKB毎日放送が制作を行ない、TBS系列28局ネットで開催当日の夕方に84分枠 (2020年は15:30 - 16:54)にて放送される(以前は全編事前収録だったが、2020年現在スタジオ部分とシニア男子10kmは生放送、他の種目はダイジェスト版での放送となっている)。 またU20の部に関してはRKBの番組公式サイトにてライブ配信がなされた。 中継出演者 2020年 [ ] 別記が無い場合は、いずれもRKBアナウンサー スタジオ解説• (日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)• (スポーツジャーナリスト)• (長距離ブロック監督) スタジオMC• (アナウンサー) 男女レース解説• (中距離・駅伝監督) レース実況• 現地リポート・インタビュー• U-20競技ネット配信実況• 参考文献・出典 [ ]• [ ] 2011-02-05. 2011年2月27日閲覧• IAAF 2010-08-07. 2011年2月27日閲覧• 日本経済新聞. 2016年2月17日. 2017年2月23日閲覧。 MIT 2011-02-26. 2011年2月28日閲覧• 2011年3月1日 -. 2011年2月27日閲覧• Sports-Reference. com 2011年2月28日閲覧• 2011年10月13日 - 東日本実業団陸上競技連盟. 2011年2月28日閲覧• 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2001-03-19. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2002-03-19. 2005年3月19日 -. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2003-03-03. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2004-02-29. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2005-03-07. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2006-03-05. 2011年2月27日閲覧• 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2009-03-07. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2010-02-27. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2011-02-26. 2011年2月27日閲覧• 日本陸上競技連盟 2012-02-28. 2013年2月25日閲覧• 日本陸上競技連盟 2012-02-28. 2013年2月25日閲覧• 2014年は当初例年通り84分枠で放送予定だったが、前継番組である中継が放送時間を延長したため15分短縮した69分間 注釈 [ ]• ジェフリー・シーブラー(Jeffrey Schiebler) 外部リンク [ ]• - 日本陸上競技連盟•

次の

クロスカントリー日本選手権|RKB毎日放送

日本 選手権 クロス カントリー 2020

概要 [ ] 選手権としてシニア男女・ジュニア男女の4種目が実施され、その他にジュニア男女・中学生駅伝男女の4種目が行なわれる。 各種目の出場選手数はシニアが60人程度、ジュニアは300人を超える規模を持つ。 高さ6mの急坂があり、が大きいが設けられた形状の、長さ2000mのコースを周回して競技が実施される。 主催は、国営海の中道海浜公園、、、である。 種目 [ ]• シニア男子 - 12km• シニア女子 - 8km• ジュニア男子 - 8km• ジュニア女子 - 6km 歴代優勝者 [ ] シニア男子10000mおよびシニア女子6000mの歴代優勝者記録である。 2002年第16回大会までのシニア女子は5000mで実施されていた。 ( )は・のに出場した選手である。 日本では、後にに所属し、各陸上競技大会やなどで活躍した。 2005年の優勝者であるは、前年の女子5000m金メダリストである。 、、、、はいずれもに属するジュニア選手であったが、シニアの部に出場して優勝を飾っている。 メセレト・デファー 福岡国際クロスカントリー大会 [ ] 年 男子 記録 女子 記録 10 1996 29分42秒 16分18秒 11 1997 ジェフ・シーブラー 28分44秒 16分08秒 12 1998 28分43秒 16分16秒 13 1999 ジェフ・シーブラー 29分00秒 16分09秒 14 2000 29分33秒 16分40秒 15 2001 山口洋司 30分41秒 ユリア・オルテアヌ 16分40秒 16 2002 28分50秒 15分36秒 17 2003 29分13秒 18分51秒 18 2004 サムエル・ワンジル 29分02秒 19分25秒 19 2005 サムエル・ワンジル 29分20秒 19分16秒 20 2006 30分27秒 19分38秒 21 2007 29分29秒 19分56秒 22 2008 28分18秒 18分54秒 23 2009 29分15秒 19分33秒 24 2010 29分04秒 19分32秒 25 2011 27分52秒 19分09秒 26 2012 30分27秒 新谷仁美 20分18秒 27 2013 29分47秒 新谷仁美 20分00秒 28 2014 28分43秒 19分23秒 29 2015 29分22秒 19分54秒 5000m 第28回大会は を兼ねて開催 日本選手権 [ ] 年 シニア男子 記録 シニア女子 記録 U20男子 記録 U20女子 記録 2016 35分59秒 27分13秒 24分19秒 19分43秒 2017 36分07秒 26分46秒 24分02秒 19分51秒 2018 ナイキ (10kmに変更) 29分53秒 26分31秒 中谷雄飛 佐久長聖高 24分05秒 19分50秒 2019 29分36秒 ND28AC 26分43秒 葛西潤 関西創価 23分48秒 廣中璃梨佳 長崎商高 19分56秒 テレビ中継 [ ] 大会の模様はRKB毎日放送が制作を行ない、TBS系列28局ネットで開催当日の夕方に84分枠 (2020年は15:30 - 16:54)にて放送される(以前は全編事前収録だったが、2020年現在スタジオ部分とシニア男子10kmは生放送、他の種目はダイジェスト版での放送となっている)。 またU20の部に関してはRKBの番組公式サイトにてライブ配信がなされた。 中継出演者 2020年 [ ] 別記が無い場合は、いずれもRKBアナウンサー スタジオ解説• (日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)• (スポーツジャーナリスト)• (長距離ブロック監督) スタジオMC• (アナウンサー) 男女レース解説• (中距離・駅伝監督) レース実況• 現地リポート・インタビュー• U-20競技ネット配信実況• 参考文献・出典 [ ]• [ ] 2011-02-05. 2011年2月27日閲覧• IAAF 2010-08-07. 2011年2月27日閲覧• 日本経済新聞. 2016年2月17日. 2017年2月23日閲覧。 MIT 2011-02-26. 2011年2月28日閲覧• 2011年3月1日 -. 2011年2月27日閲覧• Sports-Reference. com 2011年2月28日閲覧• 2011年10月13日 - 東日本実業団陸上競技連盟. 2011年2月28日閲覧• 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2001-03-19. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2002-03-19. 2005年3月19日 -. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2003-03-03. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2004-02-29. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2005-03-07. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2006-03-05. 2011年2月27日閲覧• 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2009-03-07. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2010-02-27. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2011-02-26. 2011年2月27日閲覧• 日本陸上競技連盟 2012-02-28. 2013年2月25日閲覧• 日本陸上競技連盟 2012-02-28. 2013年2月25日閲覧• 2014年は当初例年通り84分枠で放送予定だったが、前継番組である中継が放送時間を延長したため15分短縮した69分間 注釈 [ ]• ジェフリー・シーブラー(Jeffrey Schiebler) 外部リンク [ ]• - 日本陸上競技連盟•

次の

クロカン日本選手権2020_TOP

日本 選手権 クロス カントリー 2020

概要 [ ] 選手権としてシニア男女・ジュニア男女の4種目が実施され、その他にジュニア男女・中学生駅伝男女の4種目が行なわれる。 各種目の出場選手数はシニアが60人程度、ジュニアは300人を超える規模を持つ。 高さ6mの急坂があり、が大きいが設けられた形状の、長さ2000mのコースを周回して競技が実施される。 主催は、国営海の中道海浜公園、、、である。 種目 [ ]• シニア男子 - 12km• シニア女子 - 8km• ジュニア男子 - 8km• ジュニア女子 - 6km 歴代優勝者 [ ] シニア男子10000mおよびシニア女子6000mの歴代優勝者記録である。 2002年第16回大会までのシニア女子は5000mで実施されていた。 ( )は・のに出場した選手である。 日本では、後にに所属し、各陸上競技大会やなどで活躍した。 2005年の優勝者であるは、前年の女子5000m金メダリストである。 、、、、はいずれもに属するジュニア選手であったが、シニアの部に出場して優勝を飾っている。 メセレト・デファー 福岡国際クロスカントリー大会 [ ] 年 男子 記録 女子 記録 10 1996 29分42秒 16分18秒 11 1997 ジェフ・シーブラー 28分44秒 16分08秒 12 1998 28分43秒 16分16秒 13 1999 ジェフ・シーブラー 29分00秒 16分09秒 14 2000 29分33秒 16分40秒 15 2001 山口洋司 30分41秒 ユリア・オルテアヌ 16分40秒 16 2002 28分50秒 15分36秒 17 2003 29分13秒 18分51秒 18 2004 サムエル・ワンジル 29分02秒 19分25秒 19 2005 サムエル・ワンジル 29分20秒 19分16秒 20 2006 30分27秒 19分38秒 21 2007 29分29秒 19分56秒 22 2008 28分18秒 18分54秒 23 2009 29分15秒 19分33秒 24 2010 29分04秒 19分32秒 25 2011 27分52秒 19分09秒 26 2012 30分27秒 新谷仁美 20分18秒 27 2013 29分47秒 新谷仁美 20分00秒 28 2014 28分43秒 19分23秒 29 2015 29分22秒 19分54秒 5000m 第28回大会は を兼ねて開催 日本選手権 [ ] 年 シニア男子 記録 シニア女子 記録 U20男子 記録 U20女子 記録 2016 35分59秒 27分13秒 24分19秒 19分43秒 2017 36分07秒 26分46秒 24分02秒 19分51秒 2018 ナイキ (10kmに変更) 29分53秒 26分31秒 中谷雄飛 佐久長聖高 24分05秒 19分50秒 2019 29分36秒 ND28AC 26分43秒 葛西潤 関西創価 23分48秒 廣中璃梨佳 長崎商高 19分56秒 テレビ中継 [ ] 大会の模様はRKB毎日放送が制作を行ない、TBS系列28局ネットで開催当日の夕方に84分枠 (2020年は15:30 - 16:54)にて放送される(以前は全編事前収録だったが、2020年現在スタジオ部分とシニア男子10kmは生放送、他の種目はダイジェスト版での放送となっている)。 またU20の部に関してはRKBの番組公式サイトにてライブ配信がなされた。 中継出演者 2020年 [ ] 別記が無い場合は、いずれもRKBアナウンサー スタジオ解説• (日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)• (スポーツジャーナリスト)• (長距離ブロック監督) スタジオMC• (アナウンサー) 男女レース解説• (中距離・駅伝監督) レース実況• 現地リポート・インタビュー• U-20競技ネット配信実況• 参考文献・出典 [ ]• [ ] 2011-02-05. 2011年2月27日閲覧• IAAF 2010-08-07. 2011年2月27日閲覧• 日本経済新聞. 2016年2月17日. 2017年2月23日閲覧。 MIT 2011-02-26. 2011年2月28日閲覧• 2011年3月1日 -. 2011年2月27日閲覧• Sports-Reference. com 2011年2月28日閲覧• 2011年10月13日 - 東日本実業団陸上競技連盟. 2011年2月28日閲覧• 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2001-03-19. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2002-03-19. 2005年3月19日 -. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2003-03-03. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2004-02-29. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2005-03-07. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2006-03-05. 2011年2月27日閲覧• 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2009-03-07. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2010-02-27. 2011年2月27日閲覧• Nakamura, Ken 2011-02-26. 2011年2月27日閲覧• 日本陸上競技連盟 2012-02-28. 2013年2月25日閲覧• 日本陸上競技連盟 2012-02-28. 2013年2月25日閲覧• 2014年は当初例年通り84分枠で放送予定だったが、前継番組である中継が放送時間を延長したため15分短縮した69分間 注釈 [ ]• ジェフリー・シーブラー(Jeffrey Schiebler) 外部リンク [ ]• - 日本陸上競技連盟•

次の