なろう 悪役令嬢 現代兵器。 どうしても破滅したくない悪役令嬢が現代兵器を手にした結果がこれです / 第616特別情報大隊 園心ふつう 無惑桑 おすすめ無料漫画

【漫画】どうしても破滅したくない悪役令嬢2巻の続き15話以降を無料で読む方法

なろう 悪役令嬢 現代兵器

リリー・ホワイト・アコラサード伯爵令嬢13歳は兄のハスタとハイキングに出かけたとき、異国に住むビエント・アネモス・アストラべーという男性に会い、初めて風魔法を教えてもらう。 数時間一緒にいただけで、リリーはビエントの事を好きになった。 どうした ら会えるかと聞くと、笛を渡された。 もう一度会いたくて、リリーは飛ぶ練習と風魔法の練習を始めた。 リリーには幼い頃に決められた王子の婚約者がいたが、その婚約者の誕生日パーティーで婚約者はミーネと入場し挨拶して歩きファーストダンスまで踊る始末。 国王と王妃に謝られ、贈り物も準備されていると宥められるが、その贈り物のドレスまでミーネが着ていた。 リリーは怒ってワインボトルを持ち、美しいドレスをワイン色に染め上げるが、ミーネもリリーのドレスの裾を踏みつけ、ワインボトルからボトボトと頭から濡らされた。 相手は子爵令嬢、リリーは伯爵令嬢、位の違いに国王も黙ってはいられない。 婚約者はそれでも、リリーの肩を持たず、リリーは国王に婚約破棄をして欲しいと直訴する。 それ受け入れられ、リリーは清々した。 婚約破棄が完全に決まった後、リリーは深夜に家を飛び出し笛を吹く。 会いたかったビエントに会えた。 過ごすうちもっと好きになる。 必死で練習した飛行魔法とささやかな攻撃魔法を身につけ、リリーは今度は自分からビエントに会いに行こうと家出をして旅を始めた。 旅の途中の魔物の森で魔物に襲われ、リリーは自分の未熟さに気付き、国営の騎士団に入り、魔物狩りを始めた。 最終目的はダンジョンの攻略。 悪役令嬢と魔物退治、ダンジョン攻略等を混ぜてみました。 メインはリリーが王女になるまでのシンデレラストーリーです。 今回も辞書を開いた場所の横文字を名前に使っていますが、意味はありません。 侍女は今回もメモリーにちなんで、モリーとメリーです。 楽しんでいただけますように。 ブックマークしたいただけると、不定期のオマケはわかりやすいと思います。 評価していただけるとポイントがつくので、評価お願いします。 やる気に繋がるので、どうぞお願いします。 リリアン・ホワイト・ツールスハイト公爵令嬢は、わずか16歳で斬首刑にて死刑になったはずだった。 目を覚ますと、死ぬ前に戻っていた。 婚約者のシェル・コテ・エパシオ殿下は、子爵令嬢のアウローラにべったりで、この際、婚約破棄していただき、リリアンは 医療茶葉認定医として自由に生きていきたいと思っていたのに、殿下は、急にリリアンに気があるそぶりで、前世とは違ったシナリオで生活が始まった。 分岐点ごとに、兄のグラナードに相談しながら、慎重に生きている。 前世ではダンスパーティーに盛大にアウローラに葡萄ジュースをかけて、殿下にひどく叱られたのに、今生ではアウローラが叱られている。 今生では、アウローラが悪役令嬢なのかしら?アウローラが口にした「呪ってやるわ」という言葉でアウローラの正体は魔女だったということがバレて!というシナリオで、楽しく書かせていただきました。 初めての悪役令嬢物。 悪役令嬢のストーリーを読んだことがないので、私が想像した物です。 論点が違っていたら、こんな話なのねと思っていただける嬉しいです。 王子はシェルにしたのですが、時々シャルに間違っています。 間違い探しをしていますが、見つけたら教えてください。 名前は辞典で開いた文字を使っています。 意味はありません。 侍女のモリーとメリーは、メモリーにちなんで、侍女の名は変えていません。 どこでも、モリーとメリーでつけています。 読んでくださりありがとうございます。 ブックマークしたいただけると、不定期のオマケはわかりやすいと思います。 評価していただけるとポイントがつくので、評価お願いします。 やる気に繋がるので、どうぞお願いします。 引っ込み思案な性格が裏目に出て思った事を上手く伝えられないアルテシア。 そんなアルテシアを従順な性格で片付けられる。 アルテシアにも夢がある。 聖なる力で身分差関係なく人々の病や怪我の苦しみから解放すること。 しかし現実は引っ込み思案のアルテ シアはやりたことも言ない。 大人しく黙って言う事を聞いていたら勝手に王太子と婚約させられ、挙げ句の果てには能無し呼ばわりをされ婚約解消。 婚約解消後は自由になれると思い、修道院へ行けると喜んだのも束の間、神託で聖女と任命されてしまう。 能無し呼ばわりした王太子達も手のひらを返して再婚約しろと言う。 両親もあまり関心が無かったアルテシアに期待の目を向けてる。 また、従順な子という思い込みで私の意見聞かず事を進めようとする。 何を私に期待してるの?捨てといてそれはないでしょう。 逃げよう。 と、心に決め外の世界へ飛び出す。 しかし、王太子は追うのであった。 婚約破棄を経て最強の淑女へ覚醒した女性がいた。 世界を恐怖によって支配し、秩序を生み出した伝説の傭兵団を設立した女性がいた。 その名はリーズレット・アルフォンス。 最強の女性として君臨していた彼女は素敵なお嫁さん生活を追い求めていたが、遂に それは叶わず老衰で死んだ。 転生した理由を探りながら、彼女はこの転生に秘められた想いを知る。 2度目の人生でこそ夢を叶えようと、前世と同じく銃を手に理想の旦那様を求めるのであった。 前日単1と2は短編部分です。 短編を既に読んでいる方は前日譚3からが続きとなります。 変身魔法で魔族からシュペール王国の人々を守る聖女嬢リリアン・マールベラは伯爵令嬢で、王国の王太子アステールと婚約していた。 だが、リリアンは彼女を陥れるための卑劣な罠に嵌められてしまう。 無実の罪で悪役令嬢の濡れ衣を着せられ、婚約を破棄されたば かりか、逮捕され死刑宣告を受けてしまうのだ。 そして、リリアンを辱めて尊厳を奪うために、屈辱的な公開処刑が行われる。 火炙りになりながら、リリアンは神に生きることを望んだ。 果たしてリリアンは転生できるのか? そして聖女のいなくなった王国は魔族に滅ぼされてしまうのか? 婚約破棄からざまぁ、更に異世界転移からラブコメ、異能力バトルなど多彩な展開を構想しています。 ぜひお楽しみください。 いくら私より好きな相手がいようと、私たちの結婚は生まれる前から偉い人が決めたのだから、そうそう簡単には破棄できないんですよ!もちろん私にもどうこうする権利はありません! ある日、他の女性を隣に置き公衆の面前で私に婚約破棄を突きつけた私の婚 約者はそこのところが分かっていなかった。 結果、私の恥のかき損に終わる。 お父様は事態の解決策を探しに遠い領地へ。 王都に残された私は、私に代わって婚約者を狙う彼女に突っかかられたり、婚約者(仮)に悩まされたり。 我々がどうこうできないのだから大人しくしていればいいじゃない…。 という私の意志に反して周りには喧嘩っ早い人ばかり。 胃痛に悩まされながら送る学園生活。 どうなる私の婚約破棄。 これは「聖女」に現を抜かす婚約者を婚約破棄へと誘導する「悪役令嬢」の物語ーー。 辺境伯爵家の長女、ダリア・ブラックウッドと国王の庶子、第二王子アレクシス・コンラッド・コヴィントンは十年前に婚約を結んでいる。 「泣き虫のアレクシス、貴 方がなにを望んでいようとも私には関係はありません。 貴方の望みを押し付けるような真似はしないでください」 「心のない女性と婚約をさせられた僕の不運を心の底から恨むよ。 僕はお前になにも望まない、だから、お前も僕になにも望んでくれるなよ」 そこには愛はない。 恋もない。 ダリアは泣けばなんとでもなると思っているアレクシスのことを嫌っていた。 アレクシスは可愛げのないダリアのことを嫌っていた。 それでも婚約は絶対だった。 「アレク様はあたしを愛してくださっているの! まあ、当たり前よね? 性格の悪い婚約者よりも可憐で愛らしい恋人を優先するのは男として当然のことだわ。 あなただってそのくらいのことはわかるでしょ?」 しかし、その大前提は危機に晒されてしまう。 魔法学園の三年生となったアレクシスには二歳下の可愛い恋人ができた。 溺愛する恋人は「聖女」の資格を与えられた子爵令嬢、ライラック・ロベリア。 ライラックはアレクシスの恋人だった。 しかし、ライラックの恋人はアレクシスだけではない。 そのことを知った国王陛下はお怒りになった。 その怒りは次から次へと飛び火し、収拾のつかないことになっていた。 理不尽な三日間の謹慎処分を下されたダリアは故郷に戻る。 そして、父親から告げられた「極秘任務」によりダリアの穏やかな日々は終わりを告げることになる。 「メイヴィス・エミリー・バックス公爵令嬢との婚約を破棄する!」 メイヴィス・エミリー・バックス公爵令嬢は婚約者から一方的に宣言をされた。 心当たりはない。 ただ、婚約者の腕に大切そうに抱き締められている少女の存在によるものだということは見てわか った。 それが婚約破棄などという無作法な行いをさせているのならば、それは咎めるべき行為だろう。 メイヴィスは婚約破棄をされていながらも冷静だった。 しかし、メイヴィスの態度が気に入らない婚約者によって、バレステロス監獄の地下牢へと入れられた彼女は冷静だった。 いや、冷静すぎたのだろう。 メイヴィスは頭の良い公爵令嬢だった。 だからこそ、自分自身の投獄により家族の立場が危ぶまれることに気付いてしまった。 婚約破棄された公爵令嬢は自ら死を選ぶ。 しかし、その魂は再び「メイヴィス・エミリー・バックス」として生まれ変わるのだった。 メイヴィスは死を選んだことを後悔していなかった。 しかし、同じことを繰り返すつもりはない。 婚約破棄をされて自ら死を選んだ公爵令嬢は、強かに生きる。 今度こそ幸せになりたい公爵令嬢は転生した世界で未来を切り開いていくことを決めるのだが、悲しいことに悪役令嬢である彼女は世界から愛されない運命だった。 転生したメイヴィスは知ってしまう。 メイヴィスの存在は王国の平和を壊しかねないものなのだということを。 【2019年9月27日より読書アプリ「まいどく」にて配信をしております。 基本的に無料でご覧いただけます。 小説家になろうとは異なる展開も楽しめるかと思います。 】 「可愛いアリア。 二度もお前を失うなど私には耐えられないのだよ」 女公爵イザベラ ・スプリングフィールドには前世の記憶がある。 自らの死を強く乞うほどに後悔だらけの前世だった。 命を落とすその時までイザベラの心の中にあったのは、異母妹を見殺しにしたあの日の後悔だった。 女公爵は後悔の中、命を落としたはずだった。 理由はわからなかったものの、彼女は運が良かったのだろう。 死んだ筈の女公爵は目を覚ました、それは、異母妹を見殺しにする前日のことだった。 二度と異母妹を失うことのないように、今度こそ、大切な家族を守れるように。 前世の後悔を胸に秘めた女公爵は決心した。 それは運命を壊す一歩だとしても彼女は止まらないだろう。 「婚約破棄をするのならば正式な手続きを交わすべきではございませんか? スプリングフィールド公爵家と皇太子殿下との婚約は、皇家からの申し出であったと記憶しておりますが」 溺愛する異母妹を救う為ならば、怖いものなどはなかった。 全ては可愛いアリアと一緒に生きていく為! その為ならば手段は問わない。 それで皇族侮辱罪に問われるのならば、皇国を捨てる事も問わない。 生まれ持った魔法の才能も剣術の才能もある。 公爵位を継ぐ為に学んで来た領地経営や交渉術を使えば、苦労なく生きていける事を知っていたのだ。 結果的にイザベラは異母妹を溺愛するシスコン公爵として名を馳せることになるのだが、それは、彼女にとって名誉なことだろう。 「二度と死なせはしない。 だから、私と一緒に生きてくれないか?」 これは異母妹を溺愛する女公爵と悪役令嬢の異母妹の物語である。 五月二十一日から外伝、第二部を連載いたしました。 「アイツのせいで悪役令嬢って言われてる」、「続! アイツのせいで悪役令嬢って言われてる」の連載版でお送りします。 1話~3話は完結済の上記2作と同じお話しです。 前作たちをお読みの方は、飛ばして下さっても宜しいかと思います。 ヴィヴィエッ トは婚約者の不貞を第二王子のエレンツィード殿下から知らされます。 なんと、男爵令嬢が原因で婚約破棄されるというではありませんか。 大人しく婚約破棄なんてされません。 自分をコケにした人を許すまじ。 ということで、余計なおせっかいをしたエレンツィード殿下を巻き込んで憂さ晴らしをします。 そして、5歳の時から12年も拗らせた王子は、初恋の少女を何とか手に入れようと画策します。 似た者同士の悪役令嬢と、腹黒殿下のハッピー(?)学園ライフが始まります! 「決めたぞ! オレは、リリアナとの婚約を破棄してお前と婚約する!」 朝起きたら突然、伯爵令嬢に転生していた私、クレナ・ハルセルト。 もうすぐ九歳。 流れ星が魔法の力になる、そんなおとぎ話みたいな世界。 あれ? これって前世で妹のやっていた乙女ゲ ームに似てるよね? 神様みたいなものが、ドラゴンの子供を授けてくれて、この世界を救えば元の世界に戻してくれるって約束してくれたんだけど。 えーと、なんで王子さまと婚約なんて話になってるの? おまけに失敗すると、世界がゲームのバッドエンド同様に滅びるんですけど! 王さまとか、同じ転生者とか、悪役令嬢とかいろいろ出てきて。 「ねえ、リュリ。 アナタ、協力してくれるわよね」 ローゼリィお嬢さまの一言で始まった、とんでもないお願い。 お嬢さまは、あたしたちのいるこの世界とは別の所、異世界からの転生者で、今いるこの世界は、「ゲーム」のなかなのだと言う。 そしてお嬢 さまは、「悪役令嬢」。 主役の女の子をイジメて、婚約破棄、断罪、下手すりゃ処刑という、最悪な未来の待つお立場なのだ。 最悪な未来を回避するために、なんだってお手伝いいたしますともっ!! ……って、え? ええっ? お手伝いって、まさか、お嬢さまの身代わりに学園に通うことなんですかっ? いや、それは、ちょっとさすがに。 しかも、そこにはお嬢さまを破滅させる未来を引き寄せてしまう、「攻略対象者」の皆さまもいらっしゃるのっ? それも七人っ! うえええっ! あたし、バレずにお嬢さまのフリ、出来るんでしょうかっ! ええいっ、こうなったら、女は度胸よ。 やってやろうじゃない……の、って。 愛する人が出来たんだ。 二年も待たされた挙句、一方的に婚約解消されたエセル。 ディオン公子に、大公位とともにセットでエセルを譲られたのは、弟レオナルト公子。 「はあ!? ふざけないでよっ!! 」 身勝手すぎるディオンの行為に、怒るエセル。 ディオンを奪ったのは、正統派ヒロイン容姿のリリアーナ。 私、もしかして、このままいけば「悪役令嬢」ポジション!? 二人の仲を邪魔する悪者!? 冗談じゃないわ。 誰が悪役になんてなってやるもんですか。 ………いいじゃない。 こうなったら、リベンジよ。 私を捨てたディオン公子を、思いっきり後悔させてやるっ!! 貴賤結婚!? アンタみたいな無責任男、こっちから願い下げよっ!! 新たな婚約相手となったレオナルトと、トコトンラブラブになって、幸せになってやるんだからっ!! 泣いて、「俺が悪かった」って土下座しても、遅いんだからねっ!! 『ポジション「悪役」になりました。 ~婚約破棄されても、ハピエンを目指します!! syosetu. ヒーロー役(!? )レオナルトSideのお話です。 愛する人が出来たんだ。 二年も待たされた挙句、一方的に婚約解消されたエセル。 ディオン公子に、大公位とともにセットでエセルを譲られたのは、弟レオナルト公子。 「はあ!? ふざけないでよっ!! 」 身勝手すぎるディオンの行為に、怒るエセル。 ディオンを奪ったのは、正統派ヒロイン容姿のリリアーナ。 私、もしかして、このままいけば「悪役令嬢」ポジション!? 二人の仲を邪魔する悪者!? 冗談じゃないわ。 誰が悪役になんてなってやるもんですか。 ………いいじゃない。 こうなったら、リベンジよ。 私を捨てたディオン公子を、思いっきり後悔させてやるっ!! 貴賤結婚!? アンタみたいな無責任男、こっちから願い下げよっ!! 新たな婚約相手となったレオナルトと、トコトンラブラブになって、幸せになってやるんだからっ!! 泣いて、「俺が悪かった」って土下座しても、遅いんだからねっ!! 煌びやかな灯りがともされた、大きなホールに、一際大きく響く声が広がっていきました。 「モカ、君とは婚約破棄をさせてもらう。 そして、俺はこの、ストロベリー=フラペチーノと婚約をする!」 ああ、これを聞くのにも、もう飽きてしまったほどの 回数を私はループを繰り返して来ました。 「わかりましたわ。 モカ=キャラメルは、この婚約破棄を受け入れますわ」 「え」 わたくしがあっさりと承諾いたしましたので、元婚約者様は拍子抜けしたような顔をなさっておいでです。 さて、忙しくなりますわね。 わたくしはこの婚約破棄の瞬間に巻き戻され、五年後の二十歳の誕生日を過ぎたあたりで、必ず死んでしまうというループを繰り返しておりますので、今度こそはこのループ人生から抜け出したいものです。 あ、私はこの光景を知っている。 婚約者と彼の従者(男装した少女)とのキスシーンを目撃してしまったアンナカメリアは、ここが前世で追いかけていた小説【覚醒の少女】の世界で、自身が悪役令嬢であることを思い出す。 ヒロインを殺害するために躍起になっ て、最後に殺されるなんて絶対嫌に決まっている。 その為には、アンナカメリアを唆す存在である真の悪役とも言うべき少年に接触をしないと決意したのだが…その子供、色々と企画外過ぎた。 色々と属性を持ち合わせている彼に、段々と沼に嵌まっていきそうな気配を感じているけれど、そこは命がかかっているから心を強く持ちたい悪役令嬢と、そんな彼女の心を知ってか知らずか好き勝手に行動する年下少年とのお話。 『あなたは初恋に嘘をつけますか?』 赤ん坊のころに家族を殺され、盗賊に連れさられたダンテは、今や悪徳貴族相手に詐欺を働く義賊となっていた。 そんなダンテはブルームバーグ伯爵家の美しい一人娘であるアンジェリカに狙いを定め、婚約破棄による一 儲けを企んでいた。 しかし、アンジェリカに近づくため入学した学園で、ダンテは一人の地味な少女、ベアトリーチェと出会う。 純粋で優しい少女にだんだんと惹かれていったダンテだったが、両親の殺害を命じたのがアンジェリカの父親だと知ってしまい……。 これは、嘘つきによる真実の愛を求める物語 この作品はカクヨム、アルファポリス、小説家になろう、ノベルアップ+で連載しております.

次の

【漫画】どうしても破滅したくない悪役令嬢2巻の続き15話以降を無料で読む方法

なろう 悪役令嬢 現代兵器

10年前、世界に突如として魔獣と呼ばれる凶暴な生き物が現れ始めた。 その力は強大で、現代兵器では大きな効果を与えることが出来ず、人々はその暴力に日々脅えて過ごすことになる。 だが絶望の最中、彗星の如く現れたのは、魔法少女と自称する魔法を扱 う少女達だった。 彼女たちは魔獣と同じ魔力を用いた魔法という技術で魔獣を次々と倒していき、人々は度々魔獣の脅威にさらされながらも、平和に暮らすことが可能となっていった。 そうやって10年。 魔法少女は各国政府の管理下に置かれつつ、魔獣が現れた際にはその力を以て討伐する現代のヒーローとなっていた。 その年齢層が、10歳から20歳以下の少女達であったとしても、魔法少女とはそういうものと認識された。 そんな少なくない犠牲のもとに成り立つ平和の中で一度叶えた夢をとある事情で手放した引きこもり。 俺こと小野真白は、自身を妖精と名乗る奇妙な小動物、パッシオに出会う。 パッシオから聞かされた魔法少女の実態。 魔法少女を生み出した妖精という存在とそのクズっぷりを耳にした俺は、その妖精界では変わり者なパッシオの提案に、乗った。 本来なら有り得ない筈の男性での魔力行使。 それがもたらした俺自身の変化と秘密。 魔力を手にした後、沢山の出来事が起こった。 辛いことも楽しいことも山ほどあった。 大事なものもたくさん増えた。 独りよがりじゃない、本当に大切な繋がりも出来た。 だから、守る。 今まで守りたかったものも、守れなかったものも、新しく守りたいものも、全部。 何処かで傷付いているかも知れない子の手を取るために、誰かの為に傷付く誰かの手を握るために、かけがえのない仲間たちと全力で前に進むために、私 俺 は繋いだこの手を守り抜く。 今だから言える。 そのために、私 俺 は魔法少女になったんだって。 『チェンジ!!フルール・フローレ!!』 1P1500~2000文字程で更新します。 時折更新が数日以上空く場合がありますので容赦ください。 感想、誤字脱字の御報告、レビューやTwitterでの呟きなどなど大歓迎です。 疑問に思ったところなどでも良いので是非、気軽にどうぞ。 17歳で死んだ俺は神と名乗るものから「なんでも願いを一つかなえてやる」そして「望む世界に行かせてやる」と言われた。 俺の願いはシンプルだった『現世の全てを入れたストレージをくれ』 神は喜んで(?)俺の願いをかなえてくれた。 希望した世界はモ ンスターだらけの異世界だ。 そう、俺の夢は銃器でモンスターを狩ることだったから。 俺の旅は始まったところだが、この異世界には魔法とモンスターが溢れているはずだ。 魔法なんか銃で蹴散らしてやるつもりだが、どんな魔法があるかは行って見ないとわからない。 正直恐ろしさもある。 どんな世界かわからないのだから恐れは当然だ。 だが、このストレージがあれば何とかなるはずだ。 なんと言っても現世の全てが入っているのだから。 地球 西暦1946年 ブラジル連邦共和国 今日はとても透き通った青空だ。 そんなことを考えながら空を眺めていると、ふと黒い点が空に浮いているように見えた。 虫かと思い、手で払うが当たる気配がない。 なんだと思い、目を凝らすとそれは赤い尾を 引きながら物凄い勢いで落ちてきていた。 その日、南アメリカ大陸のほぼ全ての生物が死滅した。 落下してきていたのは直径約3. 5㎞にも及ぶ隕石だった。 クレーターは直径約100kmになり世界一大きい隕石湖を作り上げ、隕石落下が原因で地球には氷河期が訪れ、大量絶滅が発生した。 人類はなんとか生き残ることが出来たが、被害は甚大だった。 もともと世界大戦が終わった直後だったのも相まって状況は最悪だった。 各国の国民は気温低下による食料不足により飢えていた。 ただ一つの国を除いて。 その国の名はフラシル魔法王国。 隕石落下の後に隕石湖周辺に興された国だ。 その国の王はこの星の民に向けてこう言った。 「我らは、フラシリアの民 魔人 だ。 」 フラシル魔法王国は、1年後世界統一を果たし、その1000年後全魔人が忽然と姿を消した。 それまで奴隷に近い扱いを受けていた人間は、恐怖の支配者が突然消えたことにより衰退していた文明を急速に発展させていった。 そして、その奇跡の日を聖暦1年として新しい時代の幕開けとなった。 ある日突然太平洋が青い霧に覆われた。 巻き込まれた地域の人々とは音信不通。 救助に向かった自衛隊の部隊は壊滅する。 霧の中では電気も火薬も使えず近代兵器は役に立たなかった。 救助活動に進展がなく中の人々の生存は絶望的と思われたところで1隻の漁船が保 護された。 霧に巻き込まれた小笠原村から来たという漁師の情報をもとに救助活動を再開する日本。 そして、霧の中に現れた大陸を発見、原住民と交流を行いいち早く拠点を築く。 そんな事件から7年後。 大陸に向かう高校生がいた。 彼は大陸で光の精霊と出会いその加護と一振りの杖を受け取る。 過去文明の知識を持ち話ができるその杖と共に修行を行い、その果てに圧倒的な力を得る彼だった。 しかし、その力が公になると日本政府に制限をかけられる事になった。 しかし同時に大陸のみならず日本本土でも有名になってしまった彼は、その若さと能力により様々な人や組織に利用されそうになる。 そんな彼が理不尽な政府の要求や勝手なマスコミとも戦いながら冒険していくお話です。 はたして彼はこの冒険の先に何を見るのか? 平和なはずの日常は、突如として出現した侵略者によって完膚なきまでに破壊された。 人類最後の生き残りとなった遥は、銀河縦断の旅に出る。 目指すは銀河中心に座する超巨大ブラックホール、いて座A*。 その特異点を潜り、滅びの歴史を改変するために。 優しい悪魔に連れられて、少女は目的を達成することができるのか。 過酷な旅の果て、少女たちが目にするものは何か。 出会いと別れ。 死と破壊。 交流と戦いの物語が今、始まる。 元傭兵という特殊な経歴を持つ俺は殺し屋を生業としている。 これまで不可能とも思える数々の依頼を受けては、そのすべてを完遂させてきた。 ある日、日本政府から秘密裏に依頼が来た。 それは異世界に転移しろという荒唐無稽なミッションだった。 すべての発 端は日本に突如出現した異世界へ繋がる門。 この門によって異世界の存在が証明されたのである。 そんな異世界での具体的な依頼内容は2つ。 〇異世界で最も強大な国『タウル・ゼムス』の国王暗殺 〇異世界の資源管理と利用の調査 日本政府はこの門を利用して異世界への侵攻を企てている。 その下準備の為に先鋒として俺に白羽の矢が立ったのだ。 俺は依頼を承諾し、様々な思惑を背にして異世界へと旅立った。 魔法や幻獣が存在する謎に包まれた異世界。 そこで俺はこれまで培った知識と現代兵器を駆使して任務達成を目指す。 最初に出会ったのは獣人と呼ばれる種族。 只人の騎士に攫われそうになっていたところを助けて、俺は獣人の集落に迎え入れられた。 集落での生活は心地良かったが、騎士を倒したことで騎士団の部隊長がドラゴンと部下を率いて集落に攻めて来ることに。 俺はナイフやハンドガン、アサルトライフル、手榴弾、地雷等を駆使して見事に部隊を全滅させた。 その後、俺は部隊長が着けていた指輪を手にする。 精霊との出会いは、俺と魔法の繋がりを密接にするものだった。 部隊長を殺した事実を知られてしまい、俺は危険人物として扱われてしまう。 獣人たちと別れ、只人の街に繰り出す俺は、果たして無事でいられるのだろうか………。 令和三年。 新型感染症が猛威を振るい、日本国だけでなく世界は大不況に陥り、これまでの空白を取り戻そうと躍起になっていた。 とは言っても、日常に不況感は無く、生活することが出来ている。 が、しかし、また再び動き出すはずだった日本国は調子を狂わ された。 新型感染症により露見した日本国の"弱み"を克服する為の憲法改正の発議が、収束宣言のほぼ直後に始まった憲法改正のほぼ最終工程である衆議院での多数決が行われる日に事件は起こった。 前代未聞のこの事件で、日本はいやまたもや世界は混乱に陥る事となる。 syosetu. 尚、前作は私がまだ知識が浅い時に書いたものでありますので、もし読まれるのであれば期待なさらないようお願い申し上げます。 alphapolis. 防衛省・自衛隊は、約1500億円の損失を受けた。 過去に類をみない、恐ろしい損害を負った防衛省・自衛隊。 防衛省は、対策本部を設置し陸上自衛隊の東部方面隊、陸上総隊より選抜された部隊で混成団を編成。 その損失を取り返すため、混成団を災害派 遣する決定を下したのだった。 syosetu. ですが、実際に墜落した時より前に書かれた表現ということをご理解いただければ幸いです。 捜索、原因究明が打ち切りとなったことにつきまして、本心から残念に思います。 搭乗員、戦闘機に幸福が訪れるよう祈らせていただきます。 凄腕の強盗カップルであるフレッドとジェシカ。 七年にも及ぶ悪行の末、政府に追い詰められた二人は崖から落ちて命を落とす。 しかし、二人は異世界に転生していた。 新たな人生を歩む彼らは、再び出会ったことで前世の記憶を取り戻す。 そして前世では 行わなかった結婚を果たした。 「コンビ再結成の記念だ。 異世界ハネムーンを楽しもうじゃないか」 「さすがダーリン! それは名案ね」 転生を経て異世界の能力を得た二人は新婚旅行を始める。 彼らは行く先々で暴走し、善も悪も片っ端から蹂躙していく。 魔王の復活や世界の危機も、彼らには関係なかった。 ただ己の欲望のままに全てを薙ぎ倒す。 最凶のコンビとなった召喚術師と聖女は、異世界を掻き乱すのであった。 原初の錬金術師ルドルフには、深刻な悩みがあった。 神々すらも圧倒する力が仇となり、極度の退屈に苛まれていたのだ。 そんなある日、賢者の一言が彼の人生を変える。 曰く、人類を愛して世界を育めば、退屈も紛れるという。 ルドルフはさっそく実践す ることにした。 滅亡寸前の世界を残して、深き眠りにつく。 そして二千年後。 目覚めたルドルフを待っていたのは、高度に発展した技術の数々であった。 戦場を銃弾が飛び交い、未知の魔術兵器が跋扈する。 杖や詠唱による魔術行使は、もはや時代遅れに等しかった。 その事実にルドルフは衝撃を受ける。 「素晴らしい! 大きく進歩しているではないか!」 喜ぶルドルフであったが、すぐに冷静さを取り戻す。 此度は、賢者から託された目的があった。 飛躍した世界をさらに育み、人類を愛さねばならない。 目的の達成を狙うルドルフは、戦争による好景気で発展を促すことを決める。 最大の敵である退屈も、これで解消できると確信していた。 ルドルフは一国の権力者として成り上がると、大陸全土に猛威を振るう。 世界中にモンスターが出現して未曾有のパニックが到来した。 都市に混ざって乱立するダンジョン。 スキルやレベル、ステータスといった新たな法則。 おまけに異世界の人間まで現れたことで、どこもかしこも無法地帯と化した。 旅客機で帰国中だった俺は 、空飛ぶドラゴンを目撃した。 死闘の果てに討伐するも、旅客機は爆発して海に墜落する。 三日間にも及ぶ漂流生活の末、俺はなんとか陸地に辿り着く。 取り返しが付かないほど変わり果てた世界を前に……俺は歓喜した。 「最高じゃないか! こいつは楽しむしかない!」 変貌した世界は、心地よいスリルに満ちていた。 元が退屈な世界なのだから、これくらいがちょうどいい。 まさに俺の探し求めていたシチュエーションであった。 どうしてこうなったのかは知らないし、正直あまり興味がない。 楽しむことができればそれで良い。 ドラゴン討伐で一気にレベルアップした状態なら、思う存分に満喫できるだろう。 胸を躍らせながら、俺は世界終末を謳歌することにした。 これは"事象の地平線で踊る円舞曲"と平行して進むもうひとつの物語。 目の前で異空間へと失踪した妹の《ワルツ》のことを助けようとして、自らも異世界へと飛び込んだ姉の《小枝》の物語である。 異世界に転移した小枝がやって来 たのは、深い森と接するブレスベルゲンという大きな町。 そこで彼女は、行方不明になった妹を探す一環として、冒険者になることを決意する。 そんな小枝は現代世界の超兵器『ガーディアン』。 ゆえに彼女は、自身の正体がバレないよう『普通の』人間を装い、町の人々に紛れながら『普通の』冒険者らしい生活を送ろうとするのだが……。 これまで18年間に渡って人里離れた山奥に住んでいたために、そもそも人間というものをよく知らなかった彼女にとって、人間らしく活動するというのは、考えている以上に大変なことだったのである。 かくして彼女は、毎日のように、厄介ごとを巻き起k……巻き込まれていく。 主人公の強さは現代兵器とアイデアでそこそこ、戦闘描写は控えめで異世界人との出会いや交流と日常がメイン。 個性的で可愛らしく頼もしい仲間と苦楽を共にし、出会った人達と絆を繋いでいきます。 髪と目が黒い青年が団長をしているからそういわれている。 …というのが通説であるが、実はそれだけではない。 大きな音を出す黒いクロスボウのような武器を装備し、闇夜に紛れて暗殺者のごとく他の傭兵や冒険者が匙を 投げた強敵をまるでゴミをあさるカラスのように殺してしまうさまから付いた別称なのだ。 それを聞いた団長が子供のころにやったゲームと合わせて、『俺らにはお似合いな名前だな』と言ったから正式にそういう名になったに過ぎない。 彼はちょっと結婚願望が強く、ミリオタで、SSバイク乗りである以外は普通の日本人であったが、トラックに撥ねられてしまい、女神にあい異世界に行くように命じられる。 説明されても理由など分からないがとりあえず行けと言外に命じられた。 納得できないが、心残りもあるためとりあえず行くことを選んだ。 何をしろ。 とは言われなかった。 だがこれだけは言える。 普通の日本人であっても、現代日本に生きる常識や倫理観は異世界人にとっては非常識であり革新的であり、保守派閥の大っ嫌いな攻撃対象であると。 冬月市の高校で授業を受けていた高校生と隣接する中学校の生徒、さらに教職員がまとめて異世界に転移することになった。 授業中に閃光とともに転移してしまいアルビレオ騎士王国の王宮で魔王(サタン)を倒してほしいと言われる。 召喚の際に1人1つ女神 の祝福を貰い勇者と呼ばれるはずだが、主人公がもらった女神の祝福は兵士 ソルジャー というしょぼいものだった。 女神の祝福がこんなにしょぼいわけがない!さては、勇者ではないな!!ということで兵士によって主人公は投獄されてしまう。 しかし、投獄された主人公はただの高校生ではなかった。 過去のとある事情から少々特殊な清掃会社の職員となっていた。 控えめに言ってうんざりしていた会社から意図せず抜け出した主人公は、会社の仕事で身に着けたスキルや兵士 ソルジャー のスキルを駆使し、騎士王国から脱出した主人公は目の前につるされた餌につられてみたり、騎士王国に百倍返しをしてみたりと好きに生きようとする物語。 R-15及び残酷な表現は保険です。 一項目一五〇〇字くらいです。 サクッと読んでサクッと帰りましょう。 異世界とか追放とか令嬢に飽きた人向け? 現代SFファンタジーです。 現実世界の延長に超能力がある世界にて。 そんな中、自分のためならば人殺しをもいとわない『典型的な外道』ルーシ・スターリング、どこまでも自分本位である『ダメ人間』鈴木翔、人が良すぎてなかなかうまく物事を運べない『お人好し』柴田公正をはじめとした少年少女たちは、今の生き残りと未来の成功を懸け、愚かで愛しい世界を駆けてゆく。 alphapolis. 基本一話五〇〇〇字以上なので、PC閲覧をおすすめします。 ある国にてしがない無法者を行って いた『ルーシ』は、日常の一幕として行った盗みと殺人で『エターナルプログラム』という得体のしれない超能力のような現象に取り憑かれた挙げ句、超能力者による兵隊と近未来兵器を製造する『正義』の企業『創麗』によって殺されかける。 だが、そこで彼の能力が一部開花し、傷跡も無い壮麗な翼で軍人を跳ね除けると、創麗傘下の日本国の学校とされている『創麗学園』に入学する代わりに、自身の犯罪履歴と安全保障を約束させるという取引に成功する。 創麗学園横浜校という超能力者開発研究所と、それらを隔離する特別区という街で、典型的な外道であるルーシと彼の妹である『タイペイ』、後に彼の腹心となる『高杉大智』の三人、そしてダメ人間な『鈴木翔』とお人好しな『柴田公正』は生き残りを賭けて一連の出来事に挑んでいく。 syosetu. まれに二〜三項目更新します.

次の

小説を読もう!

なろう 悪役令嬢 現代兵器

作品紹介 ミリタリ女子な主人公が転生したのは、前世でプレイしていた乙女ゲーの世界。 それも主人公(ヒロイン)ではなく、世間一般でいう「悪役令嬢」として。 ゲームでの悪役令嬢はどうあっても最後には破滅する運命だったが、彼女は考えた。 破滅したくなければ、破滅させてくる奴らを滅ぼしてしまえばいいじゃない! 未来の悪役令嬢たる転生幼女は、愛する現代兵器の再現・開発に着手する。 バッドエンドな運命は火力で突破するのみ!! ミリタリ女子な主人公が転生したのは、前世でプレイしていた乙女ゲーの世界。 それも主人公(ヒロイン)ではなく、世間一般でいう「悪役令嬢」として。 ゲームでの悪役令嬢はどうあっても最後には破滅する運命だったが、彼女は考えた。 破滅したくなければ、破滅させてくる奴らを滅ぼしてしまえばいいじゃない! 未来の悪役令嬢たる4歳の転生幼女アストリッドは、魔術を習得し精霊の力を借りて愛する現代兵器の再現・開発に着手する。 16歳になった時に起こる断罪イベントの日までに敵対者を滅ぼせるだけの力を蓄えるため。 そう、バッドエンドな運命は火力で突破するのみ!! 「小説家になろう」の数ある悪役令嬢モノの中でもひときわ破天荒な主人公で送る、超火力特化悪役令嬢異世界ファンタジー開幕!.

次の