労働 金庫。 労働金庫の給料・ESの書き方・仕事内容・退職金・今後|店舗

労働金庫とは

労働 金庫

労働金庫の意味 労働金庫」とは、労働金庫法を根拠法とする協同組織の金融機関です。 全国の労働金庫が「一般社団法人全国労働金庫協会」の会員となっています。 「労働金庫連合会」が中央金庫の機能を持っています。 労働金庫の特徴 労働金庫は、労働組合や生活協同組合などが会員となり、会員の出資を受けて、営利を目的とせずに運営する機関という特徴をもっています。 直接の会員は、労働組合、生活協同組合、労働者により組織・運営される団体(共済会 ・ 互助会等)であり、団体に加入している個人は間接構成員にあたります。 該当団体に加入していない人も「ろうきん友の会」に加入するか、個人会員として出資することで様々なサービスを利用することができます。 労働金庫と銀行の違い 大きな違いは、「銀行」は営利を目的とした株式会社であり、「労働金庫」は、営利を目的としない共同組織であることです。 また、取引相手についても異なります。 銀行では、企業への融資が全体の約6割です。 一方、「労働金庫」では個人への融資が9割以上となっています。 労働金庫の例 労働金庫は、全部で13金庫存在しています。 【労働金庫】 北海道労働金庫、東北労働金庫、中央労働金庫、新潟県労働金庫、長野県労働金庫、静岡県労働金庫、北陸労働金庫、東海労働金庫、近畿労働金庫、中国労働金庫、四国労働金庫、九州労働金庫、沖縄県労働金庫 労働金庫の略称 労働金庫は、は略して「労金」と呼ばれることがあります。 労働金庫では、愛称としてひらがな表記の「ろうきん」を多く使用しています。 労働金庫の歴史 労働金庫は、岡山県と兵庫県の「信用組合」が始まりとなっています。 1950年 昭和25年)、岡山県では生協連の呼びかけによって、「岡山県勤労者信用組合」が、兵庫県では労働組合の呼びかけによって「兵庫勤労信用組合」が誕生しました。 これらが「労働者のための銀行」である「労働金庫」の原点です。 当時は、「労働金庫法」の制定前でしたので、「中小企業等協同組合法」による「信用協同組合」として作られていました。 翌年1951年 昭和26年)には「全国労働金庫協会」が設立されました。 1953年 昭和28年 には、「労働金庫法」が設立されます。 そして、全国各都道府県に労働金庫ができていきました。 1976年 昭和51年 には、労働金庫を全国統一する構想が持ち上がりますが、反対意見もあり、断念しました。 その後も統一についての話が出ますが、バブル崩壊などで実現しませんでした。 1996年 平成8年 、地域ごとに統合を行ってから、全国統合する方針となり、2007年 平成19年 には13金庫まで集約され、システムも統一されました。 しかし、2010年 平成22年 に、金融庁が合併の先送りを指示し、現在は動きが見られません。 労働金庫の近年の動き 合併の動きは止まっていますが、構想実現に向けてシステム統一が図られたため、全国どこの労働金庫でも、手数料無料で入出金や記帳が可能です。 また、ビューアルッテ、イーネット・ローソンなどのATMが手数料なしで利用できます。 セブン銀行は時間により無料など条件が各金庫により異なります。 ゆうちょ銀行や各銀行・信用金庫などの他金融機関のATMでも、キャッシュバックで実質無料になる金庫も多いです。 一旦手数料が発生してキャッシュバックになる場合などの条件は、各金庫によります。 震災や豪雨などの災害が起きた際の義援金の振込手数料を免除にするなど、支え合いのサポートも行っています。 生活応援運動として、多重債務者救済の相談会、相談ダイヤルや、住宅資金返済見直し相談なども実施しています。 国内外の協同組合組織に参加し、社会的課題の解決や平和に向けた取り組みに携わっています。 利用者目線での労働金庫 労働金庫は、地域に縛られることなく利用することができます。 また、コンビニなどのATM手数料が無料な場合が多く、普段使いに便利な金融機関です。 ATMの無料利用に、預金額などのランク条件や回数制限がないという点は、大きな特長と言えるでしょう。 頻繁に出し入れする人にとっては、特にメリットが大きいはずです。 地域により多少異なるので、お近くの金庫のホームページで確認しましょう。 労働者のための機関ではありますが、退職者も「友の会」に入ることで継続して使用できます。 住宅ローン、教育ローン、フリーローンなど個人の借り入れについて、金利面では実店舗型の銀行と比べると「低めか同水準」、信用金庫より「低め」な傾向があります。 ただし、間接構成員、個人会員で金利が異なる労働金庫も多く、会員条件によって変わります。 審査については、時間がかかるという点も知っておきましょう。 申し込み条件のハードルは低いものの、実際の審査は「厳しめ」という声が多く見られます。 「はたらく人の福祉金融機関」として「多重債務から守ること」を掲げていることもあり、個人にとって、無理のない返済ができそうか、判定を行っていると考えられます。 「労働者のための金融機関」という性質から個人向け融資のみの取り扱いで、事業資金としての融資は取り扱っていません。 ただし、非営利のNPO事業には利用できる場合があります。 はたらく人同士の助け合い、労働金庫 労働金庫は、預金も貸出金も年々増加しており、はたらく人の支え合いの金融機関として安定して機能している金融機関です。 「金融機関といえば銀行」、というイメージの方も多いかもしれません。 個人での利用においては、労働金庫も、多くの人にとって、使い勝手のよい選択肢になるのではないでしょうか。

次の

中央労働金庫|ろうきんダイレクト

労働 金庫

労働金庫は金融機関の一つですが、銀行との違いをご存知でしょうか。 労働金庫は、預金もできますし、融資やローンにも対応しています。 労働金庫でできることは銀行でもほぼできると言って良いでしょう。 労働金庫は労働組合や、生活協同組合などがお金を出し合って作った非営利目的の組織です。 働く人の生活を豊かにする目的で作られたという考え方が、銀行とは違う部分です。 働く人向けにATM引き出し手数料が曜日関係なく無料であるなど、サービス面で優れた部分が多いのが労働金庫の強みです。 労働金庫は顧客の多くが労働者個人です。 一方で、銀行は営利目的の株式会社なので、個人以外にも企業団体の顧客が多いです。 労働金庫と銀行の違いを把握してお金をうまく運用・管理しましょう。 労働金庫は全国にある? 労働金庫と一口にいっても各地方によって名称が異なっています。 「労働金庫」の前にそれぞれの地域の名前がついています。 例えば関東地方を担当する労働金庫は中央労働金庫と言います。 ほかにも全国でいくつか労働金庫があります。 これから就職活動をする人は、名前が違ったら違う組織と考えるとわかりやすいでしょう。 労働金庫の給料・年収は? 働く人を支えたいという気持ちから労働金庫に勤務したいと考える人もいるでしょう。 長く働くには収入面も気になります。 労働金庫の給料や年収について紹介します。 給料 国税庁のホームページによると、銀行など金融機関の平均給与は約550万円程度です。 中央労働金庫で勤務している人の声を例にあげると、同エリアの地方銀行で勤務している人と給料は変わらないという意見があります。 また、歳を重ねるごとに給料があがっていったりジョブローテーションによる給料の差はほぼないという意見もあります。 平均給与を業種別にみると、最も高いのは化学工業の568万円、次いで金融保険・不動産業の558万円となっており、給与の最も低いのは農林水産・鉱業の298万円となっている 年収 国税庁のホームページによると、資本金10億円以上の株式会社において年収は約630万円とのことです。 中央労働金庫の資本金はおよそ290億円で、年収は役職の有無や勤続年数によって異なります。 30代に入ると500万円以上の年収の人が多いですが、30代半ばで役職がついていると700万円程度の年収があるという人もいます。 平均給与を企業規模別にみると、資本金2,000万円未満の株式会社においては425万円 男子517万円、女子258万円 となっているのに対し、資本金10億円以上の株式会社においては635万円 男子732万円、女子334万円 となっている。 なお、個人企業においては270万円(男子356万円、女子225万円 となっている 第10表参照。 労働金庫の働き方はホワイトなのか? 働く人のための労働金庫なので、福利厚生や残業に対する支払いがきっちりしているという意見が目立ちます。 労働金庫での働き方について紹介します。 残業 実際にする職場にもよりますが、残業に対する考え方は厳しく、事前に申請しないと残業が認められないという職場もあります。 そのため勤務時間は大変忙しいという人もいます。 勤務時間は忙しい反面、ほぼ定時に帰ることができるというのはワークライフバランスを取りやすいでしょう。 定時をすぎて勤務する場合は残業扱いとなり、時給があがります。 夕方の残業以外にも、あまり早出しすぎると注意されるという声もあります。 きめられた時間内で仕事をするという効率の良さが求められます。 有休消化率 これも勤務する職場によりますが、有給は取りやすいです。 リフレッシュ目的の有給取得でも公言しやすい、穏やかな職場環境であるという声があります。 また、計画的に取得しなくてはいけない休暇日数が定められており、年度の始めに休暇予定を申告するシステムもあります。 ほかの金融機関で働いていて、労働金庫に転職したいという人もいるでしょう。 労働金庫に転職する際のエントリーシートの書き方を紹介します。 志望動機 働く人を応援するための金融機関という部分に、他の銀行との差を感じたという人が多いです。 労働者と向き合うことで人間力を高めたいという人や、労働金庫独自のサービスに魅力を感じたという人もいます。 また、地方銀行で勤務していた人がもっと広いエリアで活躍してスキルアップしたいと希望することもあります。 資格 労働金庫に転職する場合、信用金庫や信用組合、都市銀行、地方銀行など金融機関での勤務経験が役に立ちます。 労働金庫は労働者のことを考えた金融機関ですが、必要なスキルは、ほかの銀行と基本的に同じです。 労働金庫では、資格を取るための奨励金が出ます。 入社してからスキルアップに励むこともできますが、ファイナンシャルプランナーや、銀行や証券会社では必要不可欠といわれる証券外務員一種、銀行業務検定などの資格があると有利でしょう。 労働金庫だけでなく、金融業全般でつぶしが効く資格です。 労働金庫の仕事内容について紹介します。 労働金庫で正社員採用されると、ジョブローテーションで複数の仕事を経験することが可能です。 異動もあり得ます。 新卒でも中途採用でも異動・ジョブローテーションの可能性はあります。 店舗 労働金庫の店舗では各種ローン、預金、投資信託、確定拠出年金などの相談・事務手続きを行います。 労金の店舗は支店や出張所など大変多いです。 お客に直接接することから幅広い知識とコミュニケーション力が求められます。 正確な事務処理能力も大切です。 窓口 労働金庫の事務部門は窓口業務にあたります。 直接お客に接することになり、ローンや預金など自分の売り込みが契約につながると達成感が得られます。 一日に平均20~30件のお客と向きあうので精神的・体力的なタフさも求められます。 融資部門 融資部門では、ローンの申し込み相談・審査・契約・契約の実行を行います。 お客と不動産などの業者対応、渉外担当者からの案件の処理・稟議書の作成準備などの事務処理も行います。 ローンの内容やお客の状況により、審査内容が異なるため臨機応変な対応が求められます。 親身になってお客の話を聴く力も大切です。 渉外部門 渉外部門では、労働組合事務所からの集金業務や、有益な当金庫の情報・サービスを提案などを行います。 相談会やセミナーなど同時に多数の人にむけて発信する場面もあります。 働く人のライフプランを支えることにやりがいを感じられるでしょう。 一日のスケジュールとしては、各労働組合への外出と、戻ってきてからの事務作業にわけられます。 企画 労働金庫のプランや写真研修など企画を行う部門です。 日常的な事務作業などルーティンの業務は少なく、既存の制度の見直しや、新規制度の検討など日々新しいことに取り組むことが多いです。 CSR関連の活動もあり、お客と接する窓口や渉外業務などと同様、労働金庫のイメージに深くかかわる部門と言えます。 労働金庫の退職金は? 労働金庫名称 管轄都道府県 北海道労働金庫 北海道 東北労働金庫 青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県 中央労働金庫 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県 新潟県労働金庫 新潟県 長野県労働金庫 長野県 静岡県労働金庫 静岡県 北陸労働金庫 富山県・石川県・福井県 東海労働金庫 愛知県・岐阜県・三重県 近畿労働金庫 滋賀県・奈良県・京都府・大阪府・和歌山県・兵庫県 中国労働金庫 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県 四国労働金庫 徳島県・香川県・愛媛県・高知県 九州労働金庫 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県 沖縄県労働金庫 沖縄県 就職先として労働金庫を検討してみては? 労働金庫は全国に展開する金融機関で、働く人を応援し支える機関です。 ほかの銀行が営利目的で活動をするのに対して、非営利目的の労働金庫で働きたいと考える人も多いです。 労働者の立場を考えた金融機関なので、福利厚生も充実しています。 女性にとっても育休・産休などのサポートが整っているため働きやすい企業と言えるでしょう。 労働金庫には新卒で採用を目指す人もいますが、各種金融機関から転職を考える人も多いです。 金融機関で培ったスキルは労働金庫でも役立ちます。 新卒や転職の就職候補として労働金庫を検討してみてはいかがでしょうか。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

静岡県労働金庫

労働 金庫

労働金庫の店舗例 (西条支店, 愛媛県西条市) 労働金庫(ろうどうきんこ、略称: 労金(ろうきん)、:Labour Bank/Worker's Credit Union)とは、においての受け入れ、資金の移動や貸し出し(融資、ローン)、手形の発行などを行うの一つであり、その根拠となるに基づく業務を実施しているである。 手形・の適用においては、と同視される。 基本的には(労組)や(生協)などが 会員となり、会員が出資を行い、会員へのサービスを目的とする(協同組織)である(第5,12条)。 この点がであるとは組織形態が異なる。 またも同様に協同組織形態をとり、会員の対象を営業地域内としているが、会員の構成は異なる。 事業 [ ] 労働金庫の目的は、法第5条により以下が定められている。 金庫は、営利を目的としてその事業を行ってはならない。 金庫は、その行う事業によってその 会員に直接の奉仕をすることを目的とし、特定の会員の利益のみを目的としてその事業を行ってはならない。 金庫は、その事業の運営については、政治的に中立でなければならない。 利用対象は、会員である各組合等および一般勤労者で、労働金庫の営業の地域に所在、居住しているか、在勤している場合となる。 制度の当初は会員である各組合等またはその構成員であることが取引の条件となっていたが、逐次緩和され、通常は構成員でない勤労者も個人として会員になることができる(第11条)。 また、一般に預金積金や為替等の取引は、非会員も利用することができる。 ローンについては与信の都合で所属団体の確認を必要としており、ここが他の金融機関と違う点であるが、会員としての有利な点が多い。 に関しては一般の金融機関と同様、に基づき取扱っており、勤務している会社との事務取扱いが整えば、その企業に勤務する従業員等誰でも口座をもつことができる。 組織構造 [ ] 日本各地の労働金庫は 一般社団法人全国労働金庫協会(労金協/ろうきん協会・英語:National Association of Labour Banks)を構成する(第88条の2)。 システム投資の固定費用負担や、都道府県ごとの労働人口や組織基盤の疎密に対応するため、近畿労働金庫を皮切りに、東北・中央・東海・北陸・中国・四国・九州地区で地域単位の広域合併が行われた。 日本労働金庫設立構想 [ ] 労働金庫を全国統一し日本労働金庫を設立する構想は、過去数度にわたって実現手前まで進んだがいずれも頓挫している。 2月、全国労働金庫協会の肝いりで全国47金庫中42金庫の合併仮調印が実現にこぎつけたが、残りの5金庫が合併しなくてもやっていけると強硬に主張。 同年9月、同協会は合併断念を表明した。 当時労働界ではがを有しており、系が主導権を握っていた労金が総評の風下に立つことを嫌ったこと、また政権内に合併は時期尚早との見方が広がり断念に至ったと報じられている。 11月、旧総評と旧同盟などの組織統合によってが発足すると労金の全国統合の機運が高まった。 翌年1月、全国労働金庫協会内に一本化準備室が設けられ、同年9月、同協会は全国理事会を開き、全国47労金の対等合併に関する基本構想と、、との公式協議に入ることを提案。 早ければ5月にも日本労働金庫を発足させる方針を明らかにした。 しかし、にによる経済状況や各労金における経営基盤の脆弱さも目立ってきたため、合併を見送りを決定した。 、金融の自由化が進展し競合が激化する中、全国労働金庫協会が策定した経営方針である「ろうきん・二十一世紀への改革とビジョン」内において、までに全国統合し、その前段階として、北海道・東北、関東、長野・新潟、東海、北陸、近畿、中国・四国、九州・沖縄の地域ごと8金庫に統合。 最終的に全国統合し日本労働金庫を設立する方針を定めた。 この方針に則り、10月、近畿地方7庫の合併によってが発足。 までに全国13金庫までに集約された。 また、同年1月には静岡労金と新潟労金のが労金共同システム「アールワン・システム」へ統合され、システム面での全国統合は完遂した。 これを受け6月、全国労働金庫協会と13の労金は合併準備委員会を設置し、4月に合併すると決定した。 だが11月に入り、監督官庁であるが合併後のが明確化されていない点や、そもそも労働金庫法は全国一つの組織となることを想定しておらず法改正が必要であるとの見解を示し、合併の先送りを指導した。 その後、合併に向けた動静は見られない。 情報処理システム [ ] 勘定系システム [ ] 2014年1月から、の地銀勘定系パッケージ()に労働金庫特有の業務をカスタマイズし、のを用いたを導入した。 全国13の労働金庫および労働金庫連合会の統一システムであり、サブシステムおよびシステムと合わせ「アールワン・システム」と呼ばれる。 アールワンは労金連勘定のシステムとも接続されており、各労金のカードをやで利用する場合、各労金への直接接続ではなく、労金連本店経由扱いとされる。 営業店システム [ ] 営業店システムについても同時にNTTデータのCONTIMIXEアーキテクチャをベースとした製品に更改した。 これにより、旧システムが保有していた労金独特の取引形態である「一括入金」(勤務先等から給与控除された積立預金や返済金について、口座単位で入金予定を集金リストで管理し、直接当該預金・返済金口座に入金するシステム)は姿を消した。 窓口・ATMでの取引 [ ] 1月4日、全労金のユニティシステム(のアールワン・システム稼働前に運用していた共通システム)への移行が完了したことによって全国の労金窓口ならびににおいて他の労金で発行した通帳でも入出金、通帳記入・通帳繰越の取引が可能となった。 また、やのATMでほぼ全時間帯の取引が可能となった。 ・では24時間手数料なしで取引ができる。 ATMは、富士通・ Leadus ・を採用。 設置は各金庫が独自に行っている。 日本の労働金庫一覧 [ ]• - 北海道• - 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島• - 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨• - 新潟• - 長野• - 静岡• - 富山、石川、福井• - 岐阜、愛知、三重• - 滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山• - 鳥取、島根、岡山、広島、山口• - 徳島、香川、愛媛、高知• - 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島• - 沖縄 キャラクター [ ] マスコットキャラクター [ ] に制定された「ロッキー」(「ろうきん」と「Lucky」を掛け合わせた名前の青い鳥)をとして全国の労働金庫共通で使用している。 イメージキャラクター [ ]• (1983年 - 1986年)• (1986年 - 1988年)• (1988年 - 1995年)• (1995年 - 1999年)• (1999年 - 2003年)• (2003年 - 2016年)• (2016年4月1日 - )• (、2015年3月 - 2017年)• (、2016年7月 - )• (北海道労働金庫、2018年 - )• (、2018年 - ) 脚注 [ ]• 「日本労働金庫構想再び 組織集約し効率経営 ゆうちょ銀行に危機感」『日経金融新聞』2007年5月14日• 藤岡みなみオフィシャルブログ「熊猫百貨店」• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (全労金)• (日生協)• (全労済)• (信用組合) 外部リンク [ ]•

次の