ひぐらしのなく頃に 時系列。 【ひぐらしのなく頃に】この順番で見れば理解が深まる?!アニメ版のおすすめ視聴順

【ひぐらしのなく頃に】この順番で見れば理解が深まる?!アニメ版のおすすめ視聴順

ひぐらしのなく頃に 時系列

【あらすじ】 昭和58年6月。 前原圭一は住み慣れた東京を離れ鹿骨市の山奥にある寒村、雛見沢村に引っ越し、そこで出会った仲間たちと騒々しくも楽しい毎日を送っていた。 物語は、親類の葬式で三日ほど雛見沢を離れていた圭一が戻ってきた所からはじまる。 登校する時はいつも待っててくれる竜宮レナ、ノリが良く学校に馴染めるよう尽力してくれる園崎魅音をはじめとした、一癖も二癖もあるが心優しい仲間たちと仲良くなっていく。 雛見沢を案内して貰ったり魅音が部長の「部活」の熾烈な洗礼を受けたり、レナの趣味である宝探しに付き合ったり、騒がしくも心温まる毎日を過ごしていた。 このまま楽しい日々が続くと確信していた…が、ある日のこと、圭一はひょんな一言から村を取り巻く重大な秘密を知ってしまう。 今ののどかで平和な村の一枚裏に潜む膨大な暗部。 レナ達に尋ねても露骨にはぐらかされ、それに反発するかのような好奇心から村の暗部に深入りするごとに狂い出す日常。 豹変してしまった仲間たち。 徐々に追い詰められて行く圭一。 果たして圭一がたどり着く結末は… 【余談】• 本編はチュートリアル的な目的も兼ねている為か全体的に話の規模が小さく、レナと魅音以外の部活メンバーにこれといった役割が無く、重要設定である「御三家」「雛見沢大災害」も全く扱われず 前者はぼかされている 、鷹野や入江診療所、興宮のエンジェルモートも登場はするがかろうじて名前が出るなどのモブ同然の扱いである。 主な登場人物も綿流し祭以降は圭一、レナ、魅音、大石の4名のみで大体終始している。 出題編の謎の多くは解答編で明かされているが、 この話については、圭一を跳ねようとした白いバンや圭一を襲った2人組の正体、 圭一のメッセージを破った者は誰かなど、解答編である、 完結編とも言うべき、およびその後日談が発売された現在でも明確な答えが出されていない。 本編をクリアするとキャラクターが本編を振り返るお疲れ様会と、竜騎士本人が作品の解説をするスタッフルーム、ミニゲーム「れなぱん」がプレイできる。 れなぱんはレナが左右どちらかから繰り出すパンチを右クリック、左クリックでかわすという簡単な内容だが、 速度が速くフェイントもしてくるため油断したり焦ったりするとあっさり撃沈してしまう。 ちなみにソウルブラザーはれなぱん内のシナリオで結成された(この頃はイリーことがまだいないが)。 以下、判明している謎のネタバレ• 圭一は雛見沢症候群。 なので、おかしくなっているのは周りではなく圭一。 東京に戻っている際に発症していた。 魅音達が事件の事になるとシラを切り出すのは、村にきたばかりの圭一を気遣っての事。 特に魅音はその想いが強かった。 レナの豹変も圭一の妄想。 会話をよく見ると、レナから無理やり話を聞こうとする圭一にレナが怒っているだけ。 さらに過去の出来事から嘘が嫌いなレナが、あからさまな嘘をつく圭一に至近距離から少し強く言っただけ。 魅音達が、圭一が大石と食事をしていたのを知っていたのは、そのレストラン(後のエンジェルモート が園崎系列の店だから。 さらに大石は雛見沢近辺や園崎ではとても有名。 そんな彼が平日の昼間から男子中学生と食事をしていたら、魅音に連絡が行くのは想像に難くない。 おはぎの針は圭一の妄想。 実際は魅音がいたずらで入れていたタバスコ。 それを味わった時、辛さによる痛みから過去に読んだ漫画に似たシーンがあった事に対するトラウマ的記憶に雛見沢症候群の症状が入り混じって『針がはいっていた』と勘違いした。 なので、タバスコを飲み込んでしまった圭一がその後いくら探しても針は見つからなかった。 ただし、原作やドラマCDでは針が入っていると錯覚するまでの流れが他のメディアと違っており 、そもそもタバスコの存在に触れていない 辛さを感じていない のが特徴。 車に轢かれそうになったのは圭一の不注意。 道の真ん中を歩いていてクラクションを鳴らしても避けない圭一がおかしい。 普通轢き殺そうとするならクラクションは鳴らさない。 車が止まらなかったのは近づいて気づかせたかっただけ。 仮にこの車が山狗のものだったとしても、末期発症を起こした圭一を轢き殺すのは彼らの性質&任務に反すると思われる。 レナがなぜ圭一両親が不在なのを知っているかというと、レナが買い物する時に圭一の母親とよく会うから。 その時に圭一の母親からその日は圭一しかいない事を聞いた。 カップラーメンの事も本当に偶然選んでいるのを見ただけ。 さらにレナは、圭一の母親から圭一の事を任されていたので、レナの性格から考えておかずを作ってきても不思議は無い。 レナがドアの間に手を入れてガタガタしたのも、レナのセリフ通り『悪ふざけ』。 レナがを持って追いかけてくるのは圭一を心配して。 鉈を持っているのはレナの荷物か何かを見間違えた圭一の妄想説が有力(他には宝探し説も有力)。 レナはが消えるのを止められなかったのを悔やんでいる。 だから悟史と同じ行動をする圭一をなんとか止めたかったが、 レナが雛見沢に来る前の事件によりオヤシロさまを妄信しているレナは、圭一の疑心暗鬼を促すような説得になってしまった。 最後の注射の場面も妄想。 魅音達は圭一を心配してお見舞いに来ただけ。 そして魅音は祭りの時に富竹さんにしたように服に寄せ書きをしようとした。 魅音の「富竹さんと同じ目にあってもらう。 」という台詞は寄せ書きの事。 この時、魅音が持っていたペンが雛見沢症候群の圭一には注射器に見えた。 注射器(は妄想で本当はマジックペン)が捜査の際に消えてた真相は実は明かされていない。 が、これを真っ先に見つけられる立場なのは、電話で圭一から直接伝えられた大石か、圭一が窓から見たレナたちに呼ばれていた入江と山狗しかいないので最後のメッセージの一部を削除したのもこの両者どちらかしかいない。 しかし大石が証拠を隠滅する理由が無い事、メッセージの消えていた部分が「凶器は未知の薬物」という部分である事から鷹野が富竹に投与したH173(雛見沢症候群を悪化させる薬品)の存在が発覚する可能性を消すために山狗が持ち去った可能性が高い。 メッセージをそのまま持ち去らなかったのはおそらく「レナと魅音は犯人の一味」という部分を捜査の撹乱に使うためと思われる。 すべてのはじまり。 圭一の疑心暗鬼がすごかった。 -- 名無しさん 2013-08-19 12:30:42• 改めて真相見るとだいたい圭一のせいだった。 後の鬼曝し編にも一部通ずるものがあるけど、正気を失って周りが異常に見えたり自分の都合の良いよう無意識に改竄してしまうって本当に怖いな -- 名無しさん 2013-08-19 12:55:09• 最後の冗談いったりするのが良くなかったのかな -- 名無しさん 2013-09-18 00:57:10• まぁあれは魅音の言い方にもだいぶ問題あったからなぁ -- 名無しさん 2013-09-18 09:09:20• 一人称視点である以上プレイヤーも引っ張られるってのはいい目の付け所だと思うわ。 そしてこの反省を次に生かして突破口を開いた圭一は成長したな。 -- 名無しさん 2013-09-18 09:35:52• 贈る花束から察するに、多分圭一が好きだったのはレナで良いんだよね? -- 名無しさん 2013-09-18 18:13:24• ぶっちゃけこの話が無料で公開されなければその後のひぐらしブームも無かっただろう。 一編完結形式としてちゃんとまとまった話を体験版にできたのは大きいと思う -- 名無しさん 2013-10-09 08:48:55• たしかメガストアの付録にこの話が丸々入っててドキドキハラハラしながらプレイしてたな。 ホラー強めのミステリーって感じでこの時が一番面白かった -- 名無しさん 2014-02-24 04:49:45• 他の解答編と違い、全て圭一の疑心暗鬼が発端で起こった話なだけに、圭一が雛見沢の住人を信頼していれば起こり得る事の無いカケラなんな、これ… -- 霊地王生路 2014-09-23 13:33:22• レナが圭一の部屋の前に立っていた理由が未だにわからない -- 名無しさん 2014-11-29 14:03:29• -- 双葉 2015-01-02 13:24:40• 最初に見たときは「どうなってんだよこの村…」って思ったけど真相知ってから見るとレナとの会話とか普通なんだよな… -- 名無しさん 2015-07-21 16:53:46• 意識しないと村人がおかしいけど、真相を意識しながら読むと圭一の方がおかしいんだよね -- 名無しさん 2015-10-11 03:02:34• おそらく二人組のところは入江が圭一がおかしいことを聞いて祟殺し編みたいに無理やり捉えようとしたんじゃないかな? -- 名無しさん 2015-11-09 20:23:24• この編の時の圭一が後ろに何かいると思うって描写が怖かったな…まあ圭一の幻覚か羽入だろうけど -- 名無しさん 2015-11-09 20:27:11• ミニゲームのレナパンで人格の割れたドリーミングソルジャーという正解(元ネタ?)を言ってしまってる。 -- 名無しさん 2016-01-27 19:54:31• 車の件はまあそうなんだろうけど紛いなりにも当たって倒れた圭一のこと放っといて行っちゃったのはどうかと思うわ -- 名無しさん 2016-01-27 21:09:50• コミカライズもこの頃はまだ全2巻でおそるおそる・・・て感じだったな。 祭り囃子 -- 名無しさん 2016-04-08 09:20:01• 祭囃し編が全8巻なのと比べると隔世の感がある -- 名無しさん 2016-04-08 09:20:32• アニメでも漫画でも実写映画でも電話ボックスのシーンで圭一を映してるが、原作では何が起こってるか分からないから怖いシーンなんだけどな -- 名無しさん 2016-06-24 16:52:27• ストーリーの展開的に鬼隠し編は暇潰し編と繋がっていても違和感が無い気がする -- 名無しさん 2017-02-18 14:49:43• メモを切り取ったのは大石との説も強いけどな。 圭一がただの異常者だと村の怪異を捜査する者としては困るから。 -- 名無しさん 2017-03-03 10:21:13• 実写映画のラストあたりはスモーク焚き過ぎだったり赤っぽい照明だったりで火事にしかみえなかった思い出w -- 名無しさん 2019-03-13 13:31:43• 村に来て短期間で感染してなおかつ程よい時期に葬式があり 葬式の時期は多少前後する 発症するという奇跡的な確率でしか起きないカケラ -- 名無しさん 2019-05-30 20:17:42• アニメだと白いバンを圭一が避けた後運転手が舌打ちしているけど、この真相から考えると「クラクション鳴らしてるんだからどけよ!」みたいな意味だったのかな -- 名無しさん 2019-05-30 20:55:28• 一部の幻覚以外は被害妄想の誇大化だから。 -- 名無しさん 2019-06-21 21:04:48• ただ早い段階で「もしかしてそういう精神影響与える病気があるんじゃないのか?」と推理した人もいたらしい(流石に鬼隠し当時ではなかったそうだが) -- 名無しさん 2020-05-24 10:19:33• この時点では詩音なんて登場してないし、園崎の性質もそんなにちゃんと語られてないのも難易度上げてるよね。 それでもちゃんと見れば被害妄想だと分かるようには仕掛けてるし、その回答も一見関係なさそうな罪滅し編を読めばわかるように出来てるのすげぇわ -- 名無しさん 2020-07-15 04:35:40.

次の

【 ひぐらしのなく頃に 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 9 曲)まとめ・ランキング

ひぐらしのなく頃に 時系列

「 ひぐらしのなく頃に」は、雛見沢村という架空の村で発生した連続怪死・失踪事件を描いたミステリー作。 村で起こる事件の真相を主人公が解決していく…というより、視聴者・読者が作中の手掛かりをもとに推理するのを楽しむ作品ですね。 元々は同人ノベルゲームだった「ひぐらし」ですが、現在はアニメ・漫画・家庭用ゲーム・小説・ドラマCDなど数多くのメディアに横展開されてます。 さらに、続編や追加の短編エピソードなども豊富なんで、これから「ひぐらしのなく頃に」の世界に入る人は少し迷っちゃうと思います…。 そこでこの記事では 「ひぐらしのなく頃に」をスムーズに楽しむ順番を解説していきますー。 全26話です。 原作の 「出題編」と呼ばれる4作の「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」「暇潰し編」と、 「解答編」の4作うち「目明し編」「罪滅し編」の2作をアニメ化した計6編の構成です。 「ひぐらしのなく頃に」という作品は、ストーリーの構成がユニークで、厳密に言うと 連続して話が進むストーリーではありません。 舞台や登場人物・物語の時期が同じでありながら、各編によって主軸となる人物が変わり、それに伴って起こる惨劇・展開が変わっていきます。 例えば、1番最初に始まる「鬼隠し編」が終わると、また時期がリセットされ事件発生前に戻り、「綿流し編」が始まります。 「綿流し編」が終わるとまた時間が戻り「祟殺し編」が…という感じですね。 そして、「出題編」と呼ばれる4作では基本的に 惨劇が描かれます。 出題編は、 この惨劇を回避するためには彼らはどう行動すれば良かったのか?という 問いや雛見沢村で起こる一連の事件の 謎を 視聴者に与えるためのストーリーです。 16話から始まる 解答編は、まさにその問いや謎への「解」が示されたシナリオです。 「綿流し編」で起きた惨劇の真相が「目明し編」で明かされ、「鬼隠し編」で起きた惨劇を回避した「罪滅し編」では別の結末と真相が明らかになります。 つまり、作中の登場人物が村で起こる事件の真相を推理してその過程を楽しむミステリーではなく、 視聴者が各編の手掛かりをもとに推理していく構成となってるんですね。 ある意味 視聴者参加型ミステリーゲームのようなアニメになってます。 ひぐらしのなく頃に解(2期) 第1期ボックスのレナに続き、「解」は綿流しシーンの梨花ちゃまが目印です。 2007年7月から12月まで放送された2期。 原作の「解答編」の残り2作・「皆殺し編」「祭囃し編」を主軸に、アニメオリジナル「厄醒し編」を加えた構成となってます。 タイトルに「解」と付くように、 2期では「ひぐらしのなく頃に」の最大の謎と惨劇を回避する答えが示されます。 1期と2期が「ひぐらし」シリーズの核です。 ひぐらしのなく頃に礼(3期) 3期からはOVAになります。 2009年に発売された全5話(全5巻)。 2期の後日談と短編的なエピソードが描かれています。 番外編ですね。 ひぐらしのなく頃に煌(4期) 2011年から発売された全4話(全4巻)。 明るくはっちゃけた楽しい日常ストーリーです。 外伝作品については、本編を一通り読んでいれば、後は特に順番関係なく好きなものを読む形でOKだと思います。 外伝漫画の一覧は「」で確認してもらった方が早いですね。 ゲーム版「ひぐらしのなく頃に」に踏み込むなら、原作プレイは欠かせない アニメ版や漫画版に触れて「ひぐらしのなく頃に」の世界に入り込んでしまったら、 原作の同人ゲームのプレイは欠かせない。 原作者の竜騎士07さんのシナリオの良さが最も色濃く反映されてるのはやはり原作。 PS4やSwitchに移植版が発売されてますが、「原作が至高」という口コミも少なくありません。 アニメ版では尺の都合で仕方なく省略されてる部分も、原作ではしっかり描写されてます。 より細かく濃く「ひぐらし」を楽しめるのはやっぱり原作ですよね。 ちなみに原作の同人ゲームは2019年現在も手に入ります。 「ひぐらしのなく頃に」のゲーム版は、数多くのシリーズが様々なゲーム機で登場してます。 ・ひぐらしのなく頃に祭(PS2) ・ひぐらしのなく頃に絆(DS) ・ひぐらしのなく頃に粋(PS3、Vita) など。 ただ、移植版のゲームをプレイするなら、PS4やSwitchで発売されてる 「ひぐらしのなく頃に奉」1本プレイするだけでOK。 漫画版同様、小説版も多くの外伝エピソードが小説化されてます。 外伝小説の一覧は「」を見てもらうとして、ここでは アンソロジーについて触れておきます。 ひぐらしの外伝シリーズでは、小説原作者・竜騎士07さんが執筆したものだけでなく他の複数の執筆者が書いたアンソロジーノベルがいくつか展開されてます。 で、これがなかなか評価が高くて、原作ファンも楽しめるアンソロジーとなってます。 「ひぐらし」ワールドを味わい尽くしたい人はアンソロジーもおすすめですね。 【まとめ】ひぐらしの順番は間違えると結構ヤバいかも というわけで今回は、アニメ「ひぐらしのなく頃に」シリーズの見る順番、漫画・ゲーム・小説版の楽しむ順番などを解説しました。 「ひぐらし」はメディアメックス展開が凄まじく、アニメだけでもOVA含め5期あるんで、新しくひぐらしの世界に入る人からすると少し敷居が高いかなと思います。 ひとまず今回お伝えした順番でアニメを見てもらって、さらに「ひぐらしのなく頃に」を楽しみたい人は、原作・ゲーム・漫画・小説と楽しんでいくと、深く深く満喫できます。 いずれにしても、ひぐらしは楽しむ順番を間違えると面白さが減っちゃうので、正しい順番で楽しんでいくのが凄く大事! そこだけ注意して楽しんでもらえればと思います~。

次の

【ひぐらしのなく頃に】「フレデリカの詩」が素敵すぎる|まとめ&感想

ひぐらしのなく頃に 時系列

07th Expansionのサウンドノベルを原作に、2006年よりTVアニメ1期、TVアニメ2期、OVAが制作された「ひぐらしのなく頃に」。 新たなTVアニメでは監督を川口敬一郎、シリーズ構成をハヤシナオキ、キャラクターデザインを渡辺明夫、音楽を川井憲次が担当する。 キャストは前原圭一役の保志総一朗、竜宮レナ役の中原麻衣に続き、過去作と同様に園崎魅音役をゆきのさつき、北条沙都子役をかないみか、古手梨花役を田村ゆかりが務める。 このたび公開されたPVには、新たなアニメ映像やキャラクターボイスが収められた。 「ひぐらしのなく頃に」は主人公・圭一が越してきた山奥の寒村・雛見沢を舞台に、毎年6月に行われる祭「綿流し」の日に起こる連続怪死事件を描いた物語。 なお本日3月21日にYouTubeで配信された「KADOKAWAアニメチャンネル 春の特番ライブ&トーク!」内では、保志と中原によるWebラジオの配信や、赤瀬とまとによるコミカライズがヤングエースUPにて連載されることも明らかになっている。 TVアニメ「ひぐらしのなく頃に」2020年7月放送開始 主要キャストは過去作からの継続になります。 アニメの主題歌も斬新で良かった。 ハッピーエンドへの前フリのバッドエンドが長すぎる結果、いろいろ批判されちゃってるみたいですね。 声優さんたちも更に経験積んでるし。 2006年版のようなクレイジーな作品は、今のご時世では、さすがに無理だろうが、また視聴者を震え上がらせるような展開を、期待している。 もう一度アニメ化するなら倍の8クールくらい使ってしっかり細部まで描写してもらいたいところ。

次の