富士通 川崎 コロナ。 富士通スタジアム川崎「1 dayエクササイズ」参加者募集のお知らせ

「新型コロナウィルス感染症の拡大防止に伴う利用中止」のお知らせ

富士通 川崎 コロナ

国内で製造業の工場や事業所が操業停止に陥るリスクが高まっている。 新型コロナウイルスの感染者が増加し続ける中、日本の大手企業に従業員の感染者が続出しているからだ( 表1)。 企業は一通りの感染対策をしているというが、「抜け漏れ」はないか。 同じ企業の異なる拠点から新型コロナの感染者が出ているのがトヨタ自動車である。 同社高岡工場(愛知県豊田市)とトヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)、元町工場(愛知県豊田市)の4拠点で発生した。 富士通は、小山工場(栃木県小山市)と川崎工場(川崎市)の2拠点で見つかった。 自宅待機、閉鎖、稼働停止 新型コロナに感染した従業員が発覚した場合、企業はその対応で大きな負担を強いられる。 まず、最寄りの保健所に連絡し、同所の指導に従う。 感染者本人はもちろんのこと、濃厚接触者となる従業員を見つけ出し、2週間の自宅待機を指示する。 感染者が勤務していた場所(職場)を閉鎖し、消毒する。 職場以外に感染者が訪れたり触れたりした場所や箇所があれば、それも消毒する。 そして、保健所から要請される再発防止策(感染予防・拡大防止策)を講じ、十分な安全性が確認されるまで工場や事業所の操業を停止しなければならない。 東レは、岡崎工場(愛知県岡崎市)で勤務する子会社の従業員が新型コロナに感染した。 濃厚接触者の20人が14日間の自宅待機となった。 村田製作所は、福井村田製作所武生事業所(福井県越前市)のスタッフ部門の従業員が新型コロナに感染。 全従業員に自宅待機が指示された上、同事業所が3日間の操業停止となった。 TDKは、TDK庄内鶴岡工場(山形県鶴岡市)の従業員が新型コロナに感染し、約1週間の操業停止を余儀なくされた。 従業員は子会社や関連会社の従業員も含む。 企業は感染対策を一通り行っていると話す。 確かに、勤務時間以外まで企業は従業員を管理できない。 夜間の飲食店で会食して、従業員が新型コロナに感染したケースなどはどうしようもない。 それでも、工場や事業所が受ける新型コロナの影響を最小限に抑えるために、自社の感染予防・拡大防止策に抜け漏れがないかを見直す価値はありそうだ。 表2は、製造業各社への取材や調査などから作成した、新型コロナの感染予防・拡大防止策のチェックリストである。 出勤・勤務形態や衛生、会議・面会、社内勤務時、来訪者といった各分野で足りない項目がないかを確かめる際に参考にしてほしい。 さらにこのチェックリストを参考に、自社向けに最適化したり、より効果的なチェックリストを新たに作成したりしていただきたい。

次の

「富士通スタジアム川崎ならびに富士見公園内諸施設」の利用再開のお知らせ

富士通 川崎 コロナ

日頃より、富士通スタジアム川崎をご利用いただきありがとうございます。 当スタジアムでは「新型コロナウイルス感染予防」の対応として、以下の対策を実施しております。 皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。 富士通スタジアム川崎の新型コロナウイルス感染予防策 ・スタッフに出勤前の体温計測を義務付け、37. 5度以上のスタッフを出勤禁止としています。 ・スタッフの手洗い・うがい・消毒を徹底しています。 ・スタッフはマスク着用を義務付けております。 ・施設内の定期的な清掃・除菌作業を徹底しています。 ・屋内施設は、利用有無に関わらず、定期的な換気及び利用時は常時換気を行います。 ・管理事務所内にはウイルス除去に有効な次亜塩素酸水を使用した加湿器を設置しています。 関連するお知らせ 2016-04-11 2015-11-16 2015-06-15 2019-08-05 2019-03-11 2017-01-16 2018-07-30 2016-10-10.

次の

富士通

富士通 川崎 コロナ

2020年3月20〜23日にかけて、トヨタ自動車と富士通の国内工場の従業員に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が確認された。 トヨタ自動車の高岡工場(愛知県豊田市)については、二次感染が確認されたため生産ラインの稼働停止に踏み切っている。 自宅待機中の濃厚接触者から二次感染を確認 トヨタ自動車は2020年3月20日、高岡工場の製造系職場に勤務している20代男性従業員の1人がCOVID-19に感染していることを確認したと発表。 同年3月22日には、同従業員の濃厚接触者11人のうち1人もCOVID-19に感染していたことを明らかにした。 二次感染の発生を受け、高岡工場は2人の従業員が勤めていた建屋全体を3月23〜25日の3日間封鎖するとともに、同工場の第1ラインの生産稼働を停止した。 1人目の感染者は、3月14日に発熱した後、週明けの3月16日から休んでいたが、発熱が続いたため、3月19日にウイルス検査を実施しCOVID-19の陽性反応が出たという。 これを受けて、職場における行動履歴を確認して11人の濃厚接触者を特定し、最終接触日から14日間の自宅待機の指示を出した。 勤務先の職場については、3月19日時点で消毒作業を実施し、稼働を再開していた。 しかし、11人の濃厚接触者のうち、最初の感染者と同じラインの対面工程で作業していた従業員の1人について3月21日にウイルス検査を実施したところ陽性反応が出た。 これにより、2番目の感染者の濃厚接触者5人に加えて17人に自宅待機を指示した。 自宅待機者は合計で33人となっている。 高岡工場は「RAV4」や「ハリアー」などの完成車両を生産している。 海外渡航から戻った後に感染が判明、工場は消毒後に稼働を再開 富士通は2020年3月23日、同社の製造拠点である小山工場(栃木県小山市城)において、同社グループ会社の従業員1人のCOVID-19の感染を確認したと発表した。 同従業員は3月20日から、所管保健所の指導のもとで感染症指定医療機関に入院している。 同従業員は3月7〜15日の期間で海外渡航歴があり、3月16日の15時ごろから悪寒があったため、同社は定期的な検温と3月17日以降の自宅待機を指示していた。 その後3月18日に発熱が確認され、所管保健所の指導のもとでPCR検査を行った結果、3月20日に感染が確認された。 所管保健所からは、同従業員の職場の同僚については健康観察という指導を受けているが、在宅テレワークや各種休暇取得などを指示しているという。 また、同従業員が勤務していた建屋の消毒を3月19日に自主的に行った後、3月21日にも所管保健所の指導のもとで再度消毒を実施している。 これらの対応ののち、小山工場は通常通りの稼働を再開した。 小山工場は、富士通テレコムネットワークスが手掛ける情報通信機器などの製造拠点として知られている。 関連記事• 日系乗用車メーカー8社の2020年1月の生産実績は、グローバル生産台数がSUBARU(スバル)を除く7社が前年割れとなった。 国内生産は、消費増税の影響による国内販売の低迷などにより、ダイハツ工業とスバルを除く6社がマイナスだった。 海外生産も東南アジアや中国の市場減速などによりマツダとスバル以外の6社が前年割れとなった。 欧州域内における新型コロナウイルス感染症の急拡大に対応するため、EUならびに各国政府が地域封鎖や外出制限、出入国の制限などを始めている。 これらの政策に合わせて、欧州域内にある自動車メーカーの工場も操業を停止している。 トヨタ自動車は2020年3月12日、塗料の塗着効率を95%まで高めたエアレス塗装機を開発したと発表した。 従来の塗装機はエアスプレー式だったが、新型塗装機は空気ではなく静電気を使うことにより、60〜70%の従来の塗着効率から大幅に向上させる。 トヨタ自動車は2018年9月10日、同月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で稼働を停止していた工場の再稼働状況を発表した。 デンソーとアイシン精機も、北海道に拠点を置く部品子会社の生産を再開している。 2016年4月14日夜に熊本県で震度7を観測した一連の地震によって、自動車メーカーの国内生産が影響を受けている。 ホンダの熊本製作所は相次ぐ余震によって設備の被害の全容が確認できない状況が続いている。 トヨタ自動車、日野自動車、ダイハツ工業は九州のサプライヤの部品供給が滞っていることによって九州以外の生産の拠点も稼働を停止する。 多くの日本の工場が今課題として抱える問題である。 これらの課題に対し、AIやIoTなど先進技術を活用しながら「人」を中心に位置付ける「ヒューマンセントリックスマートものづくり」により、生産性を大きく改善させ続けている工場がある。 富士通で通信機器などを製造する富士通 小山工場でのスマート工場への取り組みを紹介する。 関連リンク•

次の