セキロまとめ。 【レビュー】SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (セキロ)の感想・評価|死にゲー史上最高難易度の難しさ

まとめ:PS4「仁王2」、SEKIROやダクソとどっちが面白い?難しい?

セキロまとめ

SEKIO(セキロウ)評価感想まとめ!海外のレビューから見てみます! とりあえずですが、海外のサイトのレビューから見てみようと思います。 客観的な評価から見てみましょう。 メタスコアは89点ユーザースコアも8. 9点とかなり高い評価ですね! 評価の内容をちょっと覗いてみると、 悪い評価をつけている人はほとんどいない雰囲気です。 評価の中心はやはり 「ソウルボーンゲームのスピリットを継承しつつ、次のステップに引き上げた作品」とかなり高く評価されています。 後は、「マスターピースだから買うべき!」「今世紀最高の作品!」など、少々熱を帯び過ぎた評価が多めでした。 みなさん、高い難易度で頭がやられているんでしょうかね(笑)興奮気味な評価が多いです。 」 「鬼武者好きとしてはセキロたまらん。 めっさ面白い」 「セキロ面白いなぁ、ガード弾きもしないと倒せないね。 回避だけしててもダメね。 」 かなり高い難易度が話題のセキロですけど、 剣と剣のぶつかり合いがとても楽しいゲームみたいです。 一度斬られると死にますし、相手の攻撃をかわすだけでなく、はじき返し、時にはスキルも使いながら、緊張感のあるバトルを潜り抜けていくという、 こんな複雑な動作に慣れてくると、癖になるほど面白くなるみたいです。 最初はかなり心が折れそうになるみたいですけど、コツをつかんで慣れてくると楽しいという評価が多いと思います。 「SEKIROはあれだな一応9時間近くやったけど ・ダクソブラボ経験者は距離をずっととっちゃうから厳しいかも。 スタイル変えないとダメ ・難易度普通に高い ・過去作と比べてもすぐ死ぬ ・忍者プレイが思ったよりもあった ・まぁ割と面白いけど純粋に難しいなクリア」 「ギミックヤバイというかなんだろ。 まあ普通に強い。 あとSEKIROは攻めるゲームだなってのを判らせてくれる(のんびり構えてると死ぬ」 「セキロの強敵戦、イメージとしてはダクソのパリィを数十回連続で決めまくる感じ。 その合間に切ったりよけたり回避したり、じゃんけん的な噛み合いが入り込んでくるからマジで手が忙しい」 「セキロ面白い こちらが行える行動は多いけど基本的にレベルゴリ押しが出来ないから、ソウル系とは違ったアクションゲームとしてのシビアさを煮詰めたやつだ」 「セキロ ガスコインより強いボスがいるとか流れてきて戦慄している。 くれぐれも今日の飲酒は控えねばなるまい」 今までの「ダークソウルズ」などとは違い、主人公が忍者ということもあり、 避けつつ、相手の攻撃を跳ね返しつつ、その合間を見て素早く攻撃するという流れの連続みたいです。 単純にレベルを上げて 「ごり押し」「脳みそ筋肉プレイ」では勝つことができないゲームに仕上がっているみたいです。 正直、ここまでの難易度のソフトが、これだけ話題になってるって、なんかすごいなと思います。 みんな、歯ごたえのあるゲームを実はやりたがっているんですね。 ただ、あまりの難易度に「買うのやめようかな」と自信を喪失している人がいるみたいですね・・・。 SEKIO(セキロウ)評価感想まとめ!操作性は? 難しいゲームだと、その操作性がストレスになることもしばしばありますが、このゲームでは同でしょか? 「セキロ始めたばっかだけど操作性の出来の良さに感動してる。 楽しい。 」 「SEKIRO、どちらかというと操作感は天誅+ニンジャガで歓喜している」 「セキロ操作性やばすぎる、忍び感楽しすぎる」 「あーこの直感的な操作性すばらしい。 セキロ」 「セキロ、操作性のいいアサシンクリード3って感じ」 「セキロ操作性良すぎて笑う」 どうやら、高評価の一つの要因は、 この「ヤバすぎるほどに気持ちのいい操作性」にもあるみたいです。 レスポンスもよくて、自分が思い描いたように動いてくれるその爽快感。 上手ければうまいほど敵を華麗にやっつけられるということですね。 やはり、このゲームの魅力は難しいだけではないみたいですね、操作性はかなり評価が高いです。 SEKIO(セキロウ)評価感想まとめ!オンライン要素ないから、不安? ブラッドボーンだとオンライン要素があって、攻略のヒント的なものを出してもらえることがあったみたいですが、今回の「SEKIRO」にはオンライン要素が全然ないので、そこで購入を躊躇している人が結構いるみたいです。 「セキロってオンライン要素ないのか!クリア出来るか不安になってきたぞ…」 「セキロなーオンライン要素ないから様子見しようかな」 「セキロはブラボ系ステップあるみたいですが、オンライン要素ないんですよねえ どんな感じになるんかなあ」 「オンライン救済が無い分、セキロの方が難しそうだなぁと思ってます」 「セキロが何で?マルチプレイを削ったのか、この体幹システムじゃ仕方ない…回線の問題とかあるからね。 」 最近安易なオンライン要素を排した「ストイックな」ゲームが増えていますけど、 今回のセキロもまさに「オンラインで人の手助けなど借りずに、己の力で成し遂げよ!」とうい気構えが感じられます。 ストイックな人向けですね。 SEKIO(セキロウ)評価感想まとめ!結局「セキロ」「セキロウ」どっちなの? 隻狼の読み、セキロが正しいらしいけど音声操作で登録されてるのはセキロウなのか・・ — 闇霊 キヨイ に侵入されました! datatsushi リリース前までは公式に「セキロ」と呼ぶのが正しい!というのが通説だったのですが、 どうやら「SEKIRO」の設定の「声で操作するときの名前」が「セキロウ」となっているらしいです。 これは公式さんが設定したものなのですが、 結局「どっちなんだよ!」と結構話題になってます。 「まとめサイトにも載せられてるけど、公式のプレスリリースにはセキロって記述ないから!!」 「NGCの隻狼生放送見たら北尾さんが「セキロだけど誰がどう見てもセキロウだから愛称がセキロウみたいな感じでいいよ」と言ってた」 「音声立ち上げの所はセキロウになってるので結局セキロかどっちなんだよと」 「セキロって言うかセキロウって言うか迷った挙句、セキロウって言ってしまった私。 😐本当はセキロらしいけどね」 おそらく、公式的には「セキロ」だったけれども、「セキロウ」と呼ぶ人がすごく多かったから「セキロウのほうが主流だから」という理由で「セキロウ」と設定したけど、本当は「セキロ」が本当だということが発売前に周知されてしまい、 このような「齟齬」を生んでしまったということだと思います。 ただ、正直「どっちでも良くね?」という気がします。 この『SEKIRO』ですが「隻狼」と書きますし、別に「セキロウ」でも間違いではないと思いますし、本当にどっちでもいいと思います。 それにしても、この「セキロ」「セキロウ」の読み方に関するツイートが多い多い!「セキロウ難しい!」というツイートと同じくらい多いような気がしますね。 SEKIO(セキロウ)評価感想まとめ!ダークソウルブラッドボーンとどう違う? さて、この会社の人気タイトル「ブラッドボーン」「ダークソウル」と同じ「死にゲー」のセキロウさんですが、これまでの「死にゲー」とは何が違うんでしょうか?比較している人もいました。 「セキロくん、部分的にはソウル要素あるけど発売前に言われてた通りソウルとは戦いもシステムも別物だよ(無論面白い)」 「セキロ最初の2時間遊んだ感触だと、ブラッドボーンの操作感覚、攻撃した時の気持ち良さもブラボ。 なので、ブラッドボーンやダークソウルズを求めすぎると「これじゃない」という印象になってしまうかも知れません。 ただ、「ダークソウルズ」「ブラッドボーン」が好きな人は結構ほめている人が多いですけどね。 SEKIO(セキロウ)評価感想まとめ!全体的な評価をまとめると・・・。 今回の『SEKIRO(セキロウ)』の全体的な評価をまとめると、とにかく難易度は高いのですが、操作性はいいし、技が決まったり強力なボスが倒せたりするとものすごい達成感が味わえるし、面白い!という評価が中心です。 難しすぎて前に進めない!という人もいますが、スキルを上げていくことでレベルアップできる要素もありますし、これから攻略情報がまとまってくれば初心者でもクリアはできるようになると思われます。 ゲームのうまさが、そのままプレイに直結しているみたいなので、操作に慣れてくれば来るほど、どんどん面白くなっていくみたいです。 確かに難易度は高めですが、「チャンレジし甲斐」のある、非常に歯ごたえのあるゲームに仕上がっていると思います。 今回、オンライン要素がないので購入を躊躇している人もいるみたいですが、オンラインがない分、戦いの爽快感や楽しさはさらに磨かれているという雰囲気なので、体験してみないと面白さはわからないかもですね。 さて、とにかく難しいらしいですが、この作品がどのくらい長くユーザーに愛されていくのかは、これからの対応にもかかっていると思うので、これからも楽しみですね。 DLCなんかも存在するんでしょうかね?.

次の

げーれぼ速:★隻狼SEKIRO(セキロ)攻略情報TOPページ SHADOWS DIE TWICE2019年3月22日発売!プラチナトロフィーまで せきろう:ゲームれぼりゅー速報

セキロまとめ

sekiro(セキロ)が難しすぎて、途中で止まってしまっている。 クリアするには、どうしたらいい?何か良い方法ない?? こういった疑問にお答えします。 圧倒的な賞賛を送る人、クリアできずに低評価を下す人と分かれます。 このゲームは神ゲーです。 低評価を下してほしくないのでクリアしていない人を全力で応援したいと思っています。 諦めないで頑張りましょう。 続けていれば必ずクリアできるのがフロムゲーです。 もう少しだけ。 ふとしたきっかけで、今詰まってる所が打開できるかも! ということで、クリアするためのアドバイスを幾つか紹介します。 1、sekiro(セキロ)クリアできない人へ まず、死にゲーだということを理解する 簡単にクリアできないように設計されています。 俗にいう『死にゲー』です。 死にまくって当たり前です。 うまく攻略できなくて当たり前なのです。 死んで、死んで、死にまくって覚えていくゲームです。 まず、それを理解することから始めましょう。 何度も死ぬ。 それはみんな一緒。 クリアできた人は、諦めなかった人です。 今死にまくっているのは、成功するまでの過程。 すべて必要な体験です。 たくさん死ぬことが大前提。 そういうゲームです。 敵と対峙する際は、必ず1対1に持ち込め 必ず1対1の状況を作り出すこと。 ザコキャラでも、多勢で攻めてこられると簡単にやられます。 多勢で来られたり、囲まれたら、鉤縄を使って一旦逃げること。 警戒が落ち着いたら、一人ひとり確実に仕留めていきましょう。 中ボスは、ステルスキルを有効に使う 殆どの中ボスに、ステルスキルが使えます。 なので、中ボスが居るフィールドをしっかり探索しましょう。 鉤縄を使って後ろに回り込めないか? また1度戦場を荒らし、警戒が解けた後に中ボスが無防備になるパターンもあります。 中ボスは2ゲージあるので、1ゲージを奪い確実に勝利へと近づきましょう。 相手のHP、体幹ゲージを気にしない 目の前の剣戟(けんげき)に集中する。 (よし!敵の体幹ゲージ、後わずか!)と思って、焦って攻撃したら弾かれ、気づけば殺されていた…。 今、目の前の剣戟、それだけをしっかりと集中して捌いていく。 弾くのか?攻撃をしかけるのか? HP、体幹ゲージは気にしない。 目の前の剣戟に集中していれば、気づけば勝利を手に入れてるはずです。 落ち着きが大事です。 攻略情報や攻略動画を見る Youtubeを使えば、ボス戦の攻略動画が上がっています。 どうしても倒せない場合は、遠慮せずに参考にしましょう。 攻略動画を見たからと言って倒せるようにはなりません。 プレイ技術あっての撃破です。 何度も何度も死んで、操作の向上を目指しながらトライし続けましょう。 効率よく経験値をためてスキルを解放する sekiroのフィールドには、経験値の稼ぎスポットがあります。 Youtubeにて 「sekiro 経験値」と検索すれば、稼ぎ場所を知ることができます。 スキルの中には、 ・全スキルとって、攻略動画を見て、飴使って、何度も何度も挑戦しよう! 2、おわりに sekiroは難しいです。 難しすぎたので、ぼくはボスの攻略動画を何個か見てしまいました。 なのに関わらず、何度も何度もボスを倒せずに死にまくりました。 かなり死にました。 攻略動画を見ただけでは、ボスは倒せません。 ちゃんと操作が追いついてないとクリアできないようになっています。 とりあえず死にまくることを受け入れましょう。 そういうゲームです。 何度も何度もプレイして、上達したうえクリアできるゲームなのです。 楽しむことが重要です。 死ぬことに意味があります。 諦めなければ、必ずクリアできるようになっています。 苦労したうえ、クリアした時の感動は最高です。 がんばってクリアを目指し、神ゲーと言う評価をくだしてください。 応援しています。 sunny551.

次の

SEKIRO(セキロ)攻略wiki【隻狼攻略】

セキロまとめ

SEKIRO セキロ は、 2019年3月22日に世界同時発売される。 発売機種はPS4、XBOX ONE、Windows Steam で発売される。 「ダークソウル」を手掛けたフロム・ソフトウェアと「Call of Duty」シリーズを手掛けているActivisionがタッグを組み、開発に取り組んでいる。 舞台背景 舞台は戦国末期、東北地方にある架空の国だ。 日本の架空の歴史をモチーフにしている。 片腕を失った主人公がさらわれた皇子を取り戻すために、から譲り受けた「忍義手」を使い戦う。 ストーリー概要 時は戦国。 雪深い峠を越えた先に、葦名の国はある。 「剣聖」葦名一心が、わずか一代で国盗りをして興した、北国の雄である。 だが、その葦名は存亡の危機にあった。 一心の孫である葦名の将は、窮状を憂い、自らの手勢に密かに告げた。 「もはや、寄せ手から葦名を守るための、尋常の術は無い」 「今こそ、あの皇子が必要だ」 かくて皇子は、囚われとなる。 皇子と言うが、その身は天涯孤独。 家族も家臣も、なにもない。 ただ一人の忍びを除いては…。 これは、寄る辺なき、孤独な主従の物語である。 公式サイトより引用 ゲームの特徴 スタイリッシュなアクション 主人公は「刀」、「」、「鉤縄」など様々な自身の武器を駆使し戦う。 刀 セキロのメイン武器だ。 セキロの不意打ちや真正面からの戦闘や敵にとどめをさす忍殺など使うときもこの刀を使う。 忍義手 仏師から譲り受けた義手色々なからくりが施されている。 鉤縄 セキロはワイヤーを使い屋根などに飛び移ることができる。 上から奇襲し忍殺で相手を倒すこともできる。 敵の盾を壊すことのできる斧や、遠くの敵にダメージを当てることのできる手裏剣などを中に仕込んでいる。 忍殺 敵を瞬殺できる必殺技だ。 いろいろなアクションと組み合わせて使うことができる。 見切り 突きの動きに合わせ、刀を踏みつける。 踏みつけた後は反撃ができる。 オンライン要素 本作にオンライン要素はない。 マルチプレイもないので1人でゲームを進行していく。 公式Twitter.

次の