デーツ 効果。 体に驚きの変化が!1週間毎日デーツを食べるとどうなる?

デーツって何?奇跡のドライフルーツの凄すぎる7つの効能とは?

デーツ 効果

Contents• デーツの食べ過ぎで一番気になること! デーツの食べ過ぎで太る? デーツの食べ過ぎで1番気になることは、アメリカでは 体重増加と言われています。 なぜなら カロリーと エネルギー密度が高いといわれているからです。 デーツには種類がありますが、マジョールデーツは1粒で 約66キロカロリー、刻んだデーツのカップ半量は、 208キロカロリーほどになると言われています。 ご飯一杯が1膳(160グラム)として 約269キロカロリーなので、 4個ほどでご飯一杯を食べたくらいになりますね。 また、食品の エネルギー密度は、食べ物1グラムあたりに含まれる熱量のことですが、この数字が 高いほど満足するまでにエネルギーを摂ってしまうと言われています。 エネルギー密度は、食品に含まれる水分量と関係がありますので、ドライフルーツはエネルギー密度が高くなりがちで、デーツは低い、高いの真ん中あたりの数字となっています。 なので、ダイエット中の方は、1日に食べる量をある程度制限した方が良さそうですね。 ただ、デーツは食べ過ぎなければ食物繊維も豊富ですし、白砂糖を使った甘いおやつなどを食べるよりは置き換えダイエットのお供にぴったりの食べ物ですよ! スポンサーリンク デーツの食べ過ぎで他に気をつけることは? カロリーだけではなく他にも気をつけておきたいことをご紹介しておきます。 亜硫酸塩 デーツ自体の問題ではなく、ドライフルーツ全般に言えることなのですが、ドライフルーツを保存したり、バクテリアの繁殖を防ぐ意味でも使われているのが、 亜硫酸塩です。 この亜流酸塩は人によって、 腹痛や 腹部の膨満感や 下痢を引き起こしたりします。 また、 皮膚発疹が出たりする人もいるようです。 高カリウム血症 カリウム(ポタシウム)の過剰摂取により引き起こされることがある高カリウム血。 デーツは、ポタシウムを多く含んでいるとされています。 すでにカリウムが血中に多い人は、摂取に気をつけましょう。 フルクトース不耐症 果糖不耐症とも呼ばれ、 フルクトースの摂取によって、フルクトースがうまく体に吸収されず嘔吐や下痢になってしまうことがあること。 デーツの自然の甘さにはフルクトースが含まれるので、フルクトース不耐症の人は気をつけましょう。 今回はデーツを食べ過ぎるとどうなるということで、気になる症状をあげてみました。 しかし、デーツにはデメリットだけでなくメリットもたくさん含まれていることもお忘れなく! 適度に食べればきっとみなさんの味方になってくれるはずです。 スポンサーリンク デーツの気になる栄養効果・効能とは? デーツの食べ過ぎによる気をつける点を挙げてきましたが、無視できないその 栄養効果・効能もご紹介していきましょう。 デーツに含まれる 栄養価はとても種類が多く、様々な症状に効果的で保存食としても優秀なことから、デーツを主食としている中近東では、大変重宝されています。 では、デーツにはどんな症状に効果的なのか見てみましょう!! ストレスを感じる ストレスを感じた時に消費しやすいのが カルシウムで、カルシウム不足はさらにイライラを引き起こします。 なので、 カルシウム、ビタミンC、B群を含むデーツは、カルシウム不足を補ったり、自律神経を整える作用が期待できます。 貧血気味 デーツにはバナナよりも 2倍以上の 鉄分を含んでいます。 なので、貧血の予防にぴったりです。 便秘やむくみやすい方に デーツには マグネシウムや 食物繊維も豊富に含まれています。 ダイエットや砂糖の代用品として 白砂糖を取るよりも、自然の甘みの方が断然健康的です。 デーツは、マクロビやビーガンの方にも天然の砂糖として好まれています。 血糖値が気になる方 血糖値が気になる方にも、デーツは意外にも血糖値の上昇が緩やかだといわれています。 また、デーツに含まれる 亜鉛がインスリンの分泌を助け、血糖値の急な上昇を抑制する働きがあります。 美肌作り・ニキビ予防 デーツには、豊富な ビタミンB群が含まれていて、美肌作りに効果的だといわれています。 このように、デーツにはダイエットにぴったりのメリットがたくさんありますよ!! スポンサーリンク デーツは妊娠中の妊婦も食べられる? デーツの鉄分や葉酸の栄養価の高さから、アメリカでは、妊娠期間の 最終4週目前から食べ始めると 安産になるとも言われていたりします。 イランでも妊娠中に食べると健やかな子が産まれてくると言われているそうです。 その理由に、出産時に母体に増加すると言われている「 オキシトシン」に似たような効果があるからだそうです。 なので、アメリカでは、36週目くらいから1日6粒ほどを食べることによって安産になると言われています。 鉄分も豊富なことから、貧血気味になりやすい妊婦さんにもぴったりですよね。 妊娠中にデーツの食べ過ぎで気をつけることは? デーツは、血糖値の急上昇ではないものの、やはり果糖やブドウ糖を含みますので、血糖値に注意が必要な方は、食べ過ぎには注意しましょう。 美味しいデーツの食べ方は? デーツは、ドライフルーツとしてでなく、 ジャムや シロップにも加工されています。 パンに塗ったり、砂糖の代用としてシロップを使うこともできます。 ・デーツシロップ スペンタンス社.

次の

デーツ(ナツメヤシ)とは?栄養や効果効能は?なつめとどう違うの?

デーツ 効果

Contents• 生命力が強く、栄養素満点のナツメヤシ デーツが実るナツメヤシの木は、年間を通じて雨量が少ない砂漠に育つ植物です。 過酷な環境でも生き抜くために、とても強い生命力を持っています。 そのため、デーツ自体にも生きていくために必要な栄養素が非常に多く含まれています。 普段の食生活でなかなか取りづらい成分を補う、まさに天然のサプリメントです。 現地ではおやつとして食べられることが多いようですが、味は日本の干し柿に近くねっとりとした食感が特徴的です。 自然な甘み成分を含んでいるので、低糖質ダイエットをしているときにスイーツ代わりに食べることもできます。 美容と健康に効果的なデーツの栄養素 デーツに含まれている栄養素を具体的に見ていきましょう。 特筆すべきなのは抗酸化力の強いビタミンAやB群が豊富なので、アンチエイジングに最適なことです。 それ以外にも肌や髪の健康美を保つために必要な様々な成分を含んでいます。 1日の摂取量は3個程度ですが、食物繊維も豊富なので腹持ちがいいのも特徴です。 疲れやすい女性に役立つ鉄分と亜鉛 鉄分は赤血球を作るため、亜鉛は疲労回復のために欠かせない栄養素ですが、どちらも日本人には慢性的に不足していると言われています。 そのためサプリメントを利用している人も多いようですが、デーツを食べることで自然な状態で成分を摂取することができます。 さらに、妊娠中、産後の女性は貧血になりやすく、母乳を作るために鉄分は欠かせません。 また育児は体力勝負なので疲労回復にも気を使わなくてはなりません。 鉄分も亜鉛も、十分な量を摂取していると血行が改善されて見た目を若か若かしく保つことができます。 年齢を重ねることでやつれた印象になることを防ぐために力を発揮してくれるのです。 ぜひ積極的に取りたいフルーツです。 ダイエットによいリンとパントテン酸とカルシウム デーツにはこのほかに、ダイエットにも効果的なリンやパントテン酸、カルシウムも豊富に含まれています。 リンやパントテン酸は、体の中のエネルギー代謝を活発にさせるので、運動をして消費される熱量を上げてくれます。 そのため、体に脂肪がつくのを防いでくれます。 さらにブドウ糖も含んでいるので、ダイエット中に甘いものが食べたくなったときの軽食になります。 またカルシウムは十分な量を摂取すると神経の働きを正常にしていらいらを抑えてくれますが、同時に脂肪が体に溜まるのを防ぐ効能もあります。 まさにダイエットに最適なフルーツと言えるのです。 1日の摂取量が50kcal程度なので、食べても太らないのが魅力なのです。 中年太りが直らない!こんな人に食べてほしいデーツ デーツには様々な健康作用がありますが、中でも注目したいのがダイエットに効果的だということです。 食物繊維豊富なので腸内環境を整える効果が期待できますし、カリウムを含んでいるのでむくみも改善できます。 さらにブドウ糖やカルシウムを補うことでダイエット中に食べたいものを食べられないいらいらを鎮めてもくれます。 このように魅力的な成分を多く持っているスーパーフードのデーツですが、効果的に摂取するにはどうすればいいのでしょうか。 乳酸菌、カルシウムとともに「ヨーグルトデーツ」 デーツは日本ではドライフルーツとして販売されているケースが多いので、適当な大きさに切ってヨーグルトに入れるのがおすすめな食べ方です。 食物繊維と乳酸菌をともに取ることでさらに便秘改善の効果が上がりますし、カルシウムも補強できます。 ヨーグルトデーツの作り方 材料• デーツ3~5個• コーンフレーク適量• 牛乳またはヨーグルトお好みで• デーツを1cm大に刻む• コーンフレーク、牛乳などとともに混ぜて食べる デーツは皮が硬いものもありますので、ヨーグルトなどの水分に浸すことで食べやすくなります。 またこれらは朝食に向いていますが、昼食としても食べられます。 刻んだデーツとコーンフレークをスープジャーに入れて、食べるときヨーグルトをかければお弁当にもなります。 栄養満点でも食べすぎには注意! デーツは高栄養でダイエットや美容に最適な食べ物ですが、糖質も多く含んでいるところが注意点です。 ブドウ糖は脳の栄養分として欠かせないものなので、適量を毎日摂取することが必要なのですが、糖質は多すぎると脂肪にとして体に蓄えられてしまいます。 デーツ自体はインスリンの分泌を抑える作用もあるので、食べ過ぎなければ問題はないのですが、健康にいいと思うとつい量をとりたくなりますね。 そこで、1日に3~5個という目安を守って食べるようにしましょう。 甘いものが好きだからという理由でデーツを食べるなら、逆に太る危険性があります。 栄養豊富のスーパーフード。 日常に取り入れて健康生活を 栄養素はバランスよく摂取することが理想的ですが、そのためにはいろいろな食べ物を数多く食べることが望ましいのです。 そこで、デーツを食事に取り入れることで、1回の朝食やスイーツをバランスアップフードに変えることができるのです。 栄養バランスを整えることはダイエットにはつながります。 食物繊維や代謝アップなど、デーツは体型維持のために必要なものを持ったスーパーフードなのです。

次の

体に驚きの変化が!1週間毎日デーツを食べるとどうなる?

デーツ 効果

そもそもインディアンデーツとはどんな植物? インディアンデーツとはアフリカを原産とする植物です。 そら豆のような形の果実が熟してから中の果肉を収穫し、その果肉をハーブ・スパイスとして利用します。 甘い香りとフルーツのような酸味を持つのが特徴的です。 インディアンデーツは別名「タマリンド」とも言われています。 熱帯地方 アジア・アフリカ等 に自生し、インドやタイで栽培されています。 現地では、料理や飲料に甘酸っぱさをプラスしたり、整腸作用や疲労緩和の民間薬として用いられたりしているようです。 インディアンデーツの成分とは?その効果を解説! インディアンデーツにはどのような成分が含まれ、私たちの身体にどのような効果をもたらすのでしょうか? インディアンデーツの成分 それでは、インディアンデーツの注目すべき成分を5つご紹介します。 健康・美容の強い味方! ポリフェノール 赤ワインに多く含まれる成分として有名ですが、・お茶・カカオなど、色が濃く渋味の強い植物に多く含まれています。 強い作用や上昇を抑える作用を持ち、生活習慣病予防にも効果があるとされています。 疲れに負けない身体をつくる 酒石酸 ブドウなどの酸味のある果実に多く含まれる成分です。 ・アップの効果があると言われています。 体力を支える クエン酸 柑橘類などに多く含まれる成分で、エネルギー代謝に欠かせない重要な成分です。 疲労回復・スタミナ維持に効果があると言われています。 自己回復力を高める リンゴ酸 名前の通り、リンゴの酸味の成分です。 エネルギー代謝の要となる、細胞内のサイクルの働きを活発にする効果があります。 疲労回復に効果があり、自然治癒力を高めるとも言われています。 心に安らぎを与えてくれる テルペン 植物の香り成分です。 外敵から植物自身を守るために発するため、刺激を与えることで強く香ります。 リラックス効果があり、予防にも効くと言われています。 インディアンデーツの効果 ここからは、インディアンデーツの主な効果3つについて解説していきます。 疲労回復効果 酒石酸・クエン酸・リンゴ酸の果実酸の力でエネルギー代謝をサポートしてくれます。 疲労の原因と言われる乳酸の代謝を促し、鉄・カルシウムなどの栄養素の吸収率も高めます。 ダイエット効果 ポリフェノールには食後の急激な血糖値上昇を抑える効果があります。 空腹感を感じる一因に血糖値の低下がありますが、血糖値が急激に上昇すると、その血糖値を元に戻そうとする働きが強くなります。 早く血糖値が下がれば空腹感を感じやすく、食べ過ぎにも繋がります。 インディアンデーツには、血糖値の緩やかな上昇を促し、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。 美容効果 インディアンデーツには抗酸化作用・整腸作用があります。 細胞の老化を防いだり、便秘を改善したりするため、美肌効果も期待できます。 インディアンデーツを使用したおすすめ商品2選! 当サイトおすすめのインディアンデーツを使用した商品を2つご紹介します。 インディアンデーツの他にも、血糖値の急激な上昇を抑えると言われるグァバ・ギムネマエキスを配合しています。 甘いものをよく食べてしまう人や食事制限を考えている方におすすめです。

次の