約束 の ネバーランド 最新 話 ネタバレ。 約束のネバーランド121話ネタバレ考察と感想「よかったね」(14巻収録)

約束のネバーランド122話ネタバレ考察と感想「本心」(14巻収録)

約束 の ネバーランド 最新 話 ネタバレ

-------------------------------------------------- 約束のネバーランド175話ネタバレ展開考察:王都で何が起こったのか 王都からの伝令がありました。 その伝令をしてきたのは、レウウィスなのでしょうか!? もし伝令したのがレウウィスやソンジュたちであれば、邪血の真相や王家のやってきたことについての暴露だと思われます。 ラートリー家と繋がっている鬼たちは捕らえた、もう古い政権は終わりなのだと。 その伝令を聞いたエマは、鬼の世界はもう大丈夫だと安心するでしょう。 そして伝令の中で、 レウウィスは個人的なメッセージをエマへ送るかもしれません。 それを聞いたエマはニヤリと笑い、やるべきことをする為に動き出す、というところまで想像できました。 約束のネバーランド175話ネタバレ展開考察:ラートリー家はどうなる!? ラートリー家の関係者は、まだピーターが死亡し、ママたちが裏切ったことは知りません。 しかし 今回の王都からの伝令により、世界が変わっていることは知ることになるでしょう。 イザベラは自分たちに任せるようにとエマへ言いました。 イザベラはかなりの策士です。 彼女に任せていれば、ラートリー家や鬼たちともうまくやってくれそうですね。 それでも、事実に気づくのも時間の問題です。 事実に気づいたラートリー家の者たちが、何をしでかすかわかりません。 それまでにエマたちがやるべきことを全て終わらせることができるといいのですが。 -------------------------------------------------- 約束のネバーランド175話ネタバレ展開考察:立ちはだかる絶望 ! 王都の伝令により、エマ達食用児を捕まえろとの指示がありました。 何で?と驚く食用児達は絶望を感じます。 せっかくここまで来たのに…とエマは悔しさを表情に表しました。 一方王都では着々とGFに向けて王兵が向かっています。 何とそこにはムジカとソンジュの姿もありました。 これで食用児達も終わりだな…とソンジュが言うと、ムジカは笑みを見せます。 エマ達はGFから出ようとしますが、既に取り囲まれてしまったのです。 約束のネバーランド175話ネタバレ展開考察:新たな試練 ! エマ達はムジカとソンジュを助けに行こうとします。 伝令によると、新たな王の誕生祭は後5時間後でした。 いち早く王都へ向かい、ムジカ達の無事を確認しようと外に飛び出てきました。 エマはノーマン達と行動をとり、レイはオリバーと二手に分かれます。 鬼達がこのまま国を滅ぼされているのは可哀想だよ…とエマがみんなに話していました。 鬼の世界を共に立て直してから人間の世界へ行こう!と決めていたのです。 -------------------------------------------------- 約束のネバーランド175話への読者の声 『約束のネバーランド』最新話175話に向けての感想や考察を集めました! 『約束のネバーランド』、今週も続きが気になる展開。 長きにわたったピーター・ラートリーに、最期の時が来ました。 もし、違う形で出会えていたのならば、もう少し何かが変わってたのかなぁ・・・。 そんな中、新たな王兵が迫りくるとの情報、そして新たな伝令!これで事態がどのように動くかだな・・・ — アニメの精(?)青春キミ侵ダビデ神緒ロス asanshun 【約束のネバーランド】ラートリー一族の千年に渡る営みと、それにまつわる人や鬼の情念は、鬼の最上位存在にとって一時の娯楽にすぎない。 これぞ超越者ですね。 しかしラートリー家の行く末を1000年楽しんでいた鬼の上位存在、火の鳥じみた鬼畜さがあるな(鬼だけに)。 鬼の王家とはこれから手打ちになるとは思うんだけど、こいつの思惑だけがまだまだ厄介。 — T FUNDOSHIMASK -------------------------------------------------- 約束のネバーランド175話ネタバレ:レウウィスは王にならない!? 現政権は解体。 その幹部、五摂家家臣団及び四大農園責任者は直ちに逮捕。 今後全ての民に邪血を分配し、もう誰も飢えや退化に苦しまない世を約束する。 レウウィスの言葉に、民衆たちは歓喜の声を上げました。 そしてもう一つ、とレウウィスは続けます。 それは 全ての農園の廃止の決定でした。 農園を廃止するということは、 もう人肉を食べることができなくなる、ということです。 民衆たちはどよめきました。 しかし、そもそも100年前の約束では、世界を棲み分けて狩りをしないことになっていたのです。 そう取り決めていたにも関わらず、人を食べ続けていたのがそもそもの間違いである、とレウウィスが指摘すると民衆たちは言葉を失います。 農園など無い方がいい。 農園を作ったせいで、人肉の供給によって一般の鬼たちの生死や知能水準を握られるという支配が続いたのです。 民衆たちは考えました。 邪血を貰えたら、もう人間を食べなくても大丈夫。 しかし人肉は食べたい。 でも農園を残したらまた、誰かがそれを利用してしまう。 葛藤する民衆たちへ、我々も今こそ解放されるのだ、とレウウィスは声をかけました。 過ちも悲劇ももう二度と繰り返さない。 その言葉に、次々と農園はいらない、農園廃止だという声が上がりはじめました。 そして新王レウウィス様万歳!!と盛り上がりは最高潮へ。 しかしその時、レウウィスはこう言いました。 いや、私は王にはならない。 農園の廃止が決まりました。 最高潮に盛り上がる中、 レウウィスは王にはならないと言い出します。 その真意とは!? -------------------------------------------------- 約束のネバーランド175話ネタバレ:王にふさわしい者 レウウィスの発言に、民衆たちは驚きます。 するとレウウィスは、 自分は旧時代の体制側であり、女王たちの施政を見て見ぬフリをしてきた罪があるのだと言いました。 レウウィスは既に、あの狩場で死んだのです。 しかし自分でさえ知らなかった、二つ目の核により蘇ったのでした。 それでも人間に負けたのは事実。 レウウィスはあのまま人知れぬ里で朽ちていくつもりだったのです。 しかし女王の崩御の噂を聞き、この場に駆けつけたのでした。 自分は王にふさわしくない。 新しい世界には新しい王が必要。 そして その王にふさわしいのは、ムジカだと思う。 レウウィスの突然の指名に、ムジカも驚きの声を上げました。 すると続いて 大僧正様が現れ、自分もムジカが王にふさわしいと思うと言ったのです。 ムジカは誰より民を思い、何度も民を救ってきた。 だから誰より王にふさわしいのだと、大僧正様は言います。 そして 寺院やソンジュも力を尽くし、ムジカを支えると約束してくれました。 ムジカを王に、と民衆たちは再び盛り上がります。 すると それでは何も変わらない、と大僧正様が止めました。 女王や旧支配者が悪いと言うが、その支配を許したのは自分たち。 王に任せておんぶに抱っこだとこれまでと同じです。 王だけでなく、民も考えて動かねば。 新しい世界は皆で守り、作り上げるのだ。 民衆は大僧正様の言葉に同意しました。 鬼の世界が今、本当に変わるのです。 ムジカはそれを感じていました。 そして今、 ムジカが新たな鬼の世界の王となったのです。 新たな世界の王はムジカに決まりました。 大僧正様やソンジュも助けてくれそうなので、これで鬼の世界は安心ですね。 -------------------------------------------------- 約束のネバーランド175話ネタバレ:約束を果たしに ムジカが王になった知らせを、エマたちも聞いていました。 これで邪血が広まり、元の計画通り鬼たちも滅びずに済むのです。 それだけではなく、 農園も廃止されることになりました。 全食用児自由だ!! その場にいた子どもたちや、ママたちは皆でその知らせを喜びました。 これでやっと、自由な世界がやってくるのです。 自分たちはもう食用児ではない。 もう誰にも終われない。 自由になったんだ、とドンは涙を流します。 エマは勢いよく走り出しました。 向かった先では、鐘の音が響いています。 庭で走る子どもたち。 エマはそのうちの一人の名を呼びます。 フィル。 フィルは聴き慣れた、懐かしい声に振り返ります。 ただいまフィル! 涙がこみ上げ、滲む視界。 その先にいたのは、懐かしい、大好きなエマでした。 ついにフィルとの約束を果たしたエマ。 自由を手にしたエマたちが次にしたことは!? -------------------------------------------------- 約束のネバーランド175話ネタバレの感想考察 鬼の世界はムジカを王として、新たな一歩を踏み出すことができました。 ムジカやソンジュ、そして寺院等のサポートもあれば安心ですね。 これで鬼の世界のことは、もう大丈夫だと思います。 彼らならきっと、いい方向へ向かっていくことができます。 そして人間側です。 全食用児自由だ!!と幸せを噛み締めるシーンが見開きで描かれました。 本当に自由を勝ち取ったのですね。 さらに、 ついにフィルとの約束を果たすことができました。 エマたちが脱獄したあの夜。 自分たちだって寂しくて怖いし、一緒に行きたかったはずのフィル。 しかしママを足止めし、しっかり役割を果たしてくれたのです。 あんなに幼かったフィルが、久々に登場してみるとちゃんと大きくなっているのにも感動ですね! エマもフィルもちゃんと約束を守りました。 その結果、再び顔を合わせることができました。 人間側の世界も明るい未来が待っているように思えますね。 しかしまだ、 エマが交わした約束の全貌が明らかになっていません。 エマが差し出すものとは何なのでしょうか!? さらに ピーターが会うようにと言っていた、彼の叔父の件も残っています。 最終回は近いと思いますが、まだ少し描かれる内容がありますね。 最後に、今回の話の中で大僧正様が言っていた言葉が、現実世界にも当てはまり、考えさせられるものでした。 王に任せておんぶに抱っこではいけない。 王だけでなく民も考え動き、新しい世界はみんなで守り作り上げるのだ。 今は世界的に色々と大変な時期です。 だから 誰かに任せっきりではなく、自分自身で考え行動することも大切である。 その意識を忘れず、日々過ごそうと気合が入りましたね! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

約束のネバーランド176話ネタバレ!エマとフィルの再会!イザベラが鬼に刺される!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束 の ネバーランド 最新 話 ネタバレ

約束のネバーランド122話「本心」ネタバレと伏線考察 ノーマン扮するミネルヴァさんのアジトで、人生初寝坊をしてしまったエマ。 それだけ安心して寝起き出来たのはいつぶりか思い出せず、昨晩のはしゃぎすぎた自分を反省します。 ノーマンとレイ、エマの3人で眠ってしまった所で、ノーマンは一足早く立ち去っており、その時に起きたレイ、じっくり眠ってしまったエマはサックにベッドに運ばれたと言います。 訪ねてきたヴィンセントは、いつものボスに戻っていてつまらん、と軽口を叩きます。 エマ達と再会した時のノーマンの姿は、ここの住人から見たら青天の霹靂だったようです。 「計画の修正だ」 ヴィンセントに向かって、ノーマンは告げます。 ハヤトからの報告『道中、量産農園に侵入したが警備が強化されていて侵入が露見した』件です。 その際に人間の姿を見られ、鬼達の間でGFの生き残りがいることも明らかになってしまったこともあるからです。 敵より早く手を打ちたいと考えるノーマン。 計画を少しはやめようとします。 フィル達のこともあり、早めないといけなくなったのもありで。 「この革命は無血で勝利しなければならない。 血は流させない、食用児(なかま)の血はね」 書いていた書類を入れた封筒に、ろうで印を施し、ヴィンセントに渡す。 「この手紙を彼らに。 急ぎ例の会談の手配を頼みたい」 「イエスボス。 直ちに」 有能な側近といった雰囲気のヴィンセントは、ノーマンの手足となって動き始めました。 ーその頃のエマやレイ達ー ハヤト達、他の子供達と共に洗濯をして、ちょうど干し終ったところでした。 「ノーマンの策ってどんなだろうな」 空になったカゴを運ぶエマに、レイは何気なく話しかけます。 「?」 「言ってたろ。 気にならねぇ? 俺は気になる」 問われてエマはうーん、と考え、言葉を続けました。 ノーマンの策だし心配ない、誰一人失わない未来っていっていたし、「きっと心配いらない」と。 「本当に「よかった?」」 「・・・・・・え?」 全てを見透かしたレイの問いに、エマの笑顔が引きつります。 「農園を潰すっていうノーマンの話、エマ、あれ本当は嫌なんじゃね?」 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 「ははは、なんで?嫌なわけないよ」 少し言葉を詰まらせますが、エマは自分を取り繕います。 だって、それは確実で逃げなくて良い方法。 レイも肯定的だった。 だから、それでよいのだとエマも自分を無理矢理納得させた。 「でも、それはお前が望む未来じゃないんだろ?」 彼の言葉に、エマはちょっと高圧的なノーマンを、無邪気に喜ぶ弟妹や仲間達の事を思い出します。 そして。 「うん・・・私おかしいんだ・・・」 抑えていた気持ちをレイに吐露し始めるエマでした。 「ノーマンの気持ちも正しさも、みんなの喜びも全部わかるの。 でもね」 「私、鬼を殺したくない」 ずっと、奥歯に物が挟まったような表情をしていたエマのことを、レイは誰よりもわかっていました。 「おかしいよね。 みんなこれが幸せなのに。 私は鬼の幸せまで願ってる」 「みんな自分のことだけじゃなく、私を想って喜んでくれてたーーーーなのに、私はそんなみんなをより危険に巻き込むような選択(みち)を暗に望んでしまっているんだ」 「嫌になる」 頭を抱え、エマは自分の葛藤が言葉になって、どんどん溢れてきていました。 「食べられたくない・・・絶対に食べさせたくもない。 出荷も狩りも嫌なのに、敵なのに」 「私、『鬼と私達何が違うんだろう』って」 鬼達も、自分たち人間と同じだと。 家族が、友達が、友人がいて社会がある。 鬼の彼らもただ生きるために食べている。 それが、食糧が『人間』であるというだけ。 私、ムジカの同族を滅ぼしたくない」 優しい隣人。 限りなく近しい姿をしているけれど、鬼であるムジカを想うエマの本心がここでわかりました。 「それが本心。 なんで昨日言わなかった?」 感情を抑え、ただ淡々と促すレイに、エマは言えないと。 「私は争わない選択(みち)がいい。 でも、みんなが望んでいるのは鬼を滅ぼす未来。 結局同じことなんだよ」 「他に選択肢(みち)がほしい・・・でもどこにもないの。 どうしようレイ」 「私、どうすればいいかわからない」 答えが見つからず、八方塞がりなエマの本心を聞いたレイの真剣な表情で、122話が終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? ポイントを考察 やはり、納得は出来ていなかったエマです。 それに気がついているレイも想定内な感じです。 鬼の下町社会を丁寧に書かれていましたし、エマならそんな気持ちになるのは当たり前ですよね。 そもそもの問題に触れてきたというか、種族が違うだけで違いが分からない、道理だと思います。 きっと、ノーマンもエマの気持ちは判っていると推測。 そこには触れない。 触れられないでしょうね。 もう象徴になってしまっているし。 多分、食用児のことだけ考えればノーマンが正確で正しいいい指導者です。 背負っているものが違うのでまた変わりますよね。 ノーマンがくぐってきた修羅場は、エマ達とはまた別次元の物でしょうから、鬼に対する憎しみしかないのも判るような。 ノーマンはムジカを知らないだろうし。 ムジカは『人間を食べなくてもいい』存在だから、彼女に関しては約束を結び直しても滅びはしないのでしょうが、同じような鬼は他にいるのでしょうか。 『宗教上食べない』他の信者達も自我を保つ方法があるのでしょうかねぇ。 ノーマンの会談相手も気になる所だしここに来て謎が深まりますね。 エマはとことんエマだなあ。 人間も他の動物のお肉をいただいてるわけだしね。 — さあや htrgtdmiinkn 今週の約束のネバーランド。 あー、やっぱりエマはそういう子なんだよなぁって感じ。 モヤモヤが晴れた気持ちだなぁ。 レイは何て返答するのかしら…? やっぱり困ったときはレイだなぁかっこいいなぁ…。 — 凛太郎 rintarou1884 エマとレイの関係に安心感を覚える感想も多くありました。 週刊少年ジャンプ2019年11号の掲載順をご紹介 11号はこのような掲載順になっていました。 上から ・ぼくたちは勉強ができない 巻頭カラー ・ゆらぎ荘の幽奈さん達と早乙女姉妹!? コラボ読み切り ・ゆらぎ荘の幽奈さん 巻頭カラー ・ハイキュー!! ・ONE PIECE ・呪術廻戦 センターカラー ・約束のネバーランド ・鬼滅の刃 ・Dr. 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は7番目です。 ここ5週の掲載順番は『7番、8番、4番、1番、6番(最新号から)』ですので、平均は一つ下がり5番です。 12巻は2019年1月4日(金)発売になりました。 12巻は98話「始まりの音」から106話「活路」の9話分収録です。 アンドリューの襲撃で危機一髪!大人組が体を張るところまでですね。 もの凄く・・・気になる伏線がありました。 おまけ漫画なのですが、本編ではさらっと触れられたのみですね。 必読だと思います。 そして。 最新巻12巻と同時に、 ノベライズ第2弾も発売しました。 今回の主役はママとイザベラ、彼女たちの過去にスポットが当たるようです。 約束のネバーランド~ママ達の追想曲~ そちらもあわせてチェックです! 2019年1月10日から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠で放送開始です。 現在6話が徐々に公開し始めましたが、是非見られる方はオンエアチェックですー! 視聴者さんの感想もピックアップ! 約束のネバーランド 6話感想 とりあえずドンとギルダが無事で何より 絆も深まってよかったです 2人の侵入中のシーンはヒヤヒヤしました 息がつまるとはこのことですね シスターの企み、ノーマンの計画が気になるところです 個人的にはシスターは味方になることはないのでは思います — 悪魔のZ gameotolko 今までもそしてこの先も決してないだろう ドンに泣かされる6話。 詳細気になる方は公式ページをチェックです。 エマはやっぱりエマでよかったと思います。 主人公は軸がぶれないのが魅力的。 そんな彼女の本心を判っている上で引きだしてくれるレイはやはり、格好良い・・・! エマはムジカが『人を食べなくていい』とは知らないので、悩みの答えは見つからないのでしょうかね。 でも、きっとレイがそこら辺気がつくような気がしますが・・・。 鬼の中でも異端者扱いだったソンジュとムジカのことを。 望む答えが見つかるといいのですが。 レイがどのように言葉をかけるのか、とても楽しみな所で終わりましたね。 123話も正座待機です。

次の

約束のネバーランドネタバレ最新180話!エマはどこへ?

約束 の ネバーランド 最新 話 ネタバレ

スポンサーリンク イザベラの願い 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 鬼に貫かれた身体の傷は深く、イザベラは地面に寝かされました。 子供たちはイザベラの周りを取り囲みました。 イザベラはエマに声をかけます。 「エマ…無事?みんな…誰もケガはない…?」 「ないよ!してない!」 「よかった…」 エマの返事を聞いてイザベラは心から安心します。 「ごめんね…」 イザベラはちゃんと生きて人間の世界に行くつもりでした。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 ごめんね、の意味はこんなずるい死に方をすることに対してでした。 イザベラは罪を背負い、憎まれる存在としてでも生きてちゃんと償いたかったのでしょうね…。 スポンサーリンク ママのこと エマは瀕死のイザベラに声をかけました。 「ママ!死なないで!」 エマの頬にイザベラは手を当てました。 エマにとって、イザベラは本当に優しいママでした。 でも出荷の事実を知り「怖い」に変わっていきます。 理由もわからず「なんで?」「どうして?」と悩みました。 そして次は「許せない」に変わり、いつの間にか「敵」になっていきました。 でも、外に飛び出して思い出すのは優しいママばかりでした…。 それはどうしてなのか、ずっとエマにはわかりませんでした。 それが今ようやく分かったのです。 ママも諦めたくなかったし、逃げ出したかったんだってこと。 でもそれは許されないことであることも。 スポンサーリンク だぁいすきよ イザベラが神様に願ったのは、あと一度だけ、子供たちを抱きしめるための力でした。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 震える手でエマの体に触れ「だぁいすきよ」と声をかけました。 その瞳は本当に優しく、母そのものでした。 イザベラの瞳は暗く消えかけていきました。 最後の力を振り絞ってイザベラはレイを呼びました。 イザベラにとってレイは特別に謝りたい子どもだったのです。 12年間、甘えさせることもできず、呪いたい人生を歩ませてしまったことをずっと悔いていました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 「ごめんね…」 言葉になったのは短い「ごめんね」だけでしたが、レイにはそれだけで全て伝わったはずです。 「みんなを…お願い」 だぁいすきよ…イザベラは心の中でレイに伝えました。 子供たちに見守られ、イザベラはついに力尽きました。 スポンサーリンク 『約束のネバーランド』ネタバレ177-178話のまとめ 今回のお話では、エマたちの身代わりになったイザベラの最期がやってきてしまいました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 一緒に人間の世界に行きたい、と思っていたイザベラの気持ちを思うと悲しいですね。 一時は本当に敵!って感じだったイザベラですが、実際はとても苦しんでいたことがわかり、イザベラ自身にも幸せになって欲しかったです…。 子供たちに「だぁいすきよ」というシーンはちょっと泣きそうになりますよね…。 最期は子供たちからも気持ちをもらうことができたので、イザベラはちゃんと母親に戻れたのではないかと思います。 「行ってらっしゃい」とエールを送ったイザベラに応えるように、エマたちには人間の世界で幸せになってほしいですね! 次回はいよいよ新しい世界に突入するのでしょうか? 続きが気になりますね!.

次の