行政書士 勉強。 【行政書士の独学勉強法決定版】試験に一発合格した勉強法教えます|takaojournal

行政書士合格に必要な勉強時間はどれくらい?開始時期や勉強のコツも解説!

行政書士 勉強

暮らしに関する業務 ・遺言・相続の書類作成、契約書の作成、自動車関係、日本国籍取得、土地活用など。 ビジネスに関する業務 ・法人関連手続き、外国人雇用関連、許認可申請、各種書類作成、コンサルティング、知的財産権など。 この中でも許認可は最も中心となる業務です。 例えば、自営業の人が提出しなければならない書類は複雑なものが多く、知識のない人が自分で行うのは大変なことです。 これを代わりに作成し提出するのが行政書士の仕事です。 また、資格を取得すれば開業することも可能です。 そして試験に合格することで就職や転職に有利になります。 さらに手に職があることは定年退職後にも役に立つでしょう。 行政書士の働き方 行政書士の働き方は下記のようになっています。 独立開業 ・一番多い形です。 行政書士は試験に合格すると、研修や実務経験を必要とせず、登記手続きをすれば開業することができます。 行政書士法人の設立 ・行政書士2人以上で開業することです。 コストなどのデメリットもありますが、支店を設置することができ事務所を大きくできるなどのメリットもあります。 行政書士事務所へ勤務 ・行政書士は独立開業する人がほとんどなので、雇用される形で働く人は少数派となります。 試験について ここでは行政書士試験の概要から試験に出題される内容についても見ていきます。 出題される内容について知ることで、試験についてよりイメージできるのではないでしょうか。 行政書士試験の概要 名称 行政書士試験 受験資格 特にありません。 受験料 7,000円 受験会場 全国47都道府県で実施。 受験者数 4万人前後 試験形式 筆記試験 マークシート方式、記述あり 試験時間 3時間 出題形式 5肢択一、多肢択一、記述式。 実施期間 毎年1回、11月の第2日曜。 申込期間は7月下旬から8月下旬まで。 主催団体 問い合わせ先 03-3263-7700 試験に出題される内容 行政書士試験は300点満点で、 合格基準は6割の180点です。 内容としては下記の通りですがこの中でもさらに細分化されているものもあり、やはり広範囲問うことがわかります。 一般知識 ・政治・経済・社会 7問:28点 ・情報通信・個人情報保護 4問:16点 ・文章理解 3問:12点 行政法と民法の配点が大きいことがわかりますね。 この二つで 全体の約6割 196点 の配点になっています。 合格点が180点というのを考えるとこの二つが重要なことがわかりますね。 しかし、 180点を超えていても 一般知識の方で24点を取らないと不合格になってしまいます。 ですので、行政法と民法だけやればいいというものではありません。 行政書士試験の難易度 試験の難易度は自分にも挑戦できそうなものか判断する基準になりますね。 行政書士試験は「簡単」「難しい」のどちらの意見もあります。 このことに触れながら、他の資格と比較していきます。 行政書士試験は簡単? まず、 「行政書士試験は簡単」、 「行政書士試験は難しい」どちらの情報もあることについて解説をします。 「行政書士試験は簡単」と言われている背景には2つの要因が考えられます。 運任せで誰でも受かることができ意味のない試験と言われていたこともあったようなので、これが現在にも引き続いて言われている可能性があります。 このようなことが「行政書士試験は簡単」というイメージを付けてしまったのでしょう。 しかし現代の行政書士試験は5肢択一式が基本となっており他に記述問題、多肢選択式があります。 ですので、昔のような意味での 「行政書士試験は簡単」というのは現代の行政書士試験には当てはまらない と考えていいでしょう。 他の資格との比較 行政書士試験の合格率は10%前後です。 最難関の不動産鑑定士に比べると可能性を感じられますが、それでも国家資格の中でも難しいものだという事がわかります。 行政書士は独学でも取れるのか? 結論から言って、 行政書士試験は独学でも取得することは可能です。 しかし 法律についての知識のある人と そうでない人、個人の学習効率が関係してきます。 法律について知識のある人 大学で法律を学んだことがある、司法書士や弁護士を目指して勉強したことがあるなど、 法律についての知識のある人なら独学でも短期間に行政書士試験に合格することは十分可能でしょう。 基礎が理解できている分、合格する力を短期間に身に着けられるからです。 法律について知識のない人 一方、 法律について全くの初心者の場合、独学での合格はかなり難しいようです。 まず法律についての理解に時間がかかります。 そして法律の内容を理解し、行政書士試験の問題をすらすら解けるレベルになるのにさらに時間が必要だからです。 しかし、初心者でも行政書士試験に合格した人はいますし、法律について知識のある人と比べたら大変なことは否めませんが、充分に合格の可能性はあるのではないでしょうか。 おすすめのテキストをいくつか紹介します。 憲法 ・憲法は すべての法律の基礎であり、通信講座でも憲法から勉強することが多い。 行政法にも絡みがあることから初めに勉強する方が良いでしょう。 ・配点の大きい 民法ですが、範囲が広いため 途中で挫折する可能性がある。 ・ 行政法も配点の多い科目ですが、 憲法が絡んでくる。 配点の多い科目を先に勉強した方が良いのではと考える人が多いのではないでしょうか。 しかし上記から 憲法を最初に勉強するのがいいでしょう。 しかし、継続するのが得意な人は民法を先に勉強しても良いでしょうし、人それぞれ能力に差があるので自分に合わせてどの科目を最初に勉強していくか検討してください。 合格までに必要な勉強時間は? 合格している人は平均何時間ほど勉強しているのかって気になりますよね。 それを把握すれば自分の勉強時間を確保する目安になりますね。 大きく幅がありますが下記のような目安です。 平日2時間、休日4時間の12ヶ月間で計算すると1,000時間ほど勉強できることから、このように考えられます。 もちろん勉強できない日や個人の実力の差もありますし、行政書士試験の範囲は広いです。 ですのでそれらを考慮することは大切ですが、目安としてこのようになります。 まとめ これまでをまとめますと、.

次の

行政書士試験!!ギリギリで合格した私の勉強法

行政書士 勉強

なので公務員を定年退職したあとに行政書士になる方も多いんだよ 3つ目は弁護士、税理士など、特定の他士業の資格を有していることです。 そのため、メインは税理士事務所で行政書士登録をしている先生も多数います。 行政書士として業務をするには登録が必要 試験に合格したり、公務員を長く続けたり、他資格を有しているだけでは 行政書士を名乗り業務をすることはできません。 行政書士として報酬を得て仕事をするには、行政書士登録をする必要があります。 登録は自分の所属する都道府県の行政書士会で行います。 登録費用は行政書士会ごとに違いますが、 約20万円〜30万円ほどかかります。 また、行政書士会の 会費として年に6万円〜8万円ほど必要です。 行政書士試験はなぜか資格を持っていない人から「簡単だ」「あんな資格」と言われがちな資格です。 でも普通に難しいし、合格すれば法律の基礎について確かな知識を得ることができるとても意味のある試験です 行政書士試験は私は難しいと思います。 でも合格が不可能なほどの難易度では決してありません。 その証拠に私のようなボケボケな人でも合格しています(3年かかっているけど) 法律に興味が少しでもある人なら、勉強内容も面白く、おすすめの資格です。 ただ、標準学習時間は500時間〜とある程度勉強量が必要になるので、人によっては頑張れなくなる場合も出てくるかもしれません。 「行政書士資格をとるぞ!」という強い気持ちをもってコツコツ頑張ることが、この資格試験を攻略するカギになると思います。 おすすめの勉強法は?独学or通信講座なら通信がおすすめ 行政書士試験の勉強は通信講座をおすすめします。 私はどちらかというと独学派。 独学で済むものは独学での取得をおすすめしています。 でも宅建以上の資格となると、勉強法に向き不向きが出てくるので、人により通信講座がおすすめな場合も。 それ以上の難易度、 行政書士や社労士等に至っては、独学でも取得可能ですが、通信講座の方が効率が良いと思います。 理由は ・プロにより信頼できるカリキュラムが既に組まれているから ・教材が厳選され、最短で合格に近づけるから ・コースによってはサポート体制があり、わからないことがあった時にすぐに解決できるから ・1年で合格できれば、コスパの面でも経済的 などです。 特に 勉強がそこまで得意でないという人は、通信講座をおすすめします。 勉強が苦手な方が独学での勉強を選ぶと、合格までにどんな勉強をすればいいのかわからなかったり、テキストや問題集を選ぶのにも時間がかかって、いつまでも勉強に本腰が入れられない場合があります。 その点通信講座なら合格までに必要な教材がパックになっており、カリキュラムも既に組まれているので、すぐに勉強を始められ楽ちん。 コースによっては質問などのサポートも充実しているため、独学でも挫折することなく学習をすすめることができます。 アガルートも合格率が高く、講座の質も高いと評判です。 条件をクリアすれば合格後全額返金制度も、お祝い金制度もあります。 クレアールは学習サポートが充実しています。 メールやファックスでも質問を受け付けていて、講座内容もボリュームがあり、通学講座並みの学習が期待できる通信講座です。 資格スクエアは運営会社が大きく信頼でき、パソコン、タブレット、スマホなどマルチデバイスでの学習が人気です。 スタディングは人気講座の名で費用が安めでバランスがとれた講座です。 サポート体制はないのですが、有名講師の授業を受講でき、合格に近づくと支持の高い講座です。 行政書士の講座は充実していて、他にも ・ユーキャン ・東京法経学院 ・資格のキャリカレ ・オンスク. JP などがあります。 行政書士はしっかり勉強すれば合格できる資格です 行政書士は独立可能な資格で、やり方次第で年収アップも見込め、主婦でも家庭との両立や自己実現などを目指せる資格です。 法律の基礎的な部分を学べ、勉強内容も非常にためになるので、個人的におすすめしたい資格のひとつ。 難易度のある資格のため、取得すれば評価にもつながります。 ただ、確かな勉強量も必要。 まぐれで合格できる資格ではありません。 おすすめの勉強法は通信講座を使った勉強。 6ヶ月以上の期間をとり、コツコツと勉強するのが無理もなく、結局一番の近道だと思います(自戒を込め…トホホ) 独学が好みと言う方も、行政書士のテキスト・過去問題集は十分合格可能なレベルです。 自分の勉強法を信じて突き進むことが大事です。 ただ、勉強に自信がない、勉強時間がとれないという方は通信講座の方がが結果的に高コスパになることも。 ぜひ自分に合った勉強法で、無理せずコツコツ勉強に取り組んでください。 行政書士試験の突破は難しいけれど無理ではないので、きっと努力が実を結ぶ結果になると思います。 今日は行政書士についていろいろとまとめてきました。 少しでもお役に立てればうれしいです。 それでは、また!.

次の

【行政書士とは】どんな資格?試験は?勉強法はどれがおすすめ?【まとめ】

行政書士 勉強

小数点第3位以下を四捨五入しています。 合格率だけで試験の難易度を比べるのは適切ではありませんが、司法書士試験と行政書士試験はどちらも受験資格のない「誰でも受けられる試験」です。 その条件が同じである中で、合格率が司法書士試験のほうが低いことは、司法書士試験のほうが行政書士試験よりも難しいと言える1つの要素にはなります。 司法書士資格と行政書士資格の取得順序はこれがお薦め 「司法書士と行政書士」の2資格を取得したいと考えた方がまず考えることは、「どちらの資格から取得するか?」でしょう。 このように申し上げる理由は、これです。 「司法書士と行政書士の片方の資格のみを取得したい」という方や「すでに片方の資格を取得している」という方は対象としていません。 行政書士試験の難化 試験ごとに試験科目や出題方法も異なるので、「資格試験同士の難易度を比べるのはナンセンスだ」という意見もあります。 たしかに、資格ごとに試験は別物ですし(以下に比較として示す司法試験と予備試験は重複している問題があります)、人によって合う合わないもあります。 たとえば、私の知り合いで、「司法書士試験に何年も合格できなかったが、目指す試験を司法試験に変更したら1回で合格できた」という方もいます。 この方は、記憶重視の司法書士試験よりも、記憶量は少なくてもよいが法的思考力を論文の答案に示すことが要求される司法試験のほうが向いていたのでしょう。 しかし、そうはいっても、これから資格試験の勉強をしようとお考えの方は、試験の難易度は気になるでしょうし、それを知るには他の資格試験と比べるのが最もわかりやすいです。 よって、私の考えにはなりますが、おそらくそこまで異論のないであろう試験ごとの難易度を示します。 現在の法律系資格試験の難易度を、私は以下のように捉えています。 行政書士試験が難化し、難易度が司法書士試験にかなり近づいてきています。 現在の行政書士試験で出題される問題は、そのまま司法書士試験や司法試験で出題されてもおかしくないものがあります。 ですが、それだけでは、「まだ司法書士試験のほうが難しいんだから、行政書士試験から目指したほうがいいのでは?」と思われるでしょう。 行政書士試験の制度変更 たしかに、行政書士試験が 徐々に難化し、司法書士試験に近づいてきたのであれば、「まずは行政書士試験」と申し上げます。 しかし、平成18年度以降、行政書士試験は 急激に難化しました。 平成17年度までの行政書士試験は、過去問中心の学習で合格できました。 人によっては、過去問を解きその答えを記憶するだけで合格する方もいました。 しかし、平成18年度に大幅な試験制度の変更があり、平成18年度以降の行政書士試験の問題は、司法書士試験や司法試験のように法的思考力を試す問題、簡単にいうと、単に知識を「暗記」するのではなく「理解」していないと解けない問題が数多く出題されるようになりました。 このようなことから、現在の行政書士試験は、「平成17年度以前の過去問レベルの学習では太刀打ちできない。 しかし、平成18年度以降の問題では、過去問の量が少なすぎる」という状況になっています。 また、テキストの選択も難しくなっています。 その証拠に、以前の行政書士試験では予備校本(予備校が作成したテキスト)で学習するのが当たり前でしたが、現在では、いわゆる学者本(法学部の教授が書いた本)をテキストとして講義をする予備校が存在するほどです。 試験の急激な難化により、行政書士試験プロパー(行政書士試験のみ)の対策では合格が容易ではなくなっているのが現状です。 実際に、現在の行政書士試験の合格者の多くを占めるのは、司法試験の受験生、司法書士試験の受験生、司法書士試験の合格者など、より深く法律を学習している人です。 ステップダウン資格取得法 そこで私がお薦めするのが、「ステップダウン資格取得法」です。 まず難易度の高い司法書士試験の学習を先にするということです。 司法書士試験に合格するために必要な学習をしていれば、前述した平成18年度以降の行政書士試験で要求されている「法的思考力」は身につきます。 また、仮に司法書士試験に短期で合格できなかったとしても、司法書士試験(試験日は7月の第1日曜日)受験後、行政書士試験(試験日は11月の第2日曜日)を受験すれば、行政書士試験プロパーで学習されている方よりもはるかに有利になります。 前回の記事でご紹介しましたとおり、司法書士試験と行政書士試験は以下のように科目の重複が多いからです。 以下のオレンジの部分が重なっている科目です。 なお、すでに行政書士試験プロパーの学習をしている方や行政書士試験を受験したが合格できなかった方で、司法書士の資格取得まで考えている方は、一旦行政書士試験の学習を中断し、司法書士試験の学習する選択肢を考えていただきたいです。 行政書士試験プロパーの学習で行政書士試験に合格することが容易ではないのが現状ですが、司法書士試験の学習をすれば、仮に司法書士試験に合格できなかったとしても、行政書士試験に合格できる確率は上がります。 もちろん、「司法書士試験に合格したうえで、行政書士試験にも合格する」ということを目指していただきたいのですが。 急激に難化したために対策が難しい行政書士試験の現状を考えると、難易度の高い資格を先に目指す、「ステップダウン資格取得法」が最も賢明な選択であると言えます。

次の