中東 の 窓。 中東問題/パレスチナ問題

[B! シリア] 中東の窓 : シリア情勢(22日)

中東 の 窓

アラブ連盟の結成 アラブ連盟は「アラブ諸国連盟」ともいう。 徒でありを使用するという共通項のある諸民族諸国の共通利害を守り、関係強化をめざし、アラブ諸国への欧米からの干渉を排除し、アラブ人の未独立国家の独立を支援するためにつくられた国際組織。 1945年3月、が提唱し、 エジプト、、、、、、の7ヵ国が最初の加盟国として結成された。 本部はエジプトのに置かれた。 なお、1958年2月にはシリアとエジプトが合同して成立させたとは別なので注意すること。 ただし、この段階ではこれらの国家は王政国家が中心であった点で、現在のアラブ連盟とも異なる。 エジプトはの ファルーク国王、とはともにの国王、はの国王の支配する王国、(北イエメン)もシーア派イマームを国王とする王国であった。 これらの王家間の対立は激しく、特にハーシム家はもとはメッカの太守であったものがサウード家に追われた過去があるので、両王家の関係は悪かった。 したがって、当初のアラブ連盟は結束力も弱く、アラブ人の民族的連帯党側面も弱い、単なるアラブ系王国の協力機関にすぎなかった。 パレスチナ戦争での敗北とエジプト革命 アラブ連盟は内部対立と王国内の腐敗などから力を結集することができず1948年の(第1次中東戦争)ではイスラエル軍に敗北してその建国を許してしまった。 戦後の1952年にイギリス寄りの王政が倒されるというが起こり、アラブ世界は一変した。 エジプト革命はアラブ世界に大きな影響を与え、民族社会主義をとなえ、第三世界のリーダーとなったナセルの指導力が強まった。 1958年にはイラク革命がおき、王政が倒され共和政となった。 このようにアラブ連盟加盟の諸国はそれぞれ内部に対立要素を抱え、その後の中東戦争でも足並みがそろわず、を複雑化させている。 現在のアラブ連盟 現在はアラブ諸国の国際機関として22ヵ国が加盟している。 1945年の創立時の7ヵ国に、リビア、スーダン、チュニジア、モロッコ、クウェート、アルジェリア、南イエメン、バーレーン、カタール、オマーン、、モーリタニア、ソマリア、ジブチ、および(PLO)が加わった。 現在も中東和平でも重要な役割を担っている。 本部はエジプトの大統領がイスラエルを承認したときに脱退したので、一時チュニジアのチュニスに置かれたが、現在はエジプトのカイロに戻っている。

次の

[B! シリア] 中東の窓 : シリア情勢(22日)

中東 の 窓

日本における「中東」の概念 [ ] における中東の概念は、欧米とはやや異なり、イスラム教の戒律と慣習に基づく文化領域の概念として極めて広域に用いられることが一般的である。 具体的には、の以西の地域(、を含む)、またはなどを含めたり、のや、場合によってはヨーロッパのや旧領の諸国を含めたりする場合がある。 その為、日本における中東の地域概念の広がりを厳密に定義することは困難である。 このような不確かな概念にも係わらず、日本で中東の概念が広く用いられているのは、広大な範囲に広がるの中から・・などイスラム以外のと入り乱れてまとまった地域を形成している国々を除外し、逆にイスラム教国に取り囲まれているがイスラム教国ではない・・キプロスなどを組み込んだ地域を「イスラム」という言葉を用いずに表現するのにもっとも適当な概念だからであろう。 特に地理的にはアフリカに属すが、政治的・文化的には西アジアのと同じ(東アラブ)に属すエジプトを西アジアと一体の地域として扱うためには非常に便利な地域概念と思われる。 欧米諸国における「中東」の概念 [ ] 中東は、以降になどがインド以西の地域をするに当たって考え出された概念である。 元来は・およびその周辺を指す概念であり、現在の中東に含まれる地中海沿岸地域は と称されていた。 しかし、中東と近東の概念を混同した という概念の登場を経て、中にイギリス軍によってはじめて現在の中東の概念が使用されるようになった。 以降、諸国では、「中東」はほぼ を除くと 北東部の国々を指す概念として用いられ、具体的には、 UAE 、、、、、、、、、、、、、、の諸国、及び自治政府の管轄地域がその概念の中に含まれている。 アメリカの中東戦略 [ ] 崩壊以降、国際安全保障環境は民族・宗教対立の表面化、核拡散、国際秩序の地域分化などが顕著となった。 は、産油国でありながらかつ紛争の絶えない中東への介入を拡大させ、湾岸戦争後はイラクに対する敵視政策を拡大してきた。 における4年ごとの国防見直し QDR においては中東から東アジアにかけての広い地域をと位置づけ、対アジア戦略の中枢に据えてきた。 中でも中東は紛争の絶えない地域でありアメリカの世界戦略の軸とされてきた。 こうしたアメリカの中東への介入によりはアメリカに対する敵視・敵対・テロ活動を増大させ、2001年にが勃発、アメリカの富の象徴、・の(ワールド・トレード・センター)、並びにアメリカの国防機関の中枢、へのテロが発生し、時の大統領は、このテロを 「新しい戦争」と呼び、ますます中東への介入を強めた。 しかし、上、テロに対する戦争が困難だったアメリカはテロ支援国家を攻撃することによりこれに対抗しようとした。 その結果がの政権打倒であり、であった。 イラク戦争をはじめとするアメリカの中東戦略はの承認を経ずに自国とイギリスを中心とした有志連合によって攻撃をしたため、国際社会から批判された。 アフガニスタンに対してはアフガニスタン戦争でターリバーン政権を打倒し、国連安全保障理事会で採択したアフガニスタンの再建・復興プロセスに基づいて、暫定国会選挙、新憲法案の採択、憲法承認国民投票、正式国会選挙、大統領選挙と政府の樹立などの政治体制の変革を遂行し、2014年末中のアフガニスタンへの派遣軍の全軍撤退をめざしているが、によるテロは収束せず治安回復や復興計画が進展していない。 イラクに対してはイラク戦争でフセイン政権を打倒し、国連安全保障理事会で採択したイラクの再建・復興プロセスに基づいて、暫定国会選挙、新憲法案の採択、憲法承認国民投票、首相の選挙と政府の樹立などの政治体制の変革を遂行し、テロが完全に収束せずテロによる死傷者が発生している状況ではあるが、2011年末にイラクへの派遣軍を全撤退させた。 日本との関係 [ ] 前半の中東は欧米列強の侵略に悩まされた地域である。 植民地支配からの独立後、また中東戦争時に欧米諸国が一斉に人材や資本を引き上げた時に西側諸国として唯一、やを通じて国際協力を続けた。 日本にとっても豊かな産油国であるこれらの国との関係はエネルギー安全保障上において重要なパートナーであり、日本から、、そして中東にかけて伸びる海洋交通路即ちの防衛が課題となっている。 代から代にかけて系国際のによる活動拠点となり、多数の民間人が犠牲になったや日航機事件などのの舞台ともなった。 アメリカ合衆国によるイラク戦争の開戦後は、日本もアメリカの同盟国としてイラク戦争の支持を表明し、イラク戦争の後方支援並びにイラク戦後復興支援に尽力している。 日本のイラクへの自衛隊派遣に反対する人々は「アメリカの戦争への協力」、「アメリカのいいなり」、「イラク国民のためにならない」、「自衛隊の派遣は憲法違反」、「武装組織との戦闘によりイラク国民にも自衛隊にも死傷者が発生したらイラク国民の対日感情が悪化する」などの理由で批判し、日本の左派系のマスコミによって論争になった。 イラクでアメリカ軍やイギリス軍を攻撃した武装勢力は、イラクに派遣された日本の自衛隊に対しては攻撃せず、自衛隊はイラクの武装勢力との戦闘による死傷者は発生せず、自衛隊もイラク国民を死傷させなかった。 イラクからの自衛隊の撤退後に、イラクの大統領、首相、外相、その他の閣僚や政府幹部、国会議員団が来日して、日本の首相や閣僚と会談した時に、日本がイラク戦争後のイラクの復興に協力したことに感謝を表明した。 伝統的中東(深緑色)とG8によって提案された拡大中東(薄緑色) 中東の国 - 首都の一覧 [ ] ここでは中東の国として、諸国・地域、及びにの(アラブ人が多数を占める国)を記載する。 現在、に加盟する193カ国中(69. にの統治が終了するまでは、「 ソマリア共和国( Republic of Somalia)」を国名としていたが、全土を実効支配しておらず、公式国名と見なされていなかった。 後のによる暫定政権はロゴマークのみしか制定しておらず、正式な国章はまだ決まっていない。 言語 [ ] この地域で話される主要言語としては、に属するや、に属するや、に属するなどがある。 中東で最も広く話される言語はアラビア語であり、中東はおおまかにアラビア語圏と非アラビア語圏に二分することができる。 アラビア語圏はマグリブ諸国やエジプト、アラビア半島諸国、シリアやイラクなどであり、これらの国では公用語がアラビア語とされている。 アラビア語圏の国家は中東地域の過半を占めており、地域の共通語として広く話される。 これに対し、ペルシャ語を話すイランやトルコ語を話すトルコ、ヘブライ語を話すイスラエルは非アラビア語圏に属する。 の 宗教 [ ] 中東は、キリスト教、イスラム教の誕生した地であり、イスラム教の聖都であるとはこの地に存在し、毎年世界中から多数の巡礼を受け入れている。 また、はユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3宗教がすべて聖地としており、末から170年以上にわたって断続的に行われたなどに見えるように、3宗教の争奪の地となってきた。 においてはこの地域の信仰は圧倒的にイスラム教が多数を占める。 非イスラム教徒が多数派を占める国家はイスラエルただ一国である。 ただし、レバノンはのキリスト教徒が比較的多く、またエジプトにはのキリスト教徒が一定数存在する。 イスラム教徒の大半はであるが、イランの国民の多くはに属するを信仰している。 イランにはやの小規模なコミュニティも存在する。 イラクはシーア派が6割、スンニ派が3割5分を占めており、両派の間に対立がある。 オマーンにおいてはシーア派内のが主流となっている。 民族 [ ] 詳細は「」を参照 中東最大の民族はであり、エジプトやサウジアラビアをはじめ、中東の過半の国々はアラブ人が多数派を占めている。 アラブ人に次いで人口規模が大きいのはとであり、それぞれイランとトルコの人口の大多数を占める。 その次に人口が多いのはトルコ・イラン・イラクの三か国にまたがる山岳地帯に居住し、2,500万~3,000万人の人口を抱えるであるが、クルド人は独自の国を持たず、居住するどの国においても少数派である。 このため、とくに居住者の多いイラクやトルコとの間に紛争が多発している。 イラクにおいては、の政権崩壊によってに大きな自治が与えられるようになった。 このほか、イスラエルにおいてはが多数派である。 ユダヤ人はもともとの地に居住しており、アラブ人と共存していたが、後半以降の進展とともにパレスチナへの移住者が増大し、人口バランスが崩れて紛争が多発するようになった。 やがて両者の対立はにとして火を噴き、勝利したユダヤ人は建国したイスラエルの基盤固めに成功したが、その後も両民族間では対立が絶えず、四度にわたるを招くこととなった。 政治 [ ] 中東の政治の最大の対立点はイスラエルである。 イスラエルはほかの中東諸国のほとんどすべてと対立状態にあり、そのため中東諸国がすべて加盟している地域協力機構は存在しない。 イスラエルを除けば、中東地域で域内大国と言えるのはエジプト、トルコ、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦の5か国である。 エジプトは人口8000万人を抱える中東最大の国家であり、政治面でも文化面でもアラブ諸国の主導権を長く握ってきた。 これに対抗できるアラブ人国家はサウジアラビアのみである。 サウジアラビアは人口は3000万人弱であるが、であるとの統治者であり、また世界最大のであることから経済的にも強く、宗教面・経済面で影響力が強い。 これらのアラブ人国家はすべてに加盟しており、アラブ連盟は中東最大の地域協力機構となっている。 ただしアラブ連盟はあくまでもアラブ人諸国家の連合組織であり、イスラエルはもとより、トルコ人を主体とするトルコやペルシャ人を主体とするイランも加盟してはいない。 中東域内のアラブ人国家には過去何度か統合の動きがあり、にはエジプトとシリアが連合してが、同年イラクとヨルダンが連合してが結成されたが、アラブ連邦はわずか数か月で、アラブ連合共和国も3年後のに崩壊した。 また、岸の諸国の間ではという独自の地域協力機構が存在する。 トルコもこの地域では経済力が強く存在感を持っているが、同国は加盟を長年求め続けているように志向も強い。 歴史 [ ] 現在中東と呼ばれている地域は地球上でもっとも古くからの発達した土地である。 この地域に成立したとの二つの大文明、およびそれを含む肥沃な三日月地帯と呼ばれる地域はエジプトや、、ペルシアなど古来より多くの帝国を育んできた。 にはアケメネス朝がのによって征服されるが、アレクサンドロスの帝国はすぐに崩壊し、中東全域はその後継国家であるシリア王国とエジプト王国に分割されたが、この時の文化混交によって政治的・文化的にと呼ばれる一時代が形成された。 その後ヘレニズム国家はによって併合され、イラン高原はによって支配された。 このシリア・エジプトを支配する地中海国家とメソポタミア・イラン高原を支配するペルシア国家の構図は、両国崩壊後のとの両王朝においても継続された。 この構図が根本的に変動するのは、にアラビア半島に成立したが北上を開始してからである。 イスラム帝国はサーサーン朝を滅亡させて東ローマ帝国をの端にまで追いつめ、中東のほぼ全域を統一的な支配下におさめた。 この中東の統一は初頭の初期まで続き、この時期以降中東ではイスラム教が支配的な宗教となった。 その後アッバース朝の衰退により各地にイスラム王朝が分立するようになり、からにかけてはがパレスチナからシリアにかけて勢力を張ったこともあったものの、イスラムの優越は現代まで続いている。 初頭には中東西部はによって統一され、イラン高原のと対峙するようになった。 この中東東西勢力の対立はイランでの王朝交代をはさみつつまで続くものの、やがて両勢力ともに衰退し、ヨーロッパからの介入を招くようになった。 将来予測 [ ] の深刻な影響により、将来的には全世界での中でも、夏の暑さが人類にとっての生存の限界(35度)に達する日が本格的に発生して居住不能になるのが最も早い地域の一つと予測されており、実際その限界の状況が数日だけだが2015年に発生したことがあった。 中東の主要都市 [ ]•

次の

中東呼吸器症候群(MERS)について|厚生労働省

中東 の 窓

アラブ連盟の結成 アラブ連盟は「アラブ諸国連盟」ともいう。 徒でありを使用するという共通項のある諸民族諸国の共通利害を守り、関係強化をめざし、アラブ諸国への欧米からの干渉を排除し、アラブ人の未独立国家の独立を支援するためにつくられた国際組織。 1945年3月、が提唱し、 エジプト、、、、、、の7ヵ国が最初の加盟国として結成された。 本部はエジプトのに置かれた。 なお、1958年2月にはシリアとエジプトが合同して成立させたとは別なので注意すること。 ただし、この段階ではこれらの国家は王政国家が中心であった点で、現在のアラブ連盟とも異なる。 エジプトはの ファルーク国王、とはともにの国王、はの国王の支配する王国、(北イエメン)もシーア派イマームを国王とする王国であった。 これらの王家間の対立は激しく、特にハーシム家はもとはメッカの太守であったものがサウード家に追われた過去があるので、両王家の関係は悪かった。 したがって、当初のアラブ連盟は結束力も弱く、アラブ人の民族的連帯党側面も弱い、単なるアラブ系王国の協力機関にすぎなかった。 パレスチナ戦争での敗北とエジプト革命 アラブ連盟は内部対立と王国内の腐敗などから力を結集することができず1948年の(第1次中東戦争)ではイスラエル軍に敗北してその建国を許してしまった。 戦後の1952年にイギリス寄りの王政が倒されるというが起こり、アラブ世界は一変した。 エジプト革命はアラブ世界に大きな影響を与え、民族社会主義をとなえ、第三世界のリーダーとなったナセルの指導力が強まった。 1958年にはイラク革命がおき、王政が倒され共和政となった。 このようにアラブ連盟加盟の諸国はそれぞれ内部に対立要素を抱え、その後の中東戦争でも足並みがそろわず、を複雑化させている。 現在のアラブ連盟 現在はアラブ諸国の国際機関として22ヵ国が加盟している。 1945年の創立時の7ヵ国に、リビア、スーダン、チュニジア、モロッコ、クウェート、アルジェリア、南イエメン、バーレーン、カタール、オマーン、、モーリタニア、ソマリア、ジブチ、および(PLO)が加わった。 現在も中東和平でも重要な役割を担っている。 本部はエジプトの大統領がイスラエルを承認したときに脱退したので、一時チュニジアのチュニスに置かれたが、現在はエジプトのカイロに戻っている。

次の