月曜 断食。 『月曜断食』効果が出やすい人は? 平行してやるといいこととは?

“10kgやせ”が続出!大人気の「月曜断食」のヒミツを考案者に直撃

月曜 断食

詳しい内容は後ほど説明しますが、月曜は水だけで過ごし、火曜~金曜は野菜を中心とした良食を摂り、土日は美食として好きなものを楽しみます。 この一週間のサイクルを繰り返していくことで、「デブ体質」から「やせ体質」へスイッチングしていけるのだとか。 東洋医学の考えをベースとした月曜断食の目標は、体を「ニュートラルな状態」に戻すこと。 とくに肥満体質の人は胃腸や脳内でさまざまなものが過剰に分泌されているので、断食によって一度リセットする必要があるそう。 ただ単に「断食=食事を抜いたぶんやせる」というわけではなく、 リセットすることで体が本来の機能を取り戻し、結果的にやせたり体が快調になっていったりするのが月曜断食なのです。 なんで「断食」をする必要があるの? 断食をすると、一度胃腸が空っぽになりますよね。 これが重要なポイントです。 そもそも食べ物は3~5時間かけて胃で消化されまずが、それほど時間をあけずに食事と食事の間におやつなどを食べてしまうことがありませんか? そうなると、胃は休むことなくフル稼働。 消化能力がどんどん低下し、 消化しきれず胃に滞留した食べ物が腐敗し始め、そこで発生した毒素が体にさまざまな悪影響を及ぼします。 しかも、常に出続ける胃酸が脳に働きかけ、さらに食欲が沸き起こるという悪循環に……。 そして、食べ物が胃に貯蔵しきれなくなると、今度は腸まで消化不良の食べ物でいっぱいになり、腸で吸収しきれなかった栄養が脂肪へと変化し、体内に蓄えられていってしまいます。 「でぶサイクル」を抜け出すには… 長年の食事の摂り方により「でぶサイクル」にハマってしまった体は、脂肪が簡単には燃え始めません。 だから、 食べ物を完全にシャットアウトする、「断食」という強いキックを与える必要があるのです。 丸一日断食をすると、体は肝臓に蓄えられているグリコーゲンを使い切り、脂肪を燃焼しケトン体をエネルギーとして使い始めるという燃焼モードに切り替わります。 また、腸が空っぽになり悪玉菌のエサが消えると、腸内環境が改善されます。 さらに、普段は消化に使っているエネルギーを体の回復・修復に使うことができるようなり、代謝と免疫力も向上します。

次の

「月曜断食」を7ヶ月続けてみた結果。変わったのは体重だけじゃなかった!

月曜 断食

こちらの本はベストセラーになっていますね。 ざっくり言うと週1回月曜日に断食するダイエット方法になります。 ポイントになるのは『腸を休ませる』と『こぶし2つ分の食事量』いうことですね。 わたしは実践してみたら、とても体に良かったと感じています。 〇『月曜断食』を始めた理由 わたしは2年前からマラソンをやっております。 フルマラソン1回、ハーフマラソン4回、30㎞は1回完走しております。 それなりに走れてはいれるのですが、まだまだスピードが足りなく感じておりました。 そこで筋トレを継続するのと同時に、減量して走りやすい体つくりをしようと考えました。 そんな中で職場の後輩から『月曜断食』を教えてもらったわけなんです。 後輩は本を持っていたので、さっそく借りて実践してみた次第です。 最初の週の経過です。 月曜日に断食をして、火曜日から金曜日までは朝食ヨーグルト、お昼はおからいなりを主食にしてご飯を摂取しないようにしてました。 夕食はご飯を食べずにおかずだけで、出来る限り野菜多めで食べました。 土日については好きなものを食べるというやり方です。 本家の方では夕食は野菜なのですが、わたしは毎日筋トレして、ランニングもしているので、タンパク質は摂るように変えてました。 2週目以降はこんな形でした。 本家の方では効果をあげるのに木曜日の夕食を抜くってなってましたが、自分なりの改変で木曜日or金曜日をまるまる断食日に設定してみました。 最初は断食をするのはなかなかキツイなぁという感じはありましたが、日を追うごとに慣れてきて、断食日を過ごすのもさほど苦ではなくなっていきました。 けっこうまわりの反応としては『ご飯食べないなんて耐えられない』っていう声が大きいのですが、実際に断食してみると『ご飯食べない方が調子が良い』という感覚を得られるので、固定観念に縛られていたことに気がつけます。 実際、わたし自身、『月曜断食』を始めてからは朝の目覚めは良くなりましたし、特に体に不調を感じることもないですし、筋トレ、ランニングも問題なく出来ております。 〇『月曜断食』の結果 ここで実際に月曜断食をしてみて、体にどれだけ変化があったのか? それを公開したいと思います。 Twitter上で毎日報告しています。 こんな感じで順調に減量出来ております。 だいたい1週間に1㎏程度の減量が出来ていますね。 体脂肪率は少し体重よりも落ちにくく、変動も大きいですが、右肩下がりでいってくれています。 〇まとめ 『月曜断食』は非常に効果的なダイエットだと感じます。 しかも、ダイエットの側面だけではなく、体調的にも良くなる体感があるので、個人的にはとても良いと思います。 今までが食べすぎていて、かえって疲労を溜めていたんだなと振り返ることが出来ています。 食べなきゃいけないという固定観念をはずすことが出来たというのが一番の収穫かなと思っています。 皆さんもやってみてはいかがですか?.

次の

55キロからの月曜断食1ヶ月間レポート!食事メニューと体重変化の全記録

月曜 断食

月曜断食の書籍 鍼灸師の関口賢先生が提唱する「 月曜断食」。 先日1週間だけ月曜断食を試した時に効果を出せなかったのは、それらを無視する形で実践したことが原因だと思っています。 その時の様子や詳しいやり方については、の記事で書いています。 スポンサーリンク 月曜断食を再スタート はじめに、お試し1週間月曜断食から程なくして、再度チャレンジすることになった理由なのですが、正月のダラダラ食生活が尾を引いて、気付いたら体重がかなり大変なことになっていたからです。 普段、1キロ前後ならすぐ調整できていた為、あまり気にせず 体重をこまめに測ることを怠っていました。 これは昔からの悪癖です。 そんなこんなで簡単に調整不可能だと自覚したスタートラインはというと…何と55. 5kg! 体重チェックを怠ったことを心底後悔しました。 40歳過ぎると1キロ減らすだけでも大変なことは重々承知の上、 まずは目標3キロ 減!と開始しました。 1週目のメニューと体重変化 まず初めの一週目、体重55. 5kg、体脂肪率31%からのスタートです。 月曜日 断食初日。 初日なのでモチベーションも高く、それほど苦痛なく一日を終えました。 水を多く飲むことを心がけました。 2リットル近く飲みました。 前回の月曜断食ではコーヒーやお茶を飲んでしまいましたが、今日は我慢。 火曜日 体重53. 結構減ったのは、生理明けなのも関係しているかもしれません。 便秘対策としてヨーグルトに おからパウダーを混ぜています。 これはずーっと昔から続けている習慣なので欠かせません。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 豆乳バナナスムージー、豆腐、納豆 夕食 カット野菜、さけるチーズ、バナナ1本、チューハイ1缶 水曜日 体重53. 3kg、体脂肪率31. 3% 体重は微減しましたが、体脂肪率がアップ。 まだまだ先は長いため、あまり気にしませんでした。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 納豆、豆腐、バナナ1本、チーズ2個 夕食 味噌汁、カット野菜、もやしのナムル、チューハイ1缶 豆腐はレンチンして薬味とポン酢をかけて、湯豆腐っぽく食べています。 木曜日 体重53. 9kg、体脂肪率31. 3% やっぱりね…という感じで体重が増えています。 簡単には痩せません。 これが無いと食べる量が増えてしまいそうで…。 朝食 おからパウダーヨーグルト、納豆 昼食 たこ焼き、ピザ、ゆで卵、いちご 夕食 カット野菜、ミックスナッツ、チューハイ1缶 昼ご飯を食べ過ぎたので、夜は控え目にしたつもり。 金曜日 体重54. 0kg、体脂肪率31. 2% 着実に増えていっています。 でも止めるわけにはいかない(とメモしてありました)。 夕食の量を抑えられているのは、やはりチューハイのおかげです。 朝食 おからパウダーヨーグルト、いちご、バナナ1本 昼食 凍りこんにゃく炒め、バナナ2本、ツナサラダ、パンプキンパイ、かりんとう饅頭 夕食 たたききゅうり、ミネストローネ、チューハイ デザートにパンプキンパイとかりんとう饅頭を食べてしまいました。 甘い物を我慢していたのに、ここにきて誘惑に負けました。 土曜日 体重53. 8kg、体脂肪率31. 2% 昨日の昼に食べ過ぎたので、夕食を控え目にして正解でした。 美食日なので好きな物を食べることができます。 朝食 おからパウダーヨーグルト、チーズ、バナナ1本 昼食 パスタランチ・デザート付き(外食) 夕食 餃子、もやしナムル、バーニャカウダ、チューハイ1缶 おやつ:クッキーとおせんべい 日曜日 体重54. 1kg、体脂肪率31. 1% 前日、酒のつまみに餃子を…という数値。 明日は断食デーなので控え目に。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 凍りこんにゃく炒め、ツナサラダ、ウインナー、から揚げ、味噌汁 夕食 味噌汁、カット野菜、バナナ1本 おやつ:チョコレート、クッキー 2週目のメニューと体重変化 1週目を終えて、体重は54. 1kg・体脂肪率31. 1%でした。 振り返ってみて「ろくなものを食べていないな」と感じます。 月曜日 体重54. 2kg、体脂肪率31. 1% 断食日。 仕事中にコーヒーを飲んでしまいました。 食べることの我慢より、コーヒーの我慢が辛いとメモが。 火曜日 体重53. 1kg、体脂肪率30. 8% 断食後は確実に体重が減るので若干安心してしまいます。 少しでも減ってくれないとモチベーション維持できません。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ2本、いちご 昼食 凍りこんにゃく炒め、納豆、豆腐、バナナ1本、カット野菜、さけるチーズ 夕食 大根サラダ、カット野菜、ミックスナッツ、チューハイ1缶 朝食にフルーツを食べ過ぎたとメモしてありました。 断食翌日の朝ご飯は本当に待ち遠しい。 水曜日 体重53. 5kg、体脂肪率30. 8% 断食翌日に食べると体重はやはり増えます。 微増なので余り気にしない(とメモしていました)。 朝食 おからパウダーヨーグルト、りんご半分 昼食 豆腐、納豆、たたききゅうり、卵焼き、ツナサラダ 夕食 カット野菜、もやしのナムル、バナナ1本、チューハイ1缶 おやつ:チーズケーキ 戴き物のチーズケーキを食べてしまいました。 木曜日 体重53. 6kg、体脂肪率31. 0% 体重が53kg台で安定したと思いたい(とメモあり)。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 夕食 おからナゲット、ツナサラダ、バナナ2本、なめこの味噌汁、リンゴ半分 夕食 カット野菜、ミックスナッツ、チューハイ1缶 良食日のチューハイが欠かせなくなっています。 金曜日 体重53. 7kg、体脂肪率31. フルーツとヨーグルトでは物足りず、納豆を食べました。 外食を減らせるようなスケジュールにしてきましたが、付き合いもあってなかなか難しいです。 周囲に合わせてしっかり食べてしまうところも自分の甘さ(とメモあり)。 土曜日 体重53. 9kg、体脂肪率30. 9% 数値が上がって少し焦りを感じながらの美食日です。 これまで家族との外食を避けていましたが、この日は良しとしました。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 凍りこんにゃく炒め、ミネストローネ、ヨーグルト、リンゴ半分 夕食 外食(回転寿司) 今思えば、回転寿司はダメだったなぁと思います。 控えめに食べるとか難しい。 ついつい食べ過ぎてしまいました。 日曜日 体重54. 2kg、体脂肪率31. 4% 予想通り、前日のお寿司が影響しています。 せっかく維持していた53キロ台が54キロに戻ってしまいました。 明日、仕事の関係で断食出来ないため、この日に断食しました。 3週目のメニューと体重変化 2週目終えて、相変わらず計画的な食事ではないなと感じます。 3週目は断食後ということもあり、体重53. 1kg、体脂肪率30. 7%からのスタートです。 月曜日 体重53. 1kg、体脂肪率30. 7% 52キロ台まで目前、気合いを入れ直そうとメモしていました。 ここまで便秘に悩んだことがなかったのは、おからパウダーのおかげだと思っています。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 ミネストローネ、ツナサラダ、さけるチーズ、ヨーグルト、バナナ1本 夕食 ミネストローネ、カット野菜 珍しく夕食にチューハイを飲みませんでした。 火曜日 体重52. 9kg、体脂肪率30. 7% やっとのことで52kg台になりました。 ヤバイ領域の体重になるまでは、増えても52キロ近辺をさまよっていたため、これから更に再スタートする気持ちです。 朝食 おからパウダーヨーグルト、リンゴ半分 昼食 納豆、豆腐、ツナサラダ、から揚げ、おにぎり1個、ミネストローネ 夕食 カット野菜、ブロッコリー、ミネストローネ、チューハイ1缶 体重が減ったことに油断して、お昼ご飯を食べ過ぎました。 しかもおにぎりまで。 水曜日 体重52. 8kg、体脂肪率30. 6% 絶対増えてると覚悟していましたが、体重は増えませんでした。 結構食べたのに不思議です。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ2本 昼食 納豆、豆腐、ツナサラダ、ミネストローネ、さけるチーズ 夕食 カット野菜、ミックスナッツ、チューハイ2缶 夕食にチューハイを2缶飲んでしまいました。 月曜断食でチューハイを飲みまくっています。 そろそろビールが飲みたい(というメモあり)。 木曜日 体重53. 3kg、体脂肪率31% 昨晩お酒を多くのんだから浮腫んでいるんだ!とメモしてありました。 いつもの勝手なポジティブ思考です。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 幕の内弁当(外食) 夕食 枝豆、ミネストローネ、カット野菜、チューハイ1缶 外出先で提供されたお弁当を平らげました。 金曜日 体重52. 9kg、体脂肪率30. 9% ひとまずギリギリ52キロ台に戻りました。 全く運動していないため体脂肪率が減りません。 月曜断食の本には、ある程度減るようなことが書いてあり、少し期待しているのですが。 朝食 おからパウダーヨーグルト、リンゴ半分、納豆 昼食 豆腐、納豆、ミネストローネ、焼き魚、茹でブロッコリー 夕食 カット野菜、茹でブロッコリー、チューハイ1缶 おやつ:ポテトチップス、クッキー 先週は日曜日に断食したため、この日が美食日にあたります。 久しぶりに魚を食べた気がします。 子供と一緒になっておやつを食べ過ぎました。 土曜日 体重53. 4kg、体脂肪率30. 8% おやつを食べた翌日は確実に体重が増える気がします。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本、納豆 昼食 凍りこんにゃく炒め、豆おにぎり、コロッケ1個、ツナサラダ、いちご 夕食 ミネストローネ、茹でブロッコリー、ミックスナッツ、チューハイ1缶 日曜日 体重53. 4kg、体脂肪率30. 7% 数値にほぼ変化のないまま断食デーに。 明日、断食ができないので日曜日に行いました。 水だけで我慢できず、コーヒーや紅茶を飲んでしまいました。 月曜断食の本には、空腹に耐えられない場合は 「スポーツドリンクを噛むように飲む」というアドバイスがありますが、私の場合、 味のあるものを口にすると断食を失敗しそうなので飲まないことにしています。 4週目のメニューと体重変化 ついに4週目に突入です。 意外にも、あっという間にここまできたという感じです。 もっとストイックにやっていたとしたら、かなり辛かったと思います。 月曜日 体重52. 6kg、体脂肪率30. 5% 断食翌日。 月曜断食を再スタートしてからいちばん良い数値です。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 豆腐、納豆、ポトフ、こんにゃくゼリー、おからナゲット 夕食 ポトフ、ミックスナッツ、チューハイ1缶 ついついポトフをお腹いっぱい食べ過ぎました。 スープなどの汁物はお腹が膨れるのでダイエットには欠かせません。 火曜日 体重52. 8kg、体脂肪率30. 6% それほど増加することなく良食2日目です。 朝食 おからパウダーヨーグルト、リンゴ半分、みかんの缶詰 昼食 ミネストローネ、カット野菜、しゅうまい、から揚げ、こんにゃくゼリー 夕食 ミネストローネ、カット野菜、チューハイ 子供のお弁当のおかずをつまんでしまいます。 水曜日 体重52. 8kg、体脂肪率30. 6% 増えるかと思っていましたが維持。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 コンビニ弁当、ヨーグルト(外食) 夕食 カット野菜、ミネストローネ、チューハイ1缶 外食すると炭水化物を摂ってしまいがちです。 木曜日 体重53. 0kg、体脂肪率30. 8% 53キロ弱で落ち着いてきたのかどうかというところです。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 焼き魚定食(外食) 夕食 カット野菜、茹でブロッコリー、チューハイ1缶 金曜日 体重52. 6kg、体脂肪率30. 5% あと少しで1ヶ月が終了します。 残念ながら1ヶ月5キロ減には届きそうにありません。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本、納豆 昼食 凍りこんにゃく炒め、カット野菜、ポテトサラダ、こんにゃくゼリー 夕食 ミネストローネ、ミックスナッツ、チューハイ1缶 この日は美食日でしたが、普段と変わりないメニューでした。 土曜日 体重52. 6kg、体脂肪率30. 5% 途中から良食日と美食日のメニューの内容が、あまり変わらなくなっています。 朝食 おからパウダーヨーグルト、バナナ1本 昼食 おからナゲット、凍りこんにゃく炒め、ミネストローネ 夕食 ミネストローネ、ミックスナッツ、チューハイ1缶 明日は最後の断食だから控え目に!(とメモあり) 日曜日 体重52. 8kg、体脂肪率30. 6% 最後の断食日。 コーヒーを2杯飲んでしまいました。 スポンサーリンク 月曜断食1ヶ月後の結果 とにかく1ヶ月は続けようと思い、久しぶりに真面目にダイエットした気がします(全然甘いわ!という声が聞こえてきそうですが・・)。 結果、体重51. 8kg、体脂肪率30. 2%(最後の断食翌日の数値)でした。 スタート時と比較して 体重3. 7キロ減、体脂肪率は0. 8%減でした。 日々の数値は激しく上下していたような気がしましたが、全体的にグラフで見ると、少しずつ下がっていたのだなと感じます。 なんとか50kg切るところまでもっていきたいのですが…体重より体脂肪のほうが危機的数値のため、別の方法にしようと思っています。 その方が迷いなく、食べ過ぎる危険性を減らすことができました。 朝食では、必ず おからパウダー入りヨーグルトを食べました。 ヨーグルトにおからパウダーを大さじ1強入れて食べると ダイエット中も便秘知らずです。 便秘対策としては、バナナをよく食べていたこともプラスだったと思います。 良食日の野菜は、 スーパーで売っているカット野菜を多用しました。 すぐに食べることができて便利です。 ノンオイルのツナ缶をプラスして、ツナサラダにすることが多かったです。 野菜の中で、 茹でブロッコリーは食べごたえがあるためおすすめです。 小分けにカットしたらレンジでチンするだけで出来上がり。 多めに作ると便利なメニュー ミネストローネは鍋いっぱいに作って、家族も一緒に食べていました。 おからナゲットと凍りこんにゃくはたくさん作って冷凍保存しておくと、食べたい時にすぐ用意できて便利です。 何回作ったかわからないくらい、お気に入りのミネストローネレシピがこちら。 子供たちにも好評です。 その他のレシピはこちらの記事で書いています。 月曜断食1ヶ月間の反省点 いちばんの反省点は、運動を全くしなかったことです。 体脂肪率が思うように減らなかった原因は、少なからずそこにあると思います。 そして食事の履歴を振り返ると、バナナを食べ過ぎていたのではないかと反省しました。 (バナナ半分じゃ足りないし、残った半分を冷蔵庫にいれておくのもなんか嫌) 月曜断食の本の中でも、 甘みの強いバナナやマンゴーを毎日食べない方が良いとあります。 バナナは手軽に食べることが出来て最高なのです。 忙しい朝に果物の皮を剥くとか面倒臭くて、ついついバナナに頼りがちに。 バナナが糖質制限に良いのか悪いのか、これについては両方の見解があるようですが、バナナで有名なスミフルのサイトによると、 バナナはダイエットにおすすめなのだそう。 (朝バナナダイエットが有名です) また、ビールは我慢しましたがチューハイを飲みすぎていたことも反省点です。 私の場合、 夕食をたくさん食べたい欲求をチューハイで満たしていたような感じなので、これを続けたら体を壊してしまいそうで危険を感じます。 月曜断食の本ではアルコールが禁止されていませんが、 断食日以外の休肝日を設けた方が良いのではないかと思いました。 まとめ 月曜断食は賛否両論あって、やらない方が良いという人がたくさんいます。 (だからと言って何もしないと体重は変わりませんが) 今回1ヶ月間実践してみて、最終日の断食を入れなければ減った体重は3キロくらいでしょうか。 運動をほぼせずにこの結果というのは、リバウントの可能性を大いに覚悟しなければならないと思っています。 現に、体脂肪率があまり減らなかったということは、ダイエットとして成功とは言えないのではないかと。 このまま月曜断食を継続してみようかと思いましたが、今後痩せにくくなる可能性を考えるとやはり別の方法を行うべきだと判断しました。 平日はデスクワークのため、ただでさえ一日中座りっぱなしの生活をしています。 ダイエットの基本はやはり運動です。 月曜断食も楽ではありませんが、運動なしで楽して痩せることは出来ないのだと思います(自戒)。

次の