歴代めざましお天気キャスター。 めざましテレビの歴代お天気キャスターと6代目の小野彩香

人気アナの登竜門『めざましどようび』新お天気キャスターは現役女子大生の谷尻萌

歴代めざましお天気キャスター

セント・フォース公式ホームページより オリコンニュースが14日、毎年恒例の「第15回好きなお天気キャスター/気象予報士ランキング」を発表し、『めざましテレビ』(フジテレビ系)の阿部華也子が初の首位に輝いた。 同ランキングは男女混合で、女性がトップに立ったのは、第9回の長野美郷(『めざましテレビ』)以来、6年ぶりの快挙。 阿部は高校時代、地元大分のご当地アイドルユニットSPATIOに所属。 早稲田大学に進学のため上京し、2016年4月より、セント・フォースの若手部門でもあるスプラウトに所属し、『めざましテレビ』の7代目お天気キャスターに就任。 愛くるしいルックスとさわやかな雰囲気で人気急上昇し、同年の同ランキングでは早くも7位にランクイン。 17年には6位、18年には3位と着実に順位を上げ、4年目にして、ついに首位まで上り詰めた。 『めざましテレビ』の歴代お天気キャスターでは、同じ事務所の先輩である、皆藤愛子や長野が同ランキングでトップになるほどの人気を博し、出勤前の殿方たちを癒やしてきた。 共に同番組を卒業後は、同じフジ系の『めざましどようび』『めざましテレビ アクア』のメインキャスターとしても活躍したが、後に結婚したこともあり、その人気は下降線をたどってしまった。 所属事務所としては、新たなスターキャスターの誕生を、待望視しており、阿部は、その筆頭候補として、今後プッシュされていくことになりそうだ。 さしあたって『めざましテレビ』のお天気キャスターを卒業した後は、同番組のほかのジャンルのキャスターや、『めざましどようび』などへの起用が考えられるが、これだけの人気をもっているだけに、多方面での活躍に期待がかかる。 その天然キャラが好評で各局のバラエティ番組からもオファーが絶えず、引っ張りだこです」(女子アナウォッチャー) セント・フォースでは、局アナ経験のない新井恵理那が大ブレークを果たし、事務所の稼ぎ頭的な存在になった。 阿部も、近い将来、そのようなキャスターに育ってほしいものだ。 なお、同ランキングの阿部以下の順位は、2位=天達武史(フジテレビ系『情報プレゼンター とくダネ! 』)、3位=貴島明日香(日本テレビ系『ZIP! 』)、4位=木原実(同『news every. 』)、5位=依田司(テレビ朝日系『グッド!モーニング』)、6位=蓬莱大介(日テレ系『情報ライブ ミヤネ屋』)、7位=森田正光(TBS系『Nスタ』)、8位=新井恵理那(同『新・情報7DAYS ニュースキャスター』)、9位=森朗(同『ひるおび!』)、10位=平井信行(NHK総合『ニュースきょう一日』)となっている。

次の

めざましどようび歴代アナウンサー&出演者のプロフィール一覧!

歴代めざましお天気キャスター

放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新を深掘りする連載「芸能耳年増」。 予報が当たる、当たらないはもちろんだが、できることなら爽やかに、元気に、キチンと伝えてほしいものである。 『めざまし〜』の場合、キャスターに気象予報士の資格はなく、「予報を読む」のがお仕事。 にもかかわらず、彼女はとにかく、よく噛むし、間違える。 たとえば「北部」と「南部」といった致命的な言い間違いを度々するのだ。 「雨がパラついてきた」とか「風が冷たい」というとき、空を見上げたり、手のひらをかざすなどの動作をすると、他のことがおろそかになり、コメントや段取りを間違えがちだ。 彼女が昨年3月末、お天気キャスターに就いたとき、「『めざましテレビ』歴代のお天気キャスター初のハズレではないか」とTwitterで呟いたところ、関係者の方なのか、「新人なので、もう少し待ってあげてほしい」とリプライがあった。 待ってみた。 もう1年半近くになる。 なぜ彼女が起用されたのか。 その頃、『めざましテレビ』は確かに「あなたの周りの美人リケジョ」を募集していたのである。 だが、STAP細胞と共に消えた小保方さん。 そのコーナーは立ち上がることはなく、募集も、なかったことになった。 コーナー共々、盛り上げ要員として起用したと言ったら深読みが過ぎるだろうか。 スタッフも、この状況を打破しようと思ったのか、5時台の天気枠に助っ人として立本信吾アナを加入させた。 当然、二人で打ち合わせをして掛け合いに臨んでいると思うのだが、キレイにオチたことは皆無。 クロストークをしてしまったり、時間切れになってしまったり、グダグダ感が増してしまったように感じる。 そんな「彩香ちゃん」が夏休みで、代わりにフジテレビの新人アナウンサー3人が担当したお天気。 私が見ていた限り、新美有加アナ、宮司愛海アナ、小澤陽子アナの順に登場したと思う。 新美アナは朝にしては落ち着きすぎている以外、トークは完璧。 宮司アナはカミカミとは言わないまでも、間違いが目立った。 最悪だったのは小澤アナである。 どうしちゃったの? というぐらいグダグダで、原稿のどこを読んでいるかわからなくなってしまったり、「じゃんけん」にいく時間を読み間違えてしまったりしていた。 あろうことか、そのとき彼女は、片手を大きく挙げ、笑ってごまかしたのである。 怒られただろうなぁ…。 そういえば、日テレの豊田順子アナのような厳しい指導者がフジテレビにはいるのだろうか。 同番組の女子アナとして最年長(ナレーターは別)の加藤綾子アナには、ぜひ厳しく指導してもらいたいものである。 「カムバック! 美郷ちゃん」と思わずにはいられない。 そう、小野彩香が入る前の5年間、『めざましテレビ』のお天気キャスターをつとめていた長野美郷ちゃんである。 アナウンスの技術関連資格である「DJ・MDライセンス」を取得しているからなのか、彼女が噛んでいるのを私は聞いたことがない。 ルックスも朝に相応しく、「美郷ちゃん」と呼ばれるのが似合う明るいキャラクター。 現在、『めざましどようび』を佐野瑞樹アナと仕切っているが、特に大物芸能人とツーショットでトークする「ハイ&ロー」の仕切りが見事だ。 媚びるでもなく、もちろん失礼な言動もなく、街中の「ロー」な意見を聞いた後も芸能人が気持ちよく帰っていくのは、長野美郷の実力の賜物であると思う。 美郷ちゃんの出現以来、気温や湿度の電光掲示板を手の甲で差すのは他局でも定着した。 恐らく、趣味のネイルアートをカメラに向けて見せるための策だったと思うが、上品でチャーミングな美郷ちゃんのネイルアートを見るのも『めざましテレビ』の楽しみの一つだった。 そんな美郷ちゃんは、SMAPの木村拓哉主演の映画『HERO』に重要な役で出演している。 監督さんにとっても、「お天気」と言えばいまだに「美郷ちゃん」だったのだろう。 長野美郷が落ちて、松村未央が入る…。 セント・フォースも紹介したのではないか。 実は在京局を受験中、そういう声のかけられ方をする女性キャスターは少なくないのである。 同じプロセスを経ていまにいたる皆藤愛子が他局でそれほど活躍できていないことを考えると、美郷ちゃんの今後も心配でならない。 平日の朝はいいけれど、午後帯や夕方のニュースで苦戦が続いているフジテレビにあって、長野美郷は必ずや武器になる。 もっともっと美郷ちゃんの活躍の場が広がってほしい。 外部サイト.

次の

人気アナの登竜門『めざましどようび』新お天気キャスターは現役女子大生の谷尻萌

歴代めざましお天気キャスター

フジテレビの朝の情報番組『めざましテレビ』のお天気キャスターがこの春から新たに 阿部華也子さんになりました。 フレッシュな魅力いっぱいの大分出身の20歳。 番組に出演し始め約4ヶ月、初々しさは変わらず、スタジオの軽部真一アナらとのコミカルなやりとりや出身地の大分弁でその日の天気のポイントを語るコーナーも人気です。 その一方、先日2代目お天気キャスター・ 吉田恵さんが第一子女児を出産したことも話題になりました。 歴代のお天気キャスターは全員が局アナでなく「セント・フォース」所属 『めざましテレビ』のお天気キャスターはフジテレビのアナウンサーではなく、歴代全員が芸能事務所「セント・フォース」所属のフリーキャスター。 2代目の吉田さん以降はこの番組でデビューを飾っています。 また4代目の 皆藤愛子さん以降は出演スタート時は現役大学生です。 そして初代の角田さんはじめ全員が今でも現役キャスターです。 1994年4月から5年間務めた初代お天気キャスターの 角田華子さんは、もともと関西の朝の人気情報番組『おはよう朝日です』のアシスタントとして活躍。 そして『めざましテレビ』の番組開始とともに、お天気キャスターになりました。 現在もテレビ西日本『土曜ニュースファイルCUBE』でキャスターを務めるなど、現役キャスターとして活躍しています。 1999年4月から3年間務めた吉田恵さんは、そのキュートなルックスでキャスター在任中から写真集を発売するなど大人気となりました。 『めざまし』卒業後は、フジテレビ『新報道2001』キャスター、『スーパーニュース』キャスターなど、主に報道畑で活躍。 その後、上記のように結婚、第一子の出産となりました。 2002年4月から3年間担当した3代目の 高樹千佳子さん。 そのみずみずしい存在感と理知的なイメージでお茶の間の人気者になりました。 お天気キャスター卒業後も番組内で『ココ調』などのコーナーに出演、現在もラジオの仕事など現役で活躍中です。 早稲田大学在学中の2005年4月から4年間務めました。 在任中から愛らしいキャラクターで大人気に。 写真集を出したり、クイズ番組やラジオ番組など報道以外の番組にも出演するなどアイドル的な人気を博しました。 同時に多数のCMやバラエティ番組出演などマルチに活躍。 5代目・長野美郷さんもアイドル的な人気を博す そんな皆藤さんの後を継いだのが 長野美郷さん。 2009年3月から歴代最長タイの5年間務めています。 長野さんに続いて、2014年3月に就任したのが 小野彩香さん。 今年3月まで2年間担当。 卒業後、現在は『めざましテレビ アクア』のエンタメキャスターを務めています。 地元・大分で高校時代、アイドルグループのメンバーとして活躍していたという異色の経歴の持ち主です。 番組では初々しい天気予報と、親しみやすい笑顔や振る舞いで、めざましファミリーの末っ子として、番組出演者からも可愛がられている感じが伝わります。 またお天気コーナーで彼女が画面に登場すると、ぱっと画面が明るくなるような華やかさがあります。 彼女らが所属する「セント・フォース」の新人採用のポイントも「清潔感と華やかさを兼ね備えたルックスの人」。 両者に共通する要素です。 90年代半ば以降、情報番組からバラエティ番組まで数多くの人気キャスターを送り出し、フリーアナウンサー界ではトップランナー的な存在となっているセント・フォース。 その快進撃は『めざましテレビ』の人気お天気キャスターを輩出したことから始まったといえます。 『めざまし』のお天気キャスターでは、アナウンスの技術はキャスター選考の段階では重視はされず、あくまでキャラクターや存在感重視。 出演が決まってから基本的なアナウンス技術は番組で指導してもらい、何より毎日の生放送出演を経験し、時にはトラブルにも対応していくことで、キャスターとして技術的に成長していきます。 現在出演中の阿部キャスターも日々の成長を見続けることも、番組を観る楽しみの一つかもしれませんね。 文/田中裕幸.

次の