ウツボ 求愛 行動。 ウツボ

5分でわかるウツボ!海のギャングといわれる生態や種類、料理などを紹介!

ウツボ 求愛 行動

名前の由来?ウツボのさまざまな習性と特徴 生き物に付けられる名前の由来は、色や形状、習性などが挙げられます。 ウツボの名前も同じように、矢を入れるための「靫・うつぼ」から付けられた説。 岩穴に潜む習性を持つことから、空洞を指す「うつほら」から転用されたとする説などさまざまです。 ウツボの分布と特徴 世界中の熱帯や温帯海域に分布しており、深海よりも浅瀬のサンゴ礁や岩礁、ブロックなどの岩場、洞くつが生活域です。 地域や生息環境によってウツボの種類はさまざま、大きさや体の色がことなります。 トラウツボなど一部の種類を除き、日本では体長80cm程度、黒褐色と黄色のまだら模様の体色をもつ種類をウツボと呼ぶのが一般的です。 ウナギやハモなどほかのウナギ目と同じように、 体形は前後に細長い円筒形。 腹鰭と胸鰭は退化しており、背鰭と尾鰭、尻鰭は繋がっています。 また、 皮膚が湿っていると場合、皮膚呼吸が可能なため、30分ほど陸上で行動できる特徴を持ちます。 スポンサードリンク 習性を知り十分な注意を 鋭い歯と強靭なアゴは、ウツボが生息する海域の魚たちだけでなく、人間にとっても十分な脅威です。 縫合が必要になったり、指を噛みちぎられたりする危険性は常にはらんでいるといえるでしょう。 不必要な危険を回避するためにも、ウツボの習性をあらかじめ知っておくことが大切ですね。 ダイビングなど海に入るときは、 不用意に岩へ手を置かないことに注意を払いましょう。 身を潜ませる習性を持つウツボが隠れていることが多く、攻撃を受ける場合があるためです。 獲物を狩るという基本的な習性を持つため、エサを求めて陸まで上がってくることがあります。 このため、釣りあげた魚を岩場でさばくことは控えましょう。 気がつくと足元まで近づいていたというケースがあります。 まとめ ここまで、ウツボの習性や特徴について紹介しました。 名前にさまざまな由来を持つウツボですが、 慎重で臆病な習性も持っています。 むやみに攻撃をする、触ろうとしない限り、ウツボも攻撃はおこないません。 十分に注意を払い、偶発的なアクシデントを起こさないようにすることが大切ですね。 スポンサードリンク.

次の

魚から学ぶ求愛行動3パターン!バレンタインデーの告白に最適!?

ウツボ 求愛 行動

ウツボとエビが共生してる? ウツボの近くにエビが泳いでいたらエビはウツボに食べられてしまいそうですが、実はそうではないのです。 実際ウツボのまわりには、エビをはじめゴンズイの若魚やホンソメワケベラなどの小動物がいます。 これは ウツボの皮膚表面や口の中の寄生虫を掃除してくれているのです。 また、ウツボはタコを好んで捕食しますが、タコはこれらの小動物を捕食します。 このため、ウツボは 小動物を捕獲するために寄って来るタコを捕食し、逆に小動物は天敵であるタコから守ってもらうという関係が成立しているのです。 スポンサードリンク ウツボとタコと伊勢海老の関係は? ウツボとタコと伊勢海老は三すくみの関係にあるなんて、聞いたことがありませんか? タコは伊勢海老を好物とし、伊勢海老はウツボを捕獲し、ウツボはタコを捕食するという三角関係が成立していると考えられていましたが、これは間違いで、実は伊勢海老はウツボを捕獲しません。 逆にウツボも伊勢海老を捕食することは無いのです。 タコにはカラストンビという強力な顎を持っていて、伊勢海老を殻ごと食べてしまいます。 伊勢海老はタコに対抗するすべを持っていません。 タコに狙われたらひたすら逃げるしかないのです。 また、タコはウツボに勝つ術を持たないためウツボに見つかったら逃げるしかありません。 そして伊勢海老もウツボに攻撃することはしないのです。 逆にタコを一緒に捕食することはあります。 ただし、伊勢海老は共生しているウツボの亡骸は食べることがあるようです。 まとめ いくら気性が荒く肉食性のウツボでも、全く孤独というわけではありません。 エビというパートナーを見つけ、お互いに利益があるように生活しています。 いくら海のギャングと言われても、何でもかんでも捕獲することはせず、相手を見て行動をしているのです。 伊勢海老とウツボの関係も同じですね。 タコをおびき寄せるために囮に使われる伊勢海老もたまりませんが、守ってもらえるのであればそれも有りかもしれません。 スポンサードリンク.

次の

プロポーズは人間だけじゃない! 動物たちの面白求愛行動7選

ウツボ 求愛 行動

好きなところに飛べます• ホタルが光る理由は求愛? 蛍が光る理由は求愛行動であり、自分の居場所仲間に知らせるためです。 オスもメスも発光しますがメスは飛び回らず、オスが来るのを待ちます。 そして、オスの蛍は飛び回り、止まっているメスを探します。 皆さんが想像する光が飛び回る風景はメスを必死に探しているオスたちです。 そう考えるとロマンチックでもありちょっと悲しくもありますね。 笑 また、私は見たことないので実際どうなのかわかりませんが、幼虫のときは 光り方が違うそうですね。 ホタルが光る仕組み Sponsored Link 蛍はもちろん、全身が光るわけではありません。 蛍の腹部には 発光器という部分があり、そこだけが光っています。 発光器で シルフェリンと呼ばれる発光物質が関係しており、ルシフェラーゼという酵素とATPがはたらくことで発光します。 これらの発光する過程で消費するエネルギー量は蛍光灯などの光源と比較すると非常に効率がよく、ほとんど熱を発しないため冷光と呼ばれています。 他にもシルフェリンとリシフェラーゼはホタルイカなども持っているそうです。 光る条件と時間帯 蛍の光る条件は初夏で、尚且つ湿度の高い梅雨の時期に成虫のホタルが出てき始めます。 しかし、蛍が飛ぶ時期は、地域や場所で違います。 温暖な地域に 行けば行くほど早く出現するので観察したい場合は注意しましょう。 蛍の見れる時間帯は19時~21時が見ごろで、曇りや新月の月明かりがなく、湿度が高い、風がない条件で活発に活動します。 一番蛍が飛び回るのは19時からですが、23時前後と午前2時前後のも飛ぶので一日に3回チャンスがあります。

次の