鬼滅の刃 173。 鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

無料ダウンロード鬼滅の刃 壁紙 高画質

鬼滅の刃 173

Contents• 鬼滅の刃173話ネタバレ:前回172話感想考察 黒死牟の強さが段違いであると、よくわかる回でしたね。 次々と技を惜しげなく使ってくる様子は、勝ちを急いでいるようにも感じます。 そして柱の中でもトップクラスである 悲鳴嶼と実弥の二人掛かりでも、攻撃を避けきれていません。 頸を狙うどころではないですね。 そこで 黒死牟に狙われたのは、前回に引き続き実弥の方でした。 実弥は攻撃の度に傷を増やしていき、ついに背中を斬られてしまいます。 そこへ時透がやってきました。 自身も深手を負い、とても戦える状態にもかかわらず、それでも戦える者を死なせはしまいと動いています。 鬼殺隊としての強い気持ちが伝わってきますね。 そして玄弥です。 炭治郎のかつての言葉から、自分も頑張ると決意しました。 そんな玄弥が選んだのは、 黒死牟の刀を食べるという方法です。 髪を食べただけで大きな変化がありました。 刀を食べたらどうなってしまうのでしょうか!? 次回は玄弥の変化に注目ですね! スポンサードリンク 透明の世界 三人が向かってくるのを見て、 黒死牟は三人同時に仕留めようと技を出しました。 間合いの内側に入ろうと、時透は必死に攻撃の隙間を抜けていきます。 そんな中、 黒死牟の手に悲鳴嶼の数珠の玉が衝突しました。 鎖を振る瞬間に投げていたのです。 どうやって自分の視界を掻い潜ったのかと、黒死牟は驚きました。 そこへ実弥が攻撃し、それを避けた黒死牟に悲鳴嶼の鉄球がぶつかり、右肩が大きく削ぎ落とされます。 その隙に 時透は黒死牟の腹に刀を突き立てました。 黒死牟は時透の頸動脈が斬れていないことに気づきます。 そして 時透や悲鳴嶼にも、自分と同じ世界が見えているのでは、と考えました。 さらに悲鳴嶼は己の血の巡りを操作することにより、黒死牟の目を騙し、攻撃を撹乱させたのです。 次々と予想外のことが起こりました。 しかし それらも全て分かってしまえば意味もなし、と黒死牟にはまだ余裕があります。 スポンサードリンク 玄弥に起こる変化 玄弥は少し前に、 黒死牟の髪を食べました。 すると真っ二つだった胴は繋がり、血の巡りも良くなります。 さらにそれだけではありません。 無惨が黒死牟に語りかける声まで聞こえてきたのです。 これはつまり、 玄弥がより鬼に近づいているものと考えられます。 そして今回、 玄弥は黒死牟の折れた刀を食べました。 髪の毛だけであの変化なのです。 刀なら、どんな変化が起こりうるのでしょうか。 まず考えられるのは、 身体能力の向上です。 それも、予想以上のものでしょう。 それにより、黒死牟の技も避けることができるようになるかもしれません。 そしてもしかすると、 鬼が使う血鬼術まで使えるようになるかもしれませんね。 ただ、ここまでくると玄弥は人間なのか、鬼であるのか、その境界がボヤけてしまいそうです。 戦いが終わった後、無事元に戻ることができればいいのですが。 スポンサードリンク 炭治郎と義勇 輝利哉の判断で、 炭治郎と義勇は無惨の元へ向かいました。 二人はこのまま他の敵に遭遇せず、無惨の元へたどり着くことが出来るのでしょうか!? 玄弥が無惨の声を聞いた時、 まだこちらに誰も来させるなと言っていました。 つまり、 まだ完全に戦う体勢が整っていないのかもしれません。 無惨を倒すならすぐにでも遭遇する必要があります。 もし無惨が完全に復活していない時に二人が間に合えば、戦いはかなり有利になると思います。 ただ、 話の展開的にそれは望めないでしょう。 炭治郎と義勇は、無惨が一番強い状態で対峙することになる可能性が高いです。 炭治郎も義勇もまだ戦えるとはいえ、先の戦いで多くの傷を負ってしまっています。 この状態で無惨と戦うのはかなり危険です。 それでも戦うしかないのです。 それが鬼殺隊の宿命なのですから。 戦いの結末は? 輝利哉は 悲鳴嶼、実弥、時透、そして玄弥の四人が必ず黒死牟を倒すと断言しました。 今のところ、黒死牟にはほぼダメージを与えることが出来ていません。 では、輝利哉はどうして勝機があると判断したのでしょうか。 それはまず、 隊士に対する信頼でしょう。 特に悲鳴嶼は柱の中で最も強い人物です。 黒死牟の攻撃も高確率で避けることが出来ていました。 さらに、次回から参戦するであろう、 玄弥の存在です。 一度あっさり負けてしまった玄弥のことを、黒死牟は軽く見ているのではないでしょうか。 本人はそのつもりがなくとも、優先度は四人の中で最下位だと思われます。 そんな玄弥が、予想外の動きをしたら。 さすがの黒死牟も、少しは動揺するでしょうか。 間違いなく、 この戦いのポイントは玄弥です。 そこから四人が連携し、黒死牟を倒すことが出来ると信じています! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』172

鬼滅の刃 173

何はともあれ、黒死牟の振り回す刀剣の長さと速さ! 月の呼吸がそもそもヤバい技だらけなのに、武器までこんなぶん回し方をされたらたまったもんじゃない! 以下のカットとか、一振りで何本斬撃飛ばしてんだ!って感じ! 鬼滅の刃172話より引用 一振りで何本斬撃飛ばしてんだ! 複数本の飛ぶ斬撃が一気に生じるのも、あの独特な刀の形状のなせるワザなのかも。 いずれにしても実弥&悲鳴嶼コンビを1人で追い詰めるというのは相当なもの! で、今回は時透くんも軽く戦線に復帰することに! 鬼滅の刃172話より引用 時透くんも軽く戦線に復帰することに! スピード的にかなり上位に位置するであろう時透くんだけど、すでに片腕を失っているのが痛いところ。 ここでは実弥のサポートに周り、懸命にフォローアップしているのが印象的だ。 実弥が両腕で刀を振れる以上、時透くんは守り続ける所存なんじゃないかな。 この辺りは 「仲間の繋がり」みたいな熱を感じるシーンだったと思う! 【スポンサーリンク】 玄弥の本気が発揮される布石! そんなこんなで前半は実弥について描かれる展開となった。 そしてそれと対象的なイメージで描かれたのが以下の流れ。 玄弥のターンだね! 前回は黒死牟の髪を食って回復するところまでいったけど、次はそれを踏まえて玄弥がどう行動するか! 炭治郎の言葉を思い出す玄弥は 「警戒の壁」をすり抜ける方法を模索していくことになるだろう! 鬼滅の刃172話より引用 玄弥の本気が発揮される布石その1! 炭治郎いわく、弱いと思われている人間であればあるほど、警戒の壁が薄いとのこと。 よって、そういう人物が予想外の動きをすれば逆転することが可能になるのだという。 もちろんその動きを読まれて 「コイツ動けるな」と思われたら警戒の壁が厚くなってしまうだろうから、一発勝負になる怖さはあるけれども…。 それでも玄弥にとって、炭治郎のアドバイスは千金の価値があるに違いない! そして今回のラストでは、玄弥が黒死牟の折れた刀を飲み込むところでフィニッシュ! 鬼滅の刃172話より引用 玄弥の本気が発揮される布石その2!刀を飲んだ! 黒死牟の折れた刀を飲み込んだことで、玄弥の体には何らかの変化が起こるはず。 髪だけであれだけの回復を見せたんだから、刀を食ったら相当に強くなるはずだ。 さて、そういうパワーアップを経ることができれば、高まった身体能力を踏まえたうえで、頭を使って翻弄するターンが訪れるはず。 玄弥が一次的にでも柱に迫る働きをすることができれば、きっと勝利を収めることは出来るはずだ!! 次回訪れる173話、第二ラウンドの幕開けに期待したい!.

次の

鬼滅の刃|最新話173話ネタバレ(9月9日発売41号ジャンプ)きめつのやいば

鬼滅の刃 173

【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ•

次の