青 スーツ。 ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて|オーダースーツの榮屋本舗

ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて|オーダースーツの榮屋本舗

青 スーツ

青いスーツ、ブルーのスーツを着てみたいけど仕事で使えるの? 青いスーツ、ブルーのスーツが欲しいけど派手過ぎるんじゃないのか? 青いスーツ、ブルーのスーツの評判や雰囲気、印象はどんな感じなの? 疑問や悩みを持つ人がいます。 青いスーツ、ブルーのスーツの評判や仕事で使えるのか、注意点など気にされてる部分をご紹介します。 目次 1.青色のスーツ、ブルーのスーツの評判 2-1.青色のスーツ、ブルーのスーツは仕事で着てもいいの? 2-2 青色のスーツ、ブルーのスーツを着る時の注意点 3.青色のスーツ、ブルーのスーツを買うならどんなのが良いの? 4.青色のスーツ、ブルーのスーツに合わせるおすすめのネクタイとは? 5.青色のスーツ、ブルーのスーツは春夏しか着れない?秋冬でも着れるの? 6.まとめ 1.青色のスーツ、ブルーのスーツの評判 青色は老若男女から愛されている色で、世界で一番嫌う人が少ない色です。 青色は世界規模で嫌う人が少ない色なので、青色のスーツは若い世代から年配の方まで着ています。 稀に青色のスーツは若い人が着るイメージを持っている人がいますが、そんなことはありません。 青色、ブルーのスーツを着ると紺色やグレーにはない「華やかさ」を演出し、顔写りは「爽やか」で「清潔感」、「躍動感」のある印象になります。 青色のスーツは雑誌やネットでもよく取り上げられており人気があります。 テレビでも芸能人やキャスターが着ているのをよく見かけると思います。 青色のスーツ、ブルーのスーツは周囲から好感を持ってもらえ、老若男女から好かれる色なので評判は良いです。 2-1.青色のスーツ、ブルーのスーツは仕事で着てもいいの? 青色のスーツ、ブルーのスーツは紺色と違い、色が明るいので仕事で着れるのか悩まれる方がいます。 仕事の都合上、濃い色のトーンしか着てはいけない、職業柄着てはいけないなど職場の規定や雰囲気、常識に外れることがなければ着ることができます。 仕事以外でも結婚式の二次会やパーティなど華やかな場におすすめです。 青色のスーツ、ブルーのスーツは年々着る人が増えています。 2-2. 青色のスーツ、ブルーのスーツを着る時の注意点 青色のスーツ、ブルーのスーツは「爽やか」で「オシャレ感」がありますが、やめておいた方がいい場面があるのでご紹介します。 ・新入社員 ビジネスの場で着れるからといって新入社員の方は職場がどんな雰囲気なのか把握するまで、やめておくのが無難です。 ・謝罪の場面 働いていればお客様に謝罪に行くことがあると思います。 青色は興奮を抑え、気持ちを落ち着かせる色ですが、青色のスーツ、ブルーのスーツは個性が出る色です。 謝罪の場面には個性はいりませんので、やめておくのが無難です。 3.青色のスーツ、ブルーのスーツを買うならどんなのが良いの? ・艶、光沢感のある生地 青色のスーツ、ブルーのスーツといっても色のトーン、柄と生地の種類は幅広くあります。 色のトーン、柄は好みになりますが、おすすめしたいのは艶、光沢感がある生地です。 艶、光沢感がない青色、ブルーの生地は制服や作業着に見えることもあります。 艶や光沢感がある青色、ブルーの生地は「華やかさ」と「爽やかさ」に「上品さ」をプラスしてくれます。 艶、光沢感のある生地でおすすめしたいのは「イタリアの生地」です。 イタリアの生地は艶、光沢感があり色の発色が綺麗で上品です。 イタリアの生地ブランドはたくさんあり、その中でも有名なブランドをご紹介します。 イタリア生地、五大ブランド 「Ermenegildo Zegna」-ゼニア 「Loro Piana」-ロロピアーナ 「CARLO BARBERA」-カルロバルベラ 「FRATELLI TALLIA DI DELFINO」-デルフィノ 「CERRUTI」-チェルッティ 上記は数あるイタリア生地の中でも「五大ブランド」と言われ、品質、デザインに優れています。 他にもイタリアンの生地では 「VITALE BARBERIS CANONCO」カノニコ 「REDA」レダ なども有名です。 上記の2つのブランドはさまざまなブランドで取り扱われており、コストパフォーマンスに優れているので手に入りやすくておすすめです。 青色のスーツ、ブルーのスーツを選ぶなら艶、光沢感のあるイタリア生地をおすすめします。 ・仕立ての良いスーツ 艶や光沢感がある生地に加えておすすめしたいのがスーツの仕立てです。 スーツの仕立てが悪いと着用した時の印象が安っぽくチープ印象になります。 青色のスーツ、ブルーのスーツは紺色や黒、チャコールグレーに比べると明るい色です。 スーツの色目が明るいとダークな色に比べて人の目に入りやすいです。 イタリア生地は柔らかくて仕立てに技術がいります。 安っぽい印象で目立ってしまうとせっかくの青色やブルーのスーツの印象、雰囲気が台無しになり、非常にかっこ悪いです。 青色のスーツ、ブルーのスーツを選ぶなら仕立ての良いスーツを選ぶことをおすすめします。 4.青色のスーツ、ブルーのスーツに合わせるおすすめのネクタイとは? 青色のスーツ、ブルーのスーツに合うネクタイはたくさんあります。 おすすめしたいネクタイの色は「茶系のネクタイ」です。 青色に茶色を組み合わせる方法を「アズーロ・エ・マローネ」と言います。 「アズーロ・エ・マローネ」はイタリアの男達に愛される定番の配色です。 アズーロ AZZURRO はイタリア語で空色、マローネ MARRNE は栗色を表します。 アズーロ・エ・マローネで合わす青色、茶色に濃淡はありません。 青色、茶色全般の色のことを指します。 アズーロ・エ・マローネは絶妙なコントラストでオシャレな雰囲気を演出します。 青色のスーツ、ブルーのスーツを着るならローテーションの一つに加えて欲しいコーディネートです。 5.青色のスーツ、ブルーのスーツは春夏しか着れない?秋冬でも着れるの? 青色、ブルーのスーツは色合いからして春夏だけで、秋冬では着ることができないと思っている人がいます。 確かに青色、ブルーは春夏の季節に着る方が涼しげで綺麗に見えます。 しかし青色、ブルーのスーツはどの季節でも着ることができます。 大事なのは生地感です。 春夏用の薄い生地で秋冬に着ていたら寒々しく感じます。 秋冬ではしっかりとした生地感のあるものや起毛している生地を選べば青色のスーツ、ブルーのスーツを着ることができます。 生地感にはこだわる用にしてください。 6.まとめ ・青色のスーツ、ブルーのスーツの評判は良い ・青色のスーツ、ブルーのスーツは仕事で着ることができる ・着用の際はTPOをわきまえる ・青色、ブルーの生地は艶、光沢感があるイタリア生地がおすすめ ・青色のスーツ、ブルーのスーツを選ぶなら仕立ての良いスーツ ・青色のスーツ、ブルーのスーツを着るなら茶色のネクタイがおすすめ ・青色のスーツ、ブルーのスーツは春夏秋冬、1年中着ることができる ・季節に合わせた生地を選ぶ いかがでしたでしょうか? 青色のスーツ、ブルーのスーツの評判、仕事で着れるか、注意点などをご紹介しました。 青色のスーツ、ブルーのスーツはどの世代、どの季節でも着れるので、着用を考えてる人や紺色やグレー、黒の定番的な色のスーツに飽きてきた人はチャレンジして欲しい色です。 青色のスーツ、ブルーのスーツは目立ちやすい色になります。 青色、ブルーを着たからオシャレに見えるということではありません。 合わせや仕立て、生地感が大事なので、注意して選んでください。 今回ご紹介した内容を参考にして頂けたら幸いです。

次の

スーツ量販店(青山・AOKI)。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

青 スーツ

今季はタウンユースで流行のコートになっており、トレンド感も出せる良いとこ取りでもあります。 全体的に品が良いので、このくらい派手なネクタイが絶妙な塩梅になります。 黒や紺とは違った軽やかさのあるスーツスタイルに。 おしゃれなスーツスタイルを楽しむなら外せません。 足元は黒でシックに締めるのもポイント。 ちなみにトレンチにおいてはベージュ色のイメージが強いこともあり、ビジネスでもベージュ率が高い傾向にあります。 もし「ベージュ色」と決まっているのであればトレンチは有力候補確実です。 スーツ着用のアパレル関係・デザイン関係に就職している方に。 紳士靴は洒落た雰囲気にするならブラウンが鉄板。 あまり派手にしたくない…。 という方はこちらがおすすめです。 ただ無難になりがちなので差し色にイエローマフラーや、色物のネクタイで個性を出したいですね。 襟はジャケットと同じ「ラペル襟」なので、スマートかつ縦長のIラインを強調するので背が高く、細身に見える効果も期待できます。 脱無難を考えるならバッグや小物を取り入れるのも効果的です。 そのままだとお葬式のように見えてしまうので、差し色ボルドーネクタイと、オフホワイトストールで表情を一新。 普通とは違う素材使いで差をつけた上級者スーツスタイル。 あえて茶色革靴のチョイスが肝です。 イタリア人がよく実践しているグローブINは、胸ポケットのあるチェスターならではの楽しみ方です。 襟はステンカラーコートのようなタイプのものが多く、スーツとの相性も抜群です。 足元は秋・冬に活躍するブラウンスエード色チャッカブーツでウォーム感を。 ちょっとスーツスタイルが重たいな…。 という時はカラーシャツが使えます。 全部同じグレーではなく、少しずつ色差をつけている所がポイントです。 秋冬は暖色系の差し色が使えます。 無地スーツはチェック柄アイテム1つで雰囲気を変えれます。 特に外歩きが多い方には必須です。 ビジネス=キレイめだけがベストではありません。 上品なスーツスタイルで冬を乗り切りたい方におすすめ。 「歩くことが多い通勤シーン」においては心強い見方になること間違いありません。 足元は赤茶の革靴で変化を。 特に痩せ型の方におすすめです。 全身細身は若々しくスマートに仕上がります。

次の

スーツとネクタイとシャツの色や柄の組み合わせ方!

青 スーツ

色と与えるイメージ さまざまな色を楽しめるネクタイですが、あまりの種類に迷ってしまうこともありますよね。 ネクタイの色選びの参考にどうぞ。 色 与える印象 おすすめシーン 青色 礼儀正しい、信頼できる。 目上の人と会うとき、大切な商談など。 水色 爽やか、知性がある。 若さをアピールしたいとき。 赤色 力強く、外交的。 華やか。 情熱を感じさせたい勝負の日や、デート。 ピンク 優しい、気配りができる。 女性とのコミュニケーションを円滑にしたい日。 甘え上手になりたいとき。 黄色 明るい、親しみやすい。 初対面の人と会う日。 発言力が欲しいとき。 緑色 穏やかで話しやすい。 相手を安心させたい日、トラブルを避けたいとき。 ブラウン 堅実、落ち着きがある。 心身を安定させたいとき、大人の余裕を感じさせたい日。 グレー 慎重で冷静沈着。 交渉など、感情を読まれたくないとき。 クールな人と思われたい日。

次の