チェ・ジンシル。 チェ・ジンシル

チェ・ジンシル プロフィール&出演ドラマ

チェ・ジンシル

趙成民, 17年前選択が違ったら… ジョイニュース24 記事入力 2013-01-06 10:00 記事原文 [キム・ヒョンテ記者] 6日自宅で死んだまま発見された趙成民の生は波乱万丈した. 10代時代韓国最高の野球有望な人に数えられたがプロ舞台では大きく花を咲かせるのボッしたし, 野球以外の生は非運で一杯だった. 趙成民の野球人生は大きく 3種で分けることができる. 派手だった高校時代と栄辱に点綴された日本プロ生活. そして名声に比べて大きく頭角を出すことができなかった韓国での選手生活だ. 趙成民の野球人生を復碁する時除くことができない件 'もし'という仮定だ. 彼は 1996年大学卒業を控えて幾多の国内外球団たちのラブコールを受けた. ソウル軟膏である LGと斗山を含めて日本読売, メジャーリーグトロント, アトランタなど多くの球団が迎入前に跳びこんだ. 彼の選択は読売だった. 一番積極的に飛びかかったトロントに一番心がひかれたがご両親の勧誘で読売に急旋回した. 当時彼はアメリカではない日本進出に拒否感を現わしたりしたが結局契約書にサインした. "アメリカを行けばおない年であるパク・チャンホ次だが日本では先駆者"という説得が奏功したと言う. 初盤余勢を駆って勝ったりしたが日本舞台では花を咲かせることができなかった. 負傷が決定的だった. 1998年先発投手で余勢を駆って勝ってオールスター戦にも登板したが無理な酷使でヒジ靭帯が切れながら下り坂を歩いた. 以後彼は一番 回 も全盛期を取り戻すことができなかったし, 2002年を終りに日本舞台を発った. 2005年韓貨で 3年間中間継投で活躍したが明らかな頭角を現わすことはできなかった. 趙成民は後日読売入団を後悔する発言を何回した. 選手保護を最優先で思うメジャーリーグ球団に行ったなら元気を出しながらもっと長い間倦まず弛まず球を投げることができたはずだという心残りだった. 今すぐ成績を出すに値する選手は最大限使う日本の野球文化を直接体験して見た経験から出た言葉だった. 彼の言葉通り読売ではないメジャーリーグ球団に入団したら彼の人生は大きく変わったかも知れない. 選手経歴が大きく変わったことがあって, 野球以外の私生活で言論の注目を引く事も減ったことがある. 現役引退以後の生も大きい変化を想像して見られる.

次の

チェ・ジンシル プロフィール&出演ドラマ

チェ・ジンシル

この記事の目次• innolife. その倹約生活で、 1992年10月27日「貯金の日記念式」にて大統領より表彰されています。 芸能活動のきっかけは、モデルエージェンシーにスカウトされたことです。 1988年サムスン電子のCMに出演したのをきっかけに、テレビタレントとして多数のCMに出て人気が出ました。 korea. さらにこの年に映画「最後のソウル」で映画デビューも果たしました。 1992年のドラマ「嫉妬」に出演すると、「チェ・ジンシルシンドローム」と言われるブームも起こりました。 芸能人高額高税者にランクインするとそのイメージがつきまといました。 「自分のイメージが変われば」と、ノーギャラで1994年の映画「私は望む、私に禁じられたことを」に出演しています。 しかし、当時の人気ぶりから1999年の映画「マヨネーズ」では、韓国芸能界史上最高額の 1億8千万ウォンの出演料だったそうです。 チェ・ジンシルは2008年に自殺 【経緯や真相】 2008年10月2日、自宅のシャワーブースで首を吊り自殺し、若くしてお亡くなりになりました。 blogimg. 2人子供がいますが、 養育の負担やストレスから悩み事が大きくなっていたようで、「精神安定剤の量も増えていた」と家族や知人が話しています。 そんな中、インターネットで「自殺したアン・ジェファンに25億ウォンを貸していて、名義上の社長を立て貸金業をしている」と バッシングされ。 精神的にも追い込まれていきました。 blogimg. さらに、帰宅する車の中でも「最近、 生きていくのが辛くて死にたい」と言っていたとマネージャーが語っています。 innolife. 社債とか、何だとか、私には全く関係ないことなのに、どうして私をこんなに苦しめるの?」と 泣きながら打ち明けたそうです。 自殺が発見される その後、2日午前0時30分ごろ、浴室に閉じこもったので母親がドアを開けようとしたところ「お母さんは戻って、もう寝て」とチェ・ジンシルさんに言われ、母親は寝室へ行きました。 午前4時に母親が目を覚まし、寝室にチェ・ジンシルさんがいないことに気づいて、浴室のドアを開けようとしましたが鍵がかかっていました。 午前6時頃、修理工を呼んで鍵を開けてもらうと、チェ・ジンシルさんは首を吊った状態でした。 チェ・ジンシルさんの部屋からは 「悩んで苦しい」というメモが。 さらに、チェ・ジンシルさんは、ヘアメイク担当のイ氏に0時42分と0時45分の2回、携帯でメールを送信しています。 その内容は、「世界で一番愛している〇〇…オンニにどんなことがあってもAとB(チェ・ジンシルさんの子供の名前)をよろしく頼むね」。 そして、その後にもう1通「ごめんね」と送信してあったそうです。 チェ・ジンシルさんは、体調を崩しCM撮影を中断したり、精神的にも苦しんでいました。 しかし、 自殺する前日にはCM撮影もこなし、次回のドラマの撮影の話などもしていたそう。 そのため、チェ・ジンシルさんの所属事務所「SBC」代表ソ・サンウクさんは、驚きを隠せず「全く予想できなかった」と電話越しに話しました。 自殺の動機は、うつ病や誹謗中傷での精神の極限状態・ストレスなど様々な要因があったと推測されますが、決定的な動機は明らかになっていません。 amebaowndme. そのことが原因で自殺をしている女優さんもいますが、チェ・ジンシルさんが 接待を強要されたという事実も出ていないですし、自殺の原因も違うものと推測されます。 kstyle. 2002年に契約が1年残っていましたが、自主的に退団しています。 2013年1月、交際女性の家で首を吊って亡くなっていました。 警察の解剖の結果、 自殺と断定されました。 kstyle. 名前は、 チェ・ファンヒさん(長男)とチェ・ジュンヒさん(長女)です。 thefactjp. その後、父親も自殺をしており、離婚していて一緒に暮らしていないとはいえ、両親ともに自殺で亡くすとは幼い子供の心にどれほどの悲しみがあったでしょう。 しかし、ファンヒさんは故チェ・ジンシルさんの7周忌の追悼式の後、マスコミに対してこのように発言しています。 「こんなに時間が過ぎているのに母のことを愛してくれて、関心を持ってくれているファンの方々に感謝しています。 このようにずっと関心を持って愛してくれているので、僕も必ず立派な大人になります。 」 ファンヒさんの 将来の夢は、母親と同じ俳優だそうで、学校にて演技の勉強をしているようです。 「一生懸命努力をしてたくさんの作品に出られるようこれからも努力する」と語ったそうです。 chosunonline. その姿は、MBC「ヒューマンドキュメンタリー愛2015-真実の母親2 ファニとジュニは思春期」で放送されました。 「育ててくれた祖母に感謝しています。 天国いる母と叔父と父も喜んでくれていると思います。 」とコメントしています。 ファンヒさんと同じように芸能界に入ることが夢だったのか、ジョンヒさんは「アイドル学校」というオーデション番組に出演。 1次審査・2次審査すべてに合格していたようです。 しかし、「お坊さんから芸能界に入ると母と同じように自殺をする」と 祖母から反対されたことで、断念したようです。 thefactjp. そこには、このように書かれていました。 「長い書き込みですが、一度だけ読んでくださいお願いします。 」 と書かれ、祖母のチョン・オクスクさんは兄のファンヒさんのことは可愛がっていたが、自分は虐待されたという内容だった。 「小さいころから暴行されたり、暴言は吐かれ地獄の日々でした。 本当に死にたくて遺書を書き自殺しようとしたこともある。 何も言わずに自殺したら後悔すると思い書きました。 」 最後には「助けてください」とも書かれていたようです。 この文章は削除されたようで、書かれていたことが事実なのかは不明です。 しかし、その後もInstagramにて、 「祖母は母から天罰が下るでしょう。 暴行と訓育は違います」 「母と父が離婚した原因も祖母です」 など祖母に関する投稿をしています。 それも現在は削除されています。 そんなチェ・ジョンヒさんは、タレントの イ・ヨンジャさんの支援により心理治療を病院にて受けていたそう。 退院後は、別の親類宅にて生活しているようです。 wowkorea. その翌年の1988年に映画「幸福は成績順じゃない」にて俳優としてもデビューしました。 さらに、1999年には、「SKY」で歌手デビューも果たしています。 しかし、2010年3月29日チェ・ジニョンさんは、 薬を服用し首を吊って自殺してしまいます。 wowkorea. 亡くなられた当日の午後8時には、放送関係者と会う約束をしていたそうで、夜に予定を入れていたことから、計画的な自殺ではないのでは?とチェ・ジニョンさんの関係者は語っています。 服用していた薬は、姉のチェ・ジンシルさんも服用していた「うつ病」の薬だったことから、チェ・ジニョンさんも うつ病に悩まされていたのかもしれません。 しかし、チェ・ジンシルさんの2人の子供と生きていくと語っており、「仕事を頑張る」とも言っていたそう。 事務所関係者は、チェ・ジニョンさんがうつ病で苦しんでいて、まさか自殺するとは思ってもいなかったようです。 kstyle. まず、チェ・ジンシルさんが自殺をし、その死に衝撃をうけた弟のチェ・ジニョンさんも自ら命を絶ってしまいます。 さらに、チェ・ジンシルさんとチェ・ジニョンさんが自殺したことにより、チェ・ジンシルさんの元夫のチョ・ソンミンさんが非難を受けることになります。 誹謗中傷により精神的に追い詰められたチョ・ソンミンも自殺をしてしまいます。 また、チェ・ジンシルさんの母親チョン・オクスンさんは、チェ・ジンシルさんの娘チェ・ジュニさんへの 暴行疑惑で警察から5時間も調査を受けています。 不幸がこれ以上続かないことを祈るばかりです。 チェジンシルの死因・自殺の真相・夫と子供についてのまとめ.

次の

チェ・ジンシルの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

チェ・ジンシル

人物 [編集 ]• 163cm、46kg。 俳優の 2010年3月死去 は実弟。 特技は徒競走。 は絵画を描くこと、水泳、自転車。 多くのCM、映画、テレビドラマに出演し、芸能人高額納税者名簿の上位にランクインしていたジンシルだったが1日の小遣いを1万ウォンしか使わない徹底的な倹約生活で、1992年10月27日の貯金の日記念式で大統領から表彰を受けている。 として活動中のに出演したのをきっかけに有名になった。 その後、テレビタレントとして数々のテレビCMに出演し人気を高める。 1988年〜1990年代:女優デビュー、人気スターへ [編集 ] 、『朝鮮王朝 500年』でドラマデビューを果たし、同年『最後のソウル』で映画デビューした。 その後、一つのキャラクターにとらわれず様々な役を演じた。 その余勢を駆って映画『ミスターマンマ』に出演した。 国税庁が発表した91年度芸能人高額納税者名簿で5位、青龍賞人気スター賞を1990年から1998年まで出演作がなかった1996年を除いて連続受賞するなど韓国においてを代表する女優となった。 90年代のトップスターとなったジンシルのギャラはトップクラスであったがに出演した映画『私は望む、私に禁じられたことを』は「自分のイメージが変わるなら」という理由でノーギャラで出演している。 一方、に出演した映画『マヨネーズ』は出演料が当時の韓国芸能界史上最高額の1億8千万ウォンであったことも話題を集めた。 2000年〜2004年:結婚、一時活動休止 [編集 ] に当時に所属していたと結婚する。 出産・育児のため一時芸能活動を休止していたが、より再開。 その後、養育権を巡る争いなどから夫との関係が悪化し、に離婚するなど、この時期は不遇だった。 その後、放送のテレビドラマ『ラスト・スキャンダル』は大人気作品となった。 死去 [編集 ] 2008年10月2日、ジンシルはにある自宅のシャワーブースで首を吊った状態で発見された。 自殺とみられている。 39歳没。 ジンシルはインターネット上の「ジンシルは自殺したアン・ジェファンに25億ウォン(約2億2000万円)を貸していた。 名義上の社長を立て、その裏で貸金業を手がけている」という誹謗中傷に悩んでおり、それが自殺の原因と見られている。 ジンシルは1日に朝鮮日報の記者の電話インタビューに応じていたようで、前向きな発言もあったもののインタビューに答えるその声はどこか憂いを含み落ち込んでいたという。 2日0時42分頃、ジンシルは親しかったメイクアップアーティストのイという人物に「この世の中で最も愛している姉さん、何があっても(子供の)ファンヒとジュンヒのことをお願い…」というメッセージを送り、その3分後の0時45分にまたイに「ごめん」というメッセージを送ったという。 これがジンシルが最後に残したメッセージとされる。 韓国時間の4日午前7時30分に(ソウル市江南区逸院洞)斎場でキリスト教のミサ形式でジンシルの告別式が行われ、京畿道城南市中院区にある城南ヨンセン院でに付された後、楊平郡楊西面両水里にあるカプサン公園墓地に埋葬された。 また実弟のは2010年3月、元夫の趙成珉は2013年1月にそれぞれ自殺した。 出演 [編集 ] ドラマ [編集 ] 放送年 放送局 作品名 役名 備考 チャンミ 女優デビュー作品 MBC 貴方の祝杯 MBC シジン邑 テレビドラマ初主演作品 MBC 眠らない樹 MBC 第5列 MBC 波紋 MBC 我らの天国 MBC 新妻の部屋に恋が開いたよ MBC 二冊の日記 MBC 追憶旅行 MBC 風景 MBC 約束 MBC 嫉妬 MBC 魅惑 MBC 暴風の季節 恋の香り シン・ヨンジン SBS ジャズ MBC アパート SBS (ドリーム・レーサー) オ・ファリョン MBC イ・ヨニ MBC 君と僕 ユン・スギョン MBC 追憶 MBC 薔薇と豆もやし ソン・ミナ MBC 風雲 MBC 君を知ってから イ・オックァ 芸能活動復帰作品 SBS ジャズ MBC 薔薇の戦争 オ・ミヨン KBS バラ色の人生 メン・スニ MBC 悪い女 善い女 イ・セヨン MBC ホン・ソニ 映画 [編集 ] 公開年 作品名 役名 備考 最後のソウル 映画デビュー作品 南部軍 パク・ミンジャ コッチタン ヘジ 私の愛、私の花嫁 ミヨン あのね、秘密だよ2 スーザンブリンクのアリラン シン・ユスク(スーザン・ブリンク) 森の中の部屋 ミスター・マンマ ヨンジュ 主演 愛したい女、結婚したい女 私は望む、私に禁じられたことを カン・ミンジュ 主演、ノーギャラで出演 嫁さん殺し チャン・ソヨン 主演 ママに恋人ができたよ ウンジェ 主演 誰が俺を狂わせるか ジョヨン 主演 ゴースト・ママ インジュ 主演 ホレデー・イン・ソウル 電話交換手 ベイビー・セール カン・ジヒョン 主演 手紙 イ・ジョンイン 主演 マヨネーズ アジョン 主演 燃ゆる月 ピ 著作 [編集 ]• 自伝エッセイ『うん、今日一日も真実に生きよう』 脚注・出典 [編集 ] []• net. 2008年10月2日閲覧。 2008年10月2日閲覧。 WoW! Korea(2011年10月14日)2015年6月3日閲覧。 WoW! Korea 2008年10月2日. 2008年10月2日閲覧。 2008年10月3日放送「」より• 朝鮮日報 2008年10月2日. 2008年10月4日閲覧。 中央日報 2008年10月2日. 2008年10月4日閲覧。 朝鮮日報 2008年10月4日. 2008年10月4日閲覧。 関連項目 [編集 ]•

次の