陣痛 楽 な 姿勢。 陣痛がきたらどのようにして痛みを和らげる?乗り切る方法と先輩ママの体験談 [ママリ]

陣痛が始まったら

陣痛 楽 な 姿勢

臨月に入ると、生理痛に似た痛みを感じることがあります。 それが不規則で、安静にしていると痛みが遠のくようなら前駆陣痛の可能性があります。 前駆陣痛と生理痛には何か関係があるのでしょうか。 生理痛は子宮を収縮させる作用のある「プロスタグランジン」というホルモンの分泌が多いことが一因となります。 生理中はプロスタグランジンの働きによって、はがれ落ちた子宮内膜を血液と一緒に身体の外に押し出しています。 プロスタグランジンには子宮収縮や痛覚の伝達を強める働きがあるので、痛みを感じる場合があるのです。 陣痛が始まるときも、ママからはプロスタグランジンが多く分泌されています。 分娩促進のための薬剤にも、プロスタグランジンは利用されています。 そのため、前駆陣痛や本陣痛の始まりは生理痛と似た下腹部の疼痛を覚えることもあるようです。 本陣痛の場合は、その痛みが徐々に強くなり痛みの周期が短くなるため、最終的には生理痛との区別がつくことがほとんどです。 臨月に生理痛のような痛みを感じた場合、以下のような可能性があります。 ・前駆陣痛 ・本陣痛 ・便秘や下痢 ・その他の病気 前駆陣痛と本陣痛の違いは、痛みが規則的であるかどうか、間隔が徐々に狭まってくるかどうかです。 陣痛アプリなどで間隔を測り、1時間に6回程度痛みが起こるようなら病院に連絡してみましょう。 痛みが遠のくようなら、入院の準備を進めながら本陣痛を焦らず待ちましょう。 臨月に入ると大きくなった子宮が胃腸を圧迫し、消化不良を起こすこともあります。 便秘や下痢になるママも少なくありません。 消化に良い食事を摂ったり、冷えを防いだりすることで改善することもあります。 産院に相談し、胃腸薬や便秘薬を処方してもらっても良いですね。 胃腸炎や食中毒など、他の病気の可能性もあります。 痛みが強くて継続している場合や、出血がみられる場合は、すぐに医師に診てもらったほうが良いでしょう。 自分ではどの痛みか判断できないときは、遠慮せずに医師や助産師にアドバイスを求めても良いかもしれません。 ひとりで悩むよりも安心してお産に臨めることもありますよ。 陣痛緩和にツボ押しを試すママもいます。 ツボは動脈や静脈の上に多く存在し、適度に刺激することで内臓に働きかけ、血液の循環を良くして、身体の不調を改善するといわれています。 陣痛の緩和や促進に効くといわれているツボはいくつかあります。 ・三陰交(さんいんこう) 足首の内くるぶしの一番上に人さし指をあて、指4本分上(小指の位置)にあるツボです。 冷えを解消し、分娩を促進させるといわれています。 深呼吸しながら指でゆっくり指圧してみましょう。 ・足三里(あしさんり) ひざの皿の外側のくぼみに人さし指をあて、指4本分下(小指の位置)にあるツボです。 体力増強や胃腸の疲れ、疼痛緩和に効果があるといわれています。 ツボは刺激するだけではなく、温めても効果があるといわれています。 手軽に試せるツボ押しですが、妊娠中のママの身体は通常とは違う状態にあります。 安全を期すために、ツボ押しは医師に相談してから行うと良いでしょう。 精神的にも肉体的にもリラックスすることで、筋肉が弛緩し、産道も広がりやすくなる可能性があります。 陣痛待ちや分娩時に、アロマオイルマッサージをする産院もあるようですね。 ひとりで試すなら、香りを楽しむ「芳香浴」のみのほうが安心かもしれません。 カモミールやラベンダー、ペパーミントなどのアロマは鎮痛効果があると考えられています。 また、クラリセージやスイートマジョラムはホルモンバランスを整え、ジャスミンやパルマローザには分娩促進作用があるといわれています。 陣痛時は身体の力を上手に抜くことが大切なため、効果よりも香りの好みで選ぶと良いかもしれませんね。 お気に入りのアロマが側にあると、心が安らぐこともあります。 アロマテラピーの前に、医師や助産師に念のために相談しておくとさらに安心感が増しますよ。 身体をリラックスさせる呼吸法や、いきみや痛みを逃すための呼吸法を試してみても良いでしょう。 まだ痛みが強くないときは、自然な腹式呼吸を意識し、吸う息よりも吐く息を長めにしてみましょう。 細く長くゆっくり息を吐くことで、緊張が取れていくことがあります。 不安や緊張、疲れが外に吐き出されていくイメージで行うと効果的です。 痛みが強くなってきたら、深呼吸をしてから「ふーふー」と浅めに吐き出します。 たくさん息を吐けば、自然と多くの酸素を吸うことができます。 リラックスや筋肉の弛緩だけではなく、呼吸に集中することで痛みをまぎらわせることもできるかもしれません。 まだ痛みが強くないときに、練習してみると良いでしょう。 生理痛のような痛み 筆者は前駆陣痛はほとんど感じませんでしたが、本陣痛の始まりは生理痛とよく似た痛みでした。 臨月の時期、朝起きると懐かしい下腹部痛を感じ、さらに軽い出血があったため「妊娠中でも生理になるのかな」と一瞬思ってしまったほどです。 おしるしの知識はあったためパニックにはなりませんでしたが、本当に似ていました。 生理痛としては重めでしたが、陣痛としては予想よりも軽い痛みだったため、前駆陣痛か本陣痛か判断が難しいところでした。 間隔が短くなるにつれ、立てられなくなるほど痛みに変化していったため病院に連絡し、その日のうちに産まれました。 筆者は生理痛は重いほうでしたが、出産は「かなりの安産」と担当の先生に言われたので、痛みの強さに因果関係はあまりないかもしれませんね。

次の

陣痛は生理痛のような痛み?生理痛がない人の陣痛は軽い?重い?

陣痛 楽 な 姿勢

陣痛の進み方 痛みを感じ始めてから出産までには、痛みの感覚や時間などによって陣痛もいくつかに分けられます。 前駆陣痛 予定日近くになると、お腹が頻繁に張って、おへそのあたりの下腹部が痛むことがあります。 痛みの感覚はバラバラで、まったく痛みを感じない時間もあります。 こういった痛みを前駆陣痛といい、本格的な陣痛の予兆と言えます。 前駆陣痛から本格的な陣痛になるまでは、短くて数時間、長くて一週間から10日間ほどかかることもあります。 個人差があるので、自分の体に注意をしながら過ごしましょう。 本陣痛 不規則な痛みから、規則的な痛みに変わり、痛い時間も徐々に長くなってくると本陣痛の始まりだと言えます。 痛みの場所もおへそのあたりから、腰のあたりに向かって痛みの範囲も広がってきます。 子宮口が4センチほどに 次の段階では、痛みの間隔は5分から10分で、痛い時間は1分程度です。 この状態が初産の人で8時間から10時間続きます。 そうして、ようやく子宮口が4センチほど開くのです。 子宮口が最大の10センチに 痛みの間隔が3分から5分になり、赤ちゃんが子宮頚口まで降りてきているので、痛みもかなり痛くなっています。 ゆっくりと子宮口も開くので、このときを乗り切るのが一番つらいと言えます。 いよいよ分娩です 痛みの間隔が1分から2分になるといよいよ分娩です。 赤ちゃんが狭い産道を通り抜けようとするため、かなりの激痛です。 子宮口は全開になり、初産婦で最大1時間半、経産婦で1時間ほどで、赤ちゃんが出てきます。 そのあと、30分ぐらいかけて胎盤が出てきます。 軽い痛みも伴いますが、出産に比べれば比ではありません。 陣痛を楽にする5つの乗り越えテクニック 1. 出来るだけリラックスしましょう お産に対して恐怖を持っている人は緊張して、身体の筋肉もこわばっているので、子宮口も開きにくく痛みが強くなります。 一方、リラックスした状態でお産に向き合っていると、子宮口も開きやすいので痛みも軽くなると言われています。 ですので、なるべくリラックスするように心がけるのが一つ目のテクニックと言えます。 [co-8] 2. 自分で楽な姿勢を見つけましょう 陣痛を乗り切るためには、自分にとって楽な姿勢を見つけることがとても大切です。 いろいろな姿勢をためして見つけ当てましょう。 横向き+膝曲げの姿勢 お腹が大きいと上向きの姿勢は辛いので、横向きになって膝を曲げる姿勢は楽だと言う人は多いです。 ポイントは体を丸めることです。 丸めることで痛みが軽減されることがよくあります。 ベットの上に座り、机に上半身を乗せる姿勢 病院のベットであれば、ベットの上にあぐらをかいて座り、上半身を食事用の机に乗せる姿勢。 これもお腹を圧迫しないで、上半身はリラックスできるので、楽な姿勢です。 マッサージを行う 陣痛には痛くない時間があります。 そういったときに、自分で腰をさすったり、脚の付け根をさすったりと、身体の筋肉を緊張した状態から解放してあげましょう。 そうすることで、次にやってくる痛みに向かう気力もつけることができます。 テニスボールを使う だんだんと下に降りてくる赤ちゃんの影響でお母さんは肛門あたりが辛くなってきます。 一言でいうと「便がしたくなる感じ+痛み」です。 肛門あたりをこのテニスボールで抑えてあげることでだいぶん痛みが楽になるはずです。 あとは、常に痛い腰の下にテニスボールを入れて寝るだけでも腰はいくらか楽になるはずです。 呼吸を深く、ゆっくりとする 痛みが来るとどうしても浅い呼吸になってしまいます。 ママの呼吸が浅いと赤ちゃんへの酸素供給も低下します。 つまり赤ちゃんも苦しいのです。 痛いときこそ、ゆっくりと深く呼吸をするように心がけましょう。 赤ちゃんも楽になり、ママの痛みも軽くなるはずです。 いかがでしたでしょうか? 陣痛を上手に乗り切って素敵な出産を迎えられるといいですね。 [co-9].

次の

前駆陣痛で痛くなる場所はどこ?どんな痛み?本陣痛の違いは?|子供守りたい.com

陣痛 楽 な 姿勢

お産にまつわる子宮の収縮が陣痛と呼ばれますが、これは妊娠中にも産後にもあります。 まずは助走の陣痛から…「前駆陣痛」です お産は大仕事なので、陣痛は本格的な陣痛の前からウォーミングアップをします。 臨月になる頃から、それまでより長く強い張りを感じたら、それは「前駆陣痛」という陣痛の仲間です。 夜遅い時間に多いようです。 前駆陣痛は、規則的になったり強くなったりしないで、いつのまにか消えてしまいます。 でも、前駆陣痛によって、子宮の出口は柔らかくなったり、少し開いたりします。 お産に必要な変化は始まっているのです。 前駆陣痛は耐え難いほどではないのが普通ですが、睡眠がとりにくい人もいます。 その場合は上手にお昼寝を取り入れ、疲労にならないようにしましょう。 本番の陣痛は「10分以内」の間隔で繰り返し、だんだん強くなります 「お産に発展する本番の陣痛かな?」と思ったら時計で間隔を計ってみます。 10分以内の間隔できちん、きちんと来るようでしたら、そこを分娩開始時間の起点とします。 もし10分以上あくことがあっても1時間に6回以上あれば本番の陣痛です。。 腰全体に響く感じもあり、そこも前駆陣痛と違うでしょう。 この陣痛は長距離マラソンです。 誕生まで初産婦さんなら12~15時間くらいかかります。 経産婦さんは5~7時間くらいが一般的です。 前半から飛ばさないで体力温存しましょう。 リラックスして、でも、時々は立ったり動いたりして赤ちゃんが重力で下がりやすいようにしましょう。 腰をさすってくれたり、楽な姿勢をとりやすいようにクッションを入れてくれたり、と世話をしてくれる人(家族、助産師さんなど)が付き添ってくれるお産をおすすめします。 身体的にも精神的にもつらさが違います。 本番の陣痛は赤ちゃんを 外の世界に連れてきてくれる陣痛です。 長丁場ですが、、あわてず一歩ずつ乗り越えましょう。

次の