ラズパイ ピン 配置。 ラズパイでGPIO制御をする

ラズベリーパイのGPIOを使ってLEDを制御してみる

ラズパイ ピン 配置

今までソフトウェア中心の勉強でしたが、ハードウェアのスキルの幅を 広げるためにもパイを使って電子回路を制御し、 いろんなものを作っていきたいと思っています。 そのためにラズパイでハードウェアを制御する方法を勉強していきます。 初回はGPIO制御です。 LEDの点灯、消灯を実際にやってみたいと思います。 いくつかのピンはGPIOだけでなく、I2C, SPI, UARTとしても使用できます。 GPIOポートの使い方 ラズパイのポートをGPIOとして使用する方法はいくつかあるようですが、 でを使い慣れていることもあり、RPi. GPIOという ライブラリを使ってみます。 まず、ライブラリのインストールです。 gpio 上でRPi. GPIOを使用するためにライブラリをインポートします。 import RPi. GPIO as GPIO RPi. GPIOではポートの指定方法に2種類あります。 1つはピン番号1-40 上図のNo. の列の番号 で指定する方法 GPIO. BOARD もう一つはGPIOの番号 上図のGPIO列の番号 で指定する方法 GPIO. BCM どちらの表記で記載するかを以下のようにGPIO. setmode で指定します。 GPIO. setmode GPIO. BOARD ボードのピン番号で指定 GPIO. setmode GPIO. BCM GPIO番号で指定 GPIOポートの入出力設定はGPIO. setup で行います。 例えば、GPIO2を出力、GPIO3を入力ポートで使用する場合は以下のようになります。 GPIO. setmode GPIO. BCM GPIO番号で指定 GPIO. setup 2, GPIO. OUT GPIO2:出力ポート GPIO. setup 3, GPIO. output を使います。 GPIO. output 2, GPIO. HIGH 出力H GPIO. output 2, GPIO. LOW 出力L 入力設定したポートの値を読み出すにはGPIO. input を使います。 この関数の戻り値がポートの値となっています。 print GPIO. input 3 GPIO3の値を読み出し 結果:1 or 0 GPIO入力をトリガに割り込み処理を実行 プッシュスイッチなどポートの値の変化をトリガにして処理を行いたいケースが あったので割り込み処理の作り方を調べてみました。 RISING, 立下りエッジ GPIO. FALLING 両方 GPIO. BOTH callback:コールバック関数の指定 bouncetime:防止のため、指定時間の間次のイベントを呼び出さない 単位msec サンプル 最後に上記内容を使って作成したコードを上げておきます。 「スイッチを押すとLEDが点灯し、ラズパイに接続したUSBカメラで写真を撮る」 というものです。 38pinはスイッチにつなぎたかったのですが、スイッチがなかったため、 40pinの出力結果を入力するようにしました。 coding: utf-8 import RPi. jpg' GPIO. setmode GPIO. BCM GPIO. OUT GPIO. IN GPIO. OUT callback登録(GIO. RISING:立ち上がりエッジ検出、bouncetime:300ms) GPIO. sleep 0. LOW LEDを消して終了 GPIO. 40pinのトリガーはこちらので発生させています。 import RPi. setmode GPIO. BCM GPIO. OUT GPIO. リモートからのシャッター制御には使えないですね。 トリガーが発生したら即撮影するいい方法があったら教えてください。

次の

ピン設定 - Raspberry Pi公式ドキュメントを日本語訳

ラズパイ ピン 配置

すごいところ・その1 GPIO接続と見せかけてHDMI接続である そうなんです、HDMIなんですよ。 なんかアホみたいな基板がついてきます。 これでRaspberry Pi本体と接続します。 下にある緑の基板がRaspberry Pi、上の青いのがこのディスプレイです。 普通にHDMI接続のモニタとして認識されるので、セットアップ不要で使えます!(タッチスクリーンは要セットアップ) GUIは解像度変えないときついですが、がんばって細目で見ながら設定パネル開いて変えればよい。 CUIなら解像度そのままでもなんとか読めそう。 ちなみに前に調べたときもHDMI接続のミニディスプレイは一応あったのですが、最低でも5000円台からだったので、この価格で買えるとは驚きです。 ケース付きも選べる Amazonで買うと2種類の選択肢があるんですけど、ひとつはケース無し2,999円、もうひとつはケース付き3,320円です。 (執筆時点) ケースはこんなのです。 ケースは普通のアクリルのケースなので、「すっげえ最高!!」みたいなことはないんですけど、Raspberry Piとディスプレイを一体化させて固定できるので携帯時など心強くはあります。 あと300円だと思うとメチャ安。 ちなみに液晶面は覆われていません。 タッチスクリーンなので。 携帯時はもう一重、箱に入れたりしたほうがいいかも。 立てることもできます。 展示に使えるかも? というわけで褒めコーナーはこれでおしまいです。 ここまで読んだ人は全員買うと思うので、以下、本製品のTipsというか実用情報を続けます。 タッチスクリーンのセットアップ ディスプレイとしてはHDMI接続するだけで使えますが、タッチスクリーンはセットアップが必要です。 付属のDVD-ROMにセットアップ済みのRaspbian、Ubuntu、Kaliの各OSのイメージが入っていますし、ドライバだけ入れることもできます。 ドライバはDVD-ROMに入っているほか、ここにも同じものがあります。 セットアップ手順は README. 自分の場合はキャリブレーションなしでも正確にポイントできました。 他にもいくつかの選択肢があります。 GPIO端子について GPIO端子の脇にピンアサインが書かれていて便利なのですが、 ちょっと注意が必要です。 このピンアサインは上から見た配置で書かれているので、基板の裏側から出ている横向きのピンは、左右が逆になります。 上の写真で一番上の行の2本を見てください。 サイドに出ているピンは一見すると上が5V、下が3. 3Vに見えますが、そうではなくて上が3. 3Vで下が5Vです。 あと書いてあるピン番号はなぜかWiringPiやPi4Jで使うときのポート番号です。 BCMではありません。 (不慣れな方へ:GPIOのピン番号は2種類あって、片方だけが書いてあるということです。 表記だけの問題なので実用上の問題はありません) ピン番号の対応表。 WiringPiとBCMの番号が違う。 より それからGPIOまわりでもういっこ大事なことがあって、タッチスクリーンを設定した場合は19、21~23、26番のピン(この番号は上の画像でいうHeaderの番号です)はタッチスクリーンに占有されるため使えません。 ご注意ください。 嫌な場合はタッチスクリーンの設定をしなければ、全部使えると思います。

次の

Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

ラズパイ ピン 配置

GPIOのピンにジャンパワイヤを接続するとき,どのピンにさすのかわからなくなります。 そのためピン配置を書いたカードを作りました。 作成後にやの存在を知りましたが,Raspberry Leafは1枚作成用でpi-Leafは44枚作成用と極端なので,自作のカードのファイルを公開します。 PDFとPowerPoint用ファイルがあります。 ご自分で加工されたい方はPowerPoint用のファイルをダウンロードしてください。 5枚作成用と25枚作成用があります。 PowerPointのファイルは画像をグループ化していますのでグループ解除をして編集して下さい。 著作権を気にされる方もいると思いますので, これらは Raspberry Pi Type Bなどの26ピン用• ピン番号のない以前のもの• Raspberry Pi 2 Model Bなどの40ピン用•

次の