ロラタジン 市販。 ロラタジンの効果や副作用|市販での購入や眠気の頻度、授乳中の使用など|薬インフォ

ロラタジン

ロラタジン 市販

(この記事は2020年2月に最新版に改定・補足しています) こんにちは、森田です。 今回は、実は薬局・通販で買える市販薬の中にも「医者が出す薬」がありますよ、の【花粉症・アレルギー薬】編です。 ま、簡単に言えば、 「いつも病院で貰ってるけど実はAmazonとか普通の薬局の市販薬で買える花粉症・アレルギーの薬」 です。 「いつも病院でもらうあの薬がほしいけど、忙しくてなかなか病院まで行けない!」 など、諸々の事情もあると思いますので、そんなときに使ってみてください。 もちろん副作用などもありますので、『ちょっとおかしいな』と思ったときはすぐに医師や薬剤師さんに相談しながら服用してくださいね。 あと、最後に大事なことを書いていますので、最後までお読みいただけますと幸いです。 で、花粉症・アレルギー薬には、内服薬・点眼薬・点鼻薬 と3種あります。 薬局・通販で買えるものは『アレグラFX』ですね。 両方とも同じサノフィ社が製造、久光製薬が販売しています。 つまり、処方薬も市販薬も同じ会社が製造・販売しているということで、もちろん成分(フェキソフェナジン)の含有量も添加物も同じですので、まあ同じものと考えていいと思います。 成分はロラタジン。 やはり処方薬と同じロラタジン10mgが市販薬でも同じ含量で売られています。 1日1回の内服です。 *Amazonでは売られていませんでした。 薬局・Amazonで買えるものとしては、「ザジテン(ケトチフェン)」があります。 点鼻(正確には鼻噴霧用)ステロイド薬は、医師のマニュアル的存在の『鼻アレルギー診療ガイドライン〜通年性鼻炎と花粉症〜』の中でも、比較的安全性も保たれつつまた十分な効果も認められるということで推奨されております(即効性こそ後述する「血管収縮薬」に劣りますが)。 そして、医師がよく処方するステロイド点鼻薬「フルチカゾンプロピオン酸エステル(フルナーゼ)」「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」は、薬局・通販で買える薬として流通しています。 どれも、病院で医師から処方されるステロイド点鼻薬と同じ成分が「処方薬と同濃度」入っています。 2019年に市販薬として発売されています。 薬剤師さんの居る薬局でお求め下さい。 そんな時に『即効性』が期待できる薬、それがこちら『血管収縮薬』です。 僕も鼻炎持ちでしてよく鼻が詰まってしゃべりにくくなります。 講演の前などはとても困るのでよく使っています。 個人差はあると思いますが、僕の場合1〜2分でスッキリ効いてくれます。 ただ、連用すると逆に症状が悪化したり、副作用が出やすくなったりしますのでご注意を(添付文書には3. 3日以上の連用はダメ、と書いてあります。 ) プリビナ(塩酸ナファゾリン) こちらは病院でもよく使われています。 特に、鼻から入れる胃カメラの前処置として使われることが多いですね。 これを点鼻すると鼻づまりが解消される=鼻腔が広がるので、胃カメラを鼻に入れやすくなるのです。 ま、つまりそれくらい即効性があって、効果もある(その分連用はダメ)という薬です。 こちら『ナザールスプレー』は、病院で使われる『プリビナ』と同じ成分「塩酸ナファゾリン」が同濃度入っております。 (なお、こちらは塩酸ナファゾリンの単剤ではなく、他の薬効成分も含有されております。 かなり効く人もいれば全然効かない人も。 ですので、「薬を飲んでいる安心感」にもまして重要なのは、「自分で薬の効果をしっかり確認する」ことです。 飲んだ日時、症状が出た時間、症状が収まっている時間、また飲まなかった日はどうだったか。 こういうことを記録していくと、自分にとっての薬の効き具合と、本当にこの薬が必要なのか、どうなのか、他の薬のほうがいいのか?などがより分かると思います。 セルフメディケーションと言うのは「自己管理」を前提にした「自己服薬」の意ですが、それが発展して「専門家への依存(医師にお任せ)からの脱却=市民の自立」というところまで意味するようになるといいな〜、と思っています。 近所のかかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師と相談しながら市販薬を使うとより効果的かもしれませんね。 もちろん、かかりつけ医や、お近くのかかりつけ医・家庭医・プライマリケア医にご相談くださっても結構です。 実は、 医師法第1条にはこう書いてあります。 「 医師は医療および保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって 国民の健康な生活を確保するものとする」 つまり、医師の本分は国民の健康な生活を確保することであって、手術も高度医療も専門知識も病院医療も在宅医療も、国民の健康な生活を確保するための道具でしかないわけです。 そういう意味では、処方薬でも市販薬でも国民の皆様の健康に役立つものであればどちらでも構わないのです。 もちろん、一般の方が市販薬を使うことによるリスクもあります。 しかし、上手に使えばそのリスクを上回る利便性が見込めることもあります。 医療機関の金銭的な利益に惑わされず、そうした提示をすることを厭わないことを旨としたい、僕はそんなふうに考えています。 注:この記事は投げ銭形式です。 医療は誰にでも公平に提供されるべき「社会的共通資本」、 という信念なので医療情報は基本的に無償で提供いたします。

次の

パイロットも飲めるクラリチン(ロラタジン)妊娠・授乳中に服用できる?

ロラタジン 市販

薬のタイプは?• ・第2世代抗ヒスタミン薬の ロラタジンが1錠あたり10mg含まれています。 ・ヒスタミンなど体内で放出されたアレルギーの原因物質をブロック(抗ヒスタミン作用*症状を抑える)します。 ・ヒスタミンなどが放出されるのを抑制(抗アレルギー作用*アレルギーになるのを防ぐ)します。 ・抗アレルギー作用があるので、症状の軽い早めの時期からの服用が効果的です。 ・眠気やインペアード・パフォーマンス(*)が起こりにくく、服薬後の車の運転が禁止されていません。 ・口が渇きにくいです。 ・水なしでスッと溶けるタイプ 「クラリチンEX OD錠」もあります。 ・スイッチOTC医薬品(セルフメディケーション税制対象商品)です。 (*)インペアード・パフォーマンスとは、鈍脳ともよばれ、集中力や判断力、作業能率が低下すること Point! 抗ヒスタミン薬とは 花粉症の症状は体内でヒスタミンなどの物質が放出されることが契機となっています。 抗ヒスタミン薬は放出されたヒスタミンをブロックして症状が起きるのを防ぐお薬です。 (抗ヒスタミン作用) 抗ヒスタミン薬の中でも古くに開発された 第1世代と呼ばれるお薬は、脳に影響して眠気やインペアード・パフォーマンスなどを引き起こしやすいこと、また 抗コリン作用と呼ばれる口の渇きがあることが特徴です。 第2世代の抗ヒスタミン薬では一般的にこれらの副作用を改善しています。 また、第2世代のお薬には症状を引き起こすヒスタミンが体内に放出されないよう元から抑える作用 (抗アレルギー作用)も合わせもつタイプがあります。 どんな効能や効果? 花粉やハウスダストによるくしゃみ、鼻水、鼻づまりのようなアレルギー症状を緩和します。 注意することは? 主な副作用として、発疹、かゆみ、脱毛、のどの痛み、鼻の乾燥感、吐き気、腹痛、口唇の乾燥、口内炎、胃炎、倦怠感、頭痛、動悸、眼球の乾燥、耳なり、浮腫、味覚異常、月経不順、などが報告されています。 このような症状に気づいたら、医師または薬剤師さんに相談してください。 アナフィラキシーショック、てんかん、けいれん、肝機能障害がでたら、すぐに診療を受けてください。 何歳から服用できる? 15歳以上です。 飲む量や回数は? 1日1回1錠、毎日同じ時間帯の食後に服用してください。 就寝時に鼻づまりで寝つきが悪い方や、朝起きた時にくしゃみが連続して出てしまう(モーニングアタック)方は、夕食後に服用するのもおすすめです。 同じタイプの処方薬(医療用医薬品)はある? 処方薬「クラリチン錠10mg」と成分量や添加物はいずれも同じです。 ただし、効能・効果の範囲に差異があります。 処方薬「クラリチン錠10mg」はアレルギー性鼻炎以外に、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症)に伴うそう痒(*《そうよう》と読む、かゆみなどの不快感)が効能・効果に含まれています。 処方薬にも、水なしで飲めるタイプの「クラリチンレディタブ錠10mg」(ロラタジンが1錠あたり10㎎配合)が販売されています。

次の

【薬剤師監修】アレロックと同じ効果の成分を含む市販薬や代用薬はあるの?【オロパタジン】花粉症・アレルギー性鼻炎薬

ロラタジン 市販

(この記事は2020年2月に最新版に改定・補足しています) こんにちは、森田です。 今回は、実は薬局・通販で買える市販薬の中にも「医者が出す薬」がありますよ、の【花粉症・アレルギー薬】編です。 ま、簡単に言えば、 「いつも病院で貰ってるけど実はAmazonとか普通の薬局の市販薬で買える花粉症・アレルギーの薬」 です。 「いつも病院でもらうあの薬がほしいけど、忙しくてなかなか病院まで行けない!」 など、諸々の事情もあると思いますので、そんなときに使ってみてください。 もちろん副作用などもありますので、『ちょっとおかしいな』と思ったときはすぐに医師や薬剤師さんに相談しながら服用してくださいね。 あと、最後に大事なことを書いていますので、最後までお読みいただけますと幸いです。 で、花粉症・アレルギー薬には、内服薬・点眼薬・点鼻薬 と3種あります。 薬局・通販で買えるものは『アレグラFX』ですね。 両方とも同じサノフィ社が製造、久光製薬が販売しています。 つまり、処方薬も市販薬も同じ会社が製造・販売しているということで、もちろん成分(フェキソフェナジン)の含有量も添加物も同じですので、まあ同じものと考えていいと思います。 成分はロラタジン。 やはり処方薬と同じロラタジン10mgが市販薬でも同じ含量で売られています。 1日1回の内服です。 *Amazonでは売られていませんでした。 薬局・Amazonで買えるものとしては、「ザジテン(ケトチフェン)」があります。 点鼻(正確には鼻噴霧用)ステロイド薬は、医師のマニュアル的存在の『鼻アレルギー診療ガイドライン〜通年性鼻炎と花粉症〜』の中でも、比較的安全性も保たれつつまた十分な効果も認められるということで推奨されております(即効性こそ後述する「血管収縮薬」に劣りますが)。 そして、医師がよく処方するステロイド点鼻薬「フルチカゾンプロピオン酸エステル(フルナーゼ)」「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」は、薬局・通販で買える薬として流通しています。 どれも、病院で医師から処方されるステロイド点鼻薬と同じ成分が「処方薬と同濃度」入っています。 2019年に市販薬として発売されています。 薬剤師さんの居る薬局でお求め下さい。 そんな時に『即効性』が期待できる薬、それがこちら『血管収縮薬』です。 僕も鼻炎持ちでしてよく鼻が詰まってしゃべりにくくなります。 講演の前などはとても困るのでよく使っています。 個人差はあると思いますが、僕の場合1〜2分でスッキリ効いてくれます。 ただ、連用すると逆に症状が悪化したり、副作用が出やすくなったりしますのでご注意を(添付文書には3. 3日以上の連用はダメ、と書いてあります。 ) プリビナ(塩酸ナファゾリン) こちらは病院でもよく使われています。 特に、鼻から入れる胃カメラの前処置として使われることが多いですね。 これを点鼻すると鼻づまりが解消される=鼻腔が広がるので、胃カメラを鼻に入れやすくなるのです。 ま、つまりそれくらい即効性があって、効果もある(その分連用はダメ)という薬です。 こちら『ナザールスプレー』は、病院で使われる『プリビナ』と同じ成分「塩酸ナファゾリン」が同濃度入っております。 (なお、こちらは塩酸ナファゾリンの単剤ではなく、他の薬効成分も含有されております。 かなり効く人もいれば全然効かない人も。 ですので、「薬を飲んでいる安心感」にもまして重要なのは、「自分で薬の効果をしっかり確認する」ことです。 飲んだ日時、症状が出た時間、症状が収まっている時間、また飲まなかった日はどうだったか。 こういうことを記録していくと、自分にとっての薬の効き具合と、本当にこの薬が必要なのか、どうなのか、他の薬のほうがいいのか?などがより分かると思います。 セルフメディケーションと言うのは「自己管理」を前提にした「自己服薬」の意ですが、それが発展して「専門家への依存(医師にお任せ)からの脱却=市民の自立」というところまで意味するようになるといいな〜、と思っています。 近所のかかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師と相談しながら市販薬を使うとより効果的かもしれませんね。 もちろん、かかりつけ医や、お近くのかかりつけ医・家庭医・プライマリケア医にご相談くださっても結構です。 実は、 医師法第1条にはこう書いてあります。 「 医師は医療および保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって 国民の健康な生活を確保するものとする」 つまり、医師の本分は国民の健康な生活を確保することであって、手術も高度医療も専門知識も病院医療も在宅医療も、国民の健康な生活を確保するための道具でしかないわけです。 そういう意味では、処方薬でも市販薬でも国民の皆様の健康に役立つものであればどちらでも構わないのです。 もちろん、一般の方が市販薬を使うことによるリスクもあります。 しかし、上手に使えばそのリスクを上回る利便性が見込めることもあります。 医療機関の金銭的な利益に惑わされず、そうした提示をすることを厭わないことを旨としたい、僕はそんなふうに考えています。 注:この記事は投げ銭形式です。 医療は誰にでも公平に提供されるべき「社会的共通資本」、 という信念なので医療情報は基本的に無償で提供いたします。

次の