ビーフィーター ジン。 ビーフィーター・ジン

ビーフィーターロンドンドライジン・40度と47度の味の違いや飲み方

ビーフィーター ジン

『 ()』(1751年)で描かれたジン横丁• 頃にのがジュニパーベリーを主体としたスピリッツを作っていた記録があるのが発祥とされる説が現在は有力。 、の医学部教授、が作った解熱・利尿用薬用酒、(: jenever、英語読み: ジェネヴァ)がその起源。 普通に飲んでも美味なため、一般化していった。 、オランダの貴族であったオレンジ公ウイリアム()が国王として迎えられた際に、この酒もイギリスに持ち込まれ、人気を博するようになった。 その際、名前も短く ジンと呼ばれるようになった。 半ばに連続式蒸留器が発明されると、これまでより飛躍的に雑味が少なく、度数の高いスピリッツが蒸留できるようになり、ジンの製法も大きく様変わりした。 原料自体は大きく変わらないが、まずでの高いスピリッツを作り、そこにベリーなどの副材料を加えてする。 これが現在主流である ドライ・ジン( Dry Gin,「ロンドン・ジン」とも呼ばれる)である。 18世紀、に前後してロンドンなどの大都市に労働者が流入しが形成された。 そして、低所得者の間にジン中毒ともいえる現象が起こっていた。 の銅版画『 ()』はこのようなイメージから生まれたものであり、健康的な「ビール通り」と対比した堕落し、悪徳にまみれた街を「ジン横丁」として描いている。 19世紀に入るとジンとそれにまつわる社会悪に関する関心が高まり、1830年代のへと発展していった。 ジンは価格が安いわりにアルコール度数が高く、が早かった。 このため、労働者や庶民の酒、ひいては「不道徳な酒」というイメージがあり、貴族や富裕な紳士、健全な者の飲む酒ではないとされた。 当時、花婿の出費会計書に「ジン」の名が入っていたことを知った花嫁の親が婚約を解消したという逸話があるほどである。 19世紀後半を舞台としたにおいても、(探偵であり警察官とも対等に接する)と(医者)と言った社会的地位を持つ登場人物がジンを口にするシーンはない。 対照的に、「」において、へ向かうワトソンがジンを提供する酒場の間の道を通っていくシーンがある事からも、当時のロンドンにおけるジンの扱い・イメージがうかがい知れる。 一方で、現在まで続くジンの銘柄の創業者であるチャールズ・タンカレーが1830年、高級なジン造りを志してロンドンに蒸留所を起こした。 これ以降、品質やイメージは徐々に向上していった。 20世紀にはカクテルベースとして上流階級の間でも一般的になり、名門貴族の出であるなどは、ほとんどストレートのジンに近い特注のを愛飲していたという。 日本で初めてジンが蒸留されたのは、で本国を失い補給を絶たれた長崎のオランダ人のために、所のが文化9年(1812年)にオランダ人の協力を得てジンや、を作ったのが始まりと言われている。 当時だったの『日本回想録』にはその時の経緯と、ネズの匂いが強すぎてあまりいい出来ではなかったという感想が記されている。 21世紀以降 [ ] 近年では、2008年にシップスミス蒸留所がで200年ぶりに銅製の蒸留器を稼働して大きな話題となった事が切っ掛けで英国内でジンの流行が始まり、小規模な蒸留所による高品質・個性的なジンがに倣って「クラフト(職人・工芸)ジン」と呼ばれるようになった。 2008年には英国内に12しかなかったジン蒸留所は2018年には450以上にもなった。 そして世界的なの原酒不足もあって、英国内でのジンの流行が世界的な流行に繋がり、日本でもクラフトジン専門の蒸留所が新設されたり、・のがジン製造に参入し始めている。 これにより日本のジン輸出額が急拡大し、2017年には対前年比で43倍の6億4千万円を輸出し、翌2018年には対前年比3倍となる19億9千万円を輸出し、ほぼ皆無であったジンの輸出がわずか2年で焼酎の輸出額を超えて、蒸留酒としてはに次ぐ輸出額となった (2018年輸出額 : 日本酒222億円、ウイスキー150億円、ビール129億円、焼酎15億円 )。 また日本のジン輸入額も増加しており、2016年に約19億円と過去最高となった。 2020年、日本において、新型コロナウィルスSARS2の流行によりクラフトビールが売れ残る事態が続出。 続いてビールからジンを作り出す運動が発生した。 種類 [ ] ボンベイ・サファイア ドライ・ジン(Dry Gin) ロンドン・ジン、イングリッシュ・ジンなどとも呼ばれイギリス、ロンドンが主産地。 日本でも2016年からジン専門の京都蒸溜所が製造・販売を始めた。 イェネーバ() 現在でもオランダで作られている、より原型に近いジン。 オランダ・ジンとも呼ばれる。 原料を、した液体に副材料を加え、単式蒸留する。 シュタインヘーガー() 生のジュニパーベリーを発酵して作られる、産のジン。 ドライ・ジンよりは控え目な風味を持つ。 () ドライ・ジンが作られるようになる以前、雑味を抑えるためにを加えたジン。 のは本来このジンを材料とする。 類似 [ ] (Sloe Gin) ジンで使われるジュニパーベリーの代わりにスローベリー(Sloe berry、の果実)を副材料とするアルコール。 「ジン」と名が付いてはいるが、ではなくの一種となる。 主な銘柄 [ ]• ウィルキンソン WILKINSON• エギュベル AIGUEBELLE (フランス)• GILBEY'S• ケンジントン KENSINGTON• CORK(アイルランド)• GORDON'S• シーグラム SEAGRAM'S• TANQUERAY• DE KUYPER• バーネット BURNET'S• BEEFEATER• VICTORIAN VAT• ピムリコ PIMLICO• ブース BOOTH'S• BOODLES• ブラックウッズ BLACKWOOD'S• PLYMOUTH• ブルームズバリ BLOOMSBURY• HENDRICK'S• ボタニスト BOTANIST• BOLS (オランダ)• BOMBAY• ライデン LEYDEN (オランダ)• ジネブラ・サン・ミゲル GINEBRA SAN MIGUEL(フィリピン) ジンを使った主なカクテル [ ]• 脚注 [ ] []• , pp. 82-85. , pp. 98-100. 鈴木晋一 『たべもの史話』 小学館ライブラリー、1999年、pp162-163• 食品産業新聞社 2019年2月20日• 国税庁 2019年2月20日• 『産経新聞』朝刊2018年11月30日(生活面)• 朝日新聞デジタル. 2020年5月9日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ウィスク・イー, 2016年8月 , 2017年3月24日閲覧。 WHISKY Magazine Japan. 2016年11月23日. 2017年3月24日閲覧。 参考文献 [ ]• 『酒場の文化史』 〈〉、2009年。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

「ビーフィーター ピンクストロベリー」新発売 2019年5月14日 ニュースリリース サントリー

ビーフィーター ジン

ペルノリカール社が所有し、日本ではサントリーが販売しています。 クリアな味わいが人気で、マティーニやジントニックなど カクテルのベースとして、バーでは重宝する銘柄です。 通常シリーズなら1,000円前後と、比較的値段が安いのも人気の秘訣でしょう。 日本のバーでは基本的に置いてある銘柄であるため、4位という結果はちょっと意外かもしれません。 みなさんもよく知る「 ボンベイ・サファイア」はボンベイシリーズの一つで、もちろんこの売り上げに含まれています。 他にはボンベイ・ドライ、高級シリーズのスター・オブ・ボンベイがあります。 日本での販売は、バカルディ・ジャパンとの提携のもとサッポロが行なっています。 ビーフィーター同様にクリアな味わいですが、ボンベイはより香り高く、華やかなスタイルが特徴。 ブルーに輝く ボトルデザインの美しさが、人気に一役買っていることは間違いないでしょう。 所有するのは世界一シェアを誇る蒸留酒メーカーである ディアジオ社です。 ディアジオ社IRより 日本ではキリンが販売を行っています。 値段は1,000円前後とビーフィーターと同等程度で安めの設定。 によると、ゴードン・ジンは 世界で初めてジントニックを生んだ銘柄とされています。 そんなゴードン・ジンは、ロンドン・ドライ・ジンの伝統的な製法で作られるスタンダードな辛口ジンです。 ちなみにイギリス国内では、日本で販売されている透明ボトルではなく緑色のボトルで販売されています。 ヒネブラ・サン・ミゲルという名を聞いて、ピンと来る方は決して多くはないでしょう。 そもそもフィリピンのジン?といった感じなのでは? しかし実は、南国フィリピンはかなりの酒豪国家なのです。 なかでもジンは庶民のお酒として親しまれ、その 消費量はなんと世界一を誇ります。 調べ そのフィリピンで作られている大衆向けのジンが、この ヒネブラ・サン・ミゲルで、だからこそこんなにも売れているのです。 この銘柄を所有するのはフィリピンの巨大総合商社「サン・ミゲル」 サンミゲルといえば、日本ではビールが有名で、ご存知の方も多いでしょう。 しかし残念ながら、このジンは現在日本では基本的に購入できません。

次の

【熟成】ビーフィーター・ジン~BEEFEATER GIN~

ビーフィーター ジン

『 ()』(1751年)で描かれたジン横丁• 頃にのがジュニパーベリーを主体としたスピリッツを作っていた記録があるのが発祥とされる説が現在は有力。 、の医学部教授、が作った解熱・利尿用薬用酒、(: jenever、英語読み: ジェネヴァ)がその起源。 普通に飲んでも美味なため、一般化していった。 、オランダの貴族であったオレンジ公ウイリアム()が国王として迎えられた際に、この酒もイギリスに持ち込まれ、人気を博するようになった。 その際、名前も短く ジンと呼ばれるようになった。 半ばに連続式蒸留器が発明されると、これまでより飛躍的に雑味が少なく、度数の高いスピリッツが蒸留できるようになり、ジンの製法も大きく様変わりした。 原料自体は大きく変わらないが、まずでの高いスピリッツを作り、そこにベリーなどの副材料を加えてする。 これが現在主流である ドライ・ジン( Dry Gin,「ロンドン・ジン」とも呼ばれる)である。 18世紀、に前後してロンドンなどの大都市に労働者が流入しが形成された。 そして、低所得者の間にジン中毒ともいえる現象が起こっていた。 の銅版画『 ()』はこのようなイメージから生まれたものであり、健康的な「ビール通り」と対比した堕落し、悪徳にまみれた街を「ジン横丁」として描いている。 19世紀に入るとジンとそれにまつわる社会悪に関する関心が高まり、1830年代のへと発展していった。 ジンは価格が安いわりにアルコール度数が高く、が早かった。 このため、労働者や庶民の酒、ひいては「不道徳な酒」というイメージがあり、貴族や富裕な紳士、健全な者の飲む酒ではないとされた。 当時、花婿の出費会計書に「ジン」の名が入っていたことを知った花嫁の親が婚約を解消したという逸話があるほどである。 19世紀後半を舞台としたにおいても、(探偵であり警察官とも対等に接する)と(医者)と言った社会的地位を持つ登場人物がジンを口にするシーンはない。 対照的に、「」において、へ向かうワトソンがジンを提供する酒場の間の道を通っていくシーンがある事からも、当時のロンドンにおけるジンの扱い・イメージがうかがい知れる。 一方で、現在まで続くジンの銘柄の創業者であるチャールズ・タンカレーが1830年、高級なジン造りを志してロンドンに蒸留所を起こした。 これ以降、品質やイメージは徐々に向上していった。 20世紀にはカクテルベースとして上流階級の間でも一般的になり、名門貴族の出であるなどは、ほとんどストレートのジンに近い特注のを愛飲していたという。 日本で初めてジンが蒸留されたのは、で本国を失い補給を絶たれた長崎のオランダ人のために、所のが文化9年(1812年)にオランダ人の協力を得てジンや、を作ったのが始まりと言われている。 当時だったの『日本回想録』にはその時の経緯と、ネズの匂いが強すぎてあまりいい出来ではなかったという感想が記されている。 21世紀以降 [ ] 近年では、2008年にシップスミス蒸留所がで200年ぶりに銅製の蒸留器を稼働して大きな話題となった事が切っ掛けで英国内でジンの流行が始まり、小規模な蒸留所による高品質・個性的なジンがに倣って「クラフト(職人・工芸)ジン」と呼ばれるようになった。 2008年には英国内に12しかなかったジン蒸留所は2018年には450以上にもなった。 そして世界的なの原酒不足もあって、英国内でのジンの流行が世界的な流行に繋がり、日本でもクラフトジン専門の蒸留所が新設されたり、・のがジン製造に参入し始めている。 これにより日本のジン輸出額が急拡大し、2017年には対前年比で43倍の6億4千万円を輸出し、翌2018年には対前年比3倍となる19億9千万円を輸出し、ほぼ皆無であったジンの輸出がわずか2年で焼酎の輸出額を超えて、蒸留酒としてはに次ぐ輸出額となった (2018年輸出額 : 日本酒222億円、ウイスキー150億円、ビール129億円、焼酎15億円 )。 また日本のジン輸入額も増加しており、2016年に約19億円と過去最高となった。 2020年、日本において、新型コロナウィルスSARS2の流行によりクラフトビールが売れ残る事態が続出。 続いてビールからジンを作り出す運動が発生した。 種類 [ ] ボンベイ・サファイア ドライ・ジン(Dry Gin) ロンドン・ジン、イングリッシュ・ジンなどとも呼ばれイギリス、ロンドンが主産地。 日本でも2016年からジン専門の京都蒸溜所が製造・販売を始めた。 イェネーバ() 現在でもオランダで作られている、より原型に近いジン。 オランダ・ジンとも呼ばれる。 原料を、した液体に副材料を加え、単式蒸留する。 シュタインヘーガー() 生のジュニパーベリーを発酵して作られる、産のジン。 ドライ・ジンよりは控え目な風味を持つ。 () ドライ・ジンが作られるようになる以前、雑味を抑えるためにを加えたジン。 のは本来このジンを材料とする。 類似 [ ] (Sloe Gin) ジンで使われるジュニパーベリーの代わりにスローベリー(Sloe berry、の果実)を副材料とするアルコール。 「ジン」と名が付いてはいるが、ではなくの一種となる。 主な銘柄 [ ]• ウィルキンソン WILKINSON• エギュベル AIGUEBELLE (フランス)• GILBEY'S• ケンジントン KENSINGTON• CORK(アイルランド)• GORDON'S• シーグラム SEAGRAM'S• TANQUERAY• DE KUYPER• バーネット BURNET'S• BEEFEATER• VICTORIAN VAT• ピムリコ PIMLICO• ブース BOOTH'S• BOODLES• ブラックウッズ BLACKWOOD'S• PLYMOUTH• ブルームズバリ BLOOMSBURY• HENDRICK'S• ボタニスト BOTANIST• BOLS (オランダ)• BOMBAY• ライデン LEYDEN (オランダ)• ジネブラ・サン・ミゲル GINEBRA SAN MIGUEL(フィリピン) ジンを使った主なカクテル [ ]• 脚注 [ ] []• , pp. 82-85. , pp. 98-100. 鈴木晋一 『たべもの史話』 小学館ライブラリー、1999年、pp162-163• 食品産業新聞社 2019年2月20日• 国税庁 2019年2月20日• 『産経新聞』朝刊2018年11月30日(生活面)• 朝日新聞デジタル. 2020年5月9日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ウィスク・イー, 2016年8月 , 2017年3月24日閲覧。 WHISKY Magazine Japan. 2016年11月23日. 2017年3月24日閲覧。 参考文献 [ ]• 『酒場の文化史』 〈〉、2009年。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の