アロエ の 効能。 アロエが持つ5つの効能で肌を綺麗にしよう — みんな健康

アロエの効能とは?美容や健康に効果のある成分や使い方の種類を解説!

アロエ の 効能

お好きなところからどうぞ• キダチアロエ茶とは? 『医者いらず』として健康に良いとブームになって、今ではすっかり定番となったアロエ。 化粧品や、ヨーグルト食品に含まれる食材としても知られていますね。 また、ちょっとした火傷や切り傷などにも、鉢植えのアロエの汁を患部に塗ると抗菌作用によって治りが早くなります。 アロエは、ススキノキ科ツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称で、現在までに500種以上が知られています。 日本の家庭で鉢植えとして見られるのは、『 キダチアロエ』と『 アロエベラ』の2種類が多いようです。 『キダチアロエ』は、その『木立ち』の名の通り茎が伸びて立ち上がり、成長につれ枝は多数に分かれていくのが特徴です。 アロエの中では、寒さに強い品種であるため、日本全国で育てることが可能です。 ただし、寒さに強いとはいえ、キダチアロエも水分を多く含んでいますので寒冷地の冬場は、室内で育てることをおすすめします。 また、キダチアロエは繁殖力も強いため、挿し木などで簡単に増やすことが可能です。 こちらは、キダチアロエに比べると寒さに弱いという特徴がありますが、キダチアロエに比べ葉が肉厚なため、加工品としてエキスを絞ったり、ヨーグルトなど入れる果肉には、このアロエベラの葉が使われています。 キダチアロエ、アロエベラ、それぞれに含まれる成分には多少の違いがあります。 キダチアロエには、アロエベラにない、『 アロエウルシン』、『 アロエチン』、『 アロエニン』の3種類の成分が含まれています。 逆に、アロエベラに含まれていて、キダチアロエにはない成分は、抗菌・利尿作用などがあるサポニンがあります。 キダチアロエ、アロエベラ、共に多くの薬効がありますが、 『アロエ茶』として飲まれているのは、主にキダチアロエを使ったもので、含まれている成分や、その効能効果には様々なものがあります。 キダチアロエ茶の成分は? キダチアロエには、次のような成分が含まれています。 アロイン(バルバロイン)• アロエエモジン• アロエチン• グルコマンナンアロエウルシン• アロエニン• アロミチン• アロエレクチン• アルボランA• アルボランB• 葉緑素• ビタミンA• ビタミンB12• ビタミンC• ビタミンE• カリウム• 鉄分 キダチアロエ茶の効能効果 健胃効果 キダチアロエの苦み成分であるアロインやアロエモモジンの働きで、胃酸の分泌をコントロールして、胃酸過多による胃もたれ時には胃酸を抑え、反対に食べ過ぎた時には胃酸を増やすなどの効果があります。 胃炎の改善 キダチアロエ茶のアロエウルシンの働きにより、傷ついた胃や腸の粘膜の炎症を抑え、治りを早めるといわれます。 糖尿病改善効果 キダチアロエ茶は、アルボランA、アルボランBの働きにより、血糖値を下げることで糖尿病を改善する効果が期待されています。 便秘改善効果 キダチアロエ茶のアロインの緩下作用や瀉下作用の効果によって、便に水分を含ませ腸を刺激し動きを活発にすることから便秘に効くといわれています。 美肌効果 キダチアロエ茶には、ビタミンが多く含まれています。 皮膚を健康に保つビタミンA、シミやそばかすを防ぐビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンEなどによって、美肌効果が期待できます。 また、じんましんや湿疹の回復にも効果があると言われています。 がん予防効果 キダチアロエ茶に含まれる、免疫力を高めるアロミチン、強い抗菌作用のアロエチンの働きにより、ガンを予防する効果が期待されています。 ダイエット効果 アルボランという成分が新陳代謝を促進し余分に脂肪を燃やすことで、ダイエットや肥満の予防の効果が期待できます。 その他 キダチアロエ茶には、二日酔いの予防改善、免疫力を上げて風邪などを予防したり、痔の改善などの効果が期待できます。 また、下痢などの時にも、キダチアロエ茶の解毒作用から効果があると言われています。 キダチアロエ茶には、貧血予防に効果のある鉄分や、利尿作用があるカリウムなどのミネラルも含まれています。 キダチアロエ茶の副作用 キダチアロエ茶はノンカフェインですが、子宮収縮の作用や子宮充血の作用があるため、 妊娠中の方は避けた方が良いでしょう。 同時に、子宮が充血する恐れがあるので、 月経中の場合も摂取も控えたほうが無難です。 また、現在、知られているアロエの副作用には激しい下痢や腹痛、結腸 大腸の一部 に穴が開く・出血、それに腎臓障害があります。 お茶の場合は、直接食べる場合に比べると効果が穏やかなため、神経質になる必要はありませんが、念のため、『キダチアロエ茶』を飲用する際にも適量を守りましょう。 アレルギー体質の場合、稀にキダチアロエ茶でアレルギー症状が出る場合もありますから、ご注意ください。 キダチアロエ茶のレシピと飲み方 もし、ご自宅にキダチアロエの鉢植えがあるようでしたら、簡単にキダチアロエ茶が手作りできます。 煮出す場合は、水1リットルにつきティースプーン 2杯程度をいれて、お好みの濃さになるまで火にかけます。 市販品のキダチアロエ茶の場合は、商品の取り扱いに従って入れてください。 身体に良い効果効能がたくさんあるキダチアロエ茶ですが、そのまま単品で飲むには、味が苦くてあまり美味しくありません。 他の茶葉などとブレンドすることで、美味しくいただくことができますよ。 手軽な所では、緑茶やウーロン茶、麦茶などが良いでしょう。 もし、お好きなハーブティがあるのなら、お好みの量でブレンドしてみると良いでしょう。 もし、単品で飲む場合は、はちみつなどで甘みをつけると飲みやすくなりますよ。 キダアロエ茶まとめ 『医者いらず』と言われ、傷に塗っても、そのまま食べても健康にメリットのあるアロエ。 数ある種類の中でも日本で育てやすいキダチアロエを使った『キダチアロエ茶』にも、 身体に良い効果効能がたくさんあります。 ただし、子宮収縮の作用があるため、妊婦の方は飲用を控えた方が良いでしょう。 また、アロエの摂り過ぎによる副作用もあるようです。 お茶の場合は、そこまで神経質になる必要はありませんが、適量を飲用すると良いでしょう。 自宅でも簡単に育てることのできるキダチアロエを使って作れる、キダチアロエ茶のレシピをご紹介したので参考していただけたらと思います。

次の

アロエ(キダチアロエとアロエベラ)

アロエ の 効能

アロエの効果、効能・胃腸や肝臓にも良い影響が! キダチアロエは別名 「医者いらず」とも 呼ばれており、様々な効果があるといわ れています。 胃腸や肝臓にはどのような効能がある のでしょうか。 まず、注目したいのが 健胃整腸作用です。 キダチアロエの アロインという成分が、 胃粘膜を刺激し、消化酵素のペプシンの 分泌を促します。 胃の働きをサポートしてくれるとともに 弱った機能を回復させる力もあります。 その他、胃炎や胃潰瘍などを治癒に導く 抗炎症作用もあります。 アロエといえば、 火傷の治療という イメージがあるのは、この抗炎症作用 が強いからです。 炎症を抑えるということは、患部の熱 を奪い、正常化していく力があるという ことです。 また、腸管を刺激し、排便を促す効果も あるため、 便秘解消や 大腸ガンの予防に も繋がるといわれています。 女性のガンで死因の第一位となっている のが大腸ガンなので、便秘はかなり深刻 な問題と考えるべきでしょう。 さらに、 肝臓にも嬉しい効能があると いわれています。 キダチアロエには、二日酔いの原因と なっている アセトアルデヒドの分解を 促進させる働きがあります。 人間はアルコールを摂取すると、肝機能 によりアセトアルデヒドに分解しますが、 これは非常に 毒性が強い物質です。 血流に乗って頭に回るため、次の日の朝 まで頭がクラクラすることも多いですね。 日本人はもともとアルコール耐性が弱く、 欧米人に比べ、お酒に弱いです。 アセトアルデヒドをさらに分解する力が 弱いからとも考えられており、これを 助ける働きのあるアロエは、肝臓の強い 味方ですね。 また、 肝細胞(肝実細胞)を活性化させる 働きもあるため、ドリンクなどで摂取する と肝機能も高まりそうです。 アロエの効果、効能・髪の毛の育毛にも効く? 実は、アロエは 髪の毛にも良い効果が あるとされています。 アロエエキスを頭皮に付けると、新陳代謝 を促進し、血行を良くするため、 育毛にも 役立ちます。 また、直接塗るだけでなく、口から摂取 することで、血液を浄化して育毛・養毛 を促す効能が期待できます。 【外用の場合】 アロエのゼリー状の部分に多く含まれている アロインは、血行促進や殺菌効果、新陳代謝 の促進にも効果があります。 頭皮状態を改善する作用を持つため、薄毛 だけでなく、白髪予防にも役立ちます。 アロエエキスと精製水を1:2の割合で混ぜた 自家製トニックは、頭皮に付けてマッサージ をすると威力を発揮します。 【内服の場合】 血液を綺麗にする成分が含まれているので、 美味しくいただいたり、エキス入りジュース を飲んでも頭皮の健康に影響します。 市販のジュースなどでも良いですが、自宅で 栽培している人は、自家製の アロエハチミツ や アロエ酒を作るのもおすすめです。 皮を使用しないようにすると、飲みやすく なるのも嬉しいですね。 いずれにしても、頭皮環境の改善には 多少時間がかかるものです。 髪の毛には生え変わりの サイクルもあるので、 決められた容量の範囲で、長く続けることが 大切です。 育毛や養毛に関心のある方は、試してみるのも 良いでしょう。 アロエの効果、効能・副作用もある? アロエは、火傷の治療効果をはじめ、様々 な効能を持つといわれています。 そこで気になるのが、思わぬ 副作用が出たり しないかという点です。 アロエの 過剰摂取は、激しい下痢や腹痛を 引き起こしたり、大腸の一部に穴が開くと いった症例もあるようです。 また、腎臓の障害が起きたりと、著しい健康 被害が見られ、なかには 死亡例まであると いわれています。 これには、キダチアロエの下剤成分である バルバロインの他、アロインの摂取量も関与 しています。 したがって、摂取量には十分注意する必要 があります。 1日の許容摂取量はキダチアロエの葉で15g、 アロエベラは60gまでです。 粉末エキスなどを購入した場合も、 成分表示や 注意書きは必ず目を通して下さい。 女性の場合、アロエエキスには 月経周期を 早めたり、妊婦さんが 流産を起こす危険性も あると指摘されています。 僅かな量では問題ありませんが、なるべく 生理中、妊娠中の場合は控えたほうが良い かもしれませんね。 また、腎臓に障害がある方や過敏性腸症候群 などがある方は、意図的に避けるべきです。 必要以上にお腹が緩くなってしまうことも 考慮しておきましょう。 その他、12歳以下の 子供の場合も、与えない ほうが良いとされています。 こうして副作用を見ると 「怖いもの」と思い がちですが、あくまで過剰に摂取した場合や、 妊娠中などの話です。 ドリンクやヨーグルトなどには濃厚なエキス は含まれていないため、大きな問題はありま せん。 肝臓や腎臓などに何らかの障害がある方は 専門医に相談しておくことも大切ですね。

次の

アロエベラの効能と効果に驚き!美肌と美容に最強の成分を徹底調査

アロエ の 効能

アロエ(キダチアロエの葉)の効果効能や特徴についてまとめた健康茶専門店の健康茶効果効能ガイドページです。 アロエ茶について気になる事や知りたい事などがございましたら是非ご活用下さい。 アロエ(キダチアロエ)茶は以下の様な予防や改善を望む方に人気の健康茶です。 ダイエット・肥満防止• 美肌・美白、肌荒れや皮膚炎(じんましん、湿疹など)予防• 胃腸病(慢性胃炎、胃潰瘍、むかつきなど)予防• 高・低血圧予防• 二日酔い改善• 解毒・便秘解消・下痢止め• ぜんそく予防 アロエ(キダチアロエ)の特徴 アロエは医者要らずと呼ばれ、わたし達にもなじみの深い植物です。 アロエボランという成分が新陳代謝を促進し余分に脂肪を燃やすことで 肥満の改善や予防としても人気のお茶です。 また肌荒れ改善など美肌目的で利用する方も多く、女性に人気。 さらには二日酔いや風邪の予防など様々な目的で利用される人気のお茶です。 おいしい飲み方 やかんに水600mlにつき大さじ1杯~2杯を入れ、沸騰後泡が持続する程度の、とろ火で7分~8分煮詰めます。 急須の場合は大さじ1~2杯を入れ熱湯を注いでお好みの濃さになるまで蒸らせばOK。 キダチアロエには子宮収縮促進作用があります。 お茶の場合、直接食べる場合に比べ摂取量は非常に少ないので神経質になる必要はありませんが、生理中や妊婦さんの過剰な摂取はお控え下さい。 また味も苦くアロエ茶単品では美味しくない為、他の茶葉とのブレンドティーなどで割合を薄くする事でより安心して美味しく頂けます。 詳細と効果・効能 名称 キダチアロエ 科名/属名 ゆり科 / アロエ属(アロエ属に属する多年草) 学名 Aloe arborescens(アロエ アルボレスケンス) 和名 木立アロエ(きだちあろえ) 生薬名 蘆薈(ロエ) ハーブ名 Aloe(アロエ)、Candelabra aloe(キャンドラブラアロエ) 産地/分布 南アフリカ原産(世界各地で栽培) 採取/製法 成長したキダチアロエの葉を輪切りにして乾燥します。 部位/形状 キダチアロエの葉 成分 アントラキノン配糖体のアロイン(aloin)、バルバロイン barbaloin 、アントラキノンのアロエエモジン(aloemodin)、サルチル酸化合物(salicylate components)乳酸マグネシュウム(nagnesiun lactate)、ベーターシトステロール、アロエチン、グルコマンナンアロエウルシン、アロミチン、アロエレクチン、葉緑素、サポニン、ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE カフェイン ノンカフェイン 効果・効能 美白、緩下、抗菌、抗炎症、抗潰瘍、抗腫瘍、抗アレルギー、抗凝固、緩下活性、殺菌 適応 便秘、便秘に伴う諸症状、頭重、のぼせ、肌荒れ、吹き出物、食欲不振、腹部膨満、腸内異常発酵、痔、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、花粉症、鼻炎、歯槽膿漏〔歯周病〕、動脈硬化、口内炎、 香りと味覚 アロエ茶は青臭い臭いと苦味で単体で飲む分では美味しいものではありません。 よってその他のハーブや茶葉とのブレンドで利用される事をお勧め致します。 正しい飲み方 アロエには高い効果がある一方で大量に使用すると、子宮収縮の作用や腹痛を起こしたりする場合があります。 お茶の場合は直接食べる場合に比べて効果が穏やかなのでさほど意識する必要はありませんが「衰弱気味の方」「月経中の方」「妊娠中」の方は摂取を控えられるか、他の茶葉とのブレンドでアロエの割合を少なくしてお楽しみください。 当社効果・効能ガイドは茶葉に関する専門書などを参考に当社が取りまとめた情報を記載しております。 ここで記載されている内容は一般的に知られる効果・効能であって、当社が販売する商品の効果・効能を保障するものではなく、あくまでも個々の素材の特徴を知る上での参考情報としてご活用頂ければ幸いです。

次の