縦 書き かぎ かっこ。 楽々かっこ:かっこ書きがある法令・条文等の文章を読みやすく

カッコを単語登録して楽に入力する! 最も効率の良い方法

縦 書き かぎ かっこ

原稿用紙の書き方基礎知識!「かぎかっこ」の使い方 「かぎかっこ」は、 以下のような使い方があります。 ・会話を表すとき ・気持ち(思ったこと)を表すとき ・言葉の意味の限定を表すとき ・言葉の意味を強調するとき 本などを読むとき、 上記にある4つを意識して 見てみてください。 会話文での「かぎかっこ」の使い方 会話文の「かぎかっこ」は、 閉じかぎかっこと同じマスに 句点(。 )を書きます。 また、 会話文は改行して書き、 閉じかぎかっこに続く文章も改行するのが 原則です。 会話文以外での「かぎかっこ」の使い方 会話文以外の「かぎかっこ」は、 文章の中にそのまま書いてOKです。 改行などの必要はなく、 閉じかぎかっこにも 句点(。 )はいりません。 原稿用紙で「かぎかっこ」の位置が行末に・・・こんな時はどうすればいいの? 原稿用紙に文字を書いていくと、 「かぎかっこ」内の最後の文字が 行末に来る場合があります。 これは次の段落に書くべきなのか、 それとも納めるように 書くべきなのか迷いますよね。 最後の文字が行末に来る場合は、 行末の文字と同じマス目に書くか、 欄外に書くようにしましょう。 学校での指導にもよりますが、 基本的には行末の文字と 同じマス目に書くのがいいでしょう。 「かぎかっこ」の使い方や段落については、 学校の指導によって変わることがあります。 一般的には、新しい段落の冒頭に 一マス開ける、などはあまりないのですが 不思議なことに小中学生で 一マス開けなければならないことが多いです。 なので、お子さんの 作文の手伝いなどをする場合は、 どういった指導を受けているのか 確認するといいでしょう。 まとめ 「かぎかっこ」の使い方などを ご紹介しましたが、いかがでしたか? 「かぎかっこ」の使い方は、 小中学生ルールがあるので 覚えておきましょう。 できれば、 どういった指導を受けているのか 確認するところから始めてみてください。 基本的なことさえ知れば、 わからない部分も教えやすくなりますよ! 「かぎかっこ」の使い方について 気になる方は、参考にしてみてください。 「かぎかっこ」の書き方は分かりましたが、 まだまだよく分からないものはありませんか? 西暦やお金の金額などの 数字の書き方って、 どうやって書くんでしょう? また、 縦書きや 横書きで違いはあるのでしょうか? その辺りのお話を別の記事で解説しております。

次の

原稿用紙の縦と横で変わるのは?句読点やかぎかっこに注意

縦 書き かぎ かっこ

カッコを使うときのルール カッコの種類を見てきましたが、今度は カッコを使うときのルールを見ていきましょう。 カッコは全角で使う これらのカッコは原稿用紙の中で使うときには1マスに書きます。 それと同じ要領で、パソコンで入力するときもほかの日本語と同じく 「全角」で入力しましょう。 こちらは半角で丸カッコを使ってみた例です。 わたしが大好きな食べ物はピザ とくに青カビチーズのやつ だ。 なんというか窮屈ですよね? 大きさも合っていないし……。 半角カッコを使ってる人で、前後に半角スペースを挟んでいるのを見かけますが、それだったら 最初から全角を使いましょう。 わたしが大好きな食べ物はピザ (とくに青カビチーズのやつ )だ。 全角を使っていれば、半角スペースなどで調整しなくてもきれいに見えます。 ヨス もちろん、 英文の中で使うときには「半角」にしますよ。 「カッコ閉じ」の前の句読点は省く そして、もう1つ大きなルールが 「カッコ閉じ」の前には句読点を打たないということです。 原稿用紙のときには、同じマスの中に「読点( 、)」と「句点(。 )」を入れることができました。 同じようにパソコン上でやってしまうとどうでしょうか? オレは彼と河川敷で殴り合ったあと 「おめェ、なかなかやるな。 」と言った。 どうでしょうか? 見栄え的に余白が空きすぎますよね? 今度は、「句点(。 )」を省略してみます。 オレは彼と河川敷で殴り合ったあと 「おめェ、なかなかやるな 」と言った。 こっちの方がしっくりきます。 ふつうの丸カッコの場合も同じです。 このスマホ (昨日買ったやつね。 )は最高のガジェットだ。 どうですか? わたし的には果てしなく違和感があるのですが……。 このスマホ (昨日買ったやつね )は最高のガジェットだ。 「カッコ閉じの前には句読点を置かない! 」ということを覚えておいてください。 ヨス あ、でも「! 」や「? 」はふつうに置きますよ。 カッコの使い分け では、いよいよ カッコの使い分けについてです。 パソコンで文章を20年以上書いているわたしが、実際にやっている 「カッコ」の使い分けを紹介します。 丸カッコ ( ) まずは「 丸括弧 まるかっこ 」です。 カッコの中でも最もメジャーですよね。 単に「カッコ」と言ったときには「丸カッコ」を表すぐらいですから。 丸カッコは、基本的には 「補足情報」を足すという使い方が多いです。 1わかりやすくするための補足を入れるとき まずは基本である 「補足情報」を入れるときの使い方からです。 わたしはWi-Fi専用のiPadと iPod touch (電話機能のないiPhone)を持っていて、Pocket WiFiを使って、ネット接続をしています。 「iPod touch」を知らない人が多いと思われるため、 丸カッコで補足情報を簡単に足しています。 2「絶対的な表現」を入れたいとき 次に紹介するのは、「相対的な表現」と「絶対的な表現」の両方を提示したいときの丸カッコです。 ヨス なんかややこしい表現だぞ! ややこしくてすみません、簡単に言うとこういうことですね。 昨日 (2019年3月29日)が、わたしの43歳の誕生日だった。 「昨日」という表現は相対的な言葉なので、読んだ日によって変わっちゃいます(笑)。 ほかにも、何かの手順を紹介している記事でも使えますよ。 お次は、 先ほどのファイル (dragonball. txt)を開いてください。 3読みがな・訳を入れるとき 丸カッコは、読みがな・訳を入れるときにも使えますよね。 BetterTouchTool (ベタータッチツール)というアプリがなければ、わたしはMacを使えないだろう。 一般的に「これ、なんて読むの?! 」という漢字や外国語にはぜひ入れたいところ。 Hello. My name is Yos. (こんにちは。 わたしの名前はヨスです) 補足ですが、を使ったネットの文章で読みがなを入れるときは を使うのもオススメです。 修飾表現というのは、下記の例のような「 どんなペンか? 」をくわしく伝える表現ですね。 私のペン• 1週間前に父に買ってもらったペン ときどき、 過剰に修飾しまくった残念な文章を見かけませんか? 例えばこんな文。 なんと、 高校のときに担任だった先生のわたしと同い年のいとこが、このブログの読者だったんです! 上の文章を分析すると、結局のところ「いとこ」が主語です。 これを丸カッコを使って見やすくしてみますね。 なんと、 高校の時の担任だった先生のいとこ (わたしと同い年)が、このブログの読者だったんです! 情報の重要度を考えて、 重要度の低いもの(補足情報)を丸カッコに入れました。 文章が長ったらしくて読みにくいときは、丸カッコに収められないか検討してみて下さい。 ヨス ただし、何でもかんでもカッコに入れるのではなく、 不要な情報なら省くことも大切です。 5心の中のセリフを表現するとき あと、 心の中のセリフを表現するときにも丸カッコは使われますよね。 わたしはブログを書くために生まれてきたのだ! (なぁ〜んてな) これはあまり多用するとウザいので注意が必要ですよ。 カギカッコ 「 」 今度は「 鉤括弧 かぎかっこ 」です。 わたしは特に大好きで、この記事の中でもバンバン使っていますよね。 では、「カギカッコ」の使い方を紹介します。 1誰かのセリフを表現するとき カギカッコと言えば、 基本は「会話文」ですよね。 ヨスは突然、 「お願いです! この記事をSNSでシェアして下さい!! 1回でいいからバズってみたいんッス!! 」と泣きながら叫んだ。 ヨス 「カギカッコ」で囲むことで「ここを強調している」という こちらの意図が伝わりやすくなりますよね。 4分かりづらい固有名詞 商品名、ソフトウェア名、ブログの中のページタイトルを始めとする 固有名詞には必要に応じて「カギカッコ」を付けます。 ほら、最近の固有名詞には「これって名前なの?! 」というものが多いんですよね。 いきなり!ステーキとか考えた人すごいわとか、最近のお店の名前はおもしろいなぁ。 ほら、上のように「カギカッコ」がないと、すっごく分かりづらいです。 意味がわからない文になっていますよね。 そこで、お店の名前2つをカギカッコで囲むと 単語と単語の境目が強調され、見やすくなります。 「いきなり!ステーキ」とか 「考えた人すごいわ」とか、最近のお店の名前はおもしろいなぁ。 ヨス ちなみに「考えた人すごいわ」はパン屋さんの名前です。 注目しなくていい場所には、あえてカギカッコを使わないこともできます。 iPadのお絵描きにかかせないのが 「Procreate」というアプリです。 ここで注目したいのは「iPad」はカギカッコに入っていないという点です。 ここで注目して欲しいのは「」だからです。 5単語の境目がわからないとき 文中で、 どうしてもひらがなが続かざるをえないときがあります。 すっごく読みづらい! 文中で、どうしても 「ひらがなが続かざるをえないとき」があります。 ほかにも、 記号とか数字が 文章の中で埋没するときにも使っています。 AとBのどちらが好きですか? 上の例文では「 A 」と「 B 」が文章の中に埋没してしまって見づらいです。 「A」と 「B」のどちらが好きですか? どうでしょうか? 一気に見やすくなったのではないでしょうか。 下の例のように「かぎかっこ」の内側に半角スペースを入れてやると、さらに見やすくなります。 「 A 」と 「 B 」のどちらが好きですか? 6いつもと違う使い方をするとき そして、ある言葉について「 通常とは違った使い方」をするときにもカギカッコを使っています。 説明が難しいので、例を見た方が早いですね。 ふつうは「絶対・必ず」という意味で使いますが、こちらのような場合はどうでしょうか? 二重カギカッコ 『 』 カギカッコが二重になったデザインである「 二重鉤括弧 にじゅうかぎかっこ 」があります。 ヨス そのため、文の中で頻繁に使う方がいますが、わたしは特殊な場合以外はほとんど使いませんね。 では、二重カギカッコを使うシチュエーションを紹介します。 1作品のタイトル 「二重カギカッコ」は映画や漫画などのような「 作品のタイトル」を表記するときは必ず使います。 わたしはジブリ作品の中では 『魔女の宅急便』が一番好きです。 2「」の中で「」を使うとき 「カギカッコ」の中で更に「カギカッコ」を使うときは必ず「二重カギカッコ」を使いましょう。 ヨスは雨に打たれながら「この記事をもし、 『Facebook』や 『Twitter』でシェアしてもらえたら階段の踊り場でホントに踊ります! 」と言っている。 「カギカッコ」の中の「カギカッコ」の中の、さらに「カギカッコ」の場合はどうすればいいのでしょうか? ヨス うーん、 [ ]とかを使えばいいのかな? でも、そんな複雑な表現になるぐらいなら、 文章を分ける等ほかの方法を使って避けた方が良いです! 角カッコ[ ] お次は「 角括弧 かくかっこ 」です。 わたしの場合は割と使っていますが、 無理して使うこともないですね。 実際のところ、厳密なルールは決まっていないため、分かりやすく使えるように工夫するのがオススメです。 WordPressなどを使って記事を書いている場合、半角の角カッコは「ショートコード」とかぶるのでお気をつけを(参考: )。 [スマホ] フリック入力の泣き所!? ( )とか「 」とか : を意のままに操るコツ 3音声表記・化学式などコードのようなもの ほかにも、「コード」のようなものにはよく使われます。 たとえば英語の発音記号などですね。 [ H 2O ] をしている場合は、 商品名の後ろに付ける「商品のコード」を囲んでやるのもオススメです。 しましまの帽子 [ hat-00029 ] こういうふうに、半角のアルファベットや数字を囲む場合は半角の角カッコを使いましょう。 4丸カッコの中で丸カッコを使う場合 めったにありませんが、丸カッコの中に再び丸カッコを使う場合、 [ ]を使っています。 ヨス(タコスとピザ [日本食なら讃岐うどん]が大好物) ごちゃごちゃするので避けるのが無難ですけどね。 すみ付きカッコ【 】 タイトルなどで すっごく目立たせたいときに使う「 隅付き括弧 すみつきかっこ 」です。 たまに、文中に「強調」として使う人がいますが、かなりウザいのでオススメしません。 ヨス 文の中に 【こんなふうに】使うのはやめてっ!! 文中の強調としては、 カギカッコを使いましょう。 1メールの件名・記事のタイトル メール件名やブログの記事タイトルで、本当に注目してほしいときの「 とっておき」として使います。 【至急】コーディングの件でお返事お願いします ブログの記事タイトルではこういう感じですね。 【完全保存版】体重100kgだったわたしが42kgまでやせた画期的な方法とは?! どんな画期的な方法なんでしょうね? 記事を見たら「毎日運動をする」しか書いてなかったらブチ切れそうです。 2テキスト中にある「見出しの装飾」 ブログの中では使いませんが、SNSやメールでは頻繁に使います。 どういうときに使うかというと、「 見出しの装飾」としてです。 【1】日時 - - - - - - - - - - - - - 2020年4月1日 【2】場所 - - - - - - - - - - - - - 梅田のヨドバシの入り口 どうですか? わかりやすいでしょ? ちなみにテキストメールを読みやすくするテクニックについては下記記事もどうぞ。 山カッコ< > 最後に「 山括弧 やまかっこ 」です。 これは強調として使えますが、わたしは使ったことがありません。 でも、半角の山カッコはバンバン使っているんですよ。 それがHTMLコードでです。 こちらをクリック! HTMLでは がプログラムの重要な記号になっています。 HTMLの中でHTMLコードをそのまんま表示したいときはを使いましょう。 パソコンで「かっこ」を入力する方法(JIS配列) 全てのカッコ開き Shift+ 8 全てのカッコ閉じ Shift+ 9 US配列のキーボードなら、 Shift+ 9で「カッコ開き」、 Shift+ 0でカッコ閉じとなります。 どのカッコも同じ方法で変換できます。 「カッコ」の単語登録をオススメ これらのカッコはすることで使いやすくなります。 そのコツはこちらの記事をどうぞ! スマホで「カッコ」を入力する方法 スマホで「カッコ」を入力するときは、さらに簡単です。 括弧開きは やを左右にフリックすることで「括弧開き」「括弧閉じ」は出るようになっています こんな感じで やを 左右にフリックすることで入力できます。 「カギカッコ」「二重カギカッコ」をはじめ、すべてのカッコがこの方法で入力できます。

次の

読書感想文でのかぎかっこの使い方!カギカッコを使うタイミング?選

縦 書き かぎ かっこ

男は言った。 「どこへ行こうというのかね。 」 普通の文章であれば、会話文か否かの判断は言葉遣いや前後の文脈から分かるかと思われます。 (追記)念の為、 会話文のカギカッコの付け方についてカンタンに述べます。 これは、 音声で考えれば一発で分かります。 要するに、 その人が 実際に声に出して喋った言葉をカギカッコで括れば良いというだけの話です。 ただし、国語の物語文においては 登場人物の行動の具体的な理由や心情を解釈するための 直接的な根拠となりうるため、会話文は会話文で 非常に重要です。 特に物語文が苦手な方の場合、 発話者の取り違えは致命的なミスになりえます。 引用のカギカッコ、アバウトな要約としても そして、 他の文献からの 引用としてカギカッコが使われることもあります。 これは俗的な使い方かも知れませんが、 「長い一文を節で区切って読みやすくする」ようなカギカッコの使い方もあります。 ) このカギカッコは英語で言う that節や長い句を括っているようなイメージです。 これにより、一つの意味のカタマリを分かりやすくする効果があります。 目的としては、文の構造を読みやすくするため(可読性の向上)です。 論述試験などのフォーマルな文章には適さない使い方かも知れませんが、 一般向けのライトな文章であれば割と見掛けるテクニックです。 (当サイトでもよく活用しています) 二重鉤括弧の使い方 次に、 『二重かぎかっこ』について述べます。 出典となる参考文献のタイトル名 まずは、 参考文献を引用する際の 出典を示す場合です。 つまり、中央省庁レベルが「中学・高校の時点でセンス(情緒力・想像力)からロジック(論理的思考力)中心へと国語の教育目的をシフトする」ことを想定していると言えます。 三兎セッコ 『論理的思考のコツ・本質講義』, 民明書房, 2019年, p. 参考文献・引用元の明示は、 作文や論文を提出する際には必須です。 具体的な出典の書き方は上記のケース以外にも様々ありますが、いずれにしましても、 出典を書かずに引用するのは 盗用・剽窃にあたるため厳禁です。 とは言え、持ち込み不可の学力試験であれば、特に考える必要のない部分です。 会話文の中でかぎかっこを使う時 会話文のなかで更にカギカッコを使ってしまうと、 文の構造が紛らわしくなってしまいます。 これまで、様々な勉強法についてご紹介してきました。 ですが、こうした学習メソッドは 「実際に」使わなければ何の意味もありません。 この「実際に」という表現の意図は、ただ単に学習メソッドの知識を集めるだけではなく「実際に」使うべきだと あえて強調して念を押すためのカギカッコです。 実際問題、ただ勉強法の知識を集めるだけで「実際に」自分で活用できていない受験生の方を多数見てきました。 この「実際に」という部分がまさにカギです。 よって、 特に 読み流さずに注目して欲しい部分であるが故にあえてカギカッコをつけています。 「筆者独自のニュアンス・定義付け」の鉤括弧、センター国語の具体例 国語・現代文においては、強調から更に踏み込んで考えるべきケースが多々あります。 それは、 本文中で『 筆者独自のニュアンスや定義付け』が言葉に含められている場合です。 具体例で言えば、2018年センター試験の第1問が非常に分かりやすいです。 デザインとは「対象に異なる秩序を与えること」と言える。 それだけ定義は重要です。 その上で、段落15では、 カギカッコ付きで 「デザインした現実」という表現が出てきます。 この「デザインした現実」というのを、『ああ、オシャレなデザインで囲まれた生活ってことね』のように 世間一般の感覚で読んでしまうと 筆者の意図と全く掛け離れた解釈になってしまいます。 なぜならば、 筆者自身が「デザイン=対象に異なる秩序を与えること」という定義を本文で書いているからです。 ここから更に、カギカッコにダッシュを付けるような筆者独自の表現が出てくるのですが、当記事の趣旨とズレるため割愛します。 一つ言えることは、 筆者が世間一般と同じ感覚で読んでほしくない言葉だからこそ「カギカッコ」などの記号を付けて区別しているということです。 なお、言葉の定義付けも非常に重要なテーマですので、別記事で掘り下げて解説しています。 小論文・作文・論述試験で安易に鉤括弧を多用しない ここまで、カギカッコについて様々な用法を見てきました。 こうした使い分けは、 小論文 や作文でもよくよく意識しておくべきです。 読み手である採点官は、もしも答案にカギカッコがあれば、当記事のような使い方の違いを大なり小なり意識します。 そこで、果たしてそのカギカッコは 採点官側から見ても 意味のあるカギカッコなのかという視点は持っておいた方が良いです。 何となくの気分でカギカッコを多用してしまうと、解釈を取り違えられたり、あるいは 不適切なカギカッコの使い方として 減点される可能性も否定できません。 減点式の試験ではセーフティに行くのが定石です。 よって、論述試験においてカギカッコを使う時は、 会話文・引用・出典といった原則的な使い方に留めるのが安全です。 (引用というのは問題の本文からの引用も含む) 一方で、特に 強調の鍵括弧を何も考えずに多用するのはリスキーです。

次の