千と千尋 節子。 【千と千尋の神隠し】荻野千尋が契約書に名前を書き間違えた3つ理由!犬と間違えた理由を人気投票中!

【都市伝説】千と千尋の神隠し|かずバズ/ブログ

千と千尋 節子

好きなところに飛べるよ!• 」 宮崎駿監督「霜月祭といって、日本中の神様を呼び出してお風呂に入れて元気にするっていう非常に面白いお祭りがあるんです。 静岡とか岐阜の方にあるお祭りなんですけどね」 宮崎駿監督「それでどうしてそういう神様たちを登場させたのかというと、日本の神様たちは、きっとものすごくくたくたになっていると思ったからです。 そしたら二泊三日で骨休みにお風呂屋さんにくるに違いないと思ったからです。 霜月祭と同じようにね。 本音を語れず人に尽くしてばかりの人間• つまりまだあの駅でお兄ちゃんを待っている?? でもあの駅上野駅じゃないからお兄ちゃんいるわけないですし。。。 誰か節子に駅を教えてあげればいいのに 湯婆婆と銭婆は二人で1人?見分け方は? 湯婆婆と双子の姉の銭婆。 しかし作品は神の国でルールを敷いているのが湯婆婆かどうかまではわかりませんが• 嘘をついてはいけない• 約束を守らなければならない という二つがあり契約した時点で帰るというルールがなかった千尋。 ハクは八つ裂きにされる説。 そもそもどうしてハクはここに? ハクは八つ裂きにされる。。。 それは上で書かせていただいた油屋でのルールの適用により 逃げ出すことは殺されることを意味していて、最後に千尋が振り帰ろうとした瞬間に 髪留めの紐が光ったことによって踏みとどまり最後まで振り返らずにトンネルを抜けます。 しかしハクに関しては名前を思い出しはしましたがすでに契約で正しい名前を渡してしまっているので 八つ裂きにされてしまう。。 それに関しては宮崎監督も ルールにはさからえないと答えていることからも避けられないのかもしれません。 しかしその前段階の問題なのですがそもそもハクはどうして魔法使いで湯婆婆の側近になったのでしょうか? もしかすると千尋と出会う運命を知っていて川だったとは言っていますが 本当は川ではなく千尋を助ける守り神で千尋が油屋に来ることを知っていたから先回りして救おうとしていた。 そして最後にまた会えると聞かれたときに「きっと」といったのは 会うということではなく、また次のピンチの時に守るよという意味だったのかもしれません。。。

次の

千と千尋の神隠しの都市伝説!!電車にまつわる話しが怖い件…節子やサツキ、メイも登場してるって本当!?

千と千尋 節子

大けがを負ったハクを助けるため、千尋はカオナシと共に 銭婆のいる「沼の底」へ向かいます。 そこへは、「行き」しか存在しないといわれる電車で、向かうことになるのですが、とても 不気味な電車です。 というのも、身体が真っ黒で透けている 影のような人間たちが乗り込んでくるからです。 そんな中、最初についた 「沼原」の駅で、ホームからこの電車をじっと見ているひとりの少女が描かれています。 その子も、電車の者たちと同じく体が黒いため、顔こそ分かりませんが、おかっぱ頭でスカートをはいた 12・3歳くらいの女の子です。 実はそれが、 「火垂るの墓」に出てくる「節子」なのではと、噂になっているので、「千と千尋の神隠し」を深掘りする一つとして検証してみました。 しかも、海の中を走っているように作られているのは、 伊勢湾台風で常滑線が浸水した時、実際に同じように見えたからです。 幻想的とも取れる電車の風景は、 宮崎駿監督が目にした光景に由来しているということです。 まとめ ここまで、あの世だとか節子の霊だとか噂になったのには、もとは、 「清太と節子の幽霊を登場させる」という高畑勲監督の言葉 があったからのようです。 そして、その言葉があったにも関わらず、火垂るの墓においてそれらしいシーンがなかった事で、他の作品に出てくるのではという憶測がとんだのです。 そこで出てきたのが、千と千尋における顔の分からない少女で、しかも駅のホームで電車もあの世行きとなれば、あれが節子だとなった訳です。 でも実は地上波で放送していないのですが、 本編のラストシーンではこの 2人が霊となって登場していたのです。 それを知らない世代が、宮崎駿監督と高畑監督との関係も考えて、千と千尋に出ていてもおかしくないという想定からたどり着いた噂だったようです。 しかも、千と千尋は回収しきれていない話の伏線がたくさんあるらしいですから、イマジネーションも膨らんでしまうというわけです。 こちらの記事も一緒にどうぞ!.

次の

千と千尋の神隠し都市伝説火垂るの墓節子,ドラゴンボールのかめはめ波登場?ハクが八つ裂きに!?【都市伝説第二弾】

千と千尋 節子

車の中で髪留めが違うことに気が付く千尋。 何故違う髪留めなのかは分からない様子。 新居には引っ越し業者が先に到着していた。 この様子を見て「もう来ちゃっているじゃないの!」と言う母親。 「遅れられると困りますよー」と注意する引っ越し業者。 新居の周りに橋のかかった小川があることに気付き、橋から小川を眺める千尋。 一瞬悟ったような表情を浮かべ、まるでこの川がハクの生まれ変わりであるかのようなラスト! こんなラストがあったんだって。 複数の人が証言しているので、これはきっと本当の話だね。 千と千尋の神隠しは10歳の女の子が突然、世間の荒波に放り出されたとしても、 「喰い尽くされない底力」で危機を脱して成長していく姿を描いた作品だ。 ハクと千尋の物語ではないから、ハクとの関係性がラストにあると、 どうしても本筋の印象が薄れてしまうし、映画自体の長くなりすぎる。 こんな事が理由でカットしたのかもしれないね。 千と千尋の神隠し【都市伝説】神隠しとは? 神隠しとは突然消えたかのように姿を消してしまう事。 現実の世界では、大抵さらわれてしまったり、事故にあってしまったりと悲しいことが多い。 ファンタジーの世界として、異次元を体験し現実の世界に戻ってくる物語もある。 不思議の国のアリスだって、原作のラストは「全部アリスの夢でした」ってオチになっているしね。 千と千尋の神隠しは千尋がトンネルの手前で事故にあった時の「臨死体験だった」って都市伝説があるんだ。 でも、臨死体験であればトンネルから走って出て来た様子は説明ができないし・・・。 ここは臨死体験がモチーフになっているとまでしか言えないかもね。

次の