初穂料 入れ方。 地鎮祭ののし袋の書き方は?お金の入れ方や水引の色は?【初穂料】

お宮参りの初穂料の相場は?のし袋の書き方やマナーまとめ

初穂料 入れ方

神社へご祈祷などをお願いするときの初穂料には、どんな意味があるのでしょうか? 初穂とはその年の最初に収穫した稲穂(お米)のことです。 もともと日本では、神様へ初めての稲穂をお供えして豊作と自然の恵みに感謝する習慣があります。 その習慣が現在では、お米などの初物をお供えできない人々もいるため、お米などの代わりにお金をお供えするようになりました。 神様へお供えする初穂の代わりにお金を渡すことも、感謝の意味として使われているため初穂料と呼ぶようになりました。 また、初穂料は、感謝の気持ちを表すほとんどの祭事に使用することができます。 しかし、神葬祭などの神道のお葬式では、感謝の気持ちを表す初穂料には不向きとなっていますので使うことはできません。 初穂料を使う場面として以下のようなものが挙げられます。 お守りやお札(おふだ)を授かる時 安全祈願・交通安全・家内安全・開運・健康長寿・合格祈願・縁結びなど• 祈願・祈祷・厄祓いの謝礼 商売繁盛・社運隆盛・厄除け・安全祈願など• お宮参り・七五三などの謝礼• 神前結婚式の謝礼• 地鎮祭・竣工式などの謝礼 初穂料と玉串料の違い 神社へお供えするお金のことを、一般的には初穂料または玉串料(たまぐしりょう)といいます。 どちらも神様にお供えするお金のことですが、この2つの違いは何でしょうか? 玉串とは、榊の枝に紙垂や木綿を付けたものになります。 榊は神様の依り代として降りてこられる木のことで、神式の儀式に使われています。 神様の依り代である玉串を準備できない代わりに、神様へお金をお供えするようになったといわれています。 玉串料も、 玉串を直接神様へ捧げる代わりにお金を捧げるようになったため、玉串料と呼ぶようになりました。 また、玉串料も初穂料と同じように、初穂や玉串の代わりにお供えするお金のことです。 玉串料は神様への直接の捧げものという意味があり、お守りやお札を授かるときには使用されません。 また、神道でのお葬儀に関しては、感謝の意味がある初穂料ではなく玉串料が使われます。 神社へ渡すのし袋の種類と選び方• 交通安全祈願• 厄除祈願• 安産祈願• お宮参り• 地鎮祭• 七五三 また、神前結婚式の場合にお渡しするのし袋には注意しましょう。 神前結婚式の場合であるのし袋には、水引が紅白で結び切りを選ぶようにします。 結び切りには結んだらほどけないという意味があり、結婚式は二度と繰り返してはいけないという思いが込められています。 神葬祭や式年祭ののし袋 次に、神葬式や式年祭でお渡しするのし袋の選び方についてみてみましょう。 神葬祭とは神道のお葬式になります。 また、式年祭とは、百日祭以降の一年祭・三年祭・五年祭といったものです。 のし袋には、仏式用である蓮の花がついているものは選ばないように注意してください。 不祝儀用である水引が黒白色か双銀が一般的になります。 以下は祭儀別の一般的な水引きの色になりますが、地域によって水引の色には決まりがあるので確認が必要です。 1人の場合 フルネームで書き、字の大きさは上段に書いた名目より若干小さく書きます。 2人の場合 夫婦の場合は世帯主を中央にフルネームで書き、少し小さく左側に妻の名前を書きます。 連名の場合は、上下関係がある場合は右側から上になる方から書きます。 また同格の人の場合は50音順に書きます。 3名の連名の場合までは同じです。 4名以上の場合 4名以上になる場合は連名で書かないのが一般的です。 中央に代表者の名前をフルネームで書き、左側に小さめに「外一同」と書きます。 会社の名入りの場合 代表者を中央にフルネームで書き、右側に小さめに会社名を、連名の場合に左側に「外一同」と書きます。 神社へ渡す初穂料の相場• 七五三 初穂料の子ども1人の相場は、5千円~1万円です。 兄弟姉妹で一緒におこなう場合の相場は、2人で8千円~、3人で1万円~です。 兄弟姉妹の金額設定がない場合もありますので、神社には事前に問い合わせましょう。 お宮参り 初穂料の相場は、5千円~1万円です。 ご祈祷 初穂料の相場は、5千円~1万円です。 祈願 御祈願の種類には商売繁盛・安産・学業成就などがあります。 初穂料の個人の相場は5千円~1万円です。 また、法人や会社の相場は2万円~です。 秋祭り 神社へ対しての奉納の相場は、1千円~1万円です。 お祭りの詰め所へ祝儀を贈る相場は、1千円~5千円です。 御輿への祝儀を贈る相場は、3千円~1万円です。 神葬祭 お玉串料(参列者)の相場は以下のようになります。 祖父母の場合 1万円~3万円 両親の場合 5万円~10万円 兄弟姉妹 3万円~5万円 叔父叔母 1万円~3万円 親戚等 5千円~2万円 友人知人 5千円~1万円 近所の方など 3千円~5千円 職場関係など 3千円~1万円 お祭祀料(神職への謝礼)の相場は30万~50万です。 他に用意するものとして、お車代(5千~1万円)や御膳料(5千~1万円)があります。 お供え物につけるのし袋(紙)の書き方 神社で神様へお供えする食べ物を 神饌(しんせん)といいます。 神饌とは、海・川・野で摂れる季節のものであり、種類は米・酒・餅・魚・卵・海藻・野菜・果物・菓子・塩・水になっています。 神様へのお供えする食べ物は、上の示した順に大切な神饌として扱われます。 また、神社へのお供え物は、お渡しするときにのし紙をかけます。 のし紙とは、かけ紙にのし・水引・表書きを印刷した紙のことになります。 現物の場合 神社に感謝の気持ちを添えてお供えをすることを奉納といい、その品には、 お米やお酒または季節の果物などの神饌にあたるものを奉納することもあります。 お供えものとして、香りの強い野菜(ニンニク・ネギ)などは避けたほうがよいとされています。 また、奉納するときのお供え物には、のし紙をかけてお渡します。 のし紙と表書きは以下のようになります。 初穂料は、神様へお供えするお米の代わりになるお金にすることで感謝の意味が込められている。 玉串料は、玉串を神様へ捧げる代わりに直接捧げたお金のことをいう。 玉串料も初穂料と同じように、初穂や玉串の代わりにお供えするお金のことである。 玉串料では神様への直接の捧げものという意味があるため、お守りやお札を授かるときには使用しない。 神道でのお葬儀については、感謝の意味がある初穂料ではなく玉串料が使われる。 一般的な祭事に使うのし袋は、水引が赤白の蝶結びを選ぶようにする。 神前結婚式は、のし袋に水引が赤白の結び切りを選ぶように注意する。 神葬祭の場合、蓮の花がついていないもので、水引の色は黒白色か双銀が一般的である。 一般的な祭事にお渡しするのし袋の表書きには、御初穂料・御礼・御玉串料になる。 神葬祭にお渡しするのし袋の表書きには、お渡しする方によって表書きを変える必要がある。 一般的な祭事にお渡しする初穂料の相場は5千円~1万円になっている。 神社への現物やお酒のお供え物には、お渡しするときにのし紙をかける。 神社に感謝の気持ちを添えてお供えをすることを奉納という。 のし紙には水引が紅白の蝶結び、表書きは、奉納・奉献とするのが一般的である。 神社へお渡しする初穂料を入れるのし袋のマナーについて、ご理解いただけたのではないでしょうか。 「終活ねっと」では、神社についてたくさんの記事を掲載していますので、ぜひあわせてご覧になってください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

お布施のお金は新札を使ってもいいの?お布施の金額や書き方もご紹介|終活ねっとのお坊さん

初穂料 入れ方

スポンサードリンク 厄払いでは神社にいくら包むべき? 先ず気になるのが金額ですよね。 厄払いの祈祷料の相場は大体が 5,000円~10,000円くらいです。 ですが、神社やお寺によっては金額が設定されている場合もあるので、事前の予約の際に問い合わせておくのが確実です。 問い合わせた際に『お気持ちで…』と言われたら大体は5,000円か10,000円を包むといいでしょう。 金額が設定されている場合は、祈祷後にいただけるお札の大きさや質などが違います。 例えば5000円だと紙のお札、10000円だと木のお札といった感じにグレードアップされるです!中には3万とか5万のコースもあるらしいです。 この辺は良くも悪くもこちらの『気持ち』なので、気のすむ金額で祈祷していただきましょう。 祈祷料は主に• 現金で支払い• 白封筒に入れる• のし袋に入れる の3種類の支払い方があります。 これは厄払いをお願いするお寺や神社によって違いますので、こちらも予約の際に訪ねておくといいでしょう。 金融機関で新券にして下さいとお願いすれば両替して貰えます。 余談ですが、新券はまだ一度も使用されたことのないお札・ピン札は使用はされているけれど折り目などの付いていない綺麗なお札の事です。 こういったものですね。 上の方に、 神社ならば『 御初穂料』または『 御玉串料』 お寺ならば『 お布施』 と記入します。 下の段には自分の名前を書きましょう。 中袋を使わない場合は、のし袋の後ろの左下に『金 5000円也』と言った感じに記入します。 中袋を使う場合は中袋に書けばOKです。 のし袋へのお金の入れ方 で、お金の入れ方も実は決まりがあるんですね~。 向きがちゃんと決まっているんです。 のし袋にお金を入れる時は、お札の表側 人物のお顔が見える方 が袋の表面に来るように入れます。 上下は人物が上、つまり、左側が上に来るようにするんですね。 って、文字で書いても紛らわしいので。 この向きで入れます。 まとめ 厄払いをしてもらう際には 祈祷料の金額・ のし袋の有無・ 持ち物・ 予約の有無についてしっかり事前に確認をして下さいね! 皆さん祈祷料ばかり気にしていますが、実は 日本酒も持参しなければいけないって知ってました?神社によって違うのかな? 私の地域は御神酒も納めなければいけないんです~。 そこいら辺はまたで説明しますね! 以上、祈祷料についてでした。

次の

地鎮祭ののし袋の書き方は?お金の入れ方や水引の色は?【初穂料】

初穂料 入れ方

初穂料を包む、お札はなるべく綺麗なお札か、新札を入れましょう。 シワクチャのお札などではいけません。 やはり気持を込めて、儀式を受けることが大切です。 初穂料のしの書き方 初穂料とは、お祝いの赤い水引きのある封筒を用意します。 水引が「結び切り」のものを用意しましょう。 ・上段には「御初穂料」または 「玉串料」や「御礼」などと書き添えます。 ・下段には その儀式を受ける当事者の名前を書き添えましょう。 お宮参り場合は夫婦連名の名前で ・お宮参り お宮参りでの初穂料とは、お子さん本人の名前また各地方では、段に父親の氏名と赤ちゃんの名前を並べて書く地域もあります。 ・七五三 十三参り 七五三 十三参りでは、儀式を受ける本人の名前を書き添えます。 厄払いの初穂料とは 神社に謝礼を支払う時に初穂料と使います。 その場合は、のし袋やまた白い封筒などでも構いません。 ・上段に、「御初穂料」または 「玉串料」や「御礼」などと書き添えます。 ・下段には厄払いを受ける人の苗字のみ、またはフルネームを書き添えてください。 祈願 初穂料とは、地元の氏神様などへ商売繁昌、家運隆盛の御利益などでも書きます ・個人の場合にはフルネームで書きます。 ・会社の場合には、下段には企業の名前と代表者の氏名を書きましょう。 神前結婚式の初穂料とは 今では結婚式場やホテルで行う式では、神職への謝礼を「挙式費用一式」に含まれている場合もありますから、神前結婚式予約時に必ず確認をしましょう。 金額は神社によって違ってきます。 およその100,000円〜になるでしょう。 のしに記載する時初穂料とは ・のし袋の上段には「御神饌料」または「御初穂料」と書きます。 ・下段には新郎新婦の姓を書き添えます。 地鎮祭の初穂料とは 地鎮祭での金額の目安ですが、初穂料とは、やはり個人宅や会社での時では金額がかかわってきます。 個人の場合は、お家の大きさや資産などにもよりますが、大半は2万円〜5万円くらいになります。 会社で使う場合の、初穂料とはもう少し高額をいれます。 建物の規模などで違ってきます。 また施主の企業や団体の大きさでも変わってきます。 施主のご意向もそれぞれあるでしょう。 必ず神社に予約をする時にその神社での規定料金があるかどうかを確認しましょう。 それが一番です。 ・地鎮祭をその土地で行う場合 神職を現地に呼んで行う場合「御初穂料」の金額以外に、お車代5千円〜を別に用意しておきましょう。 お車代を入れる袋は、普通の白封筒で大丈夫です。 別に御車代と記載しましょう。 初穂料を使う儀式名 七五三 15日はかつては、鬼が出歩かない日とも言われて、何事をするにも吉であると言われていました。 旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月になります。 15日に氏神への子供の成長を感謝し加護を祈るとされて、11月15日に行わらえる行事になりました。 今では「七五三」という名前から・7歳・5歳・3歳の年齢に行う同じ行事です。 この3つの子供の行事を「七五三」呼ぶようになりました。 ・数え年7歳 女の子のみ帯解きの儀として行います。 ・数え年5歳 男の子のみ袴儀として行います。 ・数え年3歳 女の子のみ髪置きの儀」として行います。 初穂料とは七五三の場合も使用される言葉です。 十三詣り 地方での習わしとして 十三詣りがあります。 今では、さまざまな地域で行われるようになっています。 十三詣りも七五三と同じように、神社にお参りをして子供の成長に感謝し加護を祈ります。 ・数え年の十三歳 女子のみ行います。 初穂料とはこの場合の時にも使われます。 厄払い 人が生きていくためには、人生の節目があると言われています。 厄年は遭遇することの多い年齢をいいます。 発達した現代においてもなお、何事も慎まねばならない年齢として厄払いが存在します。 厄払いは・前厄・本厄・後厄とそれぞれに年齢がります。 本厄 ・男性 25 歳・42歳・61歳 ・女性 19歳・33歳・37歳 厄年には厄祓いを受けて清らかな心と健康な体のために受けておくと良いでしょう。 また中でも男性の42歳と女性の33歳は大厄(たいやく)と言われています。 気をつけておきたいところです。 初穂料とは厄除けの記載の時にも使用されています。 安産祈願 安産祈願とは、赤ちゃんを無事に産む事を祈る祈願です。 妊婦が、6ヶ月を過ぎた頃の安定期に入った時や、また妊婦体調が良い日などで神社へ安産祈願やお守りを頂きにいきます。 初穂料とは、安産祈願の際も使用されています。 戌の日 妊娠が、5ヶ月に入った最初の戌の日に帯を巻きます。 この時期には、妊婦の家族や母親が神社などで頂いてくることが多いです。 いただく妊婦帯を神社でお清めをして貰います。 初穂料とは、祓いをする時にも使う言葉です。 熊手 熊手は福をかき集めるという意味の縁起物になります。 商売繁盛・開運招福としての意味があります。 「前の年よりも大きな熊手を買って飾ると商売がより繁盛する」とも言われています。 個人事業や法人会社などでも飾る所があります。 いまでは熊手の形のバリエーションが豊富になっています。 初穂料とは、このような時にも使用されています。 破魔矢 一年の幸運を射止めるという意味の縁起物になります。 魔除けの意味もあります。 破魔矢の「ハマ」とは「的」の意味になり、「ハマ」が「破魔」になることから男の子の成長を祝う縁起物としても有名です。 また、家屋を新しく建てた際の上棟式で、棟の上に鬼門に向けて弓矢を立てておくという習慣がある地域もあります。 初穂料とは破魔矢の金額に納められる時に使われる言葉です。 「初穂料」の勘定項目 神様・仏様への感謝・お礼として、「見返りを求めず」に奉納するお賽銭などは「寄付」になると考えましょう。 寄付とは差し上げると、いう意味にもなります。 また寄付については、会社が法人の場合、また個人事業の場合かで取扱いが違ってきます。 法人の会社ならば「寄付金」として、一部が項目にあたることになります。 また会社が支出する寄付金などは税法で上限が定められています。 初穂料を支払った時の勘定科目は「寄附金か雑費」にあてる所が多いです。 初穂料は神社や祈祷に対する謝礼になります。 初穂料については非課税所得です。 個人の場合勘定項目 一般的には、経費対象外になります。 どうしても勘定項目として使う時には ・雑貨 ・法人会社寄附金勘定の一部(寄付の場合は損金算入に限度額あり)消費税は不課税取引として処理します。 法人会社での勘定項目の初穂料とは 原則として考えると「寄付」になります。 お賽銭・初穂料などは、会社や従業員に対することの場合は「福利厚生費」でも使えます。 お札や熊手や破魔矢などは、モノを買ったということで消耗品費での勘定項目で使えます。 従業員がいない場合は「福利厚生費」にはなりません。 その場合には雑費になります。 法人会社はもちろん個人でやる場合でも、一度税理士に相談することが大切です 古来から紡ぐ初穂料とは.

次の