トイレ の 黒ずみ。 【トイレ・手洗い器】汚れの落とし方!茶色い水垢をつるんと綺麗に!

トイレの汚れが落ちないママさん必見!黒ずみの正体と対策を大公開!

トイレ の 黒ずみ

目次 [] 1 トイレの黒ずみの正体とは? トイレの黒ずみは掃除をサボるとできやすいとされています。 しかし、トイレを長く使う間に、自然と黒ずみができてしまうこともあるのです。 そのため、トイレに黒ずみができてしまっても、自分を責める必要はありませんよ。 1 トイレの黒ずみの正体 トイレの黒ずみの正体は、次のようなものです。 カビ・雑菌・細菌• ホコリ・ゴミ トイレの黒ずみの正体は、必ずしも一つではありません。 トイレの使用状況によっても変わるのです。 例えば、トイレにできた水垢にカビが繁殖して黒ずみになったり、便器に付着したホコリやゴミから黒ずみになったりします。 また、水垢や尿石が時間をかけて黒く変色するという場合まであるのです。 尿石は主にトイレの黄ばみとして知られていますが、黒く変色することもあるので注意しておきましょう。 2 トイレの黒ずみができる原因は? トイレの黒ずみができる原因は、掃除が不十分という場合が多いと言えます。 つまり、トイレ掃除をサボったことで汚れが溜まったというのが原因。 また、掃除していないことが原因で、カビや雑菌などが繁殖したということも考えられます。 いずれにしても、比較的新しいトイレに黒ずみができた場合には、掃除が行き届いていなかったことが原因と考えるべきでしょう。 一方で、トイレの黒ずみには水垢が原因という場合があります。 水垢はシンクなどにもできやすく、白いうろこのような形が特徴的。 この水垢の原因は、水道水に含まれているミネラル分(カルシウムなど)ですが、酸化したり、鉄分によって変色したりして黒くなってしまうことがあります。 これがトイレの黒ずみができる原因でもあるのです。 このようなケースでは、長い間トイレを使っていたために水垢が蓄積したことも原因と考えらえます。 掃除をしていても水垢が溜まることはあるので、古いトイレが原因と言えなくもないでしょう。 それでも、十分にトイレ掃除をしていれば、ある程度は黒ずみを予防できますよ。 トイレの便器にホコリやゴミが溜まって黒ずみになる場合も同じです。 トイレが古くなれば、それだけホコリなども溜まりますが、掃除をしていれば問題ありません。 古いトイレのほうが水垢やホコリなどが溜まって黒ずみになりやすいので、よりトイレ掃除に精を出しましょう。 2 トイレの黒ずみの落とし方 トイレの黒ずみは掃除が行き届かなったことが原因となりやすいですが、トイレ掃除をしていても黒ずみができる場合もあるのです。 そこで、トイレに黒ずみができてしまったときにキレイする「黒ずみの落とし方」を紹介していきます。 1 トイレの洗剤で落とす トイレの黒ずみの落とし方の中で、最も簡単なのはトイレ用の洗剤を使う方法。 トイレ用の洗剤は、トイレの黒ずみの原因を様々な角度から分析して作られています。 そのため、水垢が原因の黒ずみでもカビが原因の黒ずみでも、スッキリと落としてくれます。 水垢を落とすには「酸性の洗剤」が効果的で、黒ずみを落とすには「塩素系のアルカリ性洗剤」が効果的とされています。 しかし、トイレの黒ずみの原因が何かは分からないですし、使い分けるのが難しいですよね。 そういう場合は「黒ずみ対策の洗剤」を使いましょう。 例えば、粉末状の洗剤をトイレに入れて、あとは流すだけという洗剤もあります。 黒ずみがひどいときは数回使えば良いだけですので、とても簡単ですよ。 2 塩素系漂白剤で落とす トイレの黒ずみを白くしたい場合は、トイレ用の漂白剤を使う落とし方もあります。 使い方も簡単で、トイレの黒ずみ部分に「塩素系漂白剤」をかけるだけです。 特に便器のふちなどの見えにくい場所にもしっかりとかけることがポイント。 あとは少し待って流すだけで、トイレの黒ずみを漂白できます。 また、トイレ用の漂白剤を使っても落ちないときは、使い古しの歯ブラシなどで黒ずみ部分を軽くこすってみましょう。 黒ずみがキレイになるはずです。 漂白剤を使っても黒ずみが落ちにくい場合は、漂白剤をつけたトイレットペーパーを黒ずみに貼りつけておくという落とし方も試してみましょう。 少し長めに待っても、トイレットペーパーが漂白剤を乾かないようにしてくれて黒ずみを落としやすくしてくれますよ。 3 重曹とクエン酸で落とす 小さな子どもがいる家庭の場合は、トイレの黒ずみの落とし方として「重曹」と「クエン酸」を使う方法が推奨されています。 重曹とクエン酸は品質によっては食用にもなりますよね。 掃除用の重曹とクエン酸も販売されていますが、食用の重曹とクエン酸を使えばより安心できますよ。 使い方も簡単です。 重曹はトイレの黒ずみを含めて便器全体にかけます。 次にクエン酸をトイレの水が溜まっている場所に入れて溶かしていきます。 その水を使ってトイレ掃除をすれば、黒ずみをキレイに落とせるのです。 4 プロに依頼してみる どうしてもトイレの黒ずみが落ちない場合には、プロにトイレ掃除を頼むという方法もあります。 換気扇や浴槽など、トイレ以外にも掃除が面倒なところがありますよね。 トイレの黒ずみに限らず、このような場所は掃除しても取れない汚れに困りやすいと言えるでしょう。 そういう場所こそ、まとめてプロの清掃業者に依頼。 お金はかかりますが、自分で掃除しても落ちない汚れがあっても、掃除のプロならキレイに落とせると言えます。 トイレ掃除の時間がない、どうしても黒ずみが落ちない、家中まとめて掃除してもらいたいという場合などは、いっそプロに掃除してもらうのも黒ずみをキレイにする落とし方の一つですよ。 5 最終手段は研磨・交換 トイレの黒ずみは、どんな方法で掃除をしても落ちないこともあります。 なぜなら、トイレの黒ずみを放っておいたことで落ちにくくなってしまうからです。 そこで、どうしてもトイレの黒ずみが落ちない場合には「便器を研磨する」という方法もあります。 しかし、便器のコーティングを傷めてしまったり、目立つ傷跡が残ってしまったりすることもあるので、あまりおすすめできません。 それよりも、落ちない黒ずみができたトイレを諦めて、新しいトイレに交換。 こちらのほうが良いでしょう。 トイレは長く使っている間に、どうしても水垢などが溜まって黒ずみができやすくなっていきます。 トイレ掃除をしっかりしていても、少しずつ水垢が溜まるケースも多いのです。 ですから、落ちない黒ずみができたときには「トイレを交換する」という方法で黒ずみをなくすことも良いと言えますよ。 3 トイレの黒ずみの日々の予防方法。 トイレの黒ずみを落とすことも大切ですが、黒ずみができないように予防することも大切です。 そこで、トイレの黒ずみの予防方法を紹介します。 トイレの黒ずみに困ったことがある方は実践してみてください。 1 トイレタンクの洗剤を使う トイレの黒ずみ予防で最も簡単なのが、トイレタンクの洗剤を使う方法。 トイレタンクの洗剤は置くだけやタンクに入れるだけという製品が多く、手軽に使える黒ずみの予防方法になります。 トイレタンクの洗剤を使えば、トイレの水を流すたびにトイレをキレイにしてくれたり、汚れを弾きやすくしてくれたりして、トイレに黒ずみができにくい状態を保ってくれます。 トイレの黒ずみを落としたあとに使えば、その状態をより長くキープしてくれるのです。 また、便器の中にジェル状の洗浄剤を入れる方法もあります。 トイレタンクの洗剤と同じような効果があるので、こちらを試すのも良いと言えますよ。 いずれにしても、トイレタンクの洗剤や便器の洗浄剤を使うところまでが、トイレの黒ずみの落とし方と思っておくほうが良いでしょう。 2 こまめに掃除をする トイレ掃除をする時間がある場合には、こまめにトイレ掃除をすることが黒ずみを予防する最善の方法となります。 トイレタンクの洗剤や便器の洗浄剤などを使うこととあわせて、こまめに掃除できれば最高ですね。 3 トイレ用の空気清浄機を置く トイレの黒ずみは「カビ」が原因ということもよくあります。 このカビ菌を排除するために、トイレ用の空気清浄機を置くというのも黒ずみの予防方法となるのです。 小さなホコリやゴミもトイレの黒ずみの原因になりますが、雑菌やカビが黒ずみの原因になることに比べると大きな問題ではないと言えます。 それだけカビや雑菌はトイレに黒ずみを作りやすいのです。 トイレ用の空気清浄機は消臭効果があることは言うまでもなく、カビや雑菌などの除菌効果もあるとされています。 これだけでトイレの黒ずみを抑えられる訳ではないですが、空気清浄機があるほうが良いのは分かりますよね。 消臭効果も考えて、トイレの黒ずみ予防に空気清浄機を検討してみましょう。 4 リフォームで最新の便器に トイレの黒ずみを予防する最新の手段がトイレのリフォーム。 黒ずみのない新しい便器にすることは当然ですが、黒ずみや汚れを予防する最新の便器にすれば、トイレの黒ずみは簡単に予防できますよ。 例えば、TOTOのネオレストは「きれい除菌水」という機能があり、便器に汚れがつきにくい状態にしてくれます。 リクシルのサティスはシャープが開発した「プラズマクラスター」が取り入れられていて、カビや付着菌の除菌ができるようになっています。 同時にニオイも抑えてくれるため、一石二鳥の機能と言えるでしょう。 最新のトイレはそれ自体に黒ずみや汚れを予防する効果があると言えます。 古くなって黒ずみができやすくなったトイレを最新のトイレにリフォームするというのも、最新の黒ずみの予防方法と言えるのではないでしょうか。

次の

やっと分かった!【トイレの黒ずみ】が落とせない理由

トイレ の 黒ずみ

洗剤で溶かし落とす まずはじめに試したいのが、黒ずみ汚れを洗剤で溶かし落とす方法。 トイレ用の強力洗剤を使えば、汚れだけを効果的に分解できます。 便器への負担も小さく、手軽にはじめられるのが大きなメリットです。 物理的に削り落とす 洗剤を使っても取り切れないような、染み付いてしまった黒ずみは「物理的に削り落とす」方法が有効です。 この方法は洗剤では落とせない黒ずみ汚れまで取り除ける反面、便器への負担がかなり大きいデメリットも。 削り落とす方法は便器表面の防汚コーティングも剥がしてしまう可能性があるので最終手段と考えましょう。 トイレの黒ずみ掃除|効果的な洗剤は?どんな使い方をする? まずは「洗剤を使って溶かし落とす」方法をご紹介します。 黒ずみのベースとなる水垢や黄ばみ(尿石)ごとキレイにすることで、真っ白に戻せる方法です。 こびりついた黒ずみも時間や回数を重ねるうちにだんだん柔らかくなってキレイに落とせますよ。 トイレの黒ずみに漂白剤を使う 強力洗剤を使うときの注意! 酸性洗剤と漂白剤が混ざると、体に害のあるガスが発生するので注意が必要です。 どちらの洗剤も使いたい場合は、日にちをわけて片方ずつ使うようにしましょう。 トイレの黒ずみ掃除|削り落とす方法は? 長年使っているトイレだと洗剤でも落とせない黒ずみができることも。 どうしても気になる場合は「物理的に削り落とす」方法を試してみましょう。 クレンザーでこする 『トイレマジックリン 強力クレンザー』(花王) 研磨剤の入った洗剤、「クレンザー」にもトイレ用の商品があります。 黒ずみや黄ばみを落とすのに活躍してくれますよ。 掃除用のブラシに塗ってこするだけ。 研磨剤が利いて黒ずみが少しずつ落ちていきます。 トイレの便器につく黒ずみを予防できるアイテム2選 キレイにしたあとは黒ずみができないよう予防につとめましょう。 こまめに掃除するのも有効ですが、時間をかけずにすませたいなら置型洗浄剤などのアイテムが便利ですよ。 『液体ブルーレットおくだけ除菌EX』 除菌効果をプラスして黒ずみ予防ができる『ブルーレット』です。 洗浄防汚成分が配合されているので、便器の表面をコーティングし、汚れの付着をしっかり抑えてくれますよ。 『トイレ洗浄 トイレスタンプクリーナー』 ジェルを直接便器につけるタイプの掃除アイテムで、水を流すたびに洗浄・防汚成分が溶け出して全体に行き渡り、フチ裏の黒ずみまで予防してくれます。

次の

簡単にできる! トイレの黒ずみを落とす6つの方法

トイレ の 黒ずみ

便器の黒ずみ落としに使う洗剤と道具は? トイレの黒ずみを落としたい場合に、「黒いから白くするには漂白剤!」と安易に考えてしまいそうですが、実はトイレの黒ずみや黄ばみの原因は様々で、汚れの原因に応じて薬剤を使い分ける必要があります。 便器洗剤3種類の選び方 1 中性洗剤 普段のお手入れならこれで充分きれいにできます。 2 アルカリ性洗剤 除菌目的はコレ。 カビや微生物等による汚れはアルカリ性洗剤を使います。 3 酸性洗剤 トイレ汚れの主な原因は 水垢、カルキ、尿石でアルカリ性の汚れなので、汚れが酷い場合には酸性洗剤を使います。 この3種類の中では、同じ性質であっても成分はメーカーによって異なりますし、強さも異なります。 それぞれ用途に応じた使い方をしなければならないのがトイレ掃除の難しいところです。 便器掃除道具で黒ずみ落としに使うもの 1 使い捨てビニール手袋(必需品) 便器内の頑固な黒ずみや黄ばみは、通常のトイレブラシによる作業ではきれいに落とせないかもしれません。 できれば直接手で擦るほうが確実に力が入るためおすすめなので、使い捨てビニール手袋は必需品です。 2 耐水サンドペーパー(使う場合は注意が必要) 確実に汚れ落としをしたいなら 耐水サンドペーパーを使うのが良いといわれています。 サンドペーパーは数字が大きいほど細かい目(=傷がつきにくい)で、トイレ掃除の場合は通常1000から1500程度を使います。 ただ、陶器製はほとんど傷がつかないと言われているものの、コーティングに多少は影響があるようです。 1年に1回程度なら問題ないかもしれませんが、頻繁な使用は避けたほうが良さそうです。 また、 「プラスチックで艶あり素材」については確実に傷がつきます。 トイレ便器によっては使えない場合もあるので、使う前にお使いのトイレの取扱説明書や材質を確認してから使ってくださいね。 3 メラミンスポンジ(おすすめ) 耐水サンドペーパーは、一度傷つくとそこに汚れがついて更に酷い汚れになってしまうため最終手段としておき、通常の大掃除であれば、サンドペーパーよりも優しくて汚れを落とす効果のある メラミンスポンジを使うほうがおすすめです。 4 ステンレスたわし(おすすめしません) 頑固な汚れ落としにステンレスたわしを使うという話も聞いたのですが、これらの金属タワシは薬剤や陶器に反応してメタルマークが付着して汚れる危険性があるので避けたほうが良いでしょう。 便器のふち裏が真っ黒な場合の掃除方法は? 便器で一番きになる部分といえば、ふち裏ですよね。 この部分は掃除ブラシが届きにくく汚れやすいですが、主に尿はねを放置して固まった尿石(アルカリ性汚れ)が原因なので、酸性洗剤である サンポールを使います。 (上の写真でいうとサンポールとトイレルックがありますが、サンポールは塩酸9. 5%なのでかなり強力です。 トイレルックの成分は違うものであり、私は試したことがないのでどの程度強力なのか分かりません。 ) 掃除方法はサンポールを暫く汚れ部分につけて湿布することで剥がれやすくして、ブラシやメラミンタワシで取り除きます。 スポンサーリンク 【掃除方法】 1 ふち裏部分にサンポールを吹き付けます。 2 トイレットペーパーを便器に垂らすか写真のように詰めてから、更にサンポールを吹き付けます。 3 1時間程度湿布します(途中で乾かないように追加吹き付けをします)。 4 ビニール手袋をつけた手で、メラミンスポンジを使って汚れを落とします。 (最後はビニール手袋をつけた手で直接汚れが落ちたか確認します。 ) サンポールを使うとしつこい黒ずみも簡単に真っ白になります。 水たまり部分の黒ずみ(=さぼったリング)の落とし方は? 便器の水たまり部分とその上の境にできる黒ずみは「さぼったリング」ともいいますが、この原因は主にカビや埃です。 カビや埃が水垢汚れや水に含まれている鉄分が混じったりすると酸化して黒ずみが出ることがあり、この場合は、 研磨剤入りクレンザー(上の写真の中では トイレマジックリン強力クレンザー)を使うことで汚れが落としやすくなります。 【掃除方法】 1 便器の水を出来るだけ抜きましょう。 (紙コップ等で掬う方法もありますが、私は大抵ラバーカップで水を強制排出させています。 ) 2 研磨剤入りクレンザーを汚れ部分につけてからトイレットペーパーを貼ります。 貼り具合によって、もう少し薬剤を追加できればペーパーの上からかけます。 最低1時間は湿布しておきましょう。 (最後はビニール手袋をして直接汚れが落ちたか確認する方が確実です。 性質が違う洗剤を同時に使うのは危険ですので避けましょう。 便座の裏側の頑固な汚れを落とす方法は? 普段は便座を下にしていることが多いので気づきにくいのですが、便座の裏側には汚れがついて黄ばんで固まってしまうことがあり、これは尿汚れが原因です。 女性や、男性で座って用を足す場合に、この便座裏側に尿がはねて汚れを放置してしまうための汚れです。 便器の尿石汚れと同様に固まってしまうと取りづらいのですが、 クエン酸と重曹を使って落としましょう。 【掃除方法1】 1 クエン酸をペースト状にして塗りつけ、トイレットペーパーで湿布します。 2 汚れを落としてから、水拭きしてクエン酸を落とします。 【掃除方法2】 1 汚れにクエン酸スプレーをして粉末状の重曹をふりかけます。 (この場合、酸とアルカリの化学反応がありますが、洗剤と異なりクエン酸と重曹なので危険はありません。 ) 2 汚れが落としてから、水拭きしてクエン酸や重曹を落とします。 【掃除方法3】 尿汚れが原因の箇所なので重曹やクエン酸でなく サンポールを使って汚れを落とすこともできます。 1 サンポールは垂れやすいので汚れの真下にトイレットペーパーを当てながら少し塗り、当てていたトイレットペーパーでカバーするように湿布します。 2 5分程度してから汚れを落として水拭きします。 (変質の心配もあるのであまり長時間湿布せず様子をみてください。 ) ちなみに、 便座部分はプラスチック系なのでサンドペーパーや強いタワシを使うと傷がつくため使ってはいけません。 さいごに トイレ掃除は汚れがつく前にこまめに行うのが基本ですが、汚れがたまってしまうことはありますよね。 その場合、汚れの部分別に洗剤を使い分けて掃除しましょう。

次の