ヘンダーソン 氏 の 福音 を。 TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 1 ~ヘンダーソン氏の福音を~|オーバーラップ文庫

TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 1 ~ヘンダーソン氏の福音を~

ヘンダーソン 氏 の 福音 を

・この商品は電子書籍です。 (紙の書籍ではありません)• ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。 ・もご確認ください。 ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。 配信日時等を確認の際はお気をつけください。 ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。 ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。 そんな「データマンチ」だった前世を持つ少年・エーリヒは、異世界への転生時に授かったキャラビルドの権能を活用して理想の強キャラにならんと画策する。 妙に蠱惑的な幼馴染との遊戯やブラコンな妹のお世話をする中、頭を捻ってデータを隅まで舐め回し、熟練度をやりくりしながら極悪コンボを模索していくエーリヒ。 しかし彼が思うよりも早く物語(セッション)が動き出し、エーリヒは大切な者を守るため戦いに身を投じる(サイコロをふる)ことになり……!? ヘンダーソンスケール行方不明のデータマンチ冒険譚、ここに開幕! c Schuld/オーバーラップ.

次の

TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す ~ヘンダーソン氏の福音を~|株式会社オーバーラップ

ヘンダーソン 氏 の 福音 を

そんな「データマンチ」だった前世を持つ少年・エーリヒは、異世界への転生時に授かったキャラビルドの権能を活用して理想の強キャラにならんと画策する。 妙に蠱惑的な幼馴染との遊戯やブラコンな妹のお世話をする中、頭を捻ってデータを隅まで舐め回し、熟練度をやりくりしながら極悪コンボを模索していくエーリヒ。 しかし彼が思うよりも早く物語(セッション)が動き出し、エーリヒは大切な者を守るため戦いに身を投じる(サイコロをふる)ことになり……!? ヘンダーソンスケール行方不明のデータマンチ冒険譚、ここに開幕! 「データマンチ」というのは、ルールの隙をつくことで製作者も意図しない程の強キャラを作り出すプレイヤーを指すそうです。 言い換えれば、ルールの範囲内でチートキャラを育成することを楽しむ人たちです。 ゲームバランスどこいったという話ですが、こういったことも許容する奥深さと自由度がTRPGの魅力のひとつなのでしょうか(私自身は未経験です)。 本作はそんなデータマンチを自称する主人公が、自身の経験値を使って自由にスキルを取得・育成出来る権能を得ることで、理想の自分(強キャラ)になろうとする成長物語です。 このため作中ではルールの理解と経験値稼ぎ、そして取得するスキルの選別過程が丹念に描かれます。 苦労してせっせと貯めた経験値をさて何に使おっかな~と悩み、取得して組み合わせたスキルが思った通りの性能を発揮した際のワクワク感は格別です。 まあうっかり浪漫スキルに散財してしまうのもご愛敬。 またここでの「ルール」ですが、スキルについてはもとより、異世界における風習や法律、政治体制といった決まり事も含まれています。 主人公は成長する中で異世界のこうした文化に触れ、将来の自身の立ち位置を考えながら、理解を深めること自体を楽しんでいるようにも見えます。 結婚式兼祭りのシーンは何とも異国情緒に溢れていて、読んでいてとても楽しかったです。 成長すること自体が当面の目標で世界を救うといった使命は(今のところ)無いようなのですが、主人公の権能をもってしても張り合えるか怪しい公式チートとも呼べる存在が(表紙の幼馴染含め)そこそこ居るような世界観なので、簡単に無双出来るかというとそうでもないようです。 もっと言えば、「何者にもなれない」という嫌なバットエンドが有り得ることを主人公が自覚しているので、適度なスリルを感じつつ読めます。 まあ一番のスリル源は幼馴染のアラクネっ子なのですが・・・。 さて最後に、表紙のアラクネっ子に魅かれて興味を持った紳士諸兄に朗報です。 この子、種族特性的に、 こ れ 以 上 育 ち ま せ ん やったね! 私にTRPGの素養はほとんどない。 TwitterのFFに誘われて参加したオリジナルCoCシナリオの人数合わせに凡人プレイをした一度きりである。 その時は最後まで2D6ってなんだったか覚えずにいた。 そんな私でも思う存分にこの作品は楽しめた。 その理由こそ、主人公がやっていることはシンプルな経験値効率優位による強化に他ならないからである。 決して、人外と女性優位性癖にぶっ刺さるヒロインたちの存在だけではない。 彼女らは彼女らで蠱惑的で、嫉妬深いのがまた可愛らしく、デザインもランサネ氏による素晴らしいものだが、それだけではない。 いやしかし、人外ヒロインはいいぞ。 特性上組み敷こうとしてくる女性優位性癖はもっといいぞ……話が逸れたな? TRPG、データマンチ、聞き慣れないワードかもしれない。 聞き慣れてる人たちはもう手に取ってくれるだろう。 そうだろう、諸兄よ? だから、聞きなれない者には力及ばずとも私が推そう。 この物語はシンプルに主人公が試行錯誤(と時折の寄り道)をしながら、彼の求める"最強"へと向かう話なのだ。 私はWeb版も読破しているからこの先もそのテーマはぶれず、彼は望むべく未来へ向かっていることを保証する。 ただ、決して無双ではない。 彼の成長は痛感と共に加速する。 あれが足りないこれが足りない。 であれば彼に授けられた才能が火を噴くのだ。 冗長になったが、この作品のレビューには程よいぐらいだろう。 そこらのライトノベルからは一つ外れた小気味良い主人公の語り口調もまたこの作品の魅力であるから。

次の

オーバーラップ広報室 【特報】「ヘンダーソン氏の福音を」書籍化決定! 4月25日にオーバーラップ文庫から発売予定!!

ヘンダーソン 氏 の 福音 を

そんな「データマンチ」だった前世を持つ少年・エーリヒは、転生時に授かったキャラビルドの権能を活用(悪用)して理想の強キャラにならんと画策する。 妙に蠱惑的な幼馴染との遊戯やブラコンな妹のお世話をする中、頭を捻ってデータを舐め回し、熟練度をやりくりして極悪コンボを模索するエーリヒ。 しかし彼が思うよりも早く物語(セッション)が動き出し、エーリヒは戦いに身を投じることになり……!? ヘンダーソンスケール行方不明のデータマンチ冒険譚、ここに開幕! いわゆる 「データマンチ」と呼ばれるタイプの TRPGプレイヤーだった主人公が、 異世界に転生してしまい、さらに キャラビルド系の権能を与えられたものだから、 やらかすに決まってるよね! ……という本作。 物語を美麗なイラストで彩ってくれるのは 先生です! そして早速ですが、表紙を飾るヒロイン、 マルギットちゃんがこちら!! 前世の記憶と共に目覚めたキャラビルドの権能でやらかす。 ちょこちょこ後を着いてくる。 かわいい。 いったい何者……? という感じになってます! まだ見ぬ異世界の冒険にワクワクが広がりますね! 『TRPGプレイヤー が異世界で最強ビルド を目指す ~ ヘンダーソン 氏 の 福音 を~』 は、 オーバーラップ文庫から 4月25日発売予定! 皆様、お楽しみに!! やったね同士諸君! 【蜘蛛人族の幼馴染】 マルギット アラクネの ヒロインですよ!! お楽しみに……!!

次の