バッタ 日本に来るか。 【蝗害:こうがい】バッタの大群はなぜ発生したのか?日本に来る可能性は?

サバクトビバッタは中国から日本に来る?天敵は?食用にできるのか

バッタ 日本に来るか

バッタの大群の大きさや現在地、今どこまで来てる? バッタの大群はなぜ大量発生した? バッタの大群はなぜ大量発生した? 現在各地に『蝗害 こうがい 』をもたらしているバッタの大群ですが、過去にも数十年に一度くらいの頻度で大量発生していました。 最初はアフリカ東部の ケニアやエチオピアとその周辺で群れを成します。 その数がなんと 3600憶~4000億という驚きの数で大群化しているので遠目でみると砂嵐のような光景だそうです。 それが農作物を食い散らすので食料難に陥り、日本にも影響があると言われています。 大量発生の原因はアフリカの乾燥している砂漠で雨期が来て雨が降るとバッタのエサになる草が育ちます。 普段なら雨期はあまり長く続かず、草はすぐ日照りで枯れるのですが、まれに長い期間で雨期が続くことがあります。 するとエサとなる草が生え続けバッタの繁殖が進みます。 バッタは繁殖力が高く、あっという間に仲間が増えてしまい新たなエサを求め群れを成して飛ぶようです。 バッタは大群化することで1日に100キロ以上も移動でき、小さな群れもどんどん合流するのでさらに大集団になるようです。 地球温暖化で大雨が続いたことが原因みたいですね。 恐ろしいの一言しかでませんね。 バッタの大群の大きさや現在地・進路状況は? バッタの大群は現在地や進路状況ですが、パキスタンからインドの広い範囲で存在しているようです。 エチオピアやケニアなどで大量発生したバッタの大群は東へ進み5月末にインドに到達しています。 正確なことはわかりませんが 、6月ごろに中国の国境に侵入する恐れがあり、中国では大量のガチョウを10万羽用意しているのだとか。 バッタの大きさですが 形態 成虫のオスの体長は40-50mm、メスの体長は50-60mmであり、蝗害を起こすバッタの中では大型の部類に入る。 とのことでした。 もしかしたら大きいバッタもいるのかもしれません バッタの大群は今どこまで進行? 現在のバッタの進行状況や今どこまで来ているのか気になりました。 東に進み、現在はインドに進出したようです。 バッタの大群は日本に来るのか? バッタの大群は日本に来るのか? バッタの大群は日本に来るのか1番気になることですよね。 現在パキスタンまで到達したサバクトビバッタは、今後どこまで進むのだろうか。 サバクトビバッタは、高度は海抜2,000mまで上昇することが出来るが、それ以上は気温が低すぎ、上昇できないとされている。 そのため、山脈地帯より先には行かないと考えられている。 世界気象機関の資料によると、サバクトビバッタの到達限界は、「Limit of invasion area」に書かれている線になる。 なので、 中国大陸や日本列島には到達することはなさそうだ。 日本にはくることはなさそうとのことです。 今までに他国からバッタの大群が飛来したことは少ないので、基本的には大丈夫なのかもしれませんね。 日本でバッタの大量発生してしまったら、パニックでは済まないと思います。 ネットでの反応がとても気になりますよね。 バッタの大群のネットの反応は? バッタの大群のネットの反応はどうなんでしょうか? バッタの大群日本に来ないよね…? — LIL. — エース18 Acenumber018 かなり恐怖な声が多くありました。 日本には来ないということですが、安心できないですよね。。 バッタの大群のまとめ 今回は 『バッタの大群の大きさや日本に来るのか?現在地や今どこまで進行?』と題して調べていきました。 バッタの大群はなぜ大量発生した?• バッタの大群の大きさや現在地・進路状況は?• バッタの大群は今どこまで進行?• バッタの大群は日本に来るのか?• バッタの大群のネットの反応は? 最後まで読んでくれてありがとうございます。

次の

動画

バッタ 日本に来るか

提供 サバクトビバッタ大発生の様子(写真/gettyimages) 群れで長距離を飛翔し、農作物を食い荒らすサバクトビバッタが東アフリカで大発生。 食糧危機が広がるのではないかと危ぶまれている。 小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」6月号では、アフリカのバッタ大発生についてリポートした。 * * * 「アフリカの角」と呼ばれる、アフリカ大陸東部のエチオピア、ケニア、ソマリアなどにまたがる地域で、サバクトビバッタの大発生による深刻な農業被害が起こっている。 国連食糧農業機関(FAO)によると、バッタによる食糧や生活の危機としては、エチオピアやソマリアでは過去25年、ケニアでは過去70年で最も深刻だという。 このままバッタの被害を食い止めることができないと、食糧事情が急速に悪化して、新たな国際紛争も招きかねないと専門家は気をもんでいる。 現在、世界は新型コロナウイルスのパンデミックに苦しんでいるが、サバクトビバッタの大発生からも目を背けるわけにはいかない。 砂漠などの乾燥した環境を好み、ふだんは北アフリカからアラビア半島、インドにかけての地域に生息している。 ところが、大発生したときには大群をつくって長い距離を移動し、移動した先々で作物を食い荒らす。 最近では、2003年10月から05年9月にかけて西アフリカを中心に大発生した。 群れは国境を次々に越えて移動しながら拡散し、20カ国以上に被害をおよぼし、農業被害は25億ドル(約2700億円)に上った。 サバクトビバッタは、つねに大群をつくるわけではない。 ふつうのときは、幼虫も成虫もほかの個体との距離を保って生息している。 この状態のバッタは「孤独相」と呼ばれ、幼虫は緑色や褐色、灰色など周囲の環境に溶けこむ色をしている。 ところが、大雨が降って餌となる草がたくさん生えるなど、いくつかの条件がそろうと大発生する。 個体どうしが互いに触れ合うことが多くなり、こうした環境下のバッタは普段よりも大きな卵を産み、その卵からは、黒い幼虫がふ化する。 その幼虫が混み合った環境で育つと、黒にオレンジや黄色が交じった体色の幼虫になる。 この幼虫から育った成虫は、群れをつくって餌となる植物を求め、長い距離を移動する。 このような特徴をもつようになったバッタは「群生相」と呼ばれる。 群生相のサバクトビバッタは、驚くような移動能力、飛翔力を見せる。 大群は1日に100キロメートルくらい飛ぶこともある。 記録として残っているものでは、1988年にアフリカで大発生したとき、大西洋を越えてカリブ海の西インド諸島や南アメリカ大陸にまで達したものもいた。 途中に陸地はないので、海を越えて飛んだ距離は約4500キロメートルに及ぶ。 さらに驚くのは、大群の大きさとバッタの数、そして旺盛な食欲だ。 FAOによると、大群の大きさは面積にして1~数千平方キロメートルにもなり、1平方キロメートルの大群の中には4千万~8千万匹の成虫がいるという。 1匹の成虫は1日に、自分の体重と同じ約2gの餌を食べる。 1平方キロメートルの大群に4千万匹の成虫がいた場合、一日に約3万5千人分の食糧を食べることになる。 3月末現在、アフリカ大陸内にとどまらず、海を渡ってアラビア半島からイラン、パキスタンでも大発生している。 この勢いが抑えられないと、「日本まで来るのでは?」と不安になるが、その心配はないという。 サバクトビバッタは寒さに弱いので、パキスタンやインドと中国の間にそびえるヒマラヤ山脈を越えるのが難しいからだ。 とはいえ、日本がバッタの被害と無縁というわけではない。 過去には、トノサマバッタの大発生が日本の人々を苦しめてきた歴史があるからだ。 1880~84(明治13~17)年には、北海道で大発生して大きな農業被害をもたらしている。 サバクトビバッタの生態や大発生のしくみについては謎も多く、現在のところ殺虫剤(農薬)をまくしか対策がない。 そのための人も資金も十分ではなく、FAOは、1億3800万ドル(約150億円)の支援を世界各国に呼び掛けている。

次の

アフリカのバッタが日本に来る可能性は?影響など調査!

バッタ 日本に来るか

アフリカの大量発生しているバッタとは 名前:サバクトビバッタ サバクトビバッタは、日本でいうとトノサマバッタに相当するバッタです。 ですが、日本のトノサマバッタは単独行動していますが、 東アフリカのサバクトビバッタは色が茶色で団体で行動しています。 というのも。 好条件が重なって、エサがたくさんある状況で個体数が増えると、 行動や体の色、そして形態まで変わってしまいます。 サバクトビバッタは、毎日自分の体重 2グラム と同じ量の緑の植物を食べます。 食べ物は下記のように多くの種類の植物を食べます。 農作物、非農作物のいずれも食し、農被害としてはトウジンビエ、米、トウモロコシ、モロコシ、サトウキビ、大麦、綿、果樹、ナツメヤシ、野菜、牧草地、アカシア、マツ、バナナなどが多い。 さらにはバッタからの排泄物が食べ残した食物を腐らせる。 引用: 2020年は東アフリカで約4000億匹のバッタがサウジアラビアからインドまで移動しています。 標高1000メートル以上の山々は超えられないため、ヒマラヤ山脈を越えて中国から日本に来る可能性は低いです。 引用: ただ、可能性としては二つのルートがあり得ます。 ルート1:インドからの輸入品についてくる 上海税関は4月24日、梱包用木箱からサバクトビバッタが初めて発見されたと発表しています。 このように輸入でついてくる可能性はあります。 最近でも横浜港にヒアリが300匹以上も発見されたのが話題となっていますが、サバクトビバッタもインドから輸入してくる可能性は0ではありません。 ルート2:中国から黄砂を運ぶ風に乗ってくる 中国に侵入したバッタの大群が、黄砂を運ぶ風に乗って2000㎞の海を越え、日本列島へと飛来してくるかもしれません。 ですが中国とインドやパキスタンの間には高度8000メートルのヒマラヤ山脈があり、サバクトビバッタがヒマラヤ山脈を超えるのは難しく、中国に侵入することはむずかしいでしょう。 可能性としては低いですが、インド~中国の輸入で簡単に侵入することができます。 中国にサバクトビバッタが侵入する可能性は一定数の可能性はあるでしょう。 アフリカのバッタによる日本の影響 結論から言うとアフリカのバッタによる日本への影響は薄いです。 サバクトビバッタの大量発生地、インドでは小麦を食い荒らしており、その影響で世界では小麦の価格が上昇していますが、日本は政府が生産国から小麦を買い上げているため、価格に影響は出にくいとされています。 そして穀物の主な輸入先国は「 米国」「 オーストラリア」「 ブラジル」「 アルゼンチン」「 カナダ」であるため、特には日本への影響はない。 日本への影響が薄いものの、海外では相当な大打撃です。 アフリカのバッタによる現地の影響 農業生物資源研究所で、バッタの生態を研究している田中誠二さんは以前、番組で下記のように仰っていました。 「集団によっては、幅が40キロ、長さが60キロ。 面積にすると、2400平方キロメートルくらいになって、神奈川県の面積に相当する大きな集団で動くと言われています。 」 引用: 「ケニアでは、7万ヘクタールの農地が被害を受けており、エチオピアでは、穀物の40%くらいが、もうすでに食べられてしまっています。 ソマリアでは、家畜用の草がほとんどなくなってしまったというくらい深刻な状況です。 」 引用: 東アフリカのエチオピアでは20 万ヘクタール以上の農地がサバクトビバッタの被害を受けており、 100万人以上が食糧不足に直面しています。 周辺国を含めると、 その数は2000万人以上の被害とみられています。 まとめ 本日はアフリカのバッタが日本に来る可能性、影響など調査してきました! 今のところアフリカのバッタが日本に来る可能性や日本への影響はありませんが、安心できません。 ヒアリなどの外来種が日本に来ていますし、サバクトビバッタが日本に来る可能性もあります。 今後のアフリカのバッタのニュースも見逃せません。

次の