ストラクチャー ブロック。 【楽天市場】ジャッカル(JACKALL) ブロックリッパー 48SR 【ネコポス配送可】:フィッシングサンイン

【楽天市場】ジャッカル(JACKALL) ブロックリッパー 48SR 【ネコポス配送可】:フィッシングサンイン

ストラクチャー ブロック

この項目は、および限定の要素です。 しかし、このブロックはワールド内で作った家などの構造物を保存することができる。 そしてそれをワールド内に何回でも設置できる。 つまり、基本的には元となる型を保存しそれをコピーして、ワールド内の任意の場所にそれを設置できる。 特徴は設置するとき、構造物毎に回転や反転ができることである。 また、 ストラクチャーヴォイド Structure Void と併用して、構造物を保存して読み込むこともできる。 設置したストラクチャーブロックはサバイバルモードでは壊せず、岩盤と同じ爆破耐性を持っている。 使用法 [ ] 設置して、ストラクチャーブロックの を開く。 GUI はで適切なアクセス許可を持っているプレイヤーだけが開ける。 一度構造物に名前をつけると、その名前がブロックモード別にストラクチャーブロックの上に表示される(例:「Save:House」)。 設置する前、ストラクチャーブロックは「空白」のテクスチャをインベントリ内で使う。 テクスチャは現在設置されたブロック上に使用されない。 はストラクチャーブロックを動かせないが、ストラクチャーヴォイドは動かせる。 セーブ [ ] セーブモードの GUI セーブモード [S] はワールド内で構造体を強調表示し、それをファイルに保存する。 構造物名 構造物の名前をこのテキストボックスに入力する。 大文字小文字を区別する。 相対位置 ストラクチャーブロックの位置を基準とした構造物のX座標、Y座標、Z座標を入力する。 構造物の外形の原点を設定する。 ストラクチャーブロックからの距離の最大値はどの方向も32ブロックである。 見えないブロックを表示する とストラクチャーヴォイドを色付きの小さな立方体で表示する。 赤い立方体はストラクチャーブロックがあることを意味し、青い立方体は空気があることを意味する。 デフォルトだとオフ。 構造物のサイズ 相対位置座標からの距離を設定するためにX値、Y値、Z値を入力する。 これで構造物の反対側のコーナーを設定してサイズを定義する。 成功すると、構造物を囲む白い外形を生成する。 構造物のサイズと位置を検出する 構造物の反対側のコーナーに設置されたブロックを使用して構造物のサイズと位置を自動的に計算する。 保存ブロック内の構造物の名前はコーナーブロック内の名前と一致させる必要がある。 そうしないとサイズの計算が失敗する。 エンティティを含む 構造物を保存する際、その構造物内にいるも同様に保存する。 保存 すべての座標と構造物の名前を入力し終えたら、このボタンを押して構造物をファイル. 構造物の名前がこのファイルの名前になる。 この過程はを使うことにより自動化できる。 ロード [ ] ロードモードの GUI ロードモード [L] はストラクチャーファイルを読み込み回転させる。 構造物名 読み込むためのストラクチャーファイルの名前。 名前は大文字小文字を区別するため、セーブモードで保存した構造物の名前と正確に一致させなければならない。 相対位置 ストラクチャーブロックの位置を基準として、構造物を生成するためのコーナーのX座標、Y座標、Z座標。 境界線を表示する 構造物の外形を強調表示する。 デフォルトだとオン。 構造物の完全性とシード値 ユーザーが定義したシード値を基に、構造物を生成するランダムなブロックを削除する。 完全性の値が低い場合、より多くのブロックを削除することになります。 完全性の値の範囲は0. 0~1. 0である。 エンティティを含める 構造物を読み込む際、構造物内のすべてのエンティティを含んで保存する。 デフォルトだとオフ。 読み込み 構造物の外形のプレビューを準備するためにこのボタンを一回押す。 位置の確認が済んだら、もう一回押して構造物を生成する。 この過程はレッドストーンを使うことにより自動化できる。 コーナー [ ] データモードの GUI データモード [D] は自然生成物の間でのみ使用できる。 また、関連した構造物のためのみに使用でき、関数のメタデータの入力によって指定されたその関数を実行するための場所に印をつける。 ストラクチャーブロックはその後削除される。 このモードは最初にストラクチャーブロックを置いたときのデフォルトのモードである。 カスタムデータタグ名 実行する関数の名前。 また、ワールドのシード値に依存したルートテーブルシード値を設定する。 また、ワールドのシード値に依存したルートテーブルシード値を設定する。 "Sentry" - ストラクチャーブロックがある場所にを生成する。 "Elytra" - ストラクチャーブロックがある場所にが入ったが生成される。 また、ワールドのシード値に依存したルートテーブルシード値を設定する。 また、ワールドのシード値に依存したルートテーブルシード値を設定する。 また、ワールドのシード値に依存したルートテーブルシード値を設定する。 また、ワールドのシード値に依存したルートテーブルシード値を設定する。 "Mage" - ストラクチャーブロックの位置にを生成する。 "Warrior" - ストラクチャーブロックの位置にを生成する。 ストラクチャーヴォイド [ ] "見えないブロックを表示する" を有効にした場合の、ストラクチャーヴォイドがあるブロック(右)と空気があるブロック(左)の違い。 は構造体内の空間がある部分に設置することができる。 空気とは異なり、構造体を設置した場所のブロックを上書きしない。 例えば下にストラクチャーヴォイド、その上に空気ブロック、全体で高さ2ブロックの構造体を保存したとする。 それを石ブロックでできた高さ2ブロックの場所に読み込む。 そうすると、上の部分は空気ブロックになるが、下の部分は石ブロックのままになる。 ストラクチャーヴォイドには当たり判定がないが大きさを示す小さなブロックがある。 さらに、このブロックは不可視であるがストラクチャーブロックで指定した外形内にあり、セーブモードで "見えないブロックを表示する" をオンにした場合、赤いブロックで表示される。 さらにこれにはどの変更が行われたかを決定するデータフィールドの追加も含まれている。 これは追加データを持っていない。 ブロックデータ [ ] ストラクチャーブロックの実際のモードは、 mode タグが優先される。 以下のデータ値はブロックとして使用する場合は反映されず、エンダーマンに運ばれている状態や、トロッコに騎乗しているときなど、エンティティとして振る舞っている場合のみ反映される。 Block entity data• すべてのブロックエンティティに共通するタグ を参照• name: 構造物の名前。 author: ストラクチャーブロックの製作者。 通常、"? "にのみ設定される。 metadata: 構造物のカスタムデータ。 posX: ストラクチャーブロックが選択している範囲の始点の X 座標。 posY: ストラクチャーブロックが選択している範囲の始点の Y 座標。 posZ: ストラクチャーブロックが選択している範囲の始点の Z 座標• sizeX: ストラクチャーブロックが選択している範囲の X 方向の大きさ。 長さに相当する。 sizeY: ストラクチャーブロックが選択している範囲の Y 方向の大きさ。 高さに相当する。 sizeZ: ストラクチャーブロックが選択している範囲の Z 方向の大きさ。 奥行に相当する。 rotation: ストラクチャーブロックが範囲選択したブロックを貼り付けるときの回転。 mirror: ストラクチャーブロックが範囲選択したブロックを貼り付けるときの反転。 mode: ストラクチャーブロックの現在のモード。 "SAVE"、"LOAD"、"CORNER"、"DATA" のいずれかで、デフォルトは "DATA" である。 デフォルトでは false である。 ブロック情報 [ ] 「」も参照 初期値 値 説明 mode save セーブモード load ロードモード corner コーナーモード data データモード 歴史 [ ] が謎の暗いブロックの画像をツイートした。 Searge が謎の暗いブロックの他のスクリーンショットと共に不可解なメッセージをツイートした。 彼はその後、入手不可でワールドに与える効果が「可視で興奮する」ブロックをプレイヤーが望むかどうか尋ねた。 Searge がホットバーと右上隅に暗いブロックが見える他の不可解な画像をツイートした。 左上隅にある不可解に浮いている明るいドットカバーの構造物を、Searge が後のツイートで明らかにした。 Searge が謎のブロックはワールド生成のために内部で使われる技術的ブロックになることを説明した。 の間のライブストリームでストラクチャーブロックの使い方の詳細を述べた。 当時これらはインターフェイスを持っておらず、開発者によって内部的に使われていただけだった。 が新しいストラクチャーブロックのテクスチャのスクリーンショットをツイートした。 彼はそれらを「不思議な感じ」にするように指示されていた。 がで作られたのようなものを生成する、新しいストラクチャーブロックのアクションの画像をツイートした。 ストラクチャーブロックがゲーム内で使用可能になり、新しいテクスチャが割り当てられた。 ストラクチャーヴォイドが追加された。 もともと開発者がその目的のためにを使っていた。 ストラクチャーブロックが光らなくなった(以前は明るさレベルが15だった)。 ロードモード時に"ストラクチャーの完全性とシード値"を追加した。 ストラクチャーヴォイドが破壊不可能ではなくなった。 ストラクチャーヴォイドの爆破耐性が0になった(以前は18,000,003だった)。 ストラクチャーブロックが追加された。 完全に実装される以前はブロックID が割り当てられておらず、入手できなかった。 ストラクチャーヴォイドが追加された。 ストラクチャーブロックと同様に、完全に実装される以前はブロックID が割り当てられておらず、入手できなかった。 新しいテクスチャを持つ「3D エクスポート」というモードが追加された。 ただし、 でのみ使用することができ、モードを「3D エクスポート」から他のものに変更することはできない。 問題点 [ ] 「Structure Block」に関する問題点は、にて管理されている。 問題点の報告はそちらで行ってほしい。 ギャラリー [ ]• このページの最終更新日時は 2020年4月30日 木 09:21(日時はで未設定ならば UTC)。 特に記載がない限り、内容はのライセンスで利用できます。 Game content and materials are trademarks and copyrights of their respective publisher and its licensors. All rights reserved. This site is a part of Fandom, Inc. and is not affiliated with the game publisher.

次の

「ストラクチャーブロック」に関するQ&A

ストラクチャー ブロック

10」時点のものです。 今後のアップデートで仕様が変更される場合もありますのでご注意下さい。 バージョン1. 10の新ブロック「ストラクチャーブロック」とは何なのか 配布ワールド作成で大活躍するツールといえば「MCEdit」。 とにかく様々な機能が備わっているのですが、その中でも 特に便利な機能といえば「地形のコピーとファイルへのエクスポート」でしょう。 そんなあなたの声に応えるのが「ストラクチャーブロック」です。 だって マイクラの中で手に取るように範囲の枠線が見られるんですから。 レッドストーン信号で建物のペーストができますから、例えば 一瞬で建物が出現する仕掛けがcloneコマンドを使わずに実現できます。 左右対称な建物が簡単に作れちゃいますね。 cloneコマンドやWorldEditのWandではエンティティのコピーは不可能ですが、ストラクチャーブロックならボタンをポチッとするだけで色んなMobや物体もコピーされます。 数値を増減させることで、建物のブロックの量を調節できるんです。 いやあ面白い どうです? ストラクチャーブロックは バージョン1. 10の新要素の中で最重要で最もエキサイティングだと思いませんか? それでは ブロックの仕様から使い方、各種テクニックを解説していきます。 ストラクチャーブロックを入手するコマンドとブロックの基本仕様 ストラクチャーブロックは以下の紫色のブロックのことです。 普通にサバイバル生活していたら見ることはないブロックですね。 コマンドブロックのように "モード"が4つ用意されています。 データモード デフォルト 公式Wikiにさえ具体的な使用方法が示されておらず、使い方を解説している方を全く見ないので今回の記事では解説しません。 セーブモード 選択されている範囲のブロックを、ストラクチャー ファイルに保存します。 ロードモード ストラクチャーファイルを読み込んで回転させるなどの設定をしつつ 貼り付けします。 コーナーモード これを設置してセーブモードのストラクチャーブロックで検知することで 範囲選択が格段に楽になります。 ストラクチャーブロックを アイテムとして入手するには、以下のコマンドを実行します。 コマンドブロックのように、クリエイティブモードのアイテム一覧には存在しませんので注意。 アイテムとして入手した際にはデフォルトでデータモードになります。 giveコマンドでモード指定はできません。 setblockコマンドを使って、いきなり設置することも可能です。 あまり機会はありませんがね。 giveコマンドで入手した時と違って、 modeデータタグでストラクチャーブロックのモードを最初から指定して設置できます。 ちなみに、バージョン1. 9でもsetblockコマンドでストラクチャーブロックは入手可能でした。 でも使えなかった ストラクチャーブロックの基本仕様としては、まずその爆発耐性の高さが特徴です。 数値にして18,000,000、つまり岩盤やコマンドブロックと同じなので まず壊れません。 そしてコマブロのように、看板やレバーやボタンを付けられます。 コマンドブロックと同じように、 ストラクチャーブロックを操作できるのはクリエイティブモードのプレイヤーだけです。 それと範囲選択の枠が見えるのもクリエイティブかスペクテイターだけです 建物をコピーする基本的な手順。 ブロックの範囲選択、セーブ、ロードまで 早速地形のコピーを実践してみましょう。 範囲選択してコピー、貼り付けまでの基本的な手順を一つ一つ解説していきます。 ストラクチャーブロックで地形をコピーするおおまかな手順• 楽に範囲選択したいなら、コピーしたい 範囲をコーナーモードを使って指定する• セーブモードを設置。 コーナーモードをDETECTするか、選択したい範囲の 位置と大きさの数値を入力• 狙った範囲が選択できているかを確認して SAVE• しかしマイクラ1. 10にはWorldEditのワンドなんてありませんし、どうやって範囲を指定するのでしょうか...? 実はストラクチャーブロックでの範囲選択には2つ方法があるんです。 まずは 建物の角っこなど、範囲の端にストラクチャーブロックを設置しましょう。 右クリックでGUIを開き、 左下のモード切替ボタンをポチポチっとクリックして [C]、つまり コーナーモードに切り替えましょう。 そして 上の名前欄に house1など 好きな名前を入力します。 忘れずに Doneまたは エンターキーを叩きます。 範囲を決めるには、複数のコーナーモードSB 以下、ストラクチャーブロックをSBと略します を設置する必要があります。 ということで、 範囲の別の面に ストラクチャーブロックを設置してコーナーモードにしましょう。 そして追加で設置したストラクチャーブロックのGUIを開き、 先程と同じ ストラクチャー名を入力しておきます。 忘れずに Doneまたは エンターキーを叩きます。 以下、分かりやすくするために白枠を出しています。 本来はまだ白枠は表示されません 「別の面にストラクチャーブロック コーナーモード を設置」と書きましたが、 大抵は立体の角とその対角に設置して指定しますよね。 しかしコーナーモードって、無理にコーナーに置く必要はないんです。 さあ、 選択した範囲を保存して コピーして 使える状態にします。 そして ストラクチャーの名前欄に、 コーナーモードに入力したのと同じ名前を入力します。。 そして 右側の DETECTボタンをクリックすると、 先程設置したコーナーモードを検知され範囲の白枠が出現します。 Unable to detect... というメッセージが表示されたら、コーナーモードの置き方に問題があるということです。 コーナーモードを設置しなおしましょう。 表示されている白枠が、 自分の思い通りの選択範囲だったら SAVEボタンをクリックします。 すると 入力してある名前の「ストラクチャー」がセーブデータ内に保存され、後は自由に貼り付け可能になります! セーブができたら、へスキップして下さい。 ちなみに、 セーブモードのストラクチャーブロックを、あまりにも離れた場所に設置すると選択範囲がズレていきます。 何故ならセーブモードが原点とできる距離は最大32mだから。 てことでセーブモードは極力近くに設置しましょう。 方法2: セーブモードを設置して始点の位置と範囲の大きさを数値で指定する 例えば選択したい範囲がマグマの中で、コーナーモードを設置するのが面倒... そんな時は コーナーモードを使わずに、いきなりセーブモードを設置して範囲を指定することもできます。 ストラクチャーブロックを設置して [S]、つまり セーブモードに切り替えます。 上の欄にストラクチャー名を入力して、その 下の数値欄を入力していきます。 少しずつ調整していきましょう。 ストラクチャーブロックでゲーム内で 範囲選択できる最大の大きさは「32x32x32」です。 さあ、 選択した範囲を保存して コピーして 使える状態にします。 といっても、 既に選択範囲を数値で指定済みなので SAVEボタンをクリックするだけです。 すると 入力してある名前の「ストラクチャー」がセーブデータ内に保存され、後は自由に貼り付け可能になります! そして上の Structure Name欄に、 読み込みたいストラクチャーの名前を入力します。 名前を入力したら 一旦 LOADをクリックしましょう。 すると配置される範囲が表示されます。 0時点では残念ながら上下の反転は出来ません。 : 反転させません。 左右を反転させます。 納得できる向きになったら というか枠だけで判断するの難しいですが 、 もう一度 LOADをクリックすれば実際に設置されます! 同じ建物をどんどん配置するには。 と、非常に面倒臭い手順を要します。 同じストラクチャーを何回も貼り付けする時、これらの手順を短縮するにはどうすればいいのでしょうか。 答えは簡単。 このデータ付きのストラクチャーブロックは、 最初からロードモードでしかもストラクチャーの設置範囲が表示された状態で設置されます。 ですのでレッドストーン信号を入力すれば速やかに設置可能。 データ付きでスポイトしたロードモードSBを置きまくってどんどん建物を貼り付けしましょう! しかし ストラクチャーブロックで保存する「ストラクチャー」のファイルはワールドデータ内に格納されており、別ワールドから読み込むことは出来ません。 別のワールドのストラクチャーを読み込むには... そう、この nbtファイルを移動するほかありません。 例えば、村の畑を farm1という名前で保存したとします。 するとセーブデータのフォルダーの structuresフォルダーに、 farm1. nbtというファイルが生成されますからコピーしましょう。 次にそのストラクチャーを貼り付けたいワールドのフォルダーを開き、 structuresフォルダーがなければ作成し、その中にnbtファイルを貼り付ければ準備完了! これでセーブデータ間のストラクチャーファイルのやり取りが実現したわけです。 ストラクチャーのnbtファイルをstructuresフォルダーの中に結集させれば、後はどんどん配置するだけ。 作った色々な建物をストラクチャーファイルに保存して、まとめて配布するってのも面白そうですね。 建物をめり込ませたり、なんとエンティティをコピーしたり、ブロック量を調節して廃墟のようにするなどの秘伝技を紹介していきます。 空気以外だけをコピーしてめり込ませるには。 「ストラクチャーヴォイド」の使い方 木などの凹凸のある物体を保存して貼付けすると、 余計な空気まで設置されて周囲のブロックが消えてしまった... セーブモードで地形を保存する前に、 Show invisible blocks 見えないブロックを表示 というボタンがありますので ONにしてエンターキーを叩きましょう。 すると選択範囲内に怪しげな青いキューブがズラリ! これは 「保存する空気」を示しているんです。 これから「保存しない範囲」に置き換えていきます。 そこで登場するのが新アイテム「ストラクチャーヴォイド」。 これもコマンドを使って入手するアイテムです。 つまり 青いキューブを赤いキューブに置き換えるんです。 当たり判定がないので設置にはコツが要ります。 手作業でストラクチャーヴォイドを設置するのが大変な場合は、 fillコマンドで空気をストラクチャーヴォイドに置き換えれば楽です! 例えばトンネルを作る時など、 空気として残しておきたい部分は青いキューブのままにしておく必要があります。 ダンジョン作成に便利! ストラクチャーブロックの機能の中で個人的に最もありがたいのが「エンティティのコピー」機能です。 エンティティをコピーできるということは• ゾンビやクリーパーやスケルトンなどの 敵Mob• 村人やウシやブタなどの 動物Mob• アイアンゴーレムやスノーゴーレム• トロッコやボートや防具立て• 落ちたアイテムや矢など... そう、マイクラの世界の あらゆる物体のほとんどがコピーできるということです! なんて革命的。 エンティティをコピーする手順はとっても簡単。 セーブモードで エンティティが範囲に含まれる建物を保存する際に、 Include entitiesを ONにします。 そして SAVE。 そしてそのストラクチャーをロードモードで読み込む際にも、 Include entitiesを ONにして LOADします。 セーブ時とロード時にどちらも ONにしていないとエンティティはコピーできません。 ちなみに、エンティティをストラクチャー内に保存した際、 村人の取引や各種Mobの装備品などのNBTタグは保持されますが、 UUIDはロード時に新しく生成されるのでご注意。 ロード時にブロックの量を調節して廃墟のようにしてみよう 最後にご紹介する機能は 「Structure Integrity and Seed ストラクチャーの整合性とそのシード値 」です。 左側: ブロックを設置する量を、 0. 0までの間の数値で指定します。 右側: ブロックを設置するパターンの"シード値"を決めます。 適当な数字を入れればブロックの出現の仕方が変わります。 」とかいう仕掛けを作る場合、あらかじめロードモードと回路を設置していたのでは「何か出現する」ということがバレバレです。 何もない場所に、いきなりストラクチャーを貼り付けするにはどうすればいいのでしょうか。 何もない場所にいきなりストラクチャーを設置する方法の解説 ここで解説すると長くなるので別記事で解説しています。 上記記事では、 エンティティの場所にストラクチャーを設置する方法も解説しています。 例えば村人を牢屋に閉じ込めるなどが実現可能です。 あとがき バージョン1. 10は予想外の早いリリースとなりましたが、皆さん一番お気に入りの新要素は何ですか? 私はもちろんストラクチャーブロックです。 ここまでお読み頂いた貴方様ならストラクチャーブロックの使い方はマスターできているはずです。 最後までお読みいただきありがとうございました! 参考にさせて頂いたページ様 Structure Block - Official Minecraft Wiki.

次の

ストラクチャーブロックの使い方を徹底解説。保存や貼り付け、各種設定を網羅 | ナポアンドットコム

ストラクチャー ブロック

ページ目次• コマンドブロックとは プレイヤーがコマンドを実行する際には、チャット欄を通して実行しなければなりませんが「コマンドブロック」を使うと、プレイヤーの代わりにコマンドを実行してくれます。 しかも、どれだけ長いコマンドもブロック一つ分のスペースで実行可能です。 便利! この「コマンドブロック」ですが、クリエイティブモードにしてもアイテム一覧に出てきません。 コマンドブロックを入手するにはgiveコマンドを実行するしかありません。 そのコマンドがこちら。 コマンドブロックの編集画面 一度、適当にコマンドブロックを設置して中身を見てみましょう。 ・コンソールコマンド コマンドを入力する欄。 ・インパルス コマンドブロックの種類。 ブロックのテクスチャも種類に応じて変化します。 モードの説明は後ほどします。 ・無条件 条件付きか無条件かを選択する事が出来ます。 これは使用例で説明しますが、コマンドブロックを並べておくときに条件付きにしたりします。 ・動力が必要 動力が必要にすると、RS信号に反応してコマンドを実行するようになります。 無条件にするとRS信号に反応しなくなり、主に他のコマンドブロックと組み合わせて使ったりします。 ・完了・キャンセル 編集画面を閉じます。 スポンサーリンク コマンドブロックのモード 3種類 チェーンとリピートはバージョン1. 9から追加され、これらのモードの特徴と使い方を知っていると回路をコンパクトにまとめたり、出来ることが増えたりします。 「インパルスしか使ってないよ」みたいな方は、是非この機会に覚えておくといいですよ! インパルスモード 常時実行を選択するとコマンドを一度だけ実行します。 動力が必要を選択すると、RS信号が入る入るたびにコマンドが実行されます。 チェーンモード このモードは単体では使いません。 インパルスやチェーンのコマンドブロックにくっつけて使用します。 ブロック側面にある矢印の向きをそろえて、複数のコマンドを同時に実行させる事が出来ます。 ちなみに方向については、ピストンや原木の様に、コマンドブロックを設置する面の向きによって変わります。 リピートモード クロック回路のような働きをするモードです。 このモードがバージョン1. 9で出てからは、コマンドで遊ぶときにクロック回路をわざわざ作る必要がなくなりました。 常時実行にしている間は、ずっと1秒間に20回もコマンドを実行します。 動力を必要にした場合は、RS動力がONになっている間は実行され続けます。 このコマンドブロックは使い方を間違えると危険です。 下手したら死んでもリスポーンした瞬間また上へと... 戻れなくなってしまいます...。 これはチェーンモードの特徴で、矢印の向きと反対のコマンドブロックが起動したら、自身のコマンドを実行する。 というものを利用しています。 対してこれはどうでしょう。 これもさっきのとほとんど同じ作りになっています。 違いは、一個目のコマブロの上に木材が乗っているという事と、真ん中のコマブロが『 条件付き』になっているという事。 では実行してみます。 一個目のインパルスコマブロは、上に木材が乗っちゃっているので、このまま信号を送っても 起動はしますがコマンドは実行されません。 一応3つとも起動はしているんです。 ですが、一個目でコマンドが実行されないために、二個目が起動しなくなってしまう事が分かりますね。 つまり!!「条件付き」というのは、 つながりを持ったコマブロの中で、一つ前のコマブロがコマンドを実行したら自分も実行するという性質を持っている訳です。 逆に「無条件」だと、一個目のスタートのコマブロが起動 コマンドを実行しなくても 、繋がっていさえいれば起動しちゃうんです。 もし左側のコマブロを「条件付き」にして、右のチェーンコマブロを「無条件」にすると... 二番目の「無条件」のコマブロはきちんとコマンドを実行しているので、三番目の「条件付き」もきちんと実行されて、両方設置されます。 この二つを使い分けるのは難しいですが、なれればとても幅が広がる事間違いなしです  ̄ー ̄ bグッ! リピートモードを使った使用例 真ん中のコマブロの半径3ブロック以内に入ると、3番目のコマブロの上に石が設置される仕組み。 検知されない場合は、二個目のコマブロは実行されない。

次の