育児 ノイローゼ 3 歳。 育児ノイローゼなのでしょうか?今3歳3カ月の男の子がいます。結婚後...

2、3歳児のママ、育児ノイローゼの対策や向き合い方について

育児 ノイローゼ 3 歳

2歳の子供の育児中に育児ノイローゼになってしまうお母さんが増えているようです、育児ノイローゼになってしまった、なりそうだという方の為に育児ノイローゼの解決方法を紹介ます。 育児ノイローゼになってしまうと、一番つらいのはお母さん自身です。 でも、2歳という時期は子供の内面的な土台を作る大切な時期なのでこの時期にお母さんが精神的にも肉体的にも健康であることはとても大事なことです。 ぜひ育児ノイローゼについて理解してならないように出来ればという思いからこの記事を書かせていただきます。 もくじ• 2歳のイヤイヤ期で育児ノイローゼ 育児ノイローゼの症状 一般的なノイローゼの症状は精神的に弱った状態、心が萎えた状態です。 何もやる気がなくなってしまい、超マイナス思考になって、自分を否定したり、他人をうらやんでみたり、クヨクヨクヨクヨ考えるようになって、理由もなく涙が出て来たりします。 体にも症状が出て来ます。 眠れなくなったり、食欲がなくなったり、ものすごく疲れやすかったり、頭痛、腹痛とか人によって様々なつらい症状がおそって来ます。 それによって普通の生活が送れなくなってしまう場合もあります。 育児ノイローゼの場合はその原因が育児であるがゆえに、特有の悲しい症状があります。 それは自分の子供がかわいいと思えなくなることです。 これは、健康なお母さんであれば考えられないことです。 また、子どもの些細な行動が許せなくなってイライラが全然抑えられないなんて状態が続いて、暴言を言ったり当たったりして子どもを追い詰めてしまう場合もあります。 2歳のイヤイヤ期で育児ノイローゼ 育児ノイローゼの原因 他のノイローゼもそうですが、強いストレスが原因で発症します。 育児ノイローゼの場合は、呼び名の通り育児にまつわるストレスが原因です。 話が分かっているはずなのに、全然いう事を聞いてくれない。 我がままばかり言って、それが通らなければギャーギャー泣き続ける。 そのストレスについて誰にも相談できず、はっきり自覚することなく頑張り続けているうちに育児ノイローゼの症状が出てくるということになるのです。 2歳になるまで、一人できっちり世話をしてきたと自負しているお母さんも育児ノイローゼになるリスクが高いです。 ここまで完璧にやってきたのに、急に思うように子育てが行かなくなる。 頑張ってやらなくちゃという気持ちが先走り、ただただ一生懸命やってしまうその結果精神的に追い込まれてしまい、怒濤のストレスにみまわれて育児ノイローゼになってしまうのです。 2歳のイヤイヤ期で育児ノイローゼ 育児ノイローゼの解決法 まずは、自分が育児ノイローゼであることを自覚することが解決の糸口になります。 2歳児はスクスク育っているので、それについて行こうと引き込まれるように頑張るってしまいがちですが、ここは立ち止まって自分を見て下さい。 辛くないですか?自分の平静な時と違っていませんか?少しでもそう思ったら立ち止まって下さい。 そして、少しその頑張りから離れてみるのも大事なことです。 全く知らない秘境を訪れるのもいいでしょう。 とにかく、今の生活から離れて負のスパイラルを断ち切ってしまいましょう。 意外と自分がやらなくても、誰かやってくれたり、何とかなるものですから。 気楽に好きなことをすると決めて下さい。 自分がポーンと高い空に投げ出してしまえば、お父さんなり、お祖母ちゃんなり誰かしらがヒョイっと受け取って引き受けてくれるものです。 自分が「辛い」事を誰にも相談できなかったのが原因で育児ノイローゼになる人が多いです。 投げ出してしまうことで、周りにも気づいてもらえるので話も聞いてもらえるでしょう。 この投げ出すタイミングが早ければ早いほど、子どもと離れる期間は短くなります。 なので、まずは自分が育児ノイローゼになりそうだと思ったらちょっと休む。 思い切ってお父さんや周りの人に相談してみる。 これが出来れば秘境まで行かなくても、近場の温泉に一泊くらいで十分回復可能です。 2歳のイヤイヤ期で育児ノイローゼ まとめ 魔の2歳児という表現は好きではありませんが今回の記事ではあえて使わせていただきました 魔の2歳児の子育てに奮闘中、あるいはこれから奮闘しようとしているお母さん。 少しでも辛いと思ったら、静かに目を閉じて少し離れた所から自分と子どもを眺めてみて下さい。 一人で頑張り過ぎているお母さんが見えて来たのではないでしょうか。 そんな時はこの記事のことを思い出してみたください。 育児ノイローゼで命を絶つ人も中にはいるのです。 2歳児の魔の期間はそう長くはありません。 放っておいたって2歳児は3歳児、4歳児に育つものだと気楽に考えて、その魔にとりつかれないように気を付けて下さい。

次の

2、3歳児のママ、育児ノイローゼの対策や向き合い方について

育児 ノイローゼ 3 歳

育児ノイローゼなのでしょうか? 今3歳3カ月の男の子がいます。 結婚後子供が欲しくてよく考え、願ってできた子です。 その子のことが嫌で嫌でたまりません。 とてもおしゃべりで30秒と黙ってられません。 癇癪持ちですぐに泣き喚きます。 外食は食事が出てくるまで待てず、店中をは走り回ってしまいできません。 回転寿司でも5分座っているのが限界です。 私や夫、母の話を聞けません。 3歳健診で特に異常は指摘されなかったので普通の3歳なんだと思います。 こんな毎日が続き、もう私の心が限界です。 少しでも離れるために、仕事を始めましたが子供が風邪をひいたりであまり出勤できていません。 育児がこんなに辛く、救いのないものだとは思いませんでした。 できるなら、過去の妊娠した自分に産むなと忠告しに行きたいです。 幸い、夫は育児にとても協力的で、私の異変に気付き、仕事を休んで家にいてくれています。 そんな夫にも申しわけなくて… 夫に対する申しわけなさと終わりの見えない地獄の毎日で何をしていても涙がでます。 はやく死んじゃいたいと思います。 誰にどういう風に相談すればよいのかわからず、ここに書きこみました。 私はどうしたらよいのでしょうか? 心療内科、行ってみましたか? おそらく、ちょっと助けが必要な状態なんだろうと思います。 育児、というのはちょっと特殊なストレスがかかる仕事です。 性格によって、そのストレスへの反応の仕方は個人差が大きいものだと思います。 キッチリした性格の方の場合、特にストレスを感じやすいんじゃないかと思います。 お子さんはいつまでも3歳ではありませんから、「じっとしてくれない」「思い通りになってくれない」というストレスは、これからは減って行きます。 今がピーク、といっていいと思いますヨ。 でも、今の心の状態のまま放っておくと、ラクになってきたときも、うまくお子さんに適応できないかもしれませんから、一度プロに助けてもらうのもいいんじゃないかと思います。 お子さんにとっては、「ママが生きてて、笑ってくれること」が一番。 家事ができなくなっても、仕事で家にいなくても、「笑ってくれたら」それで満足なんですよ。 今は心が病んでる状態なので、「産むなと言いに行きたい」と思っておられるのも無理はないと思いますが、心のモヤが晴れたら、きっと「この子がいてくれて、幸せ」と思える時が来ると思います。 もし、来なくても、ご主人がいるから大丈夫。 一人で育ててるのではないのですから、あまり頑張りすぎようとしないでくださいね。 頑張りすぎて心が悲鳴をあげていると、お子さんも、ご主人も不幸にしてしまいますからね。 逆の立場になったら、質問者様も全力でご主人を支えよう、と思うに違いないのですから。 疲れますよね。 うちは3歳なりたての女の子ですが同じくおしゃべり&いちいち私の一挙一動にコメントですから、いくら可愛い娘でも、疲れがたまりウツ状態になりイライラ爆発です(笑) 質問者様、死にたいくらいですから病院に行ったらノイローゼ、と言われるんでしょうが、ノイローゼというより母親だって人間で、広い器を持って余裕がある人なんて世界にほんの一握りですよ。 やんちゃ坊主の世話をまともにしようと思うのが無理です。 失礼 私も、娘の弾丸おしゃべりにまともに付き合うのはやめました。 それでも疲れはたまりますけどね…。 でも、旦那様が世の中の旦那様の鏡みたいですから、きっと質問者様、笑顔になれます。 今は旦那様に丸投げして、どうもしなくていいと思います。 夏だから太陽いっぱい浴びて、ゆっくり休んで下さいね。 育児おつかれさまです。 どういうときに、子どものことが嫌だと思いますか? 外食したり、外出していて、 人目が気になる時、 お行儀よくして欲しいのにしてくれないことにいらだちを感じるというのが一つあるのではないでしょうか。 お子さんが3歳で、言葉も達者になってきたから、「言えばわかるはず」と思われて、言っても通じないことにいらだちを感じられているかもしれませんが、所詮相手は子ども。 見た目は立派な人間の形をしていても、頭の中は大人とは全く違います。 人間よりも、動物・・・これはちょっと言い過ぎかもしれませんが、言葉を話すことはできても、理解することはできないのかも。 ましてや、大人が「おとなしく」などいった言葉で、自分の衝動をコントロールするのは高度です。 外食や外出で人に迷惑をかけそうならば、公園などのある程度自由にできる場所を選ぶようにしたら、少しイライラが解消されないでしょうか。 お疲れのようですね。 一度受診してみると良いかもしれませんね。 3歳児健診で相談してみるとよかったですね。 お子さんのようなタイプのための教室もあり、保健師に相談すると紹介してくれますよ。 今からでも遅くないので、相談してみてはどうでしょうか。 最近流行の「子どもの気持ちを尊重する」育児に合わないタイプだと、癇癪を起こしたりしやすくなります。 (子育ての相談員です。 ) 「ダメなことは駄目」を貫く、メリハリのハッキリした育て方のほうが落ち着いてくると思いますよ。 癇癪を起こしている間は相手をしない、かまわないでおく、癇癪を起こした要求はのまないなどの対応を心がけると、だんだん落ち着いてきます。 癇癪を起こしても無駄とわからせるのですね。 癇癪を起こさなくなるだけでもだいぶ扱いやすくなると思いますよ。 大人が振り回されないことが大切です。 これは家族みんなで協力して行うようにしてくださいね。 癇癪を起こさなくなるのは実はお子さんにとっても楽になりますから、お子さんのためでもありますね。 もう一つ、年齢より幼い扱い方をしていても癇癪を起こしやすくなるように感じています。 できることをどんどん増やし、大人にしていく視点を持って育てると違ってくると思いますよ。 手をかけすぎがマイナスになることがあるのです。 対応の仕方を変えると親子の関係も違ってきます。 子どもを尊重するのは読む本を選ばせる、着る洋服を選ばせるなどで充分です。 男の子の躾けはお父さんが叱るべきときにしっかり叱ることが大切です。 ご主人ともよく相談してみてくださいね。 子育ては大変ですよね。 楽な子育ては私はないと思っています。 お話を読ませて頂くと、精神的に疲れてらっしゃるのが分かります。 私は専門科ではないですが、まずはお子さんから少し離れられる時間を作ってみてはいかがでしょうか?協力的な旦那様もおられることですし、旦那様が休みの時に1日預けて一人で外出してみたり、お友達と遊んだり、実家に帰られたり、1日温泉に行くとか子供さんの事を少し忘れられる時間を作ってみてはどうでしょうか? 24時間365日子供とベッタリすごしていると、誰でも疲れると思います。 専業主婦で子供さんを見られているお母さん方も、仕事もして家に帰ってお母さんしてる方も、両方とも精神的にも肉体的にも大変だと思います。 私は、協力してくれる方が周りにいらっしゃるのであれば、少しは甘えても全然かまわないと思います。 旦那様に申し訳ないお気持ちも分かりますが、旦那様の仕事にさしつかいくらいだったら少しくらい甘えてもバチは当たらないと思います。 子育ては旦那様と一緒にやっていければ、私はとても理想的だと思います。 旦那様のほかにもご自分のお母様や義理のお母様にベビーシッター頼めるのであれば時々頼んでみてはいかがですか?数時間でも子供と離れれる時間があるだけでも全然違うと思います。 子供さんと外食するのも結構体力が必要なのも分かります。 子供さんがいてゆっくり食べれないのであれば、テイクアウトできるものを買ってきて家で食べれば周りを気にせず騒ぎながら食べれるし、ご飯作りを休めます。 外食気分を味わいたいのであれば子供を実家に預けたり、旦那様のご実家に頼んだりして、旦那様と2人でたまには外食するのもいいと思います。 「そんなことをしたら周りから何か言われるかも。 」と思うかもしれませんが、精神的に自分を追い込んでしまい悪い方向に行かれるよりかは、子供さんのためにも旦那様のためにも周りに助けを頼む方が、私はいいと思います。 子供が言うことを聞いてくれるまで少し時間はかかるかもしれませんが、もう少し大きくなるまでの辛抱です。 それから、3歳くらいから預かってくれる幼稚園や保育園を探されてみるという手もあります。 もしそれでも精神的に追い詰められてどうしようもないと思ったら、カウンセリングや精神科など今は心のサポートをしてくれる所もあります。 1人で悩まず早めに相談するのも私は良いと思います。

次の

2、3歳児のママ、育児ノイローゼの対策や向き合い方について

育児 ノイローゼ 3 歳

「育児ノイローゼ」という言葉を聞いたことはありますか? 育児の経験がある人なら、思い当たる節があるかもしれません。 育児ノイローゼになりやすいのはどんな人でしょうか? ここでは、育児ノイローゼの症状・なりやすい人・最低限できる対処法をまとめました。 育児ノイローゼとは 産後のメンタル不調にはいろいろあります。 産後すぐに始まり二週間ほどでおさまるマタニティーブルーや、産後すぐではなく産後1ヶ月以内に始まるのが産後うつや神経症用症状、幻覚や妄想が見えてくる非定型精神病用症状です。 厳密にそれらを区別し診断名をつけるのは難しいことですが、それら精神症状の治りが良くない方は、ズルズルと育児ノイローゼになりやすいようです。 育児に関しての自信のなさ、子供の成長に対する不安、漠然としたストレス、正しい育て方の模索で疲れる、など、あれこれ神経質になってしまい、育児が楽しめなくなることを育児ノイローゼといいます。 育児ノイローゼの大きな原因は自身のストレスだけでなく、妊娠出産の劇的なホルモン変化、家庭環境なども大きな要因なのです。 育児ノイローゼの症状 ここでいう育児ノイローゼは、単に「育児でストレスがたまっている状態」ではなく、神経症という病的な症状を指します。 具体的には次のとおりです。 ・無表情で感情の起伏がない、反応が鈍い• ・活力が感じられず、目つきがうつろ• ・思考停止、思考能力の低下 『何も考えられない』状態• ・不眠や睡眠障害• ・過食や食欲不振など摂食異常• ・家の中に閉じこもる• ・子供に愛情が持てず、いらつく• ・自分がこの子の親であることが申し訳なくなる• ・子供を叩きたくなってしまう• ・子供と一緒に死ぬことを考えてしまう• ・毎日お風呂や布団の中で泣いてしまう• ・朝が来なければ、と思ってしまう このような状態や考え方を毎日持つようになったら黄色信号です。 我慢だけでは具体的なことは改善しませんので環境や、周りの協力、自分自身の息抜きなど、実際に生活を変えていく必要があります。 育児ノイローゼになりやすい人って? 7人から10人に1人は、産後のメンタル不調を経験すると言われています。 妊娠・出産・授乳のために女性のホルモンバランスは激しく変動し、育児のストレスが無くても気分が落ち込みやすい状態です。 さらに、出産や育児で体力を消耗し、身体的な負担が大きくなっています。 産後は誰もが育児ノイローゼに陥る可能性があるのですが、加えて、次のような性格の人は育児ノイローゼに注意が必要です。 ・完璧主義、理想主義• ・神経質で潔癖症• ・物事に対するこだわりが強く、気分転換が苦手• ・ほかの人とつい比べてしまいやすい• ・妊娠する以前から、うつ気味• ・まじめすぎる 育児はしなくてはならないことが次から次に押し寄せ、予定を立てても思い通りに運ぶとは限りません。 「授乳は3時間おきにしなくてはいけない」「ほこりが出ないよう、必ず雑巾がけをしないといけない」のように、「すべきこと」にとらわれると、心身の大きな負担になり、育児ノイローゼにつながります。 「ママ友達はいつもきちんと離乳食を作っている」「あの赤ちゃんはウチの子よりもずっと発育がいい」など、ほかの人と比べずにはいられない性格も育児ノイローゼの人にありがちです。 育児ノイローゼになりやすい環境 ご自身の性格だけではなく、なりやすい環境的な要因もあります。 ・初産• ・シングルマザー• ・ご実家の両親に協力してもらえない• ・夫が育児に参加しない、できない• ・周りに同年代の子をもつ友人がおらず悩みの共感者がいない• ・終日子供と二人きりになってしまう こんなことぐらいでノイローゼになるなんて甘えだ、と思う方もいるかもしれませんが、なれないことを始めた新米ママさんには大変重要なことです。 自分なら大丈夫!と、自身のメンタルを過信しすぎないよう注意しましょう。 過去の体験が育児ノイローゼを引き起こす 育児を通して過去の経験やトラウマを思い出してしまうことで、育児ノイローゼが引き起こされることがあります。 ・自身の幼少期の虐待• ・自身の幼少期の苦労• ・両親の愛情をあまり感じられなかった• ・両親が不仲だった• ・両親ではない人に育てられた これらの経験が足かせとなり、自身も同じことを子供にしてしまうのではないか、子供は幸せになれるのだろうか、と不安になり、ノイローゼとなることもあります。 育児ノイローゼになるとこんなことが 少しだけ神経質になってしまうことはどのお母さんにもあることですが、過剰な行動や思考へと知らず知らずのうちに変化し、子供や家族に影響を与えてしまうことがあります。 ここでは子供や家族の出す危険なサインをお伝えします。 <子供への影響>• ・子供が顔色をうかがうようになった• ・子供が黙りこくるようになった• ・子供が風邪や怪我を黙っているようになった• ・子供がわがままを何も言わなくなった• ・子供と目が合わなくなった• ・子供がいつでもひとり遊びをするようになった• ・子供に手を挙げるようになった• ・子供が身構えるようになった お子さんがこのように変わってきたら注意しましょう。 お子さんは言葉にできるほど表現力はありませんが、とても敏感にお母さんの変化を感じています。 お母さんの辛さを感じて、自分がわがままを言わないようにしよう、と思うようになり、怪我や風邪すらも報告しなくなります。 甘えが全くなくなるのは大きくなっただけではなく、絆の薄れでもあります。 甘えられる環境、話を否定せずに聞いてあげる環境が育児には必要です。 これらの症状は、お母さんの症状とともになくなることもありますので、まずはご自身の心身のケアを優先しましょう。 <家族への影響>• ・旦那さんや家族が、子供にママは病気だ、と伝えてしまう• ・旦那さんが自分と距離を置くようになる• ・義母などに怠け病と言われる• ・離婚を考えるようになる 心の辛さと身体の辛さの両方を理解することは当事者でないと難しいものです。 周りの家族もどうしていいのか分からずに、腫れ物に触るように接したり、または距離を置くようになったりします。 また、正しくノイローゼの身体を理解していないにもかかわらず、子供に対していろいろな大人がママの病態や悪口を話すこともあります。 このような事態を避けるためにも早めに手を打ちましょう。 育児ノイローゼの解決法~最低限必要な3つ 育児ノイローゼは、近年増えつつあります。 人に相談できない・相談しても解決法が解らない… そんな思いから相談すらしなくなって、孤独を感じ、育児に支障がでてしまうというケースもあります。 育児ノイローゼになってしまう原因は様々で、きっかけも一概には言えず、解決策や効果的な方法も人によって異なります。 ですがここでは、育児ノイローゼから脱出するために最低限必要な3つをご紹介します。 体が健康であること 育児ノイローゼは、精神的な思いから肉体に影響が出てしまうこともあれば、肉体的な原因が精神的に追いつめてしまうということもあります。 どちらにせよ、体が不健康であれば思うような育児ができなかったり、子どもへの対応も雑・疎かになってしまいます。 疲れてしまえば睡眠時間が欲しくなり、お子さんがいれば睡眠時間の確保は難しいです。 体の不調が続けば食欲も低下し、そのうち免疫力も活動力もすべて落ちてしまいます。 育児ノイローゼを脱出するためには、まず体が資本。 体を健康に保つことが大切です。 対策として信頼の置けるベビーシッター、家事代行サービスを見つける、行政のファミリーサポートセンターに、短時間の預かりサービスをしてもらえるか相談するなどがあります。 本当に身体の調子が悪い場合は里親制度、乳児院というものも存在します。 これらは病気等の理由で一時的にお子さんを預かるサービスで、最終的にはちゃんとお母さんのもとへお子さんは戻ります。 その点も安心できますね。 心が健康であること 大切なことは、体の健康だけではありません。 心が健康・穏やかで余裕のある状態でないと、ストレスや苛立から肉体にまで影響を及ぼしてしまいます。 心の健康は、体の全てとリンクしています。 精神的に沈んでいると、体内で出来る免疫の力も新しい細胞も、全てサイクルが崩れてしまいボロボロになります。 そんな状態が体に症状として表れれば、口内炎や様々な病気・大きな病気にまで発展してしまうことも。 それだけ心とはとても大きな鍵を握っている部分なのです。 心のケアが非常に大切です。 体の健康も大事ですが、体の健康よりも、実は心の健康の方が重点を置かなければならないかもしれません。 実際に精神内科、心療内科の先生に相談する、カウンセリングルームを利用することも可能です。 精神内科、心療内科と聞くとなんだか怖いイメージを持たれる方もいますが、近年のストレス社会の影響から普通のサラリーマンや女子高生なども通っています。 病院内も美容院やネイルサロンのように綺麗で落ち着ける作りになっていますので、最後の手段ではなく、早めに足を運んでみることがおすすめです。 カウンセリングルームはNPO法人などが運営しているものや、個人で運営しているものがあります。 カウンセリングルームによって、臨床心理士のいるところ、民間資格のカウンセリング資格をもつ人がいるところ、特に資格を持たないところがあります。 やはりこちらも予約して行くのがいいでしょう。 また、最近ではメールでカウンセリングを行っているところもあり、忙しい方には便利です。 育児ノイローゼに陥っている場合には、一人になりたい・人との接触を回避したい!と思ってしまいます。 ですが、その状態をなんとか早く克服し、一人育児の環境から抜け出さなければなりません。 一人になってしまうと考えるだけの時間がたくさんあるので、嫌なこともゆっくりじっくり考えてしまいます。 それだけでなく、解決するためには周りからの後押しや助言というものが必要です。 育児は一人ではできません。 一人育児になってしまう環境に自ら入っていくと、そこから抜け出すことが非常に難しいです。 まずは吐き出すこと。 抱え込むのではなく、誰にでも良いので愚痴を吐くこと。 そして、さまざまなアドバイスを吸収することです。 今の時代、育児ノイローゼは少なくありません。 育児だけでなく、孫に関わる祖母・しゅうと・姑…。 全てに対してノイローゼは深く関わり、影響していきます。 ちなみに、地域にはいろいろなサポートがあります。 都道府県や区、市などによっても受けられるサービスが違いますのでウェブサイトで確認してみましょう。 また、習い事にはなりますが、幼児教室に行くのもいいですね。 同じ年齢の幼児が集まるように曜日、時間設定がされています。 教室の先生はプロなので子供の気を引くのもうまく、子供も親も楽しい時間が過ごせます。 集中してお話を聞く時間、みんなで一緒のお遊びをする時間、ママと一緒に遊ぶ時間などがあり、子供の集中力や協調性も育ちますので一石二鳥です。 新米ママも育児の先生の教え方を見てヒントになることでしょう。 育児ノイローゼの症状が軽いうちに対処する 軽い育児ノイローゼから始まり、「産後うつ」などより重い症状を呈する場合もあります。 毎日泣いてしまう、悪夢が続く、子供のほっぺを叩いてしまった、という程度の状態でも相談に行って大丈夫です。 先生にあきれられないか、等の心配はいりません。 何も治療がなければないで、現在の育児ノイローゼ状態にあまり深刻にならなくていい証拠ですので、それだけでも安心できます。 産婦人科でも相談は可能ですし、もちろんメンタルの専門家に相談するのもいいですね。 心療内科では、育児の悩みのみならず、必要とあればお母さんの幼少期のトラウマや家庭環境にまでさかのぼってカウンセリングをしてくれます。 正直に話しすぎて通報などされないか、と心配される方もいますが、正直に話すことで本人のカウンセリングのみならず、家族円満のための行政サービスなど、知恵を貸してくれます。 ちなみに虐待の通報は、9割方は誤報だと言われていますので、あまりビクビクする必要もありません。 心療内科、精神内科のホームページには、得意な分野が書いてありますので、産後うつ等の記載があるところをなるべく選びましょう。 薬に関しても現在は眠気の副作用の少ないものや、依存性の少ないもの、漢方薬で安全なもの、など、さまざまな選択肢の中から選び処方箋を書いてくれます。 もちろん授乳中でしたら授乳の継続の有無も教えてくれます。 たいていの精神科、心療内科は予約制ですので、まず電話で予約をしてから行きましょう。 また、産後うつ、マタニティーブルー、育児ノイローゼに関しての相談だということを事前に伝えましょう。 育児に疲れた、育児ノイローゼかな、と思ったら 必ず同じように悩んでいる方は、多くいらっしゃいます。 必ず共感してくれる方、協力してくれる方もいます。 10人に1人は育児ノイローゼを経験しますので、あなただけが悩んでいるわけではありません。 どうぞ安心して人に話し、対策をとりましょう。 ashinari.

次の