転職 翻訳。 求人情報

通訳・翻訳の転職・求人情報

転職 翻訳

フリーランス翻訳者のアツトです。 私は大学卒業後、新卒採用でIT企業にシステムエンジニアとして雇用され、数年間、エンジニアとして仕事をしていました。 その後、特許翻訳会社に正社員の社内翻訳者・チェッカー(日英)として転職し、現在はフリーランスとして仕事をしています。 この選択を一言で振り返ると、「正解だった」と断言できるのですが、それでも全てが良いことであるわけもなく、システムエンジニアの時の方が良かったと思うこともあります。 そこで、 現在別の仕事をしているけれど、翻訳者への未経験転職を考えている方に対して、翻訳者に転職して分かったメリット/メリットと、転職活動をするに当たっての注意点について語りたいと思います。 システムエンジニアからの転職という内容ですが、システムエンジニアの仕事は一般企業の総合職に当てはまることも多いと思うので、エンジニア以外の方にも参考になるかとは思います。 Contents• 翻訳者に転職したメリット 1. 1 フリーランスになれば収入は出来高で決まる 「いきなり金の話かよ!」と言われるかもしれませんが、金銭面の条件はモチベーションの維持・向上に重要な要素です(笑) 社内のシステムエンジニアの場合、一般企業の総合職と同じく年功序列制の固定給である場合が多いです。 しかし、 フリーランス翻訳者の収入は翻訳した量で決まる、つまり出来高制であるため、 自分の収入に深い納得感があります。 どんな会社にも、仕事ができないのに年功序列制のおかげで高収入な高齢社員がいるものですが、翻訳業界ではそういう不公平がありません。 若くても翻訳能力が高ければ高収入( 1000万程度)は狙えますし、逆にいくら経験年数が長くても翻訳能力が低ければあまり稼げません。 翻訳業界は、収入という点に関して言えば、極めてフェアな業界であると感じています。 また、正社員の社内翻訳者の年収も400万~700万くらいのレンジにあり(アツトの年収は、翻訳会社正社員1年目で400万円でした。 その後、3年目で550万になりました。 20代半ばの時の話です。 )、めちゃくちゃ高収入というわけではないですが、全年齢の正社員男性の平均年収が527万(参考:)であることを考えると、悪くはないと言えるでしょう。 また、翻訳会社の中には、 社内出来高制というシステムを採用している会社も多く、正社員として安定した身分を持ちながら、お金は頑張れば頑張るだけ稼ぐことができます。 2 自分のペースで仕事ができて、ストレスがない システムエンジニア時代には自分のデスクで仕事をしていても、必ず問い合わせの電話やメール、割り込みの仕事、障害の連絡などが入ってきて、腰を落ち着けて仕事を進めるということができませんでした。 エンジニアに限らず、一般企業であれば、仕事中の割り込みや中断というのは当たり前にあるでしょう。 結果、思い通りに仕事ができず、ストレスを溜め込むことになったり・・・ しかし、翻訳の仕事は社員、フリーランスを問わず、与えられた期限を満たすように翻訳を完成させる、又はチェックを完了させることが求められるだけで、 仕事中に横やりが入ることがほとんどありません。 3 仕事内容がアカデミックであり、勉強好きや読書好きに向いている システムエンジニアとして就職した当初は、エンジニアとしての仕事内容にアカデミックな側面を期待していました。 なにせ、名前が「エンジニア」ですからね。 しかし、実際のシステムエンジニアの仕事は、技術的、アカデミックな性質が薄く、どちらかというと営業職のような立ち回りや社内政治が重要なものでした。 それに対して、現在の特許翻訳の仕事は、 ・英語のライティング ・特許文書の技術的内容の理解 ・特許に関する法律や判例の理解 という アカデミックな性質が強いものなので、元々勉強好きな僕にとっては、存分に自分の力を発揮できる仕事です。 「 学生時代、勉強や読書が好きだった。 翻訳者に転職したデメリット 2. 1 チームで何かを達成するという充実感がない 通常、システムエンジニアに限らず、一般的な会社員であれば、プロジェクトや仕事においてチームを組み、コミュニケーションを取りながら仕事を進めるということが多いと思います。 それに対して、翻訳者は社内、フリーランスを問わず、 個人プレーの性質がとても強いです。 中学高校の部活のように、複数人で協力して何かを達成することによる充実感は翻訳という仕事では得られません。 私はそもそもがコミュ障気質なので、あまり重大な点ではないのですが、一人で翻訳ばかりしてると、ふとそのような過去を懐かしく思うこともあります。 2 仕事がマンネリ化する システムエンジニアは、職種が多種多様(プロジェクトマネージャー、ITコンサルタント、ITアーキテクト、設計担当、基盤担当など)であり、以前在籍していたIT企業では頻繁にジョブローテーションの機会がありました。 また、グローバルな案件もあるため、海外の拠点とメールや電話のやり取りをしたり、出張の機会もありました。 一方、翻訳者の仕事はひたすら翻訳をするか、他人の翻訳のチェックをするばかりです(逆にそれ以外の仕事を翻訳者がしたら変だとも言えますが笑)。 正直、飽きないわけがありません!(笑) 私が以前、在籍していた特許翻訳会社では、 仕事が単調であるという理由で退職をする人もいたので、「ずっと翻訳ばかりして嫌にならないか?」という点は、転職前によく考えておいた方が良いでしょう。 翻訳者に正社員として未経験で転職する際の注意点 3. 1 やっぱり資格は評価される 「 翻訳の能力にTOEICや英検などの資格は関係ない」 翻訳者の方のブログを読んでいると、そのような意見を頻繁に見かけると思います。 それが真実かどうかは別として、未経験者として翻訳会社に転職する際には、 TOEIC高得点や英検一級などの資格は、間違いなく高評価につながります。 翻訳会社としては、未経験者を採用する際の判断材料に乏しいわけですから、そのような資格情報を参考にするのは当たり前でしょう。 余裕がある方は、TOEICや英検などの資格を取得されておくことを強くお薦めします(しかし、ここで重要なのは、「TOEICや英検を 取ってから転職活動を始める」のではなく、「TOEICや英検の勉強と 並行して転職活動を始める」ということです。 人生の貴重な時間を浪費しないように気を付けましょう)。 2 口コミサイトはチェックしておこう 「翻訳者に転職するにあたって、おすすめの転職サイトorエージェントは何かある?」 そんな疑問があるかもしれません。 ぶっちゃけ、転職サイトはなんでも良いと思います。 無難に、「翻訳 転職」とか、「特許翻訳 転職」とか、「医療翻訳 転職」とか、そういうキーワードで検索すれば良いです。 大体、どの転職サイトにも、同じ転職案件が重なっているので、転職サイト選び、エージェント選びに時間をかける意味はあまりないと思います。 私はマイナビ転職を使って転職しましたが、別にマイナビ転職をお薦めする気もありません(笑) しかし、です。 企業の口コミ情報は必ずチェックしておきましょう! 私は、転職活動に当たって、の口コミを参考にしていましたが、実際に翻訳会社に入社して 8~9割口コミの内容は正しかったです(ハズれた1~2割というのは、10年近く前の古い口コミでした)。 翻訳会社というのは、中小企業が多く、 ブラックな企業や低賃金の企業など、当たりハズレが大きいので、なるべく複数の口コミサイトの評判を多く収集すると良いと思います。 キャリコネは、 無料登録で口コミが閲覧できるだけでなく、私が利用したマイナビ転職も含めて、DODAなど、複数の大手転職サイトの求人をまとめて検索することが可能なため、複数の転職サイトの求人を一つ一つ検索する手間が省けます。 色々な翻訳会社(特許翻訳の場合は特許事務所も)の口コミを見てると、意外な内部事情も分かったりして、普通に面白いです(笑).

次の

転職って英語でなんて言うの?

転職 翻訳

検索したい分野を下記からお選びください。 医学・薬学・医療機器・医薬品・治験・製薬・GMP• 法律・契約・約款・法令・法規・法務:裁判書類• 機械・電気・電子・計量器• 自動車• コンピューター(ハード・ソフト)• 出版・エンタメ・スポーツ・番組・音楽・マンガ• 金融関係(証券・保険)• IT・情報通信• 半導体• 財務・会計・経理• 監査・人事• 政治・経済・時事・外交• 流通・食品・水産• 映画:映像・字幕・吹き替え• バイオ・生物・海洋• エネルギー・原子力• 経営・IR• 社会・教育・ライフサイエンス・論文・地質学• 広告・広報・マーケティング• 建築・土木・建設• 観光・ホテル• 運輸・航空・鉄道• 技術全般• 一般分野• 製造・機械• 防衛・軍事• その他 検索.

次の

翻訳者の履歴書・志望動機の例文

転職 翻訳

もし英語に関する資格があれば、一番手っ取り早い大きな自己PRにつながるので、もれなく記載します。 その際できれば3年以内の方が信頼されます(それ以上前だと英語に「ブランク」があるとみなされる場合もあります)。 また、英語だけでなく語学・言葉に関わる資格や趣味、特技も記載しましょう。 翻訳の場合、「日本語力」の有無も大きなポイントですので、いかに多くの日本語に触れているかを伝えることで、安心して翻訳業務を任せられると判断されます。 また翻訳書を読むのが好きで、原書と訳書を読み比べることもしてきました。 そこで、翻訳の面白さや日本語の奥深さを実感し、迷わず翻訳に携わる仕事(前職)に就きました。 前職の翻訳会社では、翻訳の受注・依頼・チェックなど全般の業務に関わり、業界や仕事の手法が身に付きました。 実は貴社も前職でのクライアント様で、丁寧な対応や会社の方針など兼ねてから気になっており、今回、自身がずっとやりたかった翻訳職の求人をしているということで迷わず応募させていただきました。 翻訳の実務経験はありませんが、プロの翻訳者の成果物を二年間ほぼ毎日目にしてきましたし、翻訳業務の勘所は掴んでいるつもりです。 また、趣味の原書と訳書の読み比べも貴社での仕事で活かせると考えております。 」 大卒で入った会社で営業をしており3年経ちます。 思い切って転職を考えていますが、一般事務や営業ではなく、翻訳でのキャリアアップを考えています。 そこで質問なのですが、大体の目安としてどのぐらいのT... 趣味は海外旅行です。 これまでに27か国に行きました。 旅先で現地にある日本語のパンフレットを集めるのが趣味です(中には機械翻訳で面白い日本語になっているものもありそこが興味深いです)。 また、英語のニュースを聞いたり、原書を読んだりと、日常的に英語に触れています。 翻訳の仕事を意識し始めてからですが、日本語力の研鑽という意味で、新聞の購読と大学受験の日本語文法の勉強をしております。 やはり英語の経験は重視されることが多く自己PRになります。 そのため、英検やTOEICなどの級やスコアの記載はしておいて間違いないでしょう。 英検の場合は2級以上、TOEICは750点以上が記載の最低ラインとなります。 意外と見落とされがちですが同じくらい「日本語力」が問われる仕事です。 新聞を読んでいる、文章力を高めようとしているという点も大きな加点ポイントになります。 翻訳=英語ができればOKと思いがちで、もちろん履歴書や職務経歴書内の、たとえば志望動機などの文章でも評価されます。 意味が通らない日本語の文章を書いている人だと、翻訳を任せることは難しく不採用となる可能性が高いです。 その点では、他の職種より履歴書の「文章」でも良くも悪くも評価される仕事と言えます。 これまでは英語を習得したい方の「サポート」に従事してきましたが、兼ねてより「自身が訳す」仕事をしたいと考えておりました。 海外旅行が趣味ということもあり、特に貴社がメインとする旅行関連の翻訳には興味を持っております。 訪日外国人が増える昨今、彼らが不自由なく楽しい旅行ができる一助をしたいと考えており、貴社での翻訳業務を通じて実現できると考えております。 また、翻訳業務の経験自体は未経験ですが、これまで日常的に英語を使った仕事をしておりましたし、社内スタッフ向けの翻訳は行ったことがあります。 その際に、上手く伝えることができなかった経験もあり翻訳の難しさも存じ上げているつもりです。 新たな気持ちで貴社にて精一杯尽力させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。 なぜこの仕事、この会社で働きたいと思ったかをシンプルな文章で書くことが大切です。 また、「ただ飽きたから辞めた」と捉えられるようなネガティブな内容や薄い志望動機にならないように注意しましょう。 下記のような構成で書けば、必ずしも退職理由を書く必要はありません。 一例として自分にもあてはめてみて下さい。 今後の選考スケジュールについて特に希望はございません。 貴社に一任いたします。 」 合わせて読みたい• 補足 採用側は志望動機や履歴書から何を見ているのか? 「英語が得意です!」は信用できない?「日本語力」の方が大事? 翻訳者の採用は大きく分けて「外国語力」「日本語力」「ビジネスマナー」の3つを判断して採用可否が決まります。 その点を志望動機や履歴書、実際の面接などで採用側は見極めていきます。 「外国語力」は言わずもがなですが、それより重要視されるのは「日本語力」です。 これは、履歴書、職務経歴書、メール文面、面接当日などあらゆる面で判断することができ、誤字や脱字は論外、文章が幼稚でないか、人を引き付ける文章か、しゃべる時の言葉のチョイスなどを見られます。 留学経験が豊富だったり、普段は英字新聞を読んでいるような人で、「英語が得意なので翻訳者としてもやっていく自身がある!」とアピールしてくる人は、日本語を疎かにしている人もいて、事実、職務経歴書の文章が分かりづらかったりというケースもあります。 採用担当者は「英語力」を前面に押し出している人をあまり信用していないことを肝に銘じておきましょう。 英語力はあくまで「前提」。 日本語のスキルや社会人としての基本的スキルが重視される傾向がある。 「翻訳」をすることの意義を理解しているか? 翻訳は自分自身の意見や感想を述べる作文ではなく、ある意図や目的のもとに作られた文章を日本人の読者にも同じ温度で伝える仕事です。 また、地味ながら経済や社会において日本が世界と繋がりを持つうえで、翻訳者はなくてはならない存在であり、社会貢献度は計り知れません。 その重要性を理解し、自覚をもって翻訳に取り組める人を採用したいと思うのは当然です。 「翻訳を通じて社会に貢献したい」という意思を持ち、面接で自分の言葉で伝えられる人が採用に近づきます。 翻訳の仕事を「単なる英訳」と認識している人は各社の採用基準からは少し離れて行ってしまうかもしれません。 志望動機などにもそういったニュアンスを込められれば尚良いです。 翻訳の仕事を単なる英訳の仕事と考えず社会的な意義を見出すことができるかは大切。 当然だがコミュニケーション能力は重要視される 履歴書や志望動機の文面やそれを口頭で伝える場合に、ありきたりな言い方ですが「コミュニケーション能力」は見られています。 翻訳は一人で行うことが多い仕事ですが、依頼主、仕事を獲得してくる営業、上司など複数の人を経て翻訳者のもとに案件がやってきます。 関連部署との迅速なやりとりや、クライアントに失礼のないような文章など、対面・文章両面でのコミュニケーション能力も翻訳者には必要なのです。 また、数名のチームで1つの文書を翻訳する場合もあります。 たとえば1000ページある文書を5人で200ページずつに分担して翻訳をし、最後に取りまとめるという案件があった場合、口調が「ですます調」か「である調」か、同じ単語が自分と担当外で出てくる可能性もありどういう言葉で訳すか等、コミュニケーションを取りながら統一する必要があります。 中にはメンバーが在宅の翻訳者の場合もあります。 メール文面でどれだけ正確に伝えることができるか、細かい指示の時や認識のずれがあった時にすぐに電話や対面で会って話すなどの判断など、人との関わりが重要な仕事でもあり、「一匹狼」気質な人はあまり好まず採用が遠のいてしまいます。 こういった点も採用側は履歴書や面接の中で読み取っていきます。

次の