煽り 運転 通報 サイト。 煽り運転の通報方法は?罰則や逮捕される?対策・対処法まとめ

煽り運転を通報の仕方や通報された場合の対処法!ドライブレコーダーがある場合

煽り 運転 通報 サイト

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは? 「NumberData(ナンバーデータ)」は煽り運転(あおり運転)やスピード違反、信号無視、当て逃げ、迷惑駐車・無断駐車などの、悪質行為に被害に遭われた方が情報を提供する、車やバイクなどによる悪質行為の抑止を目的としたサイトです。 「NumberData」では車のナンバーや車両の特徴、悪質行為の内容などの情報を投稿することが出来ます。 また投稿されている情報は誰でも検索が可能です。 投稿する時に画像や動画を添付することも出来、検索条件に含めることも出来るようになっています。 その他には車両タイプ別の悪質車両ランキングや車種別の悪質車両ランキング、一連指定番号別の悪質車両ランキング、地名別の悪質車両ランキングなどの、それぞれのランキングも掲載されています。 8月10日以降もあおり運転、車間距離不保持、幅寄せ・割り込みを行っている情報が提供されています。 なんだか日々、日常のように迷惑運転をしている感じですよね。 常磐道で起きた事件 ここまで激昂させた原因は何だったのか?冷静に撮影してる女性はどんな心境だったのか?理解に苦しむ。 — もとてん mototennn このように迷惑運転をした車の状況なども調べること可能です。 悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ 2017年6月に東名高速道路で起きた、あおり運転をした運転者の行為によって、あおられた車の運転者など2名が死亡する悲惨な事故が発生しました。 この事故を受けて、危険性帯有者(運転免許の取得者ではあるが、車などの運転で道路交通に著しい危険を生じさせるおそれのある者)への罰則が強化されることになったのです。 車を使って暴行事件を起こすなどの、将来的に事故を起こさせる可能性があると判断されたドライバーは、交通違反の点数に関係なく、最長180日間の免許停止が出来るようになりました。 「NumberData」を参考にして自衛することはもちろん大切ですが、このサイトや法令が抑止力となって、まずは危険な運転をするドライバーが減ってくれることを願うばかりですよね。 あおり運転に関する記事一覧 今朝通勤中に実際にあったことです。 片側2車線を右側通行中、左側より小型125ccスクーターに追い抜かれ、前方に入られました。 それを嫌い、左側に車線変更をしたところ、そのスクーターも同様に。 右側はやや車列が連なってましたが、左側はがらがらだったので、加速しようとしたら、そのスクーターは車線の真ん中又は右側を制限速度で通行したため、私は又右側に戻り走行。 その内そのスクーターは私の後部に付き、信号待ちの時に、スマホにて私のナンバーを撮影したので、すぐに110 車内ハンズフリー し、そのスクーターの特徴等を通報しました。 警察とのやり取りで、即パトカー配備し現場付近へ急行しますとのこと。 ただ、通勤中の事で、警察との接触はしませんでした。 バイクは機動力があり、対車の場合、車側はとても不利、不自由な状況になると思います。 やはり110番通報が、効果的かと思います。 ドラレコは搭載してましたが、故障なのかどうやら肝心な場面が残っておらず、その点でちょっと不安はありますが、リアルタイムに警察とやり取りをしてるので、警察には理解が得られるかなと思います。 ちなみにそのスクーターは、ほぼ毎日、通勤時に会い、その進行方向も知っていて、今日はそのスクーターであれば、直進すべき交差点を、わざわざ右折する私の後ろに付き撮影をしたので、煽りか?と気がついた次第です。 多分お互いのタイミング的に、私は進路妨害と取ったし、スクーター側は煽りと取ったのかな?と今になっては思いました。 まあ、どちらにせよ実際の行動と、その時思った感情とには、相当な差があり、それらを一つ一つ立証していくのは大変な作業だなと。 こんな逆煽りもありますので、皆さんお気をつけ下さい。

次の

煽り運転の通報方法は?罰則や逮捕される?対策・対処法まとめ

煽り 運転 通報 サイト

煽り運転は 人間のちょっとした感情の振れ幅で、 些細なことがとても大きな事件・事故に 発展してしまう典型例と言えます。 「あなたが先に入ってきた」 「いやあなたこそ危険な運転をした」 こんなときこそ物言わぬ確実な証拠 「ドライブレコーダーの証拠映像」 が何よりも強い武器になります。 今回は、煽り運転にあった場合 どのように通報するのか? ドライブレコーダーがあった場合 の具体例も含めてご紹介したいと思います。 スポンサーリンク 煽り運転の通報方法…ドライブレコーダーの場合 煽り運転に遭遇した場合の通報について おおまかにそのケースは2つに分けられます。 1つ目は、その煽り運転行為が原因で物損や人身などの事故・怪我が起こったケース。 2つ目は、煽り運転の行為のみでそのあと相手は走り去ってしまった(物損や人身の事故・怪我はなし)ケース。 まず1つ目のケースの場合、 前提として実際に車や建物などの破損、 人が怪我したり最悪死亡したなど 隠しようのない被害が発生しているので、 警察は事件・事故案件として取り扱います。 煽り運転が原因で このような状況が発生したら 直ちに車の中から110番へ通報しましょう。 間違っても 煽り返す、車を出て相手と口論するような行為は 二次被害を生むだけなのでやめましょう。 またその時、 もっとも効果を発揮するのが ドライブレコーダーです。 通報にて事故の様子を警察に伝えると同時に、 あなたがドライブレコーダーで 少しでも状況を録画していたのならば その旨も必ず伝えましょう。 それが証拠となり、 警察の捜査方法や現場検証のやり方が 変わったりすることもありますし、 第一にあなたに非がないことを 立証する大事な証拠にもなります。 よく言われるのが、 「煽られた現場をドライブレコーダーで録画したが、これを警察へ提出すればその相手を探して逮捕してくれるのか?」 という内容の質問。 これは 上記2つ目のケースに該当しますが、 結論から言うと ケースにもよりますが、 原則警察は話しを聞きはしますが、 捜査・逮捕まではしてくれないと思っていた方が良いでしょう。 なぜなら、 現行犯という言葉があるように、 よほどのケースで無い限り 確実な証拠がなければ警察は動きがとれないからです。 ただし話を聞いてくれない訳ではなく、 捜査はせずともあなたの伝えた話や映像はしっかり記録されます。 なので、 もし煽り運転の被害を受けた際は 直ちに通報し、その内容はしっかり警察に伝えましょう。 データとして残れば、 これから起きる事件・事故を未然に防ぐ為に活かすことができます。 ちなみにドライブレコーダーで楽天だとこれが1位みたいですね。 きっと長い運転歴をお持ちの方ならば、 危険運転行為で警察に切符を切られたことも、 数回はあるのではないでしょうか? これはいわゆる「現行犯」というもので、 スピード取り締まりが良い例ですが、 警察があなたの行った行為を 実際その場で確認し検挙しています。 しかし警察も人間ですから、 1年間に何万件と起きる危険運転の検挙、 そのすべてが正しいわけではありません。 もし間違った形で不当に検挙、 罰金支払いなんてことになった時 このドライブレコーダーは大いに役立ちます。 以下、ドライブレコーダーにまつわる 違反取り消しになった事例をご紹介します。 「信号無視で違反切符を切られたが、どうしても納得いかずレコーダーの証拠映像を管轄署に持ち込んだところ、青信号で通過したことが確認され、違反は取り消し」富山 「一旦停止をしなかったという理由で違反になったが、どうしても納得がいかずレコーダーの証拠映像を署へ持ち込んだところ、客観的な証拠となり違反は取り消しに」岩手 これはドライブレコーダーの必要性が警察にも迫れた案件ですが。。。 「ある男性が30キロの速度超過で違反になったが、納得がいかず裁判に持ち込んだ。 弁護人と検察のやりとりで裁判官は、警察官が謝りが生じない態様で取り締まりがなされていたとは認められないとし、男性は無罪となった」埼玉 このようにドライブレコーダーは、 公の裁判でも、警察のスピードメーターと同等の物的証拠になり得ると言えますね。 ネットの声 煽り運転問題だけど、ドラレコの映像をボタン一つで警察に送信出来る様にして誰でも通報可能にした方がいいよね。 絡まれた人だけじゃなくそれを見てた人も通報しやすくなるし。 映像だと言い訳出来ないから違反者も減りそうだけどね。 確かに皆にそうされたら警察だってパンクする ニュースってホントブームみたいな波あるな。 老人の危険運転のあとは煽り運転か。 なんにせよドライブレコーダー必須と相手が道路上で停車して降りてきたら、そのタイミングで通報のがいいんだろうね。 まとめ ネット上では、 煽り運転への色々な考えや対策方法が話されていますが、 結局一番賢いのは 「ドライブレコーダーを車に装着、その場面に遭遇したら車から出ずにすぐに通報」 いろいろ調べた結果 これがベストだと言っても良いのではないでしょうか? 煽り運転関連記事 スポンサーリンク.

次の

煽り運転されたら…通報先は「110」しかし後日ドラレコ見せても警察が動く期待は×

煽り 運転 通報 サイト

「あおり運転」(妨害運転)は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。 車を運転する際は、周りの車等に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、不必要な急ブレーキや無理な進路変更等は絶対にやめましょう。 妨害運転罪の創設 令和2年6月10日に公布された道路交通法の一部を改正する法律により、妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則が創設されました。 これにより、令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。 また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。 さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなりました。 妨害運転のような悪質・危険な行為により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられることがあります。 令和2年改正道路交通法リーフレットA 令和2年改正道路交通法リーフレットB 妨害運転等に対する厳正な指導取締り 警察では、他の車両等の通行を妨害する目的で行われる悪質・危険な運転に対して、今回創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等のあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底しています。 また、妨害運転等の悪質・危険な運転を未然に防止するため、車間距離不保持、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反等の道路交通法違反について、積極的な交通指導取締りを推進しています。 さらに、今回の道路交通法改正に伴い、妨害運転をしたものは、当該行為のみで運転免許の取消処分の対象となることから、このような運転を行う悪質・危険な運転者を早期に排除するため、迅速に行政処分を行うこととしています。 安全な場所から110番通報・ドライブレコーダーを積極活用 妨害運転を受けるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。 また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。 事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。

次の