の ぎ 天 2。 天結いキャッスルマイスター

「天」を含む2字熟語や名詞など:漢字書き順(筆順)調べ無料辞典

の ぎ 天 2

目的1:天の聖杯・第三の剣自体を危険と判断したから アデルは天の聖杯・第三の剣を使いこなすことができず、ヒカリを暴走させてしまいました。 その結果、古王国イーラを滅ぼすことにつながりました。 それによりヒカリは自身を封印したのですが、予想外のことが起きました。 天の聖杯・第三の剣がそのまま残ってしまったのです。 ブレイドがコアクリスタルに戻る際には武器も同時に消えます。 それは天の聖杯であるヒカリも同じはずです。 実際に3章でホムラがヒカリに変身する際には、剣も変形していました。 しかしヒカリが暴走し、自分を封印しても、天の聖杯・第三の剣はそのまま存在し続けました。 普通に考えれば、ブレイドがいない武器は役に立ちません。 しかし天の聖杯はヒカリとメツしかおらず正確なことがわかりません。 もしかしたらブレイドがいなくても力を引き出すことができ、悪用されてしまうかもしれません。 だから念には念を入れて封印した。 というのが目的の一つ目です。 目的2:ホムラ・ヒカリの囮にするため アデルは人が天の聖杯と共に歩むためには時間が必要だとして、ホムラ・ヒカリの封印に手を貸しました。 それも大型の船を用意し、そこに彼女達を安置し雲海に沈めました。 非常に手が込んでいます。 そのため「シン」たちがホムラ・ヒカリの封印を解くために大金を払い、大勢のサルベージャーを手配する必要がありました。 それに比べると天の聖杯・第三の剣はかなり雑に見えます。 古王国イーラ王家の霊洞と言っていますが、リベラリタス出身 私の予測では古王国イーラの血筋 の人間なら開けられ、実際にセイリュウは何人もの人間が入っていると言っています。 沈んだ大型の沈没船と霊洞、かなり扱いが違いますよね。 これはホムラ・ヒカリから目をそらすため、敢えて入りやすい所に天の聖杯・第三の剣を封印したのではないかと考えられます。 しかもこの霊洞は厄介なことに、アベルが魔改造しており、ホムラ・ヒカリがいないと最深部に入ることはできません。 つまり誰でも入れる場所にありながら、ホムラ・ヒカリがいなければ天の聖杯第三の剣は手に入れることができないのです。 だから安心して囮に使うことができたというわけです。 まとめ 世界の平和を願ったアデルの目論見 アデルがホムラ・ヒカリと天の聖杯・第三の剣を分けて封印したのは、第三の剣の悪用を恐れたのもありますが、一番の理由はホムラ・ヒカリを隠すための囮にするためでしょう。 その証拠に7章でルクスリア王が天の聖杯・第三の剣について書かれた書物を持っています。 本来ルクスリア王家は元々反アデル陣営であり、そのような書物があることがおかしいのです。 つまり意図的にアデルが流したとしか考えずらいのです。 だからセイリュウが言っていた通り、大勢の人間がエルピス霊洞に行くくらい多くの人間が知っていました。 一方でホムラ・ヒカリが封印されていた沈没船については「シン」達が見つけるまで、誰も知らなかったのです。 「シン」がホムラ・ヒカリを見つけてしまったとはいえ、500年間ホムラ・ヒカリの封印を守れたので、アデルの目論見は成功したと言えるでしょう。 むしろ500年間生きている「シン」「メツ」「マルベーニ」に隠し通せたのがすごいです。

次の

ゼノブレイド2 なぜアデルは天の聖杯・第三の剣を分けて封印したのか?|Japanese game blog

の ぎ 天 2

「サミートロフィー出現タイミング」 1. 激闘ボーナス終了時の次のレバーON時 2. 真・天昇ラッシュ終了画面の全リール停止後 出現するのはサブ液晶。 出現した時点で設定2以上が確定する。 断末魔ゾーンの場合、当落の告知が24G目や32G目に出る場合は期待度が高い。 「ザコ目線アングル」 画面がザコ目線に切り替われば、前兆中 or レア役が成立。 画面割れ発生で七星チャージ以上濃厚。 「ザコ出現」 背景にザコが出現すると前兆期待度がアップ。 「大オーラ」 ザコ襲撃演出時など、ケンシロウの大オーラ(白)発生で七星チャージ以上(断末魔ゾーンの本前兆中に発生しやすい)。 大オーラ(青)なら断末魔ゾーン以上濃厚だ。 頻発するほど本前兆期待度がアップ、成立役がリプレイやベルならさらに期待度できる。 「ボロ出現」 ボロ出現時は、基本的に演出が発生する。 何も渡してこなければ前兆を示唆。 世紀末ポイント1000獲得で突入する、激闘ボーナスの自力当選ゾーン。 全役でバトル発展を抽選し、勝利できれば激闘ボーナスに突入する。 「基本性能」 継続ゲーム数…15G 「強敵出現でバトル開始」 対戦相手によって勝利期待度が変化。 バトル中と黒王足跡演出中は世紀末ゾーンのゲーム数減算がストップする。 [成立役別の勝利期待度] その他<スイカ=弱チェリー<チャンス目<強チェリー [ラオウステージは大チャンス] ラオウステージは、ラオウ登場でボーナス!? 「敗北してもゾーンは継続」 世紀末ゾーンのゲーム数が残っている限り、敗北してもゾーンに復帰。 15G間で1度もバトルに当選しなかった場合は、15Gが再セットされる。 規定ゲーム数消化で突入する、激闘ボーナスの自力当選ゾーン。 滞在しているモードによって、断末魔ゾーンに突入しやすいゲーム数が異なる。 「基本性能」 継続ゲーム数…15G 「滞在モードごとの断末魔ゾーン突入期待度」 モード共通で、百の位が偶数のゲーム数の期待度が高い。 700G(通常Aの天井)到達時は、激闘ボーナスに直行する。 「レア役と強敵絵柄停止でチャンス」 レア役や狙えカットイン発生時の強敵絵柄停止はバトル発展濃厚。 強敵絵柄は、停止数が多いほど勝利期待度がアップする。 [成立役別の勝利期待度] その他<スイカ=弱チェリー=強敵1つ<チャンス目=強敵2つ<強チェリー<強敵3つ揃い [カウントダウン発生でバトル発展] カウントが進むほど期待度アップ! 「バトル勝利で激闘ボーナス突入」 バトル中は断末魔ゾーンのゲーム数減算がストップし、レア役で勝利抽選をおこなう。 「ゲーム数が残っている限りゾーン継続」 バトルに敗北しても、断末魔ゾーンのゲーム数が残っている限り復帰。 15G間で1度もバトルに発展しなければ、15Gが再セットされる。 第3停止時にカウントが進む強パターンは、全体的に期待度が高め。 [強ザコ時] 弱ザコ時に比べ、強ザコ時は期待度が高い。 カウント2よりも先に進むのがデフォルトなので、4や3で発展すれば勝利濃厚だ。 [ロゴセリフ] [2G目・ケンシロウの攻撃] 2G目はケンシロウが攻撃をしかければ激アツ。 パンチ連打が強攻撃。 [3G目(2G目の展開で変化)] 2G目でケンシロウが攻撃していれば、3G目もケンシロウが攻撃。 2G目がハン攻撃なら、割り込む形でケンシロウが攻撃をしかけると激アツ。 [シャチ決意] [3G目・ケンシロウ攻撃] ケンシロウが攻撃をしかければ激アツ。 「2G目敗北は逆転濃厚」 断末魔ゾーン中のバトルは、基本的に3G継続。 全対戦相手共通で、2G目で敗北すると逆転での勝利が濃厚となる。 最終ゲームは強敵絵柄を狙えカットインは発生しないが、内部的に成立していれば有効。 強チェリーを引けば勝利濃厚だ。 カウントダウン中に引いたレア役でも、同様の数値で勝利を抽選する。 「天井到達時の抽選」 滞在モードごとの天井契機で突入した場合、バトル発展時に強制的に勝利に書き換えられる。 小役で勝利したのか天井で勝利したのかを見分けることはできない。 真・天昇ラッシュ突入をかけたバトル型のAT。 対戦相手を3人撃破できれば、真・天昇ラッシュ確定だ。 【2種類のモード(対戦相手)から選択可能】 開始時に世紀末モードと修羅モードのどちらかを任意で決定。 世紀末モードはシンやサウザー、修羅モードはヒョウやカイオウなどとのバトルが展開する。 【昇舞の刻】 通常時に貯めた昇舞魂を使い、ボタンPUSHでバトルレベルと小役レベルをアップさせる1G完結の演出。 赤PUSH出現で撃破アイコン獲得(1人or2人撃破)濃厚。 デカPUSHが出現すれば真・天昇ラッシュ直撃!? 「バトルレベル」 バトル突入時におこなう勝利抽選の期待度をあらわすレベル。 バトルごとにセットされ、準備中(バトル間)のレア役や強敵絵柄停止時にレベルアップ抽選をおこなう。 「小役レベル」 バトル中の成立役ごとの勝利期待度をあらわすレベル。 昇舞の刻で決まったレベルを、全バトルで使用する。 [レベルはサブ液晶に表示] レベルだけでなく、成立役ごとの期待度も表示されている。 【バトルの流れ】 ベルナビ3回(初回のみ4回)発生後、バトルへ移行。 バトルに勝利すれば準備中へ戻るといった流れを繰り返して、3勝できれば真・天昇ラッシュ確定だ。 【バトル勝利抽選】 「バトル開始時の抽選」 バトル開始時にバトルレベルを参照して抽選。 「バトル中の成立役に応じた抽選」 バトル中(5G)は、小役レベルを参照して成立役ごとに抽選。 サブ液晶に表示された期待度でガチの勝利抽選をおこなう。 [勝利した役を確認可能] バトル勝利時にPUSHボタンを押すと、何ゲーム目のどの役で勝利したかを確認できる。 セリフの色変化や拳エフェクト発生など、チャンスアップは多彩。 「バトル勝利濃厚パターン」 ・文字色が赤 ・開始画面が赤 ・導光板発生時にリプレイとレア役を否定 ・導光板発生時にチャンス目が成立 ・第2停止以降に導光板が発生 ・拳に力を!! が出現(デフォルトは気合を入れろ!! ) [開始画面・赤] 赤は当該バトルの勝利が濃厚、金なら3戦突破が濃厚だ。 [導光板] レバーONで発生した場合は弱チェリーを否定するので、チェリー停止=強チェリー濃厚。 虹の導光板が発生すれば3戦突破濃厚となる。 ロゴセリフなら当該ゲームまでに勝利している可能性大! [ロゴセリフ] [2G目] 2G目で敗北は逆転での勝利濃厚。 キックが弱攻撃、パンチの連打が強攻撃。 [3G目] ハン攻撃と見せかけてケンシロウが攻撃をしかける割り込みパターンがアツい。 拳に力を!! は、攻撃パターン不問で勝利濃厚。 [2G目] 演出自体はどちらも共通だが、1G目の展開で期待度が異なる。 1G目が通常パターンの場合、最後にジュウケイがしゃべってから回想へ、チャンスパターンの場合はシャチのセリフから回想が始まる。 ケンシロウが先に喋ってオーラ小なら勝利濃厚だ。 [2G目] 2G目での敗北は逆転での勝利濃厚。 [赤カットイン] 二人が交差した後のカットインが赤いとチャンス。 [3G目] [強パターン] シンの青文字+ケンシロウのカットインが入るのが強パターン。 [2G目] 二人が交差した後、向かい合うのが通常パターン。 2G目での敗北はないので、倒れれば逆転での勝利濃厚だ。 獲得個数が多いほど、激闘ボーナスの突破率が高くなる。 「昇舞魂獲得契機」 ・レア役(強チェリーは獲得確定!? 荒野ステージ中は獲得率アップ) ・世紀末ポイントを1000獲得時 ・激闘ボーナス当選時の一部 荒野ステージは設定変更後やAT終了後に移行するステージ。 約100G間滞在し、高確率で昇舞魂を獲得するだけでなく、七星チャージの当選率も高い。 「昇舞魂は激闘ボーナス開始時に使用」 激闘ボーナス開始時の昇舞の刻中のボタンPUSHで、小役レベルとバトルレベルをアップさせる。 どちらも高レベルほど激闘ボーナス突破率が高いので、昇舞魂が多いと激闘ボーナスの突破率も高くなる。 「キリン柄」 激闘ボーナス濃厚。 「ザコ目線アングル」 基本は前兆示唆だが、前兆中以外で発生すればレア役示唆。 「ボロ出現」 通常ステージにボロが出現した場合、基本的に演出が発生する。 何も渡してこなければ前兆を示唆。 [缶(リンゴ)が3つ] 七星チャージ以上濃厚。 「動物出現(カラス、ネズミなど)」 おもに前兆中orレア役成立時に出現。 頻発するほど本前兆期待度がアップ、成立役がリプレイやベルならさらに期待度が高まる。 「断末魔」 ・ぺげぇ!<ほぴゃ!<あばば<てべぼ!<たわば!! <あべし!! <ひでぶ!! <へぶん!! の順にチャンス ・たわば!! で強チェリーを否定すれば七星チャージ以上 ・あべし!! は七星チャージ以上 ・ひでぶ!! は断末魔ゾーン以上 たわば!! 以上のセリフは赤文字。 北斗揃いから突入するラオウとのバトルで、消化中は真・天昇ラッシュのラウンドストックを高確率で獲得する。 「基本性能」 1Gあたりの純増…約6. ラオウ先制時は攻撃パターンで継続期待度が変化する。 「ラウンドストック告知」 バトル中は真・天昇ラッシュのラウンドストック獲得を抽選。 継続時のBATTLE+1画面にPUSHボタンが出現すれば、ストック獲得濃厚だ。 ケンシロウの攻撃パターンなどで、ストック獲得を示唆している!? 攻撃の種類不問で、北斗七星や死兆星出現、おなじみの雲が動いているパターンは勝利確定だ。 北斗七星のみの時は倒れることもあるが必ず復活で逆転する。 攻撃喰らい後は背景に要注目。 パターンはリンorユリアの2種類あり、ユリアならラウンドストックの恩恵付きとなる。 終了画面では背景に注目だ。 復活時のキャラは今回も2種類。 ラオウのパンチ攻撃からユリア復活が発生すればラウンドストック2個以上! 【5〜6G・ケンシロウ先制パート】 ケンシロウ先制時は継続確定となり、技によってラウンドストック期待度を示唆。 攻撃がラオウにHITすれば、ラウンドストック獲得濃厚だ。 保留の色と種類で勝利期待度を示唆している。 すでにファルコ保留(勝利確定)の箇所は昇格抽選をおこなわない代わりに、次回以降のラウンドストック獲得を抽選する。 当選時は即告知されるわけではなく、引き戻しパート(転生ゾーン)のファルコに勝利したタイミングで告知される。 【修羅モードのカスタム】 「ラウンドパート」 デフォルト…保留変化が発生??? ) 【引き戻しパート(転生ゾーン)中】 「勝利濃厚演出」 ・紫の押し順ナビ ・赤PUSH ・筐体振動+風発生(レバーON〜第2停止時) ・チャンスアップ発生(ザコ演出の中ザコパターンを除く) [紫の押し順ナビ] [赤PUSH] 「楽曲変化」 勝利が確定した時点で、楽曲が流れる。 楽曲の種類はAT3連ごとに変化する。 【ラウンドパート中】 「PUSH出現」 ラウンドストック濃厚。 「各演出でレイが登場(レイ演出を除く)」 ステージアップ or ラウンドストック告知。 「レイ演出」 ラウンドストック2個以上 or 闘神ステージへ移行。 「ユリア演出」 強チェリー成立 or ラウンドストック告知。 「ヒャッハーザコ演出」 青ザコ登場、もしくは弱チェリー成立&攻撃がキック…ラウンドストック濃厚 「雷鳴人影演出」 ラウンドパートの最終ゲームで発生する人影演出の強パターンで、ジャギ出現 or ラウンドストック2個濃厚。 NEXT BATTLEの帯色は青がデフォルトだが、赤ならラオウかジャギが出現 or ラウンドストックを告知する(通常の人影演出でも帯は出現)。 「ステージ系」 宿命ステージ中に強チェリーが成立…フェイクを含む前兆中を除き、ステージアップ濃厚 覇道ステージからスタート…ラウンドストック2つ以上あり 激闘ステージからスタート…ラウンドストック4つ以上あり 闘神ステージへ移行…AT継続濃厚 激闘ステージからのバトルはラオウかジャギのいずれかが出現。 闘神ステージからのバトルは必ずラオウが出現する。 【ラウンドパート中(完全告知選択時)】 ・レバーON時に告知が発生した場合、成立役がレア役なら追撃発生濃厚。 AT(真・天昇ラッシュ)当選時に、ATレベルを決定。 レベルは1~3の3種類で、バトル中の特殊勝利抽選(保留とは別の勝利抽選)による勝利期待度が異なる。 「ATレベル解説」 基本的に、ATが継続するかどうかはラウンドパートでの保留色を元にした引き戻しパートでの抽選で決定するのだが、保留とは別に特殊勝利抽選もおこなわれる。 特殊勝利抽選の期待度はATが継続するごとに低くなっていくが、高レベルほど期待度が低くなりづらいので、ロング継続しやすい。 ATレベル2の場合、1000枚以上獲得時は約4回に1回以上、昇天まで到達する。 減算区間ナシの高純増AT。 ゲーム性の異なる2つのモードを搭載している。 「基本性能」 1Gあたりの純増…約6. レベル2は奇数設定で選ばれやすく、レベル1に比べてロング継続しやすい(レベル3は北斗揃い後のみ)。 「演出モード選択」 真・天昇ラッシュ開始時とセット継続時に修羅モードと世紀末モードから選択可能。 演出がガラッと変わるので、好きな方を選んで楽しもう。 「告知タイプ選択」 モード選択後は、告知タイプもサブ液晶タッチで変更できる。 ラウンドパートは保留の昇格抽選を毎ゲームおこない、最終的な色やキャラで継続期待度を示唆、引き戻しパートで保留に応じて継続を抽選する(継続確定後はラウンドのストックを抽選)。 また、保留ごとの勝利抽選に加え、ATレベルごとに特殊勝利抽選もおこなわれる。 昇天モード中は、引き戻しパート中の特殊勝利抽選による勝利期待度が大幅にアップする。 昇天モードは、一度移行すればAT終了まで継続する。 【修羅モード・完走型STタイプ】 「ラウンドパート」 毎ゲーム、左から順に画面下部に表示された引き戻しパートで使う7G分の保留昇格を抽選。 引き戻しパートでは、昇格させた保留ごとに継続を抽選する。 ラウンドストック保有時はストックを使い切るまで7Gを繰り返すので、ストックがあるほど勝利期待度をアップさせやすい。 金は出現した時点で勝利濃厚で、金出現時を除き、ラウンドパート中に継続が濃厚になることはない。 告知タイプを??? モードにしている場合は、保留の変化はナシ。 [修羅モードエクストラ] 金保留獲得時に移行する、継続濃厚ゾーン。 「引き戻しパート(転生ゾーン)」 ラウンドパートで昇格させた保留ごとに、1G完結の演出が発生。 勝利(成功)すれば継続、2回目以降の勝利時はラウンドパートのストックを獲得(告知)する。 強チェリーは保留不問で継続濃厚となるだけでなく、追撃のチャンスでもある。 【世紀末モード・王道バトルタイプ】 「ラウンドパート」 滞在ステージがアップするほど、バトル勝利に期待できる。 基本は宿命から始まるが、覇道以上から始まればチャンスだ。 [ステージごとの期待度] 宿命<覇道<激闘<闘神(継続濃厚) レア役でステージアップを抽選し、ラウンドストックがあれば告知される。 闘神ステージ移行時は、内部的に金保留を持っていることが濃厚。 「引き戻しパート(バトルゾーン)」 強敵とのバトルに勝利できれば継続確定。 修羅モードとは異なり、1人の強敵とのバトルが7G間継続する。 [対戦相手ごとの期待度] シン<サウザー<ラオウ<ジャギ<アミバ アミバ登場で勝利濃厚! 「後告知中はチャージに注目」 ケンシロウが攻撃するたびに画面右下にチャージが貯まっていき、多く貯まるほど勝利期待度が高い。 後告知を選択している場合に、バトル開始時から百裂になっていたら内部的に金保留を持っていることが濃厚だ(勝利濃厚)。 【追撃】 バトル勝利時の一部で発生し、ラウンドストック獲得を高確率で抽選する。 【終了画面】 流れ星出現や、終了画面でのレア役成立は種類不問で引き戻し濃厚。 PUSHボタンを押した時に出現するキャラで、設定を示唆する。

次の

ゼノブレイド2 なぜアデルは天の聖杯・第三の剣を分けて封印したのか?|Japanese game blog

の ぎ 天 2

スポンサーリンク 1神と天の聖杯の正体が明らかに!世界樹の真実 シンとの決着、そして法王庁との闘いを経て、たどりついた目的の場所 「世界樹の上の楽園」。 しかし、実際は・・・廃墟と化したかつての人類の居住地でした。 そこに一人「神」として存在したのが、「クラウス」。 体の半分が異空間に飲み込まれている「かつての人類」。 そこで、 ゼノブレイド2の根幹にあたる「人類」と「神」、そして天の聖杯とブレイドについて真実が語られます。 2かつての人類の滅亡とゼノブレイド2の世界の創造 かつての地球。 人類は反政府軍と政府軍に別れて戦争をしていました。 追い詰められた政府軍は、 禁忌とされる兵器「アイオーン」を起動。 それをもって、反乱軍を鎮圧しようとしていました。 ヒカリやメツが使っていた「デバイス」と呼ばれる兵器は実は かつての人類が開発した、戦争兵器そのものだったのです しかし、それでも追い詰められる政府軍。 この時代の人間は、スーツを着ており、まさに私たちと同じような姿をしています。 そこにいたのが、現在の「神」となった、クラウス。 彼は政府軍の一人の研究者でした。 クラウスは突如として現れた 「ゲート」と呼ばれる未知の存在を利用し、 世界を新しく創造しようと考えました。 ゲートとは、別名「マルチバース・ジョイント」と呼ばれるもので、宇宙にある複数の世界(空間)をつなげる装置だというもの。 彼はこれを使って、戦争をし続ける今の世界を変えようとしたのです。 それを止めようとしたのが、かつての同僚であり、恋人でもあった「ガラテア」。 そして「やめて、クラウス」という制止を振り切って、ついに装置を始動させるクラウス。 その結果・・・ 世界は異空間へ飲み込まれ、愛するガラテアは消え去り、人類もすべて滅亡する・・・という最悪の結果になったのです。。。 独りぼっちになってしまったクラウス。 しかし、 ここから彼は本当に世界を創造することになるのです。 3天の聖杯とブレイドの真実と正体。 世界が消えてしまったあと、一人になった クラウスは罪を償うために「世界を再生させる分子」をまきました。 これは崩壊した物質を再構成するもので、 現在の「雲海」となっているものです。 これによって、地球に再び物質が誕生します。 次に クラウスは生命も誕生させることにします。 「お前たちがコアクリスタルと呼んでいる物質を雲海へと放った」 コアクリスタルは、ブレイドたちの命の源とも言える結晶でしたが、 じつは、これは「 全ての生命の情報を含む物質」だったのです。 その結果、 雲海とコアクリスタルが結合して出来上がったのが「巨神獣」。 まさに生命の誕生であり、これはかつての伝説である「神が巨神獣を創り出した」という逸話と一致します。 そして、 巨神獣はその体から、新しく「ブレイド」という存在を生み出し、その進化の先に「人間」もまた作り出しました。 ブレイドは、巨神獣から生まれ、コアクリスタルからブレイドとなり、また巨神獣にいずれ還る・・・という宿命でしたが、 人間もまた巨神獣の進化の果てに生まれ、巨神獣という大地に生き、その大地に還る・・・という同じ運命のもとにあったのです。 ある意味人類とブレイドは兄弟のような関係だったんですね。 「だが、そうして誕生した世界を私は信じていなかった」 と悲しそうに呟くクラウス。 世界と人類を再び誕生させ、本当に「神」となった彼でしたが、 一方で、人類はまた同じ過ちを繰り返すのではないか? という不安を抱えていました。 その結果、 新しく巨神獣から作り出したのが、「ブレイド」であり、その統括をするプロセッサーとして存在させたのが、「天の聖杯」だったのです。 神に代わり、人類とブレイドを管理する存在。 それが「トリニティプロセッサー」であり、天の聖杯と呼ばれた「ヒカリ」と「メツ」だったのです。 天の聖杯だったホムラとヒカリ。 本名は「プネウマ」。 実は神が作り出したプロセッサーであり、善も悪もなく、起動させた者の影響で動き、ブレイドや人間たちを管理する存在。 一方のメツは、「ロゴス」と呼ばれます。 つまり、 ヒカリ達、天の聖杯は、神が自らに代わって世界を管理させるために生み出したCPUのようなものだったと言えます。 だからこそ、全ての生命の情報を持っており、セイレーンなどのデバイスを操れたのだということ。 人類とブレイドは兄弟のようなものであり、天の聖杯はそれらを管理するCPU。 ゼノブレイド2の世界の真実がここで明らかになりました。 一方、かつての人類で生き残ったものもいました。 それが、 モルスと呼ばれる、雲海の底に存在した廃墟の街の住人たち。 彼らは永遠の命を欲し、その結果、コアクリスタルを使って寿命を延ばそうとして失敗。 モンスターとなって、未だにモルスの地をさまよっています。 このような人類の姿を見てきて、クラウスはずっと迷っていました。 「この世界を創ってよかったのか、」と。 事実、新人類は旧人類と同じく戦争を繰り返しています。 そんなときに、 一人で世界樹にやってきたのが、マルべー二。 彼はプロセッサーであるプネウマ(ヒカリ)とロゴス(メツ)を盗み出します。 クラウスはそれを知りながらも、あえて放置したのです。 人類のことは人類にまかせよう、と。 そして、ここから世界は聖杯大戦と呼ばれる500年前の戦いになります。 マルベーニの絶望と「人類を滅ぼす」という欲望によって起動した「ロゴス」は、メツとなって、世界を滅ぼすために動くことになるのです。 これで、全てがつながります。 かつての旧人類は、クラウスのエゴと過ちによって消滅し、 絶望しながらも、彼は新しい世界と人類を創造。 これがゼノブレイド2の世界そのものだった。 しかし、新人類はまたも戦争を繰り返し、その結果として新しい絶望が生まれた・・・という構図です。 やはり、人類はかつてと同じく戦争を繰り返してそれは「神」であるクラウスが、メツを放置して、世界を滅ぼしてよい、と考えるきっかけになったと言えます。。。 一方で、彼はレックス達の「新しい希望」にも期待しています。 これまでの戦いを全て見てきていたクラウス。 レックスこそ新しい人類の希望として、彼に望みを託します。 そして、いよいよレックスVSメツという最終決戦になるのです!(次回ラスト).

次の