シャチハタ 以外。 シャチハタが使えないのはなぜ?公文書が無効になる理由は?

シャチハタが使えないのはなぜ?公文書が無効になる理由は?

シャチハタ 以外

シャチハタと認印の違い まずは、 シャチハタと認印の定義をそれぞれ確認していきましょう。 シャチハタとは シャチハタは、一般的には スタンプ式の印鑑のことを指します。 朱肉を使う必要がないため、簡単に押印できて便利です。 ただし、 元々は印鑑そのものの名前ではなく、インク内蔵型の印鑑を製造している「シヤチハタ株式会社」というメーカーの名称。 シヤチハタ株式会社の印鑑が人気となり世間に広く浸透したため、それ以外のメーカーの類似商品も含めて、スタンプ型の印鑑をシャチハタと呼ぶようになりました。 そのため、私達が日常的に「シャチハタ」と呼んでいる印鑑の中には、シヤチハタ株式会社以外のメーカーの印鑑が含まれていることも。 シャチハタは、インクを補充すれば使い続けることができ、印面の素材がゴムであることから、値段も比較的安いです。 個人名が入っているネーム印や、訂正印や住所印などビジネスシーンでゴム印と呼ばれる印鑑などにもシャチハタタイプがあり、種類も豊富。 最近はペンとの一体型やキャップ付き、オーダーメイド注文ができるなどオリジナル性の高いシャチハタも多く、プレゼントとしても喜ばれています。 認印とは 認印とは、 届け出や登録をしていない印鑑のこと。 家庭での郵便物や宅配物の受け取り、回覧板の確認、書類への捺印の際などに広く使われています。 認印用の印鑑は、通販サイトや印章店などで作成したり、100円ショップなどの大量生産されている印鑑を購入したり、シャチハタタイプのハンコを使ったりしている方が多いです。 それぞれの印鑑の違い 基本的には「 認印の一種がシャチハタである」と考えると良いでしょう。 覚えておきたいのは、認印などの印鑑を押す時に「シャチハタok」の場合と、「シャチハタNG」の場合があるということ。 まずは、 シャチハタを使える場面をご確認ください。 郵便物や宅配物の受け取り• 回覧の確認• 申請書の捺印• 請求書の捺印• 領収書の捺印• 軽微な内容の書類の確認 このように、 シャチハタは、認印の代わりとして使用できることが多いです。 一方、シャチハタを使用できない場合も、次の項目で具体的に見ていきましょう。 「シャチハタ不可」の場面と理由 シャチハタは、重要な場面においては使用できないことが多いです。 これはなぜかと言うと、シャチハタに内臓されているインクは、紫外線に当たると印影が消えていく性質があり、朱肉に比べて、印影が薄くなる可能性があるため。 さらに、シャチハタは印面がゴム製のため、経年劣化により、押印した箇所が薄くなることも。 そのため、 比較的重要な書類には、朱肉を使った印鑑が適しています。 シャチハタを使えないケースには、具体的に以下のような例があります。 個人の印鑑登録 役所で登録する印鑑 いわゆる 実印 には、基本的にはシャチハタは認められません。 実印は、不動産や自動車を購入する際に必要となる大事な印鑑なので、材質や書体にこだわり、実印用の印鑑を作成する方も多いです。 法人の印鑑登録 会社設立の際に法務局で申請する 法人の実印も、シャチハタは不可。 法人登録のための印鑑にはサイズ規定もあるため、法人実印用の印鑑を作成することが一般的です。 金融機関への届出印 金融機関へ届け出る印鑑 いわゆる 銀行印 も、基本的にシャチハタでは登録できません。 お金の出納に関わる重要な印鑑なので、実印や認印とは別に、銀行印用の印鑑を作成します。 婚姻届などへの認印としての使用 婚姻届には認印を押印します。 ただし、シャチハタを押印しても、市役所などの窓口では取り扱い不可となることがほとんどです。 履歴書への認印としての使用 履歴書に押す認印も、シャチハタではない方が望ましいです。 シャチハタを認印として押印するのが不可という厳格な決まりはありません。 しかし、シャチハタの認印は見た目でシャチハタであることがわかるため、先方に悪い印象を与えることも。 このように、シャチハタを使用できる場面とそうではない場面は、用途や書類の内容、相手によって違いがあるため、事前に確認することが大切です。 その他の印鑑の種類 印鑑には、ここまでご紹介した以外にも様々な種類があり、「シャチハタ」や「認印」という言葉以外にも耳にしたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、最後に、 主な印鑑の種類を簡単に整理しておきたいと思います。 実印 先ほどもご紹介した、役場などで登録する印鑑のこと。 本人であることを証明し、重要な契約等で使用する印鑑なので、大量生産された印鑑ではなく、 実印用の印鑑を作成しましょう。 銀行印 口座を開設する際、金融機関に登録し、その口座が本人のものであることを証明する重要な印鑑。 実印と同じく、大量生産されている印鑑ではなく、 銀行印用の印鑑を作成することをおすすめします。 三文判 三文判は、 100円ショップなどで購入できる、大量生産された安価な印鑑のこと。 三文判には、 朱肉を使うタイプの印鑑と、 シャチハタのようにスタンプ式の印鑑があり、認印として三文判を使う方も多いです。 朱肉を使うタイプの三文判であれば、認印だけでなく、実印や銀行印としても使用できます。 ただし、三文判は同じ印影が大量に出回っているため、なりすましや悪用のリスクも。 そのため、 三文判を実印や銀行印として使用することは理屈上は可能ですが、安全を重視するのであれば、避けた方が良いでしょう。 印鑑は用途に合わせて使い分けましょう 1本の印鑑を用意し、実印・銀行印・認印として使い回すこともできますが、そうすると偽造された時のリスクが高くなり、盗難や紛失が起こった時の変更手続きにも手間がかかります。 そのため、リスク分散のためにも 印鑑は用途に応じて使い分けることをおすすめします。 印鑑セットも販売されているため、一緒に作ると便利です。 また、認印にシャチハタを使用しているという方は、「シャチハタ以外の認印」が必要な場合のために、 シャチハタとは別に、朱肉を使用するタイプの認印を別注で用意しておくと良いでしょう。 以上を参考に、用途に合わせて最適な印鑑を作成しましょう。

次の

認印とは?シャチハタ不可の理由や見分け方は?三文判との違いは?

シャチハタ 以外

Contents• シャチハタってどんな印鑑? 一般的に「シャチハタ」と呼ばれているハンコ。 正式な名称は 「インク浸透印」と言います。 シャチハタと言うのはメーカーの会社の名前。 (シャチハタ株式会社は名古屋に本社のある会社で、こちらが作っているXスタンパーと言うのが正式な商品名です) 会社名が商品の通称となているモノって結構あるんですよ~。 (ホッチキスとかルンバとかいろいろと調べてみると面白いものもあります) で、このシャチハタの仕組みなのですが、ハンコの面がゴムで出来ていて、そこに中からインクが浸みだしていくという構造になっています。 ですから朱肉を使わなくても、浸みだしたインクによってポンポンとハンコを押すことが出来るようになっているんですね。 シャチハタがNGである3つの理由 それでは、なぜシャチハタではダメなのでしょうか? 大きく分けると3つの理由があると言われています。 つまりハンコ面がゴムでできているため、非常に柔らかい素材でできているのです。 見た目にはほとんど分からないかもしれませんが、実際に押していくと少しづつハンコのカタチが変わってしまうんです。 軽くポンと押す時と思いっきりギュッと押す時の違いもありますし、古くなっていけばゴムも欠けてきます。 ですから何年も保存しておく必要のある書類には、形が変わりやすいシャチハタは不向きなんです。 つまり、浸透性が高いというコトは 浸透性が高い=インクの粒子が細かい=消えやすい という性質を持っているのだそうです。 1~2年程度は大丈夫でしょうが、何年も経ってけばどんどん印影は薄くなっていきます。 公的な文書は数年、ヘタしたら何十年も保管しておかなければなりませんので、消えやすい印鑑では困るのです。 100円ショップなどでも手に入れることが出来ますよね。 まあ、シャチハタで無くても認印であれば100円ショップなどで手に入りますが、基本的にこういった印鑑は規格が一緒なので同じものがいっぱい世の中に出回っています。 出来れば印鑑は人によって異なるモノが望ましいので、どこでも手に入るシャチハタは敬遠されるのです。 必ず朱肉を使って押す印鑑を使うようにしてください。 もちろん、シャチハタでは印鑑登録(印鑑証明書)することは出来ませんし、銀行印として使うこともできません。 ちなみに領収書のハンコにシャチハタを使うお店がありますが、領収書は数年間保管する必要がある書類ですのであまり不向きではないんですけどね。 (そもそも領収書にハンコを押す義務はないので、法律的には問題ないのですが・・・) まとめ 便利で使い勝手が良いシャチハタですが、実際にはビジネスの場面で使うことは避けた方が良いです。 認印を持ち歩くのであれば、朱肉を使うモノを持ち歩く方がベターです。 ちょっとした印鑑を押す機会に「シャレたハンコ」を持っていると話のネタにもなるかもしれませんね。 最近はオリジナルのハンコを作ってくれるショップも多いのでいろいろとチェックしてみましょう!.

次の

今さら聞けない。シャチハタと印鑑の違い|広島の老舗はんこ屋 入江明正堂

シャチハタ 以外

シャチハタとは、本体にインクが入っており、朱肉を付けなくても捺印ができる 「浸透印」の通称で、シャチハタも認印に該当します。 ただし、 「認印=シャチハタ」ではなく「認印」のジャンルに含まれるはんこの一種ですので、ご注意ください。 書類に「認印を押してください」と言われた際、シャチハタではだめな場合がよくあります。 これはシャチハタのインクが朱肉よりも消えやすく、長期保管する必要のある書類には使えないこと、印面が柔らかいので力加減によって印影が変わってしまうことから、 公的書類など重要な場面では利用できないのです。 郵便物の受け取りや回覧の確認印など、手書きのサインでもよい場面には、シャチハタを認印として使うのは大変便利です。 シャチハタとは実はメーカーの名前 ちなみに、シャチハタとは実は、浸透印(インク内蔵型のスタンプ)を製造している メーカーの名前で、はんこそのものの名前ではありません。 この会社(シヤチハタ株式会社)を代表する商品であまりに便利だったため、会社名よりも商品名の代名詞として世に広まった経緯があります。 シャチハタは朱肉を用意する必要がなくいつでもさっと使うことができる大変便利なハンコですが、前述のとおり、認印でも利用シーンが限られるほか、実印や銀行印のような登録が必要なはんことしては使うことができませんのでご注意ください。 実印とは、住民登録している市区町村役所に印面を登録したはんこのこと。 自治体が公的に認めた印鑑として、不動産・自動車購入や公正証書、遺言書などの重要な場面での捺印が、法的に定められています。 一方、 認印は印鑑登録を行なっていないはんこ全般のこと。 つまり書類に認印を求められた際には、実印以外の印鑑を押せばよい、ということになります。 逆に 実印を求められたときは、必ず印鑑登録を行なっていないといけません。 はんこ屋で「実印」と名のつくハンコを購入しても、どんなにいい素材・有名な彫刻師のハンコでも、役所に登録していなければ「認印」と同じ扱いのものとなります。 認印ではなく実印を使うシーン 契約書に押印するとき、認印では断られる場合があります。 ・不動産の売買・賃貸借 家や土地を購入する際は、実印が必要になります。 物件によっては賃貸でも本人や連帯保証人の実印を求められる場合があります。 ・自動車の売買・譲渡 新車購入・中古車購入それぞれに実印が必要になります。 そのほか、ローン契約・遺産分割・遺言書・示談書など…。 実印は役所に登録してある判子ということで、捺印することで「本人が承諾した」ことを役所が証明してくれるため、重要なシーンで求められるのです。 なお、 実印を使う際には、印鑑登録を行なった役所で「 印鑑証明」を発行しなくてはなりません。 印鑑証明とは実印の印影が写っている証明書のこと。 登録された判子と一致しているか、照合してはじめて実印として利用できるのです。 それ以外の場面で実印を求められたとき 上述した以外のそこまで重要じゃない(いざというとき役所の印鑑証明が必要でないような)シーンで実印を求められたときは注意が必要です。 本来なら認印でいい契約書に実印を押すように言って、後で印影を悪用する…なんて事件が起こりかねません。 実印での押印を求められたときは、必ずその意図を確認し、本当に実印でなくてはいけないかを確認するようにしましょう。 なお、この項目では実印を使った契約の重要性についてご説明してきましたが、認印を用いる場合でも重要な契約はたくさんあります。 実印も認印も「その契約に承諾しました」という意思表示は変わりません。 認印だから気軽に押して大丈夫、というわけではありませんので、契約書に押印するときは内容をしっかりと確認してください。 認印と銀行印の違い 銀行印は、金融機関の口座を作るときに登録する印鑑のこと。 で上述したように、銀行印も含め、実印以外は認印と同じであるとはいっても、銀行印は大事な資産をやりとりする際に必要となるはんこ。 認印より重要度は高いと言えます。 もしも銀行印と通帳を盗難されれば、口座から自由に出入金ができるようになってしまいますし、銀行印を複製して勝手に借金をすることもできてしまいます。 銀行印はほかの判子と兼用せず、大事に保管しましょう。 特に認印と兼用すると、使用頻度が多く人目にさらす機会が多いため、盗難や偽造の危険性が増えてしまいます。 実印・銀行印・認印は利用シーンも頻度も異なるため、兼用は避け、それぞれ専用のはんこを作成することをおすすめします。 さらに銀行印の保管方法について補足すると、 通帳と一緒にタンスの中に入れておくのはやめましょう。 前述したとおり、銀行印と通帳が揃ってしまうと口座を動かすことができてしまうため、別々に保管しておくほうが安全だといえます。 また、 家族間で銀行印を使い回すこともおすすめできません。 ひとつの銀行印で複数口座を動かすことができるということですので、誰かがなくしてしまえばすべて口座が悪用されるリスクにさらされてしまうことになります。 また、単身赴任などで別居することになったとき、いざ銀行印が必要になったときに取りに帰らなくてはいけなくなったり、なにかと面倒なことが多いです 以上、銀行印と認印の違い、銀行印の取扱いの注意点でした。 認印の書体は、誰にでも読みやすいものを選びましょう。 「この内容を認めます」「受け取りました」「確認しました」という意思を表すものなので、誰のハンコか一目瞭然であることが大事です。 なかでも【楷書体】や【行書体】は、読みやすく親しみ深いフォントの代表です。 また、【隷書体(れいしょたい)】や【古印体(こいんたい)】なども、趣がありながら比較的読みやすいので認印の書体として人気があります。 逆に篆書体(てんしょたい)、印相体(いんそうたい)は判子の書体としては一般的ですが、形が難解で読みづらくなるため、認め印にはおすすめできません。 草書体も、漢字によっては読みづらくなることがあります。 特に画数の多い苗字の人には不向きかもしれません。 文字の可読性に注意しながら、お好みの書体をお選びください。 5mmであるのが一般的です。 実印のように法的に規定されてはおらず、認印の大きさにルールはありません。 ただし、実印は15mm、銀行印は12mm、認印は10. 5mm、といった風に、実印や銀行印よりも小さめのサイズを選ぶという慣習があります。 (印鑑の種類が大きさでパッと見分けられるためオススメです!) 男女別人気のサイズ 女性の認印は9~12mmが、男性は12~13. 5mmと女性より一回り大きいものが好まれています。 手の大きさの違いによって使いやすいサイズが異なるのはもちろん、女性は小ぶりなサイズが上品で見栄えよい、など見た目の好みも影響しているようです。 昔は夫婦で印鑑を使うとき、妻が夫より大きいサイズを持っていると、夫が尻に敷かれているようでみっともない、などという考えもあったようですが、現在では古い慣習として特に気にされません。 男女の別を気にせず、お好みのサイズをお選びください。 職場で使う認印のサイズにはご用心 会社で認印を使う場合は、上役の方がより大きな印鑑を使う、というマナーもあります。 はんこの大きさが役職を表すわけではありませんが、自分に見合わないような豪華なものを使ってしまうと、反感を買うことになってしまいかねません。 例えば、新入社員の方が使うはんこが上司よりも大きいと、「俺より大きいハンコを使うとは生意気な…」などと思われることがあったり、逆に上司が部下より小さいはんこを使っているのも、部下に気を遣わせてしまう可能性があります。 ビジネスで使用する認印は、ご自身の立場・ポジションを考慮してサイズを選ばれることをおすすめします。 新入社員の方は9~10. 5mmくらいのものを使うのが無難です。 シャチハタも、最も一般的な9mmサイズがおすすめです。 役職が上がった方は少し大きめの12~13. 5mmくらいのものを使われるのがよいかと思います。 あまり大きすぎると書類の確認欄からはみ出してしまい、逆にみっともないものになることもありますので15mmを超える印鑑はおすすめできません。 認印に向いている印材 認印は日常の中で最も使う機会の多いはんこですが、それだけに耐久性がなければすぐ壊れてしまいかねません。 三文判のように100円均一で購入してもいいのですが、特に会社で使うものや契約等大事な場面で使うときは、しっかりしたハンコを持つほうがよいでしょう。 耐久性があり、手入れが簡単で、きれいに捺印ができる印材を選ぶことがポイントです。 安価な認印をお求めの場合 しっかり耐久性がありお手頃価格なのは、木材を加工し強度を高めた(クリックで印材説明へ)です。 印鑑といえば黒!という方には、彩樺を黒染めしたがおすすめ。 個性的な印鑑をお求めであれば、彩樺と似たように樹脂加工してあり強度が高く、上品な赤が特徴のも魅力的なはんこです。 黒水牛など角系の素材は、定期的にお手入れが必要(オリーブオイルで磨くなどして乾燥を防いだり、虫食いにあわないようしまう場所に注意したり…)で少し手間はかかるものの、硬度は申し分なく、価格も比較的安価なものです。 契約書など重要な書類でなく、荷物の受け取りや回覧板に押すようなものであれば、朱肉を必要としないシャチハタなどの浸透印がよいでしょう。 特に会社員の方には場合によって使い分けられるよう、きちんとした 認印と シャチハタ、どちらも用意されることをおすすめいたします。 末永く使える認印、高級感ある認印をお求めの場合 認印の使用頻度がとても高い、営業職等で持ち物に気をつかう、一生モノのはんこが欲しい、という方には チタン印鑑が最適です。 金属であるチタンは頑丈で、傷が入ったり印面が欠けることがほどんどありません。 金属ですが耐食性・耐火性にも優れ、万が一水に付けてしまったり火事に巻き込まれても、錆びや変形しづらいため安心です。 また、簡単にきれいな押印ができる、シルバーの洗練されたデザインが美しく印鑑そのものの見映えがよい、などのメリットがあるため、予算に余裕がある方、チタンのスマートな見た目がお好きな方はぜひお選び下さい。 シャチハタでも高級感あふれるデザインの「 ネーム9vivo」があるので、こだわりの強い方にはおすすめです。 法人でも使われる認印の種類 認印には会社・法人専用のものもあります。 ただし個人とは違い、用途によって使い分ける必要があるため、それぞれの役割を正しく把握する必要があります。 認印の機能を持つ角印 会社の認印として最もスタンダードなのが 角印。 その名の通り印面が四角形で、「(会社名)之印」と彫刻されているのが一般的です。 例:株式会社ハンコヤドットコム之印 角印は社内外の文書に押印され、「この書類は会社が発行したものです」「書面の内容を会社が認めました」という証明の意味を持ちます。 契約書や見積書、請求書など、様々なシーンで使われます。 ちなみに法人印鑑や社判には他にも、商業・法人登記の際に登録する代表者印(会社実印)などがあるのですが、代表者印は丸い形状のものが多く、角印と対になるように「丸印」と呼ばれることがあります。 一般的には、形状が丸印=代表者 「(会社名)代表取締役社長(社長のお名前)」 角印=認印 「(会社名)之印」 と使い分けられていると思いますので、社判を見る機会があればぜひ確認してみてください。 役職者が利用する役職印 角印が会社を代表する認印であったのに対して、 部長や店長など役職者が代表して押す認印が、 役職印です。 外側に円になるよう会社名が彫刻されており、中心に「本部長之印」や「支店長之印」「会長之印」など、役職名が彫刻されます。 社内文書の承認や決裁に使用されることが一般的です。

次の