下部 温泉 大黒屋。 元湯旅館 大黒屋(山梨県

お知らせ

下部 温泉 大黒屋

建物とお部屋 下部温泉の温泉街は、駅から少し離れています。 大黒屋はそんな下部温泉の温泉街の中で、少しだけ奥の方にあります。 大黒屋は、細い上り坂と下部川の間の狭い場所に建っています。 木々と火の見やぐらに隠れてしまっていますが、その裏にあるうぐいす色の建物です。 玄関はこちら。 2階に渡り廊下があって、道を挟んだ反対側にも建物があります。 こちらにもお部屋があるのかもしれません。 建物はかなり古そう。 廊下や扉がとても雰囲気があっていい感じです。 急な階段を上って、2階のお部屋に案内されました。 木の引き戸を開けて、お部屋の中へ。 窓の外は下部川が流れています。 他の下部温泉の宿もたいてい下部川沿いなので同じですが、川の音がするお部屋です。 既に布団が敷いてありました。 トイレは部屋にはついていないので、共用のトイレを利用します。 お部屋の冷蔵庫はあるお部屋とないお部屋があるようです。 お部屋のテーブルには下部温泉の温泉水が用意されていて、飲むことができます。 下部温泉は飲める温泉で、温泉水がミネラルウォーターとして売っていたりもします。 それでは、お風呂へと行ってみましょう。 温泉とお風呂 お風呂は地下に2つ。 檜風呂と岩風呂とがあります。 男女別になっていて、朝に入れ替わります。 初日に岩風呂だったら翌朝は檜風呂に入ることになります。 また、深夜に1時間ほど、貸切の時間を設けていることもあるようです。 下部温泉は、水のようにぬるい温泉 昔からの下部温泉…旧源泉 と、熱い温泉 平成になって掘削された新源泉 の2種類の源泉があります。 宿によっては片方の源泉にしか入れないこともあるのですが、ここ大黒屋の内風呂では両方の源泉に入ることができます。 岩風呂には大小2つのお風呂があり、奥の大きいほうが旧源泉のお風呂、手前の小さいほうが新源泉のお風呂。 この両方の温泉に交互に入るのがいいのだそうで。 ぬるい 冷たい 温泉に足を入れると最初はその冷たさに驚きますが、覚悟を決めてそろりそろり、足を入れて体を入れてじっとしていると、段々と慣れてきます。 上がるころにはじんわり体が温まってきているので驚かされます。 ということで、じっくり時間をかけて入るお風呂です。 中には本を読みつつお風呂に入っている人もいるくらいです。 なお、チェックインの時刻が早めでチェックアウト時刻も遅めに設定されているので、長時間温泉を堪能できるのが嬉しいところ。 お食事 2食とも、1階のお部屋でいただきます。 呼ばれた時点でほぼすべての食事が並んでおり、ゆっくりいただくことができました。 お客さんが少ないときは個室になりますが、多いときは他のお客さんと同じお部屋になります。 仕切りがあるので、さほど気にはならないのですが。 こちらは朝食です。 また、チェックアウト前に温泉水で淹れたコーヒーをいただくこともできました。 玄関の奥にテーブルがあり、下部川の音を聴きつつ、いただきます。 個人的感想 自分が下部温泉の宿の中で大黒屋が好きなところは、• ひとりで泊まっても2食付で1万円未満と、お得なお値段• 早めのチェックイン、遅めのチェックアウトができるので、1泊2日でも長く滞在できる• 新旧両方の源泉に入れる といったところです。

次の

下部温泉 裕貴屋【 口コミ・宿泊予約 】

下部 温泉 大黒屋

下部温泉の歴史と泉質 下部温泉は、古くから温泉街として栄え、名湯100選にも選ばれた実績もある人気が高い温泉地。 泉質名は「単純(鉱泉)温泉」。 浴用適応症として、リウマチ・神経痛・冷え性・疲労回復・切り傷など。 飲用適応症は、胃腸に効果効能があると言われています。 古くは、川中島の合戦で傷を負った武田信玄が傷を癒すためにこの地を訪れたとも伝えられており、歴史好きには見逃せない温泉です。 関連記事はこちら 山梨・下部温泉のおすすめ旅館6選 都心からのアクセスもよく、富士山が近い下部温泉は、人気の温泉地です。 この下部温泉にある旅館のなかから、選りすぐりの6軒をおすすめします。 1:駅から近く露天風呂もある「下部ホテル」 駅から徒歩圏内のエリアにあり、「アルカリ性単純泉」と「硫黄泉」の2つの泉質による12種の温泉が手軽に楽しめるホテルです。 お風呂上がりには、大地の奥より湧出する下部の名水で喉を潤せます。 また旬の食材を用いた郷土料理も人気を集めています。 信玄公も入ったと言われている湯大岩風呂や、混浴可能な内湯があり、さまざまな形で温泉を楽しむことができます。 (現在立ち寄り入浴はできなくなっているのでご注意ください。 ) 「古湯坊源泉館」の施設情報 施設名 古湯坊源泉館 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部45 電話番号 0556-36-0101 アクセス 中央道「甲府南IC」より国道52号経由、静岡方面へ40分 チェックイン 14時00分〜17時00分 チェックアウト 〜11時00分 送迎 あり 駐車場 あり 総部屋数 24室(本館7室、別館17室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 なし 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード VISA、Master、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナース、DISCOVER 日帰り入浴 不可 当日予約 — URL 3:24時間入れる温泉が魅力! 「湯元ホテル」 下部温泉では数少ない施設内に自然湧き出し口を持ち、ナンバーワンの湧き出し量と24時間利用できる温泉が魅力のホテルです。 玄関には、かつてこの宿を利用していた俳人高浜虚子の句碑があり、その歴史を感じさせます。 湯治や美容のために宿泊されるリピーターも多く、温泉にじっくり浸かりたい方におすすめの宿。 「湯元ホテル」の施設情報 施設名 湯元ホテル 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部35 電話番号 0556-36-0021 アクセス JR身延線「下部温泉駅」下車、タクシー3分/中央道「甲府南IC」および「甲府昭和IC」より約60分 チェックイン 15時00分〜 チェックアウト 〜10時00分 送迎 あり(条件あり) 駐車場 あり(無料) 総部屋数 27室(和室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 なし 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード JCB・VIZA・UC・NICOS・ダイナース 日帰り入浴 不可 当日予約 可 URL 4: 岩風呂と檜風呂が魅力の「元湯旅館 大黒屋」 旅行だけではなく、湯治宿としても利用されている「大黒屋」は、岩風呂と檜風呂を備えた旅館です。 ぬる湯と熱湯を交互に楽しむのがこの宿の定番で、自然の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。 「元湯旅館 大黒屋」の施設情報 施設名 元湯旅館 大黒屋 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部56 電話番号 0556-36-0031 アクセス JR中央線「甲府駅」乗換、JR身延線「下部温泉駅」下車、タクシー5分 チェックイン 14時30分〜 チェックアウト 〜11時00分 送迎 あり 駐車場 あり(無料) 総部屋数 20室(和室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 あり(条件あり) 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード 現地不可 日帰り入浴 不可 当日予約 不可 URL — 5:日帰りで楽しむ「下部温泉会館」 2006年に採掘された源泉を使った「しもべ黄金の足湯」は「湯之奥金山博物館」に併設された足湯施設。 泉質は「アルカリ性単純温泉」で、温泉からは微かに硫黄の香りが漂います。 無料で楽しめるのでドライブなどの疲れを取るのにも最適です。 「しもべ黄金の足湯」の施設情報 施設名 しもべ黄金の足湯 住所 山梨県南巨摩郡身延町上之平1787 電話番号 0556-36-0015 利用時間 8時30分〜18時00分 定休日 水曜日、年末年始 料金 無料 URL 山梨・下部温泉のおすすめ観光スポット8選 下部温泉は「甲府駅」と静岡県の「富士駅」を結ぶ身延線のちょうど真ん中辺に位置しています。 この下部温泉の周辺にある観光スポットをご紹介します。 1:下部温泉ゆかりの地「熊野神社」 下部温泉は、西暦70〜130年頃に発見されたと言われているとても歴史の古い温泉ですが、この鎮守として今もなお親しまれているのが「熊野神社」です。 西暦836年(承和3年)、病で苦しむ甲斐の国司藤原正信の元に熊野権現が現れたことがきっかけで建立され、長きにわたり親しまれてきました。 温泉療養を終えた湯治客が杖や義足を奉納する風習があり、奉納された松葉杖をお焚き上げする「松葉杖供養祭」が開催されています。 「熊野神社」の施設情報 施設名 熊野神社 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部45 電話番号 — URL — 2:しだれ桜が魅力の日蓮宗総本山「久遠寺」 身延山「久遠寺」は、日蓮によって開かれた日蓮宗の総本山です。 桜の名所としても有名で、春になると樹齢400年と言われている2本のシダレザクラが淡い桃色の花をつけ、多くの観光客が訪れます。 「久遠寺」の施設情報 施設名 久遠寺 住所 山梨県南巨摩郡身延町身延3567 電話番号 0556-62-1011 URL 3:あじさい寺の名で親しまれる「下山妙見寺」 本堂から境内にかけて咲き誇るあじさいが魅力の「妙見寺」。 別名「あじさい寺」とも言われ、多くの人に親しまれています。 6月から7月にかけては境内にある7万本のあじさいが見頃を迎え、色とりどりの花をつけます。 「下山妙見寺」の施設情報 施設名 下山妙見寺 住所 山梨県南巨摩郡身延町下山4330 電話番号 — URL — 4:千円札の裏側でおなじみ「本栖湖」 富士五湖の一つである「本栖湖」は、千円札の裏側に描かれたイラストや、富士山頂から初日の出が昇る「ダイヤモンド富士」が見られることでも有名な自然に満ち溢れたスポットです。 5つの湖のなかで水深138メートルと最も深く、ウインドサーフィン・ヨットなどのレイクスポーツや、キャンプなどのアウトドアも楽しめます。 「本栖湖」の施設情報 スポット名 本栖湖 住所 山梨県南都留郡富士河口湖町、および南巨摩郡身延町 アクセス 富士急行「河口湖駅」下車、本栖湖行きバスに乗り換え30分、新幹線「新富士駅」下車、本栖湖行きバスに乗り換え60分、中央自動車道、河口湖ICよりR139本栖湖方面 約30分、東名自動車道、新富士ICより河口湖方面 約50分 URL — 5:ある仏師の資料館「木喰の里 微笑館」 下部温泉周辺では、毎年5月下旬から6月下旬にかけて「一色地区」「湯町ホタル公園」付近にて自然養殖の蛍が見られます。 毎年6月初旬には「ホタル祭り」が行われ多くの観光客を集めます。 「ホタルの里」の施設情報 施設名 ホタルの里 住所 山梨県南巨摩郡身延町一色 電話番号 0556-62-1103(身延町商工会) アクセス 身延線「下部温泉駅」から車で15分 駐車場 あり URL 下部温泉へのアクセス 下部温泉は東京からのアクセスがとてもよい温泉地です。 「新宿駅」からJRで2時間程度ですし、自動車で行く場合は、東名・新東名高速経由でも中央自動車道経由でも行くことができます。 電車では「新宿駅」から「甲府駅」経由で最短2時間 山梨県の下部温泉には、自動車か電車でのアクセスが一般的です。 電車で訪れる場合には、身延線の「下部温泉駅」が最寄り駅で「甲府駅」より「特急ふじかわ」を利用すれば「新宿駅」から最短で2時間15分で到着できます。 自動車でのアクセス 自動車を利用する場合には、新東名高速の「新清水インターチェンジ」、東名高速の「御殿場インターチェンジ」、もしくは中央高速の「河口湖インターチェンジ」で下車し、国道を利用しましょう。

次の

【山梨】下部温泉でゆったりと宿泊できるおすすめホテル&旅館4選

下部 温泉 大黒屋

下部温泉の歴史と泉質 下部温泉は、古くから温泉街として栄え、名湯100選にも選ばれた実績もある人気が高い温泉地。 泉質名は「単純(鉱泉)温泉」。 浴用適応症として、リウマチ・神経痛・冷え性・疲労回復・切り傷など。 飲用適応症は、胃腸に効果効能があると言われています。 古くは、川中島の合戦で傷を負った武田信玄が傷を癒すためにこの地を訪れたとも伝えられており、歴史好きには見逃せない温泉です。 関連記事はこちら 山梨・下部温泉のおすすめ旅館6選 都心からのアクセスもよく、富士山が近い下部温泉は、人気の温泉地です。 この下部温泉にある旅館のなかから、選りすぐりの6軒をおすすめします。 1:駅から近く露天風呂もある「下部ホテル」 駅から徒歩圏内のエリアにあり、「アルカリ性単純泉」と「硫黄泉」の2つの泉質による12種の温泉が手軽に楽しめるホテルです。 お風呂上がりには、大地の奥より湧出する下部の名水で喉を潤せます。 また旬の食材を用いた郷土料理も人気を集めています。 信玄公も入ったと言われている湯大岩風呂や、混浴可能な内湯があり、さまざまな形で温泉を楽しむことができます。 (現在立ち寄り入浴はできなくなっているのでご注意ください。 ) 「古湯坊源泉館」の施設情報 施設名 古湯坊源泉館 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部45 電話番号 0556-36-0101 アクセス 中央道「甲府南IC」より国道52号経由、静岡方面へ40分 チェックイン 14時00分〜17時00分 チェックアウト 〜11時00分 送迎 あり 駐車場 あり 総部屋数 24室(本館7室、別館17室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 なし 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード VISA、Master、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナース、DISCOVER 日帰り入浴 不可 当日予約 — URL 3:24時間入れる温泉が魅力! 「湯元ホテル」 下部温泉では数少ない施設内に自然湧き出し口を持ち、ナンバーワンの湧き出し量と24時間利用できる温泉が魅力のホテルです。 玄関には、かつてこの宿を利用していた俳人高浜虚子の句碑があり、その歴史を感じさせます。 湯治や美容のために宿泊されるリピーターも多く、温泉にじっくり浸かりたい方におすすめの宿。 「湯元ホテル」の施設情報 施設名 湯元ホテル 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部35 電話番号 0556-36-0021 アクセス JR身延線「下部温泉駅」下車、タクシー3分/中央道「甲府南IC」および「甲府昭和IC」より約60分 チェックイン 15時00分〜 チェックアウト 〜10時00分 送迎 あり(条件あり) 駐車場 あり(無料) 総部屋数 27室(和室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 なし 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード JCB・VIZA・UC・NICOS・ダイナース 日帰り入浴 不可 当日予約 可 URL 4: 岩風呂と檜風呂が魅力の「元湯旅館 大黒屋」 旅行だけではなく、湯治宿としても利用されている「大黒屋」は、岩風呂と檜風呂を備えた旅館です。 ぬる湯と熱湯を交互に楽しむのがこの宿の定番で、自然の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。 「元湯旅館 大黒屋」の施設情報 施設名 元湯旅館 大黒屋 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部56 電話番号 0556-36-0031 アクセス JR中央線「甲府駅」乗換、JR身延線「下部温泉駅」下車、タクシー5分 チェックイン 14時30分〜 チェックアウト 〜11時00分 送迎 あり 駐車場 あり(無料) 総部屋数 20室(和室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 あり(条件あり) 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード 現地不可 日帰り入浴 不可 当日予約 不可 URL — 5:日帰りで楽しむ「下部温泉会館」 2006年に採掘された源泉を使った「しもべ黄金の足湯」は「湯之奥金山博物館」に併設された足湯施設。 泉質は「アルカリ性単純温泉」で、温泉からは微かに硫黄の香りが漂います。 無料で楽しめるのでドライブなどの疲れを取るのにも最適です。 「しもべ黄金の足湯」の施設情報 施設名 しもべ黄金の足湯 住所 山梨県南巨摩郡身延町上之平1787 電話番号 0556-36-0015 利用時間 8時30分〜18時00分 定休日 水曜日、年末年始 料金 無料 URL 山梨・下部温泉のおすすめ観光スポット8選 下部温泉は「甲府駅」と静岡県の「富士駅」を結ぶ身延線のちょうど真ん中辺に位置しています。 この下部温泉の周辺にある観光スポットをご紹介します。 1:下部温泉ゆかりの地「熊野神社」 下部温泉は、西暦70〜130年頃に発見されたと言われているとても歴史の古い温泉ですが、この鎮守として今もなお親しまれているのが「熊野神社」です。 西暦836年(承和3年)、病で苦しむ甲斐の国司藤原正信の元に熊野権現が現れたことがきっかけで建立され、長きにわたり親しまれてきました。 温泉療養を終えた湯治客が杖や義足を奉納する風習があり、奉納された松葉杖をお焚き上げする「松葉杖供養祭」が開催されています。 「熊野神社」の施設情報 施設名 熊野神社 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部45 電話番号 — URL — 2:しだれ桜が魅力の日蓮宗総本山「久遠寺」 身延山「久遠寺」は、日蓮によって開かれた日蓮宗の総本山です。 桜の名所としても有名で、春になると樹齢400年と言われている2本のシダレザクラが淡い桃色の花をつけ、多くの観光客が訪れます。 「久遠寺」の施設情報 施設名 久遠寺 住所 山梨県南巨摩郡身延町身延3567 電話番号 0556-62-1011 URL 3:あじさい寺の名で親しまれる「下山妙見寺」 本堂から境内にかけて咲き誇るあじさいが魅力の「妙見寺」。 別名「あじさい寺」とも言われ、多くの人に親しまれています。 6月から7月にかけては境内にある7万本のあじさいが見頃を迎え、色とりどりの花をつけます。 「下山妙見寺」の施設情報 施設名 下山妙見寺 住所 山梨県南巨摩郡身延町下山4330 電話番号 — URL — 4:千円札の裏側でおなじみ「本栖湖」 富士五湖の一つである「本栖湖」は、千円札の裏側に描かれたイラストや、富士山頂から初日の出が昇る「ダイヤモンド富士」が見られることでも有名な自然に満ち溢れたスポットです。 5つの湖のなかで水深138メートルと最も深く、ウインドサーフィン・ヨットなどのレイクスポーツや、キャンプなどのアウトドアも楽しめます。 「本栖湖」の施設情報 スポット名 本栖湖 住所 山梨県南都留郡富士河口湖町、および南巨摩郡身延町 アクセス 富士急行「河口湖駅」下車、本栖湖行きバスに乗り換え30分、新幹線「新富士駅」下車、本栖湖行きバスに乗り換え60分、中央自動車道、河口湖ICよりR139本栖湖方面 約30分、東名自動車道、新富士ICより河口湖方面 約50分 URL — 5:ある仏師の資料館「木喰の里 微笑館」 下部温泉周辺では、毎年5月下旬から6月下旬にかけて「一色地区」「湯町ホタル公園」付近にて自然養殖の蛍が見られます。 毎年6月初旬には「ホタル祭り」が行われ多くの観光客を集めます。 「ホタルの里」の施設情報 施設名 ホタルの里 住所 山梨県南巨摩郡身延町一色 電話番号 0556-62-1103(身延町商工会) アクセス 身延線「下部温泉駅」から車で15分 駐車場 あり URL 下部温泉へのアクセス 下部温泉は東京からのアクセスがとてもよい温泉地です。 「新宿駅」からJRで2時間程度ですし、自動車で行く場合は、東名・新東名高速経由でも中央自動車道経由でも行くことができます。 電車では「新宿駅」から「甲府駅」経由で最短2時間 山梨県の下部温泉には、自動車か電車でのアクセスが一般的です。 電車で訪れる場合には、身延線の「下部温泉駅」が最寄り駅で「甲府駅」より「特急ふじかわ」を利用すれば「新宿駅」から最短で2時間15分で到着できます。 自動車でのアクセス 自動車を利用する場合には、新東名高速の「新清水インターチェンジ」、東名高速の「御殿場インターチェンジ」、もしくは中央高速の「河口湖インターチェンジ」で下車し、国道を利用しましょう。

次の