増田貴久 姉。 NEWSの家族構成まとめ【母子家庭エピソード】

NEWS増田貴久が謝罪、謝罪、謝罪... 「苦労人キャラ」手越脱退で定着か: J

増田貴久 姉

増田貴久の姉は名前はしょうこで年齢と画像? まずはお姉さんの基本的な情報からです。 これは、増田貴久さんが 以前、番組で言っていたとか。 しかしあまりお姉さんについては それ以上、話されないみたいです。 年齢については、 貴久さんと1~2歳しか変わらないとのことですよ~ 余談ですが、貴久さんとお姉さんは、 あまり話さないんだとか。 兄弟とか家族のあり方は、 人それぞれですしね~ それから画像も探して見たのですが、 信憑性のあるものはありませんでした。 アイドルのお姉さんといっても、 一般の方なので、 公表されていないようです。 また増田さんは、 お姉さんのことだけでなく、 ご家族のこともテレビや雑誌で、 あまり語られないそうですよ。 ですので、あまり情報がありません。 自分は芸能人でも、家族は一般の方ですからね そのような一貫した態度なところもまたカッコイイですね! モデルで看護師? とはいうものの、やはりお姉さんが気になるので 色々調べてみました! お姉さんはモデルをしていると言われているみたいなので、 探して見ましたが、やはり モデルのしょうこさんはどなたなのか特定できませんでした。 女優の祥子さんのことかな?とも思ったのですが、 祥子さんは熊本県の出身みたいなので、 東京出身の増田貴久さんとの関係はないと考えられます。 プロフィールの画像がウエディングドレス姿でした^^ ただ、この方がお姉さんだという証拠も根拠もないので 結局のとこと、わからないですが、、、。 さっきからあいまいな情報ばかりで、申し訳ないです。 このパターンはジャニーズあるある ? のようなところも あるんですかね? 弟や息子のあまりのかわいさに、 勝手に応募してしまうという、、、 しかしそんなお姉さんのおかげで、 たくさんテレビにも出演できているわけですし、 グループとしてのライブだったり、 個人での俳優としてのお仕事もたくさんあるので、 貴久さんにとってもよかったのではないでしょうか。 今回はNEWSおよびテゴマスのメンバーである 増田貴久さんのお姉さんいついて見てきましたが、 確証のある情報が少なくて、申し訳ないです。 やはり、ファンの方は増田さんのことなら、 何でも知りたい!!って思う気持ちもわかるのですが、 増田さんがあまり語られないということは、 知られたくないことである可能性もあるので、 温かく見守る方がいいのかもしれませんね!^^ これからの増田貴久さんのご活躍を期待しています。

次の

増田貴久(まっすー)の筋肉がやばい!?脱がない隠れマッチョの肉体美を画像で検証|Happy Log

増田貴久 姉

NEWS増田貴久くんのプロフィール・魅力とは? NEWSの一員として、いつもキラキラとした笑顔を輝かせている増田貴久くん。 自身を「褒めて伸びるタイプ」だと語るまっすーですが、どこから褒めればいいか分からなくなってしまうほど、たくさんの魅力を持っているんですよね。 まっすーを知れば知るほど、その奥深さに惹きこまれ、クセになり、愛しさにあふれてしまうこと間違いなしです。 今回は、そんなNEWS増田貴久くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴のほか、様々なエピソードを通じて、まっすーの魅力をたっぷりとご紹介していきます。 NEWS増田貴久くんのプロフィール! 画像: まずは増田貴久くんの基本プロフィールからチェックしていきましょう。 生年月日:1986年7月4日• 出身地:東京都• 身長:171cm• 血液型:O型• メンバーカラー: 黄色• 愛称:まっすー• 尊敬する先輩:東山紀之(少年隊)、森田剛(V6)、堂本光一(KinKi Kids) 入所理由は? 1998年11月8日、12歳の時にジャニーズ事務所へ入所した増田貴久くん。 同期には、KAT-TUNの亀梨和也くん・中丸雄一くん、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔くん、A. C-Zの塚田僚一くん、ふぉ~ゆ~の越岡裕貴くんなどがいます。 「弟がいるならジャニーズに…」というお姉さんの友達の提案が、まっすーとジャニーズを結び付ける第一歩になったとも言えるかもしれません。 3歳から水泳をはじめ、小学校では6年間サッカークラブに所属するなど、まさに「スポーツ少年」だったまっすー。 実は、オーディションが、ちょうどサッカーの試合日とかぶってしまっていたんですよね。 前日までジャニーズに応募したこと、オーディションがあることを知らなかったそうで、母親や姉から知らされた時には「サッカーの試合があるから行きたくない」と断ったのだそう。 しかし、母親から「サッカーの試合行っても出ないよ!」と言われ、さらに姉からは「バスケットボールあげるから…」とお願いされ、オーディションへ参加することとなります。 ジャニーズへ向かわせた原動力 母親 「サッカーの試合行っても出ないよ!」 まっすー 「確かに!」 オーディションにあたって、母親とのそんなシンプルなやり取りを語っていたことがあるまっすー。 ただ、「確かに!」という返答の奥には、色んな思いが隠されているんですよね。 もともと、まっすーの地元にはサッカーだけでなく、野球のクラブチームもあったのだそう。 ただ、Jリーグの設立・開幕で盛り上がりを見せていた時期だったこともあり、サッカーを迷わず選んだといいます。 将来は「サッカー選手になりたい」という夢を持っていたそうですが、周りにサッカーのうまい子が多かったこともあり、次第に「夢」に対する思いが揺らいでいったんですよね。 「出ないよ!」という言葉に対する悔しさはもちろん、そうした夢に対する思いの変化もまた、まっすーをジャニーズへ向かわせる原動力になったと言えるかもしれません。 オーディション会場へ足を運んだ時には、「このなかで誰か受かるんだ!」という思いを抱いたというまっすー。 そこから「受かりたい!」という気持ちが強くなったというエピソード、踊ることに楽しさを感じたというエピソードなどに触れても、今のまっすーと通ずるものがあるなぁという印象があります。 サッカー少年がバスケットボール? ちなみに、サッカー少年だったのに、なぜバスケットボール…??と思う方もいるかもしれませんが、中学からはバスケ部に転向しているんですよね。 泥だらけになってサッカーをしていたある日、バスケ部の友達が、まっすーの好きだった子と外へ水を飲みにきていたのだそう。 その光景を目の当たりにしたまっすーは、その爽やかさに心を動かされ、バスケ部に転向したと語っていたことがありました。 それだけの理由ではないのかもしれませんが、お姉ちゃんの「バスケットボールあげるから…」という言葉につられたという見方をするならば、こうしたシンプルな理由もまた、まっすーにとって、あるいはまっすーの家族や私たちファンにとって大きなものだったと言えるかもしれません。 こうした入所時のエピソードに触れると、本人への「ジャニーズになってくれてありがとう」という気持ちはもちろんですが、まっすーの家族への感謝の気持ちも溢れ出してきますね。 NEWS増田貴久くんの魅力:パフォーマンスと笑顔 画像: 「まっすーの魅力とは?」と聞かれたときに、「どれから話そうかな…」と贅沢なお悩みを抱えてしまうファンの方も多いかもしれません。 魅力は語り尽くせないほどたくさんありますが、話し出すとキリがなくなってしまうので、今回は要点を絞ってご紹介したいと思います。 優しく温かな歌声 まっすーの歌声に「たくさんの癒しをもらっている」というファンの方も多いのではないでしょうか。 時代に出演したドラマ「3年B組金八先生」のメンバーとカラオケに行ったときに、初めて人前で歌ったのだそう。 ジャニーさんに「YOUの声おもしろいよ」と声の良さを褒めてもらったことがあり、「歌を歌ったほうがいい」と言われたエピソードもあるんですよね。 自分の歌が人に評価される経験はなかったというまっすー。 そんな彼にとっては、こうしたジャニーさんの言葉が「歌を頑張ろう」という気持ちを強めるきっかけになったとも言えるかもしれません。 そうしたエピソードは、やがて2006年のテゴマスとしてのデビューにもつながっていきます。 思えば、「手越との出会いがあったからこそ、ここまで歌うことに本気になれた」と語っていたこともありました。 NEWSとしてはもちろん、そこにテゴマスとしての活動があり、まっすーの歌に対する思いはより強くなっていったのかもしれません。 まっすーの歌声を初めて聴いた手越くんの第一印象が、「声質がいいなぁ…」だったように、歌唱力はもちろんですが、そこにまっすーならではの声質があるからこそ、魅力がさらに輝きを増すんですよね。 声の色や表情がたまらなくいい!と言えばいいでしょうか…歌声にぎゅぎゅっと詰まった魅力、そこから描き出される世界観は、思わず「いつまでも聴いていたい」「いつまでも浸っていたい」という気持ちにさせてくれます。 まっすーという人物そのものが、いるだけでホッとする「安心感」「心地よさ」に溢れていますが、歌声もまた、優しく寄り添い包み込んでくれるような温もりに溢れているんですよね。 唯一無二の声質と心地よい余韻 ジャニーズが大好きで、まっすーのことを「戦友のよう」と表現していたこともある青木源太アナ。 先日ね、局内で久しぶりにまっすーに会ったんだ。 それはもう嬉しくて嬉しくて。 僕は尊敬するJの方々とは個人的な関わりは持たず、全てフラットにお付き合いすると決めているんだけど、まっすーにだけは少し特別な感情がある。 僕にとってJで唯一のレギュラー共演者で、大げさだけど戦友のような感情が。 この部分、MVでは、青木アナが「まっすーの大好きなクセ」と語る「肩を狭める」「胸のあたりをつかみながら歌う」の要素も含まれています。 青木アナにとって、いや、ファンにとっても充分においしすぎるシーンとも言えるかもしれません。 筆者は、まっすーの声の「余韻」と言えばいいでしょうか…うまく表現できないんですが、「声の抜けていきかた」も魅力だと思っています。 ダンスで「指先から足の先、髪の毛の一本まで…」という表現が使われることがありますが、まっすーの歌声もまさにそんな印象があります。 もちろん、歌詞やメロディーに手・足・髪の毛はありません。 ただ、仮にあるとすれば、その隅々まで「まっすー色」に染まっていくような、まっすーによって命が吹き込まれていくような感覚があるんですよね。 それがさらに温もりに包まれているような印象です。 声が抜けていく余韻だけでなく、声が吹き込まれる瞬間、その入り口もまた心地良いんですよね。 笑顔やダンスの魅力 時に柔らかく優しく、時に子どものように無邪気に笑う笑顔もまた、まっすーの魅力。 それが歌声に連動しているような印象でもあります。 CD音源であっても、その声からまっすーがどんな表情を浮かべているかが見えてくるんですよね。 そしてもちろん、「歌声」だけではなく「ダンス」もご紹介したい大きな魅力。 線の美しさやダイナミックさ、しなやかさ、滑らかさ、色気などなど…一言では表現できませんが、歌声と同様に、曲によって表情を変えるダンスもまた、魅力が凝縮されています。 そしてそして、「体幹」もすごいんです。 『トップガン』の最後のパフォーマンスを見て、「あれ?静止画になってる?」と思ってしまうのは筆者だけではないはず。 パフォーマンスというより、一人だけトレーニングになっているような感覚でもあります。 昔話を呟いておこう…10年以上前の話だが、ジュニア時代、増田と五関が最前列でシンメだった。 今でこそ名だたるジュニアの中でも圧倒的にうまかった。 — 岡村俊一 okamurashunichi NEWS増田貴久くんの魅力:モノ・コトへのこだわり 画像: ライブに対するこだわり 衣装やグッズ、演出などに触れるたびに、まっすーの想いやこだわりを強く感じているというファンの方も多いかもしれません。 「自分たちで作って、表現したいものを見せられる」ことが「究極」だと語っていたまっすー。 言葉に出さずとも「いいものを見せたい」という強い想いがにじみ出てくる、いや溢れ出しているような感覚かもしれません。 ファッションやアートなど、「美」のセンスという話題で、必ずジャニーズのメンバーやJr. から名前が挙がるのも納得です。 洗練され、発信される「言葉」 先ほどお話しした「指先から足の先、髪の毛の一本まで…」という表現は、まっすーから発信される「言葉」にも当てはまるような気がします。 例えば、雑誌の取材の場面。 自分の話した内容をライターさんがまとめるため、自信の「想い」や「意図」が間違ったものとして伝わらないように、一つ一つの言葉に責任を持ちつつ、中途半端にならないように配慮しているのだそう。 時間をかけながら、しっかり「まっすーの言葉」として発信しようとする姿勢もまた、モノ・コトに対するこだわりが感じられるエピソードかもしれません。 さらに、まっすーから発信される「現状維持」という言葉もまた、洗練された奥深いものであることが分かります。 現在の状態をそのまま保つことは、見方によっては「前進も後退もしない」「立ち止まったままでいる」ことになってしまうのかもしれません。 あるいは、「今に満足している」ことなのかもしれません。 でも、決してそんな単純なものではないんですよね。 『U R not alone』に見る「現状維持」の本質 まっすーが、歌うと高確率で泣いてしまうという『U R not alone』。 「テゴマスのらじお」放送400回記念企画でも、同曲について語っていましたね。 歌詞の内容がまさに「自分の気持ちそのもの」であり、自分が主人公ではない曲も多いなかで 「自分が主人公で、自分に対して歌っている」と話していました。 『U R not alone』の歌詞に目を向けてみると、先ほどの「現状維持」の意味が、より鮮明に見えてくるような感覚もあるんですよね。 現状を維持すること、そこに立ち続けることの難しさは、まっすー自身が身をもって感じてきたことなのかもしれません。 足に傷を負って、立っているのがやっとということ。 向かい風が吹き荒れるなかで、後退しそうになること。 未来を見据えたくても、先が見えないこと。 そうした難しさ、自分がここに立っていることの有難みを知っているからこそ、「今、この瞬間」を大切にしたいという思いがあって、それが「現状維持」という言葉に繋がっているような気がしています。 「現状維持」が持つ奥深さ これまで超えてきた日々、これから歩んでいく未来が、「今、この瞬間」を形づくっているんですよね。 「現状維持」という言葉には、「新たなもの・ことへのチャレンジ」はもちろん、「初心を忘れない」という思い、「目の前のことに必死に取り組みたい」という姿勢などなど、色んな思いが込められているような気がします。 「変わらないこと」が「成長すること」と同じくらい大切だと考えるまっすー。 「普通」であること、「不変」であることの難しさを、教えてもらっているような感覚でもあります。 まっすーの洗練された言葉、その本質には、私たちの心を揺さぶるような魅力が詰まっています。 こうした「奥深さ」は、まっすー自身の魅力とも言えるかもしれませんね。 知れば知るほど惹きこまれて、クセになって…。 NEWS増田貴久くんのさらなる活躍に期待! 画像: まっすーのキラキラした笑顔の裏側には、たくさんの努力や苦悩、涙が隠されています。 まっすーの歩んできた道、物事への考え方、人柄に触れるたびに、「ファンになれて幸せだなぁ」と感じている方はきっと多いはず。 かつては「こうあるべき」というイメージを守ろうとしていたというまっすーですが、ある時から「そうじゃなくてもいいのかな」と思えるようになったと語っていたことがありました。 これぞ「アイドル」という瞬間はもちろんですが、「えっ、アイドルなのにこんなことまで??」という瞬間もあります。 そうした両極端な部分がギャップという魅力につながる部分もあるんですよね。 やはり、まっすーは天使なのかもしれません。 チャンカパーナの歌詞は、自分のことを歌っているに違いない!と思わずにはいられません。 7月13日より放送がスタートする「ボイス 110緊急指令室」での黒髪まっすーも楽しみですね。 「今、この瞬間」の輝きを増していくまっすーの、さらなる活躍から目が離せません! NEWSに関するおすすめ記事はこちら•

次の

増田貴久がハーフの疑惑!?本名はなんなの?

増田貴久 姉

小山慶一郎の家族構成 小山慶一郎さんの家族は、母親、姉、本人です。 小山慶一郎の父親 小山慶一郎さんの父親は、小山慶一郎さんが幼い頃に母親と離婚しています。 噂では小山慶一郎さんの母親に暴力を振るっていたそうで、元々はあまりいい関係ではなかったそうです。 小山慶一郎さん自身も、過去に番組で、子供の頃虐待を受けていた事を明かしています。 当時の事を「どんだけ寝てても、 父親が帰って 来ると 怖い事をされるかもと 構える」と語りました。 話も生々しく、聞いているだけなのに、番組を見ながら胸が締め付けられたのを覚えています。 大人になった現在は、当時ほど悪い関係ではないそうです。 小山慶一郎の母親 小山慶一郎さんの母親は、実家でラーメン屋を営まれています。 離婚以来ずっと、1人で店を守り、NEWSファンや地元の常連さんに愛されるお店だそうです。 小山慶一郎の姉妹 小山慶一郎さんの姉は、人気料理ブロガー「みきママ」こと藤原美樹さんです。 ブログ等見る度に思いますが、小山慶一郎さんにそっくりですよね。 ブログだけでなく、料理本もこれまでに15冊ほど出版されています。 姉には、男の子が2人に女の子も生まれていて、以前TVで顔出しもされていました。 加藤シゲアキの家族構成 加藤シゲアキさんの家族構成は、父親、母親、本人の3人家族です。 ジャニーズタレントには珍しい、1人っ子の加藤シゲアキさん。 父親と母親に愛情を目一杯かけられて育ったようです。 加藤シゲアキの父親 加藤シゲアキさんの父親は、転勤族だったと言われています。 実際、加藤シゲアキさんは広島で生まれ、その後2回引っ越しを経験しています。 加藤シゲアキの母親 加藤シゲアキさんのジャニーズ入りのきっかけは、何を隠そう母親です。 息子が元々芸能方面に興味があった事を知っていた母親が、加藤シゲアキさんが小学4年の時に履歴書を送ったそうです。 そして、「8時だJ」の公開オーディションに合格して事務所入りを果たします。 増田貴久の家族構成 増田貴久さんは、父、母、姉、本人の4人家族です。 また、増田貴久さんは、過去に父親とのエピソードも明かしています。 小さい頃、キャッチボールでボールを投げる時、投げるのが下手で父親にうまく投げられなかったそう。 それを数回繰り返してしまい、流石に下手すぎて呆れたのか怒られたそうです。 増田貴久の母親 増田貴久さんの母親は、「のりこ」さんというそうです。 エピソードはあまり語られませんが、仲はいいようです。 増田貴久の姉妹 実は、増田貴久さんがジャニーズに入ったきっかけは、姉の一言でした。 姉の友達が、自分の弟をジャニーズに入れたいと聞き、「じゃあうちも…」と、オーディションに行かせたそうです。 その時は、「バスケットボールあげるから行っておいで?」と、物に釣られてオーディションを受けた増田貴久さん。 当時バスケが好きだったんでしょうか… そんなお姉さんの名前ですが、以前ラジオで「しょうこ」さんだと明かしています。 その後、増田祥子さんというモデルさんの存在が浮上し、「姉では?」と言われています。 確かに雰囲気が増田貴久さんに似てる気がしますが、姉でない可能性も充分あります。 小山慶一郎の家族構成 小山慶一郎さんの家族は、母親、姉、本人です。 小山慶一郎の父親 小山慶一郎さんの父親は、小山慶一郎さんが幼い頃に母親と離婚しています。 噂では小山慶一郎さんの母親に暴力を振るっていたそうで、元々はあまりいい関係ではなかったそうです。 小山慶一郎さん自身も、過去に番組で、子供の頃虐待を受けていた事を明かしています。 当時の事を「どんだけ寝てても、 父親が帰って 来ると 怖い事をされるかもと 構える」と語りました。 話も生々しく、聞いているだけなのに、番組を見ながら胸が締め付けられたのを覚えています。 大人になった現在は、当時ほど悪い関係ではないそうです。 小山慶一郎の母親 小山慶一郎さんの母親は、実家でラーメン屋を営まれています。 離婚以来ずっと、1人で店を守り、NEWSファンや地元の常連さんに愛されるお店だそうです。 ・小山慶一郎の姉妹 小山慶一郎さんの姉は、人気料理ブロガー「みきママ」こと藤原美樹さんです。 ブログ等見る度に思いますが、小山慶一郎さんにそっくりですよね。 ブログだけでなく、料理本もこれまでに15冊ほど出版されています。 姉には、男の子が2人に女の子も生まれていて、以前TVで顔出しもされていました。 ジャニーズタレントには珍しい、1人っ子の加藤シゲアキさん。 父親と母親に愛情を目一杯かけられて育ったようです。 加藤シゲアキの父親 加藤シゲアキさんの父親は、転勤族だったと言われています。 実際、加藤シゲアキさんは広島で生まれ、その後2回引っ越しを経験しています。 加藤シゲアキの母親 加藤シゲアキさんのジャニーズ入りのきっかけは、何を隠そう母親です。 息子が元々芸能方面に興味があった事を知っていた母親が、加藤シゲアキさんが小学4年の時に履歴書を送ったそうです。 そして、「8時だJ」の公開オーディションに合格して事務所入りを果たします。 増田貴久の家族構成 増田貴久さんは、父、母、姉、本人の4人家族です。 また、増田貴久さんは、過去に父親とのエピソードも明かしています。 小さい頃、キャッチボールでボールを投げる時、投げるのが下手で父親にうまく投げられなかったそう。 それを数回繰り返してしまい、流石に下手すぎて呆れたのか怒られたそうです。 増田貴久の母親 増田貴久さんの母親は、「のりこ」さんというそうです。 エピソードはあまり語られませんが、仲はいいようです。 増田貴久の姉 増田貴久の姉って立ち位置さどんな心境なの羨ましい 唐突 増田貴久が弟とかえもう何最高無理 — どぅぱっぱ CHISA94202338 実は、増田貴久さんがジャニーズに入ったきっかけは、姉の一言でした。 姉の友達が、自分の弟をジャニーズに入れたいと聞き、「じゃあうちも…」と、オーディションに行かせたそうです。 その時は、「バスケットボールあげるから行っておいで?」と、物に釣られてオーディションを受けた増田貴久さん。 当時バスケが好きだったんでしょうか… そんな姉の名前ですが、以前ラジオで「しょうこ」さんだと明かしています。 その後、増田祥子さんというモデルさんの存在が浮上し、「姉では?」と言われています。 確かに雰囲気が増田貴久さんに似てる気がしますが、姉でない可能性も充分あります。

次の