ベイブレード バースト 超 王。 ベイブレードバースト

【ベイブレードバースト超王】 スーパーハイペリオン.Xc 1A レビュー

ベイブレード バースト 超 王

レイヤー:ブレイブヴァルキリー 2A 超王アビリティは「ブレイブソード」。 「リングとシャーシの高摩擦ラバー刃で相手を弾き飛ばし、鋭い剣先でとどめを刺す。 」 なかなか殺意溢れる説明文ですね。 今回のパッケージでは超王シリーズで遊ぶ際にはスパーキングベイランチャーの使用を推奨との記載が追加されてます。 販促はするのは別にいいけど、ランチャー自体が今現在ではどこいっても売ってないんだよなぁ。 スパーキングチップ:ヴァルキリー 「戦いの神ヴァルキリーモチーフの右回転スパーキングチップ。 」 やっぱヴァルキリーはかっけぇ。 デザインはガチンコチップのヴァルキリーが荒ぶってるような感じになってますね。 顔にはバルトと同じフェイスペイントが施されてます。 これはエモすぎる。 マジのガチで相棒出てるじゃん。 裏側はこんな感じ。 今回のヴァルキリーから早くもチップに性能差が出るようになっちゃいました。 性能は公式動画で出ていた通り、チップのロック部分の厚くなりロックが硬くなる代わりにロックが短くなるというもの。 シングルシャーシと組み合わせると分かりやすいですが、確かにハイペリオンやラグナルクと比べるとロックが一つ少なくなってますね。 リング:ブレイブ 「大型ラバー刃の摩擦力で相手をとらえ、ラバーの弾力でバウンド攻撃を仕掛けるアタックタイプの右回転リング。 」 形状は安定の3枚刃。 デザインはスラッシュベースにウイニングヴァルキリーのシャープさを加えた感じ。 そして攻撃にはゴッドヴァルキリーのアビリティであるバウンドアタックを搭載とこのリング一つにいろんなヴァルキリーのがぎゅっと閉じ込められてます。 バウンドアタックだけじゃなく、ラバー刃の先端が相手にがっつり引っ掛かる形状になってるのでえげつない攻撃力をしてくれる。 ラバーは硬めで何度も激しいバトルをしましたが、今のところ抉れはないですね。 同じラバー刃のジャッジメントはかなり摩耗が激しかったけど、これは強度的に結構長持ちしそうかな。 シャーシ:2A 「大きな3枚のラバー刃で相手に強烈に引っ掛かり攻撃を与える右回転ダブルシャーシ。 」 見た目からしてヤバさ全開の巨大なラバー刃。 ゼニスディスクを彷彿とさせる見た目。 ゼニスを愛用していた身としてはかなり嬉しいパーツ。 ロック数はヴァルキリーのガチンコチップと同じ2つと少なめですが、ダブルシャーシなのでバーストの心配はそこまでなさそう。 それから、今回のブレイブヴァルキリーはキングヘリオスのモードチェンジのようにシャーシを180度回転させることでラバーの位置を調整することができます。 デフォの状態。 ブレイブリングの3枚刃と重なることでブ厚い刃になり、脅威的な打撃を繰り出してくれます。 こちらはブレイブリングの3枚刃の間にラバー刃が出ている状態。 デフォよりも満遍なくラバーが相手に当たっている感じがあり、バースト性能はこっちが高めな印象。 ドライバー:Ev' エヴォリューションダッシュ 覚醒ギミックを持った背が高いラバー軸のドライバー。 待望のエヴォリューションのダッシュ化。 しっかり使い込んで覚醒させていかねば。 まとめ ラグナルクのときもそうだったけどデザイン、性能にいままでのヴァルキリーをこれでもかと詰め込まれているのでヴァルキリーの集大成感があります。 性能もヴァルキリーらしく王道も王道。 余計なギミックなど持たず、純粋なパワーで相手から勝利をもぎ取っていく。 アタックタイプ好きとしてはもう胸の高鳴りが抑えきれません。 そしてなにより最高なのがこのヴァルキリーは全力で未完成ということ。 デフォルトで使っても充分な強さ・・・、というかこのヴァルキリーはこのまま手を加えず愛機として使っていきたい。

次の

【ベイブレードバースト超王】 キングヘリオス.Zn 1B レビュー

ベイブレード バースト 超 王

超王レイヤー 超王と書いて読みは 「スパーキング」。 火花が出るランチャーありきでスパーキングなのか、スパーキングだから火花ギミックを搭載したのかは現時点では謎。 構造 今作はおなじみ の 「レイヤー・ディスク・ドライバー」の構造から大きく変更。 基本的な機体の構造が ディスク一体型のレイヤーとドライバーに。 ディスクがないのは少しさみしい。 ある意味、 デフォルトがナイトメアロンギヌスになった。 ディスク一体型左回転の先輩、ナイトメアロンギヌスと。 ディスク一体型ドライバーを使用できないのはやっぱりナイトメアロンギヌスだけ。 レイヤーは 「スパーキングチップ」、「リング」、「シャーシ」を組み合わせる形に。 ガチンコレイヤーと同じ3層構造に見えるけど、 スパーキングチップは「スパーキングチップ メインの部分 」と「チップコア」に分割可能。 なので 実質4層構造。 とはいえ「完全な互換切りで従来のディスクが全く使えなくなった」というわけではない。 1Sシャーシのような「シングルシャーシ」を使うことで、 以前と同じレイヤー・ディスク・ドライバーの構造にもできる。 だから、従来のディスクをいっぱい持っている人や電動等のディスク一体型のドライバーを使いたい人にも安心。 1Sを使って電動ドライバーをつけた例。 スパーキングチップ 機体の名前と顔を決めるチップ本体と 好きなのを選んでドレスアップするチップコアの2層構造。 ある意味 ガチンコチップにゴットチップ要素を足した形。 スペースがカツカツなため、つけ外しには少々コツがいる。 流石に チップすらも機体性能に直結していたガチンコチップとは異なり、 基本的には見た目の違いのみ。 わずかに形状が違うので、重量や空気抵抗、バランス等に多少の違いはあるだろうけど、 他の部分に比べれば誤差。 性能への影響が少ないので、ついに 自分の好みだけでベイの名前を選べるようになり、「〇〇 機体名 が自分の相棒」的な運用もやりやすくなった。 ガチンコチップ同様、スパーキングチップも 右回転専用と左回転専用に分かれている。 チップコア スパーキングチップの中心部分につけるパーツ。 自分だけの愛機感を出すためのドレスアップ要素。 現時点での形状は 2種類。 1gも差がないので 好みで選ぶ形。 公式サイトのイベント情報を見る限り、 メタル版の登場予定もあるので重量重視なら最終的に一択になってしまいそう。 ゴッドチップのような「装飾要素のはずが個体差でロックの硬さに影響」の再来はないと思いたい。 リング 相手と接触するレイヤーの主となる部位。 今までの例から考えるとゆくゆくは金属搭載の物も出そう・・・ リングによって わずかに厚みが違うけど、自分の感覚ではロック性能への影響はわからなかった。 スパーキングチップの取るつけ方法は、 回して入れるタイプのスライドロック。 やはり、リングも 右回転専用と左回転専用に分かれている。 リングに回転方向が書かれているので区別は簡単。 シャーシ 今作で ロックの爪があるのはこのパーツ。 レイヤーにつける重り要素。 重りがレイヤーの下側に来るのは事実なので、 低重心化の謳い文句はあながち間違いではない。 ディスク要素と一体化した 「ダブルシャーシ」とディスクが使用可能な 「シングルシャーシ」が存在。 シャーシも 右回転専用と左回転専用、そして両回転に使用可能なものに分かれている。 シャーシにもに回転方向が書かれている。 両回転対応は「LR」表記。 リングとシャーシの固定方法は、 シャーシにある4つの爪をリングにひっかける形。 シャーシ側の爪 4箇所ある リング側の爪を引っ掛けるところ 4箇所ある ダブルシャーシ ディスク一体型のシャーシ。 並のディスク+シングルシャーシよりも重い。 ディスク相当の部分が相手に触れることは基本的にない ので 慣性のみでロックが進む。 感覚的には 『右回転専用ディスクや左回転専用ディスクが出てきた』って印象。 ディスクが使えないので、 当然電動ドライバーとの併用はできない。 シングルシャーシ ディスクが使えるのがアドバンテージ。 基本的にダブルシャーシが重いので、シングルシャーシをあえて使う場合、 ある程度の重量が見込めるディスクや フレームを使いたい場合、 ディスクのギミックを活かしたい場合、そして ディスクで殴りたい場合に使うことになる。 電動ドライバーを使いたい場合もこっち。 リングの径が大きいため、現時点では最大径のRd パラドックス ディスク位しかリングからはみ出るディスクが無い。 ディスク シングルシャーシのみ使用可能。 ドライバー 何故か今作の初期ラインアップはすべてフリー回転のガードパーツ付き。 ドライバーは今まで通り。 集めてきたドライバーを今作に使うこともできるし、今作のドライバーを今までのベイにつけることもできる。 GTとの比較まとめ ここまでで書いた内容を表形式でまとめるとこんな感じ。 超王 GT チップ 「スパーキングチップ」 主に見た目のみに影響。 回転方向が決まっている。 「ガチンコチップ」 ロックの爪があるのがここ。 チップごとにロックの形状が異なる。 回転方向が決まっている。 レイヤーの外周担当 「リング」 相手とぶつかり合う主な部分。 性能の総括 軽く遊んでみた時点での性能の感想。 今作の初期ラインアップはデフォルトカスタムの時点で ・ スーパーハイペリオン一式:約61. 5g ・ キングヘリオス一式:約58. 6g ・ グライドラグナルク一式:約64. 3g と非常に重い。 一言で言うならば 「重量の暴力」。 重量がある+ドライバーが優秀なおかげで、どのベイも普通に強い。 GT世代最初は前世代トップ陣 に勝つのは困難 だったけど、 超王はGT世代トップ陣 でもオーバーできる可能性が普通にあるくらいには強い。 その他小ネタ パッケージ 超王のパッケージも 変わった形状の紙箱。 吊下げ式の箱なのは変わらないけれど、超王では フック側を前面に持ってきたタイプになった。 そのため、 裏面のレイアウトも大きく変更。 アビリティ紹介が一番上に来た。 フラップに商品登録のバーコード印字されているのは健在。 だけど、 ロガーシートは廃止。 スパーキングランチャーはベイロガーを装着出来ない構造だから仕方がないのはわかるし、あったところで 使うことはまず無い けれど、毎回切り取って集めてはいたので、いざ無くなると少し寂しい。 アプリ GTまでは発売日にアイコン変更が行われていたけれど、超王では今のところ変更無し。 キャンペーン 新シリーズ恒例な気がする 購入時にドライバーがもらえるキャンペーンも健在。 今回のキャンペーンは 「超王シリーズ始動ドライバーゲットキャンペーン」。 ラインアップは 「ホールド 赤 」「プレス 黒 」「クロー 金 」「ゼファー 青 」の4種類。 新パーツは無い けど、 新たに始めた人がドライバーによる動きの違いを体験するのに適した収録内容。 今回入手したのはプレス 黒。 機体別紹介と非公式検証系の小ネタの後編に。 すでに一部が一体型の例外が増え過ぎな気もするけれど。 おそらく使用キャラの所属チームごとで共通。 後にディスク部分が一部むき出しのダブルシャーシとかは出てきそう。 どうせならロングLR• ベイロガー付き。 後にロガー無しモデルも発売。 超Zスプリガン、パーフェクトフェニックス、サラマンダーなど• ジャッジメント、ロードなど• を使っているため。 ホールド・ゼファーはダッシュドライバーでもない。

次の

【ベイブレードバースト超王】限定カラードライバーゲットキャンペーン GET情報‼

ベイブレード バースト 超 王

こんにちは、ハムすけ です。 それでは詳細を見ていきましょう!!!! @TOMY 「黄金の龍ファブニルモチーフ。 ベイブレード全体をロックする左回転のスパーキングチップ。 」 重量: 3. 12g 黄金龍モチーフとのことでドラゴンの部分はゴールド塗装が施されています。 GTチップのファブニルは上下に同モチーフのドラゴンがいましたが今回は一頭だけになっておりチップ全体に大きくデザインしています。 リング:ミラージュ @TOMY 「薄型&幅広形状により遠心力が高く持久力に特化したスタミナタイプの両回転ダブルシャーシ。 」 重量: 44. 10g 2種類目のスタミナタイプシャーシで初のダブルシャーシです。 両回転対応! 薄くて幅広で重くさらにメタルも外周部分にかけて広がっているので遠心力を生みやすくなっています。 カラーリングはチップと一緒と書きましたが、おそらく前シリーズで登場したウィザードファブニルのRt ラチェット ディスクとも同じ色かなって思います。 重量は現状1Aに次ぐ重さとなっています! 3角の形状のため、組み方によって3つの山の方向が変わります。 吸収モードでも意外とカウンターをするのでやはり攻撃力が高いなぁと感じます。 ただ、相手がバリバリのスタミナ系だと最後の最後でNt ナッシング が先に止まってしまい負けてしまうような場面もそこそこあり、粘りはそこまで強くない印象です。 単純にスタミナ強化をしたいならEt エターナル とかXt+ エクステンドプラス とかが良いかもしれないですね。 その分吹っ飛ばされやすくなりますが💦 ダブルシャーシなのでダッシュ系ドライバーを使わなくてもほとんどバーストしないのでかなりドライバーの選択肢が広がるベイだと思います。 ハムすけ的にはNt ナッシング よりもAb アブソーブ の方が好きだけど強く打つとどっか飛んでいくからこれはこれで良いのかなって思わなくもない。 いやー、、まじで強い。 それでは良いベイブレードライフを!.

次の