韓国起源主張 海外の反応。 韓国のパクリ一覧!盗作文化が横行する理由・事例5つ・海外の反応も総まとめ

韓国起源説

韓国起源主張 海外の反応

2019年1月21日、日本の防衛省は 昨年12月20日に韓国の海軍駆逐艦から海上自衛隊哨戒機に向けて火器管制用レーダーが照射された問題に関して、 新たな証拠として、 哨戒機が騒動当時に実際に収集したレーダー照射時の探知音を防衛省ホームページ上で公開しました。 2018年12月から続く日韓のレーダー照射問題に新たな展開 まずは、日本と韓国の間で繰り広げられる レーダー照射騒動の概要と経緯を時系列でまとめました。 すぐに「レーダー探知音」に対する海外の反応を閲覧したい方は目次からすぐに各項目へ飛べるようになっていますので、そちらから希望のセクションへ飛ばしてください。 2018年12月20日〜現在までのレーダー照射騒動経緯 まずは簡単に今回の 「 射撃管制用レーダー照射問題」の概要や経緯を順序立てて振り返ります。 2018年12月20日:韓国海軍の駆逐艦が日本の排他的経済水域内に侵入し、日本の海上自衛隊の哨戒機に数分間にわたってレーダーの照射を敢行。 国際法では完全なる威嚇行為とみなされる振る舞いに対して、日本は韓国の艦船に無線でその意図を問い合わせるも応答はナシ• 2018年12月22日:日本の防衛省が韓国側に再発防止を強く求めた抗議の意を発表するも、韓国海軍は「火器管制用レーダーを作動させたことは事実だが、日本の哨戒機を狙う意図は全くなかった」と主張• 2018年12月24日:韓国政府は22日時点で「レーダーを作動させたことは事実」と認めていたものの、一転して、同日に「レーダー照射を行った事実はない」と反論。 これを受けた岩屋防衛大臣は「(韓国の)事実関係の一部に誤認がある」と記者会見で主張し、防衛省名義の文書で「火器管制用レーダー特有の電波を、一定時間継続して複数回照射された」と改めて反論• 2018年12月28日:防衛省は、レーダー照射を受けた海上自衛隊第4航空群所属のP-1哨戒機が実際に撮影した当時の映像を確固たる証拠としてYouTube上に公表• 2019年1月2日:大韓民国国防部は、海自機が駆逐艦に「威嚇的な低空飛行」をしていたことが原因だとして日本へ謝罪を要求• 2019年1月4日:韓国側は、日本側が以前に撮影した映像に字幕やテロップを付け足した加工映像を反論動画として公開。 動画内では「日本の哨戒機がなぜ低空飛行をしたのか説明しなければならない」「韓国海軍は単に人道的な救援活動を正当に行なっていただけ」との主張が展開されている• 2019年1月4日:日本の防衛省は同日中に韓国の公開した反論動画に対するレスポンスとして、防衛省公式ホームページ上に「大韓民国国防部の主張(映像)は、我々の立場とは異なるものである」との見解を表明 2018年12月28日に防衛省は哨戒機が韓国駆逐艦からレーダーの照射を受けたことを示す十分な証拠動画を公開していたのですが、韓国側が断固としてこの事実を認めず、 2019年1月14日の日韓の実務者協議においても日本側の主張が一切認められなかった為、 とうとう日本側は新たな証拠となるレーダー照射の際の探知音を公開するに至りました。 探知音を公表でどのような展開になる? まずは日本の 防衛省がレーダー照射を受けた際のレーダー探知音の公開に踏み切ったことを報じるニュースを引用します。 韓国駆逐艦から海上自衛隊 P1哨戒機が火器管制(FC) レーダー照射を受けた問題で、防衛省は21日、 P1の電子戦の能力が知られかねない探知音の異例の公表に踏み切った。 P1の電波受信能力だけでなく、同じFCレーダーを台湾、タイ、カナダなどが使用しており、同省はオペレーションに影響が出ないよう「ナマの音」を一部加工して、ホームページ(HP)上に公開した。 政府関係者によると、 照射問題の一連の対応は「音の公開」を含め首相官邸主導だったという。 防衛省によると、 2回にわたる 実務者協議で日本側は収集したデータと、韓国駆逐艦の 火器管制レーダーの使用記録などを突き合わせ共同で検証することを提案したが、韓国側は拒否。 同省は「協議継続はもはや困難」と判断。 証拠の切り札の「探知音」まで公表したものの、照射問題をめぐる約1カ月に及ぶ日韓の応酬は、着地点が見えないまま幕引きとなる。 時事通信社より抜粋 また、 防衛省ホームページ上に掲載されたレーダー照射の際の探知音公表を知らせるスクリーンショットが以下です。 レーダー探知音解説 何が決め手? この探知音の音声において最も重要な点は、韓国側が主張してきた「捜索用レーダー」の探知音と、日本側の主張する「火器管制用レーダー」の探知音のハッキリとした音声の違いが如実に示された、ということです。 上に掲載した探知音データを再生していただければ分かりますが、 韓国が主張する捜索用レーダーであれば、その音声は定期的に途切れながら聞こえるはずですが、 防衛省が日本海の能登半島沖で韓国駆逐艦受信したレーダー音は一定期間継続しながら鳴り響くもので、この 連なるような探知音の特徴が哨戒機がレーダー照射を受けていたことを示す決定的な証拠となるんです。 つまり、 火器管制レーダーではなく、単に捜索用レーダーであったと主張していた韓国側の言い分がウソであることをこの探知音公表により立証できたことになります。 では、この決定的とも思える 防衛省によるレーダー照射の「探知音公表」についての海外の反応はどのようなものなのでしょうか。 探知音公表に対する海外の反応やいかに まず、前提として、この記事では レーダー照射問題における証拠音声「探知音」の公表に対する• 韓国人• アメリカ人• イギリス人• 中国人 などの 反応やネットの声を紹介していきますが、SNSにおけるそれぞれの国籍の定義は、 当該国メディアによる公式ツイッターや公式サイトへのリプライ、コメント欄、そして各サイトのフォーラムに書き込まれているものという点で担保しています。 つまり、 英国営放送の『BBC』に寄せられた声は「イギリス人の反応・声」として、また、 アメリカの『ABC』や『FOX』に集まった反応は「アメリカ人の反応・声」、そして 韓国の『聯合ニュース』や『新亜日報』に届く声を「韓国人の反応」と位置付けているということです。 それでは、まずレーダー照射問題における日本の対立国である 韓国・韓国人の「探知音」公表に対する反応と声を紹介します。 「トンデモ韓国」に関する記事はこちら! 「レーダー探知音」に対する韓国の反応 ここでは主に、• 韓国のツイッターユーザー• 「アジアトゥデイ」• 「聯合ニュース」• 「東亜日報」• 「朝鮮日報」 を参考に レーダー探知音公表に対する韓国・韓国人の反応や声を集めています。 この探知音は専門家にしか分からないからなんとも言えないな• 批判したくてたまらない日本側の捏造であるという可能性も否めないだろう• この電波音?の公開でフィニッシュだと思っている日本の政府が笑えるな• あとは世界がこの問題に決着をつけるだけだろ• 戦争までのカウントダウンにしたい?• この探知音がレーダーの照射を受けた時に出る音声だというのは分かったが、韓国の駆逐艦があの時に出した音だという証拠にはなってない• 日本側の得意そうな表情が目に浮かぶが、これはノーダメージだ• ヨーロッパよ、真の正義がどちらにあるかを裁いてくれ• これが本当の音声だとすれば韓国政権は終わりだろうな• 韓国の反論動画は一体どれだけの効力があったのか…? 意味なかったのか? 続いては アメリカ人の反応になります。 「レーダー探知音」に対するアメリカの反応 ここでは主に、• アメリカのツイッターユーザー• 米紙「ワシントンポスト」• 米報道局「ABC」• 米報道局「NBC」• 米紙「USAトゥデイ」 を参考に レーダー探知音公表に対するアメリカ・アメリカ人の反応や声を集めています。 ミリタリーオタクであればこの音声が全てを物語っていることが分かる• 韓国が嘘をついていたことになるのか?• 日本と韓国の喧嘩はどうでも良いが、アメリカの国政ポリシーに悪影響を与えるのだけはやめてくれ• 日本はいつも冷静でファンタスティックな反撃しかしない• 残念ながらこの音声が仮にレーダー照射時の特徴的な探知音だったとして、事件当時に韓国から照射されたものだという証拠にはならないだろう• トランプがこの探知音音声にコメントしてくれるのを待とう• アジア大戦争になったらLGのテレビは買いづらくなる?• 日産のカルロス・ゴーンにとどまらず、日本は多くの外敵と戦っている• 日本側がここまで証拠の提示にこだわるのもレアな現象だ• 実際に聞いた人はいるか? この探知音の解説をしてくれ Sponsored Link 「レーダー探知音」に対する中国の反応 ここでは主に、• 中国版SNSのWeibo(微博 ウェイボー)ユーザー• 「広州日報」• 「北京晩報」 などを参考に レーダー照射の探知音公表に対する中国・中国人の反応や声を集めています。 日本人の怒りもマックスか? それでも韓国は辞めないだろうが• 尖閣諸島沖でのトラブルを思い出す、あの時も最終的に日本の勇敢な軍人が証拠映像を公開した• 日本はいつも静かに怒るから 我々はどこまでやって良いかのモラルが分からなくなる時がある• ここまではっきりとした音声証拠を出した以上、韓国側にできることは限られる• ピッピッピと不定期に鳴る探知音と、ピーーという連続音とでは全く異なるものだ• 今や国家間の戦争もYouTubeで動画を使ったものになるとは• もうここまできたら韓国に謝罪する選択肢はないはず• ヨーロッパはこの騒動では完全に日本の肩を持っているようで、探知音公表はさらなる追い風になるだろうね 「レーダー探知音」に対する英国・イギリスの反応 ここでは主に、• イギリスのツイッターユーザー• 英国営放送「BBC」• 英紙「ガーディアン(The Guardian)」• 英紙「タイムズ(The Times)」• 英紙「インデペンデント(Independence)」 を参考に レーダー照射の探知音公表に対する英国・イギリス人の反応や声を集めています。 日本政府は過激なYouTuberになった• アジアの争いはいよいよ世界を巻き込むことになりそうだ• 最終的に中国の立場が気になるが、この探知音の公開で情勢に変化が生じるはず• レーダーを照射しときながら、捜査用レーダーだったと話す韓国側の態度はおかしなものだろう• どこにいけばこのレーダー音声を聞けるんだ? 本当に決定的なものなのか?• これが最後通告さ 日本が提示した最大級の証拠品になる• 海で銃口を突きつけられた日本側が協議で解決しようとした姿勢は素晴らしい• なぜこの問題が解決しないのかは、韓国が明らかな失態を認めようとしないから• アジアを分断する争いに発展する可能性がある• グローバルな経済成長が韓国をここまで大物な振る舞いにさせた 「レーダー探知音」に対するヨーロッパ諸国・世界の反応 ここでは主に、• ドイツ・フランス・スペインのツイッターユーザー• 独紙「ビルト(Bild)」• いい加減にしろと言いたいが、この探知音だけでは韓国が白旗を上げることはないんじゃないか?• ドイツとフランスも似たようなトラブルを過去に起こしているが、ここまで客観的な証拠を突きつけられたことはない• 海賊時代を思い出させる幼稚な争いだ• この音声証拠をずっと公表せずに協議による平和的な解決を目指していた辺りが日本の弱みと言える• なぜ最初からこの探知音を公表しなかった? やはり軍事機密に関わることだから?• 通常、軍がここまでドメスティックにとどめておくべきデータを公表することは稀である• 韓国政府の冷や汗姿が想像できる• 韓国人の愚かなやり口はもはやゲームオーバー 世界は我慢の限界だろう• 野蛮な部族によるケンカを対岸から見ているのは気持ちの良いもの レーダー照射騒動における防衛省の探知音公表に対する韓国人の反応、そしてアメリカや中国、ヨーロッパを含む海外の反応は以上になります。 まぁ、日本側としても軍事機密に関わるレーダーの探知音音声の公開は避けたかったでしょうが、 一向に韓国側が一つ目の証拠映像で事実を認めようとしなかった為に、「探知音」を公開せざるを得なかったというのが本音かもしれません。 一体いつになればこのレーダー照射問題が本当に解決の日を迎えるのでしょうか… やはり 日本の最後の望みは海外の反応をベースとした国際世論ということになるんですかね。

次の

韓国人「寿司を発明したのは韓国だ!」日本人「これが寿司の起源だろ!」海外の反応

韓国起源主張 海外の反応

大韓剣道会会長のイ・ジョンニム氏が剣道に関する発言を行い物議を醸している。 同会長は「剣道の起源は韓国だ」と発言。 曰く剣道は日本が近代化させたものだが、そのルーツは激剣というもの。 激剣について調べてみると「刀剣・木刀・竹刀 しない で相手をうち、自分を守る武術。 剣術」と出てくる。 剣道という言葉が出来る前に、竹刀を使った打ち合い稽古のことを指すようだ。 剣道の起源はこの激剣なのは確かなようだ。 しかしこの激剣が韓国語だと主張するのである。 激剣は日本でも使われていた言葉。 また韓国では剣道は「クムド(コムド)」として親しまれている。 テコンドーのようにオリンピック正式競技にするようにねじ込むのを目的としていそうである。 実際に空手はオリンピック正式競技ではなく、テコンドーが正式競技になってしまっている。 鉄の発見とともに鉄製の剣が作られるようになり、それと共に鉄製の剣を使っての戦いが始まりました。 剣の形態やその操法も、幾多の戦いの中で時の流れと共に、変化していきました。 そもそも、各地域にある文化とは、人類の移動、交流とともにお互いに影響しあい、発展をとげていったものです。 そして次第に人種、国境を超えた世界人類の文化となっていくものです。 そのような過程を考えると、ある時代の中ででき上がった一つの文化を取り上げて、その起源を論じ、その発祥の地を特定の国だけにはめこむことは、所詮無理なことであり、余り意味のあることではないと考えています。 これは剣道についても同様です。 剣を扱う技術は世界の各地で生まれ、確立されてきました。 しかし、その中で、われわれが行っている剣道とは、「剣道の歴史」にも記されているような、日本で育った歴史的背景をもった剣道を指しています。

次の

これがウリナラファンタジーだ!韓国起源説 侍,日本刀,忍者,寿司,神社,桜 日本文化は全て韓国が起源である 海外の反応

韓国起源主張 海外の反応

動画の音声がうるさく再生速度が早いため動画を再生するときはミュートして動画を止めながら文章を読んでください。 動画では再生速度が速く日本語訳は小さく見ずらいので以下に抜粋しました。 韓国起源説 韓国の個人・団体などが、 他国の文化などの起源・伝播を朝鮮半島に求める、 根拠不十分で非合理な言説群の俗称。 侍 2009年6月17日、毎日新聞 韓国 で 慶一大学総長の李南教 イ・ナムギョ が、「侍の起源は、二言なく韓国のサウラビ 戦う親父 である」」 と主張した。 彼はまたその新聞で 「ありがとう」は古代朝鮮語に由来するなど数々の説をコラムにして掲載した。 侍というのは、律令制が崩壊した10世紀以降に、新式の武芸を身につけて 領地経営者や軍事専門家として活躍し始めた軍事貴族や下級役人等が発祥であり、 12世紀以降に幕府という軍事政権を開いて封建制により日本を支配した戦士階級の 「武士」のことであり、日本語の動詞「サブラフ」が語源である。 一方、朝鮮半島には 封建制は存在せず、律令官制の中で訓練を受けた常勤の役人の「武官」や「武人」はいても、侍のような「武士」は存在せず、侍は明確に日本社会でのみ発生したものである。 日本刀 韓国系移民が運営する世界各地の武術道場などで韓国古来の剣として使用されている。 また、刀剣職人のホン・ソッキョンらが、 「日本刀はまさにこの技術を我が国から盗み出して伝承されている」 「元々、我が国の伝統刀剣製作技術は世界的なものであり、 刀剣技術者を無差別に捕えて連れ行ったことはよく知られた事実だ」 などと主張。 韓国で伝統的に使われた剣は、鉄鉱石から鋳造で作った、両刃の直剣か「環刀」と呼ばれる片刃の直刀で、製造方法や形状が日本刀とは違う。 韓国で大々的に 日本刀のような形をした刀が使われるようになったのは、17世紀以降のことであり、当初は日本刀を輸入して模倣したものを「倭刀」と呼んでいた。 それ以降 朝鮮半島で作られた刀もやはり日本刀とは製造方法が違う。 また豊臣秀吉による 朝鮮出兵時に多数の陶工が日本に連行された記録はあるが、「朝鮮人刀工の無差別連行」を行った記録は時代を問わず存在しない。 忍者 韓流ファンのフランスの若者が組織し、 韓国文化を国際的に紹介する「Korean Connection 2011」が、 「忍術は4世紀に朝鮮半島から日本に導入された韓国起源の武術」と主張し、忍術をパリで公演している。 このような韓国起源説は、各種メディアに登場する、 派手な武術を使ったり、忍法で変身したりする、 空想上の「忍者」を思い描いて自説を主張しており、 実在した忍者に対する基本的な認識が間違っている。 また日本で忍者の原型のような存在が確認されているのは 平安末期 11世紀後期 でかなりの時差がありこれも信憑性が薄い。 寿司・刺身 ロサンゼルスのコリアタウンで寿司屋を経営しているキム料理長が 「スシとサシミは元来、中国と韓国に由来するもので、 日本にはスシが自分たちの食文化だと「主張する権利が無い」 「日本は第二次大戦以後にスシを食べ始めたが、 韓国と中国は数千年間、スシとサシミを作ってきた」と主張した。 寿司として世界中で知られる一般的な握り寿司の初出は、 19世紀初頭の華屋與兵衛が創作した江戸前寿司とされる。 酢飯を使った寿司の起源は必ずしも明確ではないが、 少なくとも17世紀には存在したことが確かめられており、刺身の起源は14世紀までさかのぼることができる。 神社 世界日報と中央日報が、 「日本の神社が古代朝鮮半島の直接的影響を受けて作られ、日本人は今も韓国の神を祭っている」「日本の神社の多くが韓国起源」と主張。 高麗神社や飛鳥戸神社といった渡来人を祭っている神社を根拠に神社そのものが朝鮮半島起源であると拡大解釈している。 桜 毎年桜の季節になると 韓国三大紙や聯合ニュースといった主要メディアも取り上げる。 政府系の韓国文化庁や韓国国立山林科学院も ソメイヨシノは済州島が起源であると主張している。 2009年以降、ソメイヨシノ済州島起源説の主な根拠となっている理由は、2009年4月6日に聯合ニュースが記事にした 韓国国立山林科学院暖帯山林研究所のキム・チャンス博士の研究である。 記事によるとキム・チャンスは2009年にワシントンD. Cを2度訪問し、 ポトマック川川辺の桜の標本を採取して遺伝子分析を数回行ったところ、ポトマック川の桜と王桜 韓国の固有種 が同じであると確認されたという。 キム・チャンスは、 日帝強制支配期に日本人が済州島の王桜を改良、のちに大量増殖し、それを3000株アメリカに贈ったものがポトマック川川辺のサクラだと主張している。 日本では少なくとも数百万年前から自生しているとされ、ソメイヨシノの片親とされるオオシマザクラは 小笠原諸島付近を原産地とする日本固有種である。 米国農務省は2007年に ワシントンD. ポトマック川川辺のソメイヨシノのDNA鑑定を行ったが、済州島の王桜と別種であると結論づけている。 そもそも済州島の王桜が発見されたのは1908年4月15日である。 1912年になってドイツベルリン大学ケーネ博士によって最初に同定された。 ところが東京市市長だった尾崎行雄が アメリカのワシントンD. Cに12種類計3020本の桜を贈ったのは、1912年3月のことである。 この時系列において日本が品種改良をしたという主張は出鱈目であると言わざるを得ない。 そのほかの著名人が主張またはメディアが報道した韓国起源説 朝鮮は古来から中国の属国でありました。 また彼らは中国の属国であったが故に、 自らを中華の一部と見做して「劣等な周辺諸国」に対して 優越していると信じる「小中華思想」を長く持っていました。 しかしながら、その時代のあと、 彼らの思想の上では劣等であるはずの 日本に併合、近代化され、大量の日本文化が流れ込み、彼らは劣等感と 反日感情を抱いてゆきました。 1863年の江戸 1893年のソウル 彼らは第二次世界大戦後独立しましたが、 国民国家形成と国際的な認知を得るために必要な 自民族の歴史と文化に基づくアイデンティティの不足に直面しました。 そこで、既に世界的に認知度の高い 日本文化や中国文化などを韓国起源と剽窃することで、国家アイデンティティの形成、海外からの認知向上、自国を併合地化した上に、長年大国として君臨してきた日本に対する劣等感の克服を同時に、容易に果たそうとしていると考えられています。 また、これらの捏造や都合のよい解釈は、 学校教育で公然と教えられているため、彼らは事実を知りません。 彼らの誤った主張には 耳を傾けないようにしましょう。 韓国はタイのキックボクシング「キョットギ」は自分たちに起源があると主張しようとしている。 そうかな? サムソンがアイフォンをコピーしているように韓国には気分が悪い思いをさせられる。 それは変わらない。 韓国が謙虚であるなら、我々も良くあつかう。 私が学校で学んだ通りなら、最初のインカの王は、マン・コク・パクではなく、マンコ・カパックだった。 しかし、真剣に言うなら、韓国人は、(世界中の起源が自分たちである)という考え方を習得したのは恐らく、1950年代にアメリカ合衆国が兵を置くまで、彼らが政治的に依存しているという立場に結びついている。 それ以来、アメリカ合衆国の助けで、韓国はずっと力を持つようになった。 今や彼らは傲慢で、このビデオはその事を示している。 韓国は中国の最も高い階層の弟子だった。 中国の後ろを追っているから。 韓国は中国文化に心酔し、韓国の文化を創造しなかった。 我々中国人は、他人が我々にに到達することを決して要求しない。 これは今日の朝鮮半島と、宇宙船の乗組員すべてが飛ぶ塵のようなもので、世界の異なる場所へ飛んでいくことを示す。 人類みんなが韓国系火星人なんだよ。 韓国人は6歳の子供の排せつ物は身体によいと考えている。 そして彼らお酒にも排せつ物を入れる。 他国ではどこでも飲み物や食べ物に排せつ物を使わない。 韓国人だけが食べ物に排せつ物を使う。 日本が韓国を併合する前、ソウルは通りが排せつ物でいっぱいだった。 非常に汚い街だった。 英国人の女性イザベラ・バードは、1900年代の韓国での日記に記している。 そして、彼らは桜の花を日本の植民地支配の時代を思い出させるから憎んだものだった。 しかし、寿司が世界中に広まると、韓国人は寿司は韓国に起源をもつと主張した。 そして、桜が日本の国花だと世界に認知されると、韓国人は桜は韓国に起原をもつと主張した。 彼らが他国の文化を妬むと、彼らは盗もうとし、「それは韓国に起原をもつ」と不平を言う。 韓国人はあなたの独自のエコシステムを持っている。 韓国人は犬を家で飼い、犬を外で食べる。 良いエコシステムだ。 そして他国の文化を盗むのも良いエコシステムだ。 韓国は歴史を通じて、他国(中国と日本)に支配され、あらゆるプライドを失った。 しかし文化を盗むことで生き残ってきた。 しかし、5000年の歴史があるというが、たいしたことではない。 韓国人を除いて誰も、やりすぎではないとは思ってない。 さもなければ、日本と中国が再び激しくパンチをくらわすだろう。 彼らの話は大きすぎて信じられない。 彼らは真剣だ。 しかし外国人から見たら、彼らは下手なコメディアンだ。 韓国人の「民族」を輝かしいものにするために。 日本と韓国はライバルじゃないのか? 韓国の人々がフィリピンをライバルとみなしているのか? 同じことだ。 さもなければ、韓国はいつも日本にはるかに後れをとることになるだろう。 我々は誠実にそれを認め、そこから学んだ。 そして、ついに、我々は強い国になった。 他国から盗むのでなく、偉大な国から学ぶことにより、大国となることができる。 youtube. 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の