りゅう ち ぇ る ひげ。 りゅうのひげ|ファイナルファンタジー5/FF5 完全攻略(GBA/iOS/Android版対応)

龍のひげ飴

りゅう ち ぇ る ひげ

名称 [ ] 和名 ジャノヒゲは、一説にはジョウノヒゲが転訛して、ジャノヒゲになったと考えられている。 日本での古名は「やますげ」の名でに成立した『』の歌なかでも詠まれている。 ただし、「やますげ」は同じのであるとする説もある。 の代表的な方言集『』では、麦門冬をで「蛇のひげ」と言うとする記述が見られ 、『本草綱目啓蒙』でも、で「ジャノヒゲ」と称すると書かれており、さらに『』にも「ジャノヒゲ」の名称が挙げられている。 『古典の植物を探る』(八坂書房)の著者である細見末雄や、『植物和名の語源探求』(同)の著者の深津正による説では、「ジャノヒゲは蛇の鬚ではではない」と説明している。 分布・生育地 [ ] ではからまで 、からのに広く分布する。 の林縁や林内、の樹木下、に自生する。 また、人家でされる。 形態・生態 [ ] 常緑の多年生。 草丈は7 - 15 cm で 、多数のを叢生したときに大株になる。 は多数のひげ根が生える。 葉は地際から生え、線形で細長く、長さ10 - 20 cmほどで、幅は2 - 3 mm ぐらいになる。 を伸ばして増殖する。 (7 - 8月)に、葉の間から高さ7 - 18 cmほどのを出し、花茎の上にややまばらなを形成し、淡紫色あるいは白色の小さいを数個つける。 花茎の先が曲がって、花が下向きに咲き、花径は7 - 8 mm 、は楕円形 、はを1個含む。 は球形で、成熟前に子房から露出し、深い青色に熟す。 鎮咳・強壮などに用いる。 に収録のであり、ジャノヒゲの塊根を小葉麦門冬(しょうようばくもんとう)、の塊根を大葉麦門冬といって区別することがある。 麦門冬は、(ばくもんどうとう)、(せいはいとう)などのに使われる。 5月下旬から6月に株を掘り上げて、塊根部を採取して水洗いし、乾燥を早めるため湯通しをして天日乾燥させる。 塊根の中心を取り出したものは良品とされる。 民間では、、、、を目的に、麦門冬6 - 10を水400 でとろ火で半量になるまで煎じ、温かいうちに1日3回服用する用法が知られている。 食用 [ ] はなどでは食用とされ、ゆがいてから更に(油揚げ)などと一緒に煮て食べる。 文化 [ ]• 青紫の果実は「龍の玉」と呼ばれ冬の。 蛇の髯の實の瑠璃なるへ旅の尿(いばり)(」『来し方行方』所収)• は「変わらぬ想い」「不変の心」。 近縁種 [ ] よく似ている近縁種に、葉の長さ幅ともに2倍ほど大きい同属の( )があるほか、花が上向きに咲き、黒い実がなる同科ヤブラン属の( )がある。 ジャノヒゲの特徴は、葉が細長く、花が下向きで、花後に青い種子をつけることから識別できる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 尾張で称されていた古名「ジャノヒゲ」は、のの別名とする解説もある。 また、刊『週間百科 植物の世界』112号では、「和名は葉の形に由来するといわれているが、ヘビには髭がない。 」とし、ジャノヒゲの語源に著者が疑問を懐いていることがうかがい知られると深津は解説している。 同じジャノヒゲ科の植物のうち、ノシランはジャノヒゲ及びチャボリュウノヒゲに劣るものの多少の耐性を持ち、オオバジャノヒゲ(及びヤブラン)の耐性はそれら3つよりかなり劣るという実験結果がある(参考:)。 なお、長期間冠水したジャノヒゲの根には、が冠水した時にできるのと同様の、葉茎部でにより産生した酸素を根に送るための通気組織が観察されている(参考:)。 ただし、一般的な園芸店店頭などに置いてあるグランドカバー向けのジャノヒゲ等は農薬での防除処理が行われている可能性があり、また通常、浸水・冠水状態に慣れていない。 出典 [ ]• GRIN. ARS , USDA. 2012年8月15日閲覧。 286. , p. 287. 872• 111. , p. 122. , pp. 276, 285. , pp. 229 - 230. 208. 227. 和漢医薬学総合研究所. 伝統医薬データベース. 2012年8月15日閲覧。 , p. 参考文献 [ ]• 監修 主婦の友社編『野に咲く花便利帳』、2016年11月10日。 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、208 - 209頁。 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著『花と葉で見わける野草』、2010年4月10日、227頁。 主婦と生活社編『野山で見つける草花ガイド』、2007年5月1日、111頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、64頁。 深津正『植物和名の語源探究』、2000年4月25日。 関連項目 [ ] で 「 ジャノヒゲ」に関する情報が検索できます。 コモンズで() ウィキデータの ウィキスピーシーズの• 外部リンク [ ]• 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2012年12月14日閲覧。 2012年12月14日閲覧。 (英語)• NCBI 英語. (英語)• - (英語)• 植物雑学事典. 生物地球学部. 2012年12月14日閲覧。

次の

“殿様の大好物”が絶滅寸前から復活! 幻の食材「りゅうのひげ」とは?【新潟発】

りゅう ち ぇ る ひげ

名称 [ ] 和名 ジャノヒゲは、一説にはジョウノヒゲが転訛して、ジャノヒゲになったと考えられている。 日本での古名は「やますげ」の名でに成立した『』の歌なかでも詠まれている。 ただし、「やますげ」は同じのであるとする説もある。 の代表的な方言集『』では、麦門冬をで「蛇のひげ」と言うとする記述が見られ 、『本草綱目啓蒙』でも、で「ジャノヒゲ」と称すると書かれており、さらに『』にも「ジャノヒゲ」の名称が挙げられている。 『古典の植物を探る』(八坂書房)の著者である細見末雄や、『植物和名の語源探求』(同)の著者の深津正による説では、「ジャノヒゲは蛇の鬚ではではない」と説明している。 分布・生育地 [ ] ではからまで 、からのに広く分布する。 の林縁や林内、の樹木下、に自生する。 また、人家でされる。 形態・生態 [ ] 常緑の多年生。 草丈は7 - 15 cm で 、多数のを叢生したときに大株になる。 は多数のひげ根が生える。 葉は地際から生え、線形で細長く、長さ10 - 20 cmほどで、幅は2 - 3 mm ぐらいになる。 を伸ばして増殖する。 (7 - 8月)に、葉の間から高さ7 - 18 cmほどのを出し、花茎の上にややまばらなを形成し、淡紫色あるいは白色の小さいを数個つける。 花茎の先が曲がって、花が下向きに咲き、花径は7 - 8 mm 、は楕円形 、はを1個含む。 は球形で、成熟前に子房から露出し、深い青色に熟す。 鎮咳・強壮などに用いる。 に収録のであり、ジャノヒゲの塊根を小葉麦門冬(しょうようばくもんとう)、の塊根を大葉麦門冬といって区別することがある。 麦門冬は、(ばくもんどうとう)、(せいはいとう)などのに使われる。 5月下旬から6月に株を掘り上げて、塊根部を採取して水洗いし、乾燥を早めるため湯通しをして天日乾燥させる。 塊根の中心を取り出したものは良品とされる。 民間では、、、、を目的に、麦門冬6 - 10を水400 でとろ火で半量になるまで煎じ、温かいうちに1日3回服用する用法が知られている。 食用 [ ] はなどでは食用とされ、ゆがいてから更に(油揚げ)などと一緒に煮て食べる。 文化 [ ]• 青紫の果実は「龍の玉」と呼ばれ冬の。 蛇の髯の實の瑠璃なるへ旅の尿(いばり)(」『来し方行方』所収)• は「変わらぬ想い」「不変の心」。 近縁種 [ ] よく似ている近縁種に、葉の長さ幅ともに2倍ほど大きい同属の( )があるほか、花が上向きに咲き、黒い実がなる同科ヤブラン属の( )がある。 ジャノヒゲの特徴は、葉が細長く、花が下向きで、花後に青い種子をつけることから識別できる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 尾張で称されていた古名「ジャノヒゲ」は、のの別名とする解説もある。 また、刊『週間百科 植物の世界』112号では、「和名は葉の形に由来するといわれているが、ヘビには髭がない。 」とし、ジャノヒゲの語源に著者が疑問を懐いていることがうかがい知られると深津は解説している。 同じジャノヒゲ科の植物のうち、ノシランはジャノヒゲ及びチャボリュウノヒゲに劣るものの多少の耐性を持ち、オオバジャノヒゲ(及びヤブラン)の耐性はそれら3つよりかなり劣るという実験結果がある(参考:)。 なお、長期間冠水したジャノヒゲの根には、が冠水した時にできるのと同様の、葉茎部でにより産生した酸素を根に送るための通気組織が観察されている(参考:)。 ただし、一般的な園芸店店頭などに置いてあるグランドカバー向けのジャノヒゲ等は農薬での防除処理が行われている可能性があり、また通常、浸水・冠水状態に慣れていない。 出典 [ ]• GRIN. ARS , USDA. 2012年8月15日閲覧。 286. , p. 287. 872• 111. , p. 122. , pp. 276, 285. , pp. 229 - 230. 208. 227. 和漢医薬学総合研究所. 伝統医薬データベース. 2012年8月15日閲覧。 , p. 参考文献 [ ]• 監修 主婦の友社編『野に咲く花便利帳』、2016年11月10日。 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、208 - 209頁。 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著『花と葉で見わける野草』、2010年4月10日、227頁。 主婦と生活社編『野山で見つける草花ガイド』、2007年5月1日、111頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、64頁。 深津正『植物和名の語源探究』、2000年4月25日。 関連項目 [ ] で 「 ジャノヒゲ」に関する情報が検索できます。 コモンズで() ウィキデータの ウィキスピーシーズの• 外部リンク [ ]• 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2012年12月14日閲覧。 2012年12月14日閲覧。 (英語)• NCBI 英語. (英語)• - (英語)• 植物雑学事典. 生物地球学部. 2012年12月14日閲覧。

次の

龍のひげ飴

りゅう ち ぇ る ひげ

概要 [ ] 龍のひげ飴は外側がに似た独特な形状をしており、口に入れたときにサクサクという食感が特徴の菓子の一種である。 材料は外側の繭状の部分は麦芽糖()とにやを粉にしたものを混ぜ合わせたもので、繭に包まれた中身には、、が小さく砕かれたものが入っている。 店によっては、、、を混ぜることもある。 もともとは地方の特産品であり、のの時代により広められたという説と後述ののの時代に広められたという説が民間に伝わっている。 水分がほぼ無いためとても日持ちがよく約1ヶ月たっても味は変わらないのでお土産に人気である。 調理手順 [ ] 基本的には、素手での麺を引き伸ばす要領で、練り上げた水飴の塊を細く引き伸ばしてゴマ等に巻き付けていく。 では、この作業は屋台や店頭で客が見ている前で行われていて、通行人も思わず足を止めてしまうほどの名人芸である。 あらかじめ水飴を塊状に成形しておく。 塊の中央に穴をあけて、コーンスターチの中で引き伸ばしていく。 粉をまぶしながら8の字になるようにひねりを加えて引き伸ばす作業を繰り返すと、細くなるにつれて柔らかい感触になってくる。 引き伸ばされて白くなった糸状の飴をいくつかの塊に切り取っておく。 ピーナッツやゴマ、ココナッツで作った芯に3の飴を巻きつけて完成。 種類 [ ] 伝統的なお菓子なだけに多様なフレーバーの龍鬚糖が作られているが、近年でもポピュラーなものを並べる。 冰脆龍鬚糖(冰脆龍鬚糖):もっとも伝統的なスタイル。 白ゴマとピーナッツ味。 黒ゴマ龍鬚糖(黑芝麻龍鬚糖):黒ゴマが加わり、さらにゴマの味と香りが強くなる。 アーモンド龍鬚糖(杏仁龍鬚糖):アーモンド入り。 口に入れるとふくよかな香りが広がる。 ポッピングキャンディ龍鬚糖(爆炸龍鬚糖):芯の部分にが入り、口の中に入れた時の食感がさらに独特に。 海苔ワサビ龍鬚糖(紫菜青芥味龍鬚糖):のピリっとした感覚が噛み締めるたびに広がる。 ピリ辛龍鬚糖(辛辣味龍鬚糖):口にした直後は辛さを感じないが、後からだんだん辛くなってくる。 名前の由来 [ ] あるときのが文武百官を宴席に招きをふるまうことにした。 それを宮廷料理人に命じた皇帝が調理場をのぞいてみると、まさにこの菓子を作っているときで、料理人の手中で糸状になった雪白の砂糖が風に舞うのごとく引き伸ばされており、その繊細な様がまるで吉祥を告げる龍の鬚に思えたので、皇帝は顔に菓子を張り付けて「龍になった」とたいそう喜び、皇妃から女官や臣下に到るまで大いにふるまった。 以来、この飴菓子の美しい名前はの境を越えて中国全土に広まったという。 関連項目 [ ]• - トルコのを中心に食される類似の菓子。 脚注 [ ].

次の