山形 県 の コロナ。 山形)避難所のコロナ対策、悩む自治体 県は指針作成 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナウイルス感染症について — 山形市役所

山形 県 の コロナ

舟形町新型コロナウイルス感染症対策本部より、お知らせいたします。 保育所の対応について ・発熱、倦怠感等、体調不良の場合は、自宅で休養し、医師の診断を受けてください。 放課後児童クラブの対応について ・発熱、倦怠感等、体調不良の場合は、利用を控えてください。 感染が確認されている地域への移動について ・感染が確認されている地域への移動は慎重にお願いします。 ・訪問先でも「三つの密」を避けるなど、感染防止に十分留意しましょう。 町内会等が主催する集会等について ・感染拡大防止の観点から、地域や企業に対して行事等の開催の必要性を改めて検討するよう国から要請されています。 ・今後、町内の各種団体が主催する行事等については開催の必要性を検討し判断していただきますようお願いいたします。 町主催の行事・イベント関係について ・町主催の行事・イベントは、原則、延期又は中止といたします。 ・ 中小企業に関する情報 全国的な自粛等により事業者への影響が大きくなっています。 国の支援策について以下リンクをご覧下さい。 また、町の対応については国に準じる形で対応していきます。 皆さまの善意を幅広い支援に活かしてまいりますので、温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。 詳細は、募集チラシをご覧ください。 閉鎖した空間や近距離での大人数の会話等には注意が必要です。 このような症状のある方は、まず「新型コロナ受診相談センター」にご相談ください 山形県と山形市の保健所に「新型コロナ受診相談センター」を設置しています。 jp 厚生労働省ホームページ ・(総合) ・(一般の方向け) ・(医療機関・検査機関の方向け) ・(企業の方向け) ・(企業の方向け) 山形県庁ホームページ ・ その他事業所のお知らせについて ・(リサイクルプラザもがみ).

次の

新型コロナウイルス感染症に関連するポータルサイト — 山形県ホームページ

山形 県 の コロナ

山形県は26日、政府が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を全国で解除したことなどを受け、新しい対応方針を決めた。 県境を越えた移動の自粛要請は今月いっぱいで解除し、今後の感染拡大防止策については、感染状況に応じた「注意・警戒レベル」と対応例を設定し、これを基準にしていくことを決めた。 新方針は同日、県庁で開かれた危機対策本部員会議で決まった。 他県との往来自粛については5月末で解除。 ただし、最後まで国の緊急事態宣言の対象となっていた5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)への不要不急の移動は、6月18日まで慎重にするよう求める。 吉村美栄子知事は「できれば控えてほしいという意味だ」と説明した。 6月18日までは屋内が100人、屋外は200人まで。 6月19日~7月9日はともに1千人、7月10日~31日は5千人までとした。 また、県は新たに県内の新規感染者数など感染状況を目安にした4段階の「注意・警戒レベル」を設定。 吉村知事は「第2波の感染拡大があっても乗り越えるためにシミュレーションしておき、県民が共通認識を持つための判断基準を示した」と説明した。 直近の7日間で新規感染者10人以上、感染経路不明者2人以上となった場合は「レベル4(非常事態)」に相当。 対応として、県内の事業者への営業自粛要請などが挙がる。 対象業種などは「その時点の状況などを踏まえて決めることになる」とした。 (三宅範和).

次の

新型コロナウィルス感染症対策:やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト

山形 県 の コロナ

山形県は26日、政府が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を全国で解除したことなどを受け、新しい対応方針を決めた。 県境を越えた移動の自粛要請は今月いっぱいで解除し、今後の感染拡大防止策については、感染状況に応じた「注意・警戒レベル」と対応例を設定し、これを基準にしていくことを決めた。 新方針は同日、県庁で開かれた危機対策本部員会議で決まった。 他県との往来自粛については5月末で解除。 ただし、最後まで国の緊急事態宣言の対象となっていた5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)への不要不急の移動は、6月18日まで慎重にするよう求める。 吉村美栄子知事は「できれば控えてほしいという意味だ」と説明した。 6月18日までは屋内が100人、屋外は200人まで。 6月19日~7月9日はともに1千人、7月10日~31日は5千人までとした。 また、県は新たに県内の新規感染者数など感染状況を目安にした4段階の「注意・警戒レベル」を設定。 吉村知事は「第2波の感染拡大があっても乗り越えるためにシミュレーションしておき、県民が共通認識を持つための判断基準を示した」と説明した。 直近の7日間で新規感染者10人以上、感染経路不明者2人以上となった場合は「レベル4(非常事態)」に相当。 対応として、県内の事業者への営業自粛要請などが挙がる。 対象業種などは「その時点の状況などを踏まえて決めることになる」とした。 (三宅範和).

次の