エクセル 0 表示 させない。 エクセルの0(ゼロ値)を非表示・印刷しないようにする方法

【Excel】0から始まる数値をエクセルに入力すると勝手に0が消されてしまう……3つのテクで解決!

エクセル 0 表示 させない

Index• はじめに この記事で紹介している方法を使うことで、このような悩みを解決できます。 や VALUE! が表示されて見栄えが悪い• かと言ってセル内の数式は残して置きたい• 条件付き書式などの書式設定は使いたくない 古いエクセル2003以前の書き方 Excel2003以前の古いバージョンでは、 IFERROR 関数が使えませんので、 IFと ISERRORを組み合わせてエラーの対応を行います。 基本的な構文は下記のようになります。 いくつかサンプルを用意しました。 エクセルのバージョンが2007以降の場合はIFERRORを使いましょう。 新しいエクセル2007以降の書き方 Excel2007以降の新しいバージョンでは、 IFERROR関数が使えますので、 IFと ISERRORを組み合わせるよりも短くスマートに記述することができます。 基本的な構文は下記のようになります。 同じようにサンプルを用意しました。 や VALUE! とおさらばです。 エラー文字一覧 エラー文字が表示される理由をまとめましたので、元の数式が間違ってしまっている場合は、そちらを修正しましょう。 関数名が不正 NULL! 該当する値がない NUM! 値が不正 REF! 無効なセルを参照している 最後に一言だけ言わせてもらうと、 エラー文字の表示を消してしまうと、数式が間違えていても気づけないので注意しましょう。 ですので、なぜエラー文字が表示されるのか理由を理解してから、エラー文字を表示にする対応をしましょう。

次の

エクセル上級者直伝!状況別「0を表示しない」簡単な方法と裏技テクニック

エクセル 0 表示 させない

表示形式を使用してゼロを非表示にする方法 一部分だけ表示したくない場合は、こちらがお勧めです。 するとゼロが表示されなくなります。 どちらが良いの?と思いますね。 単純にゼロ表示したくないのであれば、「 」だけで良いでしょう。 「 」は数字は表示するが、ゼロは表示しないという表示形式です。 「0;-0;; 」と「 ;- ;; 」は、ゼロ表示に加えて 他の表示形式の設定も加えたい場合に便利です。 今回の場合は、正負はそのまま表示して、ゼロは空欄、文字列はそのまま表示という意味になります。 さらに形式を追加することで、データタイプに応じて様々な表示形式が可能になります。 興味のある方は、をご覧ください。 条件付き書式でゼロを非表示にする方法 条件付き書式の機能を使用し、その場所がゼロだったら、 文字の色を白くする方法です。 表示された画面の[次の値に等しいセルを書式設定]の場所に 「0」を入力して、右側の場所を押して、 一番下の [ユーザー設定の書式]を選びます。 表示された[セルの書式設定]画面で、 [色]の場所をクリックして、 左上の [白]を選びましょう。 これで ゼロの場所の文字が白くなるので見えなくなります。 関数でゼロを非表示にする方法 IF関数を使用して、数式結果の ゼロを空欄にする方法です。 例えば下の表の「F5」のゼロを空欄にしたい場合でやってみます。 後で数式をコピーすることを考え、1番上の「F3」の数式を修正します。 数式はIF関数を使用して、下のような式になります。 下の[関数の引数]画面を見た方が分かり易いかもしれませんね。 式を修正したら オートフィル機能を使用して下にコピー。 「F5」が空欄になりました。 これまでの説明の方法と違い、 ゼロが空欄に変更されてしまうので注意が必要です。 IF関数の説明が必要な方はをご覧ください。 まとめ それぞれの方法には特徴があります。 全ての場所のゼロを見えなくしたり、色を白くしてみたり、ゼロの値を空欄に置き換えてみたり・・・。 どの方法がその時の表に一番適しているかを考える必要がありますね。

次の

ゼロ値を表示しない/表示する:エクセル2010基本講座

エクセル 0 表示 させない

セルの書式設定 0を消したいセルをクリック。 数式バーに計算式入ってるでしょう。 計算式入れたままで、0を消していくからね。 セルの書式設定を表示させます。 上にあるメニューバーから、ホームをクリックしてフォントの右角の印をクリック。 マウスを右クリックしても出てくるよ。 右クリックして出てきた中から、セルの書式設定をクリックでもOKだよ。 表示形式 書式設定の上のシートから、表示形式をクリック。 分類-ユーザー定義 左側の分類からユーザー定義をクリック。 種類 右側の種類の下の中から0を探してクリック。 見つからなかったら、右側のスライドバーでスライドさせて見つけてね。 0を表示させないように設定する 0を表示させないように設定していくよ。 種類の文字のすぐしたも0になってるでしょう。 ここに入力していくよ。 0の後ろにセミコロンを2つ入れてね。 0;; 出来たらOK押してね。 エクセルに戻ると、0は消えてるでしょう。 知らないときは、計算式消したりしてたけど いちいち面倒だし、間違えの元だからね。 これって、リンク貼り付けする時にも使えるよ。 リンク元に何も入れてなくても、この方法をしておけば リンク先も0の表示はなくなるよ。

次の