カイリュウ 対策。 「カイタイ~カイリュウ」社会科用語集

【ポケモンGO】カイリューのおすすめ技と最大CP&弱点

カイリュウ 対策

244 なし カイリューの詳細評価 全体的に高い種族値 カイリューは全ての種族値がバランスよく高い。 そのため、CPも全ポケモン中でトップクラスの数値となっている。 ステータスの高さでゴリ押すことができるポケモンだ。 汎用性の高いドラゴンタイプ カイリューはドラゴンタイプを持っている。 弱点が少なく、軽減されるタイプも少ない。 ほとんどのポケモンと互角以上に闘えるので、使える場面が多く、汎用性が高い。 こおりタイプには注意 ほとんどのタイプと闘えるポケモンだが、こおりタイプだけは苦手。 こおりタイプの技だと2重弱点を突かれてしまうので、大ダメージを受けてしまう。 DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 132 48. 89 2. 7 1. 2 150 39. 47 3. 8 3. 3 132 33. 85 3. 9 2. 5 60 35. 29 1. 7 1. 00 0. 7 0. 00 3. 6 2. 00 3. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 132 2. 03 65 - 150 1. 88 80 - 132 2. 20 60 - 60 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 カイリューの対策ポケモン.

次の

【カバルカイリュー】ポケモンの有名な組み合わせと対策方法【カバルドン・ルカリオ・カイリュー・ポケモンoras】

カイリュウ 対策

みみみだとアバカンが連切りしやすいがほかの即時回復で回復力を優先するのもアリ。 ただしアバカンでHAの効果が切れることに注意。 味方に高火力なガンナーなどがいると心強い。 手持ちからレベルの高い物を選択しよう。 07倍にする。 強化される種類が多く、さまざまなカードを組み込みやすくなる代わりに、強化倍率がやや控えめとなっている。 1倍強化される。 ためている状態に制限時間はなく、カードを使用するか倒されない限り解除されない。 2倍)。 素の攻撃力が0. 05低い分忠臣、リュウに劣る。 4位セイバーオルタ。 素の攻撃力は1. 45と高いが近距離攻撃力に関連するアビリティがない。 リュウは2位という結果になった。 威力以外にも発動速度や体力などさまざまな条件で有利不利は発生すると思われる。 参考の一助にしてほしい。 カスタムなどで練習して真空波動拳が確定する状況を身に着けよう! 下側にも強くなった判定 2020年4月27日のアップデートより真空波動拳の判定が下側に強くなった。 アップデート前は高低差のある段差の下側にはほぼ判定が無かったがある程度ヒットするようになった。 マップごとの段差上でのヒット可否について画像で解説する。 【近】と【遠】がとくに優秀 攻撃カードの中でも、【近】と【遠】の出が速くとくに相性がいい。 また、さまざまな性能が桜華忠臣とソルを足して2で割ったようなものになっている。 【桜華忠臣に似ているポイント】 ・防御力&体力倍率 ・通常攻撃速度 ・【近】の発動速度 ・ヒーロースキル 【ソルに似ているポイント】 ・攻撃力倍率 ・【遠】の攻撃速度 リュウの立ち回り 序盤 移動速度が増加するHAを即使用してBまたはCに向かう。 HA時のリュウはアタッカーとしては相当移動速度が速い部類。 最速でCに向かうことで味方スプリンターのサポートがしやすい。 とくにフルカノ構成の場合は敵をはがしやすいので積極的にCポータル取りやBポータル敵ドア対処に加わろう。 その後は状況にもよるがリュウのHSは超ダメージ系では最速で溜まるので早いうちから溜めてしまいたい。 Cポータルでの取り合いがある程度落ち着いたらHSを溜めに入ることを忘れずに。 中盤 有利な場合はHAをしっかり使用して早い移動速度で敵のポータル確保のジャマをする。 盤面不利の場合は思い切って真空波動拳で逆転を狙うのも悪くない。 リュウのHAは適用対象の【近・遠・連・周】を使用すると効果がなくなってしまい再度使用する必要がある。 カード威力や移動速度が落ちてしまうので カードを切ったらHA再使用を徹底するように。 中盤の混戦ではとくに忘れがちなので注意しよう。 終盤 ポータル数有利かつヒーロースキルゲージを溜めた状態で終盤を迎えられるのが理想。 少し距離をおいた位置から出の速い即死級ダメージを与えられるので、相手を倒しやすく、倒せなくともガードをわざと消費させることが可能。 時間稼ぎにはやや不向きなので、人数不利の状況に陥らないように注意したい。

次の

『カイリュー』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

カイリュウ 対策

244 なし カイリューの詳細評価 全体的に高い種族値 カイリューは全ての種族値がバランスよく高い。 そのため、CPも全ポケモン中でトップクラスの数値となっている。 ステータスの高さでゴリ押すことができるポケモンだ。 汎用性の高いドラゴンタイプ カイリューはドラゴンタイプを持っている。 弱点が少なく、軽減されるタイプも少ない。 ほとんどのポケモンと互角以上に闘えるので、使える場面が多く、汎用性が高い。 こおりタイプには注意 ほとんどのタイプと闘えるポケモンだが、こおりタイプだけは苦手。 こおりタイプの技だと2重弱点を突かれてしまうので、大ダメージを受けてしまう。 DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 132 48. 89 2. 7 1. 2 150 39. 47 3. 8 3. 3 132 33. 85 3. 9 2. 5 60 35. 29 1. 7 1. 00 0. 7 0. 00 3. 6 2. 00 3. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 132 2. 03 65 - 150 1. 88 80 - 132 2. 20 60 - 60 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 カイリューの対策ポケモン.

次の