問題ないでしょうか ビジネスメール。 「問題ない」の敬語表現は?上司や取引先への使い方、英語も紹介

「問題ない」の敬語表現は?上司や取引先への使い方、英語も紹介

問題ないでしょうか ビジネスメール

「問題ない」をそのまま使った敬語表現 「問題ない」を丁寧に使おうとする場合、「問題ない」をそのまま使って敬語表現にすることができます。 以下に3つの場合の表現を解説します。 同じ立場の相手には「問題ないです」 「問題ない」に単純に「です」をつけた「問題ないです」という言葉ですが、丁寧語として使うのには問題ありません。 ただし、少々フランクなイメージを持たれてしまう場合があります。 そのため、上司や取引先などの目上の相手よりも、同じ立ち場でも敬語で話をするような間柄の相手などに使うのにが適切な言葉だと言えます。 また、「問題ないでしょうか?」といった疑問を投げかける際の敬語としては、上司や取引先といった目上の人に使える言葉になります。 近い間柄の目上の人相手には「問題ありません」 「問題ない」の反対語「問題ある」を「問題あります」という丁寧語にして、さらに否定した言葉「問題ありません」。 少々ややこしい説明に感じますが、これも「問題ない」の敬語表現にあたります。 基本的には「問題ない」を丁寧語にした「問題ないです」とあまり表現方法は変わりませんが、「問題ないです」のようなフランクなイメージが持たれにくいため、目上の人にも使用しやすい言葉にはなっています。 近い間柄の上司などに使用するのが良いでしょう。 目上の人相手やメールでの使用には「問題ございません」 上記の二つの敬語表現よりも、さらにかしこまった言い方が、この「問題ございません」になります。 この表現が「問題ない」の敬語表現としては、最も丁寧な言い回しになりますので、遠い間柄の上司や取引先などの目上の人に使用するのには適切な言葉だと言えます。 逆に近い間柄の相手に使用した場合、距離をとっているような印象やよそよそしい印象を与えてしまう恐れもありますので注意しましょう。 また、ビジネスメールで「問題ない」を使用する場合、相手の反応が見えないため、相手にあわせて使い分けるよりも「問題ございません」と丁寧な表現で統一しておくのが無難です。 「問題ない」を言い換えたビジネスにおける敬語表現 「問題ない」には色々な類語がある 「問題ない」には「大丈夫」や「支障はない」、「差し支えない」などの「都合の悪い事情がないさま」を表現する言葉や、「非の打ち所がない」や「申し分ない」などの「成果などに対して不満がないさま」を表現する言葉など、数多くの類語が存在します。 「問題ない」を類語に置き換えることで、敬語として使う方法を以下で説明していきます。 確認したという意味の「大丈夫です」 「問題ない」を言い換えて使う場合に一番初めに頭に思い浮かぶのは「大丈夫」という言葉ではないでしょうか。 確かに「問題ない」の言い換えとして「大丈夫」は間違いではありませんが、目上の人に使う言葉として「大丈夫です」という言葉は問題ないのでしょうか。 その答えは「NO」です。 「大丈夫です」という言葉は丁寧な表現にはなりますが、どうしてもフランクなイメージのある言葉ですので、上司や取引先などの目上の人に使う言葉としては、ふさわしくありません。 そのため、目上の人に「大丈夫か?」などと尋ねられた場合も、「大丈夫です」ではなく「問題ありません」などの言葉で返答するようにしましょう。 日程などを聞かれた際の「承知しました」 「問題ありません」と「承知しました」は厳密には意味のことなる言葉ではありますが、「それでは、来週の月曜日でよろしいでしょうか?」などと予定の確認をされた場合に、「問題ありません」と答えても「承知しました」と答えても同じ意味になります。 ただし、「問題ありません」と言う言葉だと「問題がある場合もある」というイメージもあり、あまり良い印象の言葉とは言えませんので、無難に「承知しました」と答えるほうがよいでしょう。 いいですという意味の「結構です」 例えば職場で「この資料は破棄してもよろしいでしょうか?」と尋ねられた場合、「問題ありません」とも「結構です」とも答えることができます。 このように、「問題ありません」と「結構です」は、状況によっては同じ意味で使うことができます。 ただし「結構です」などの「いいです」という意味をもつ言葉には、上記のように「問題ありません」という意味だけでなく、「お手伝いしましょうか?」「結構です」のように「いりません」という意味合いもあるため、使用する際には注意が必要な言葉のひとつになっています。 「問題ない」の英語での敬語表現 「問題ない」を単純に英語で言い換えると「no problem」となります。 まとめ 「問題ない」という言葉を敬語で使う場合、相手との関係に応じて表現を使い分けるということを頭の中に入れておけばよいでしょう。 また、「問題ない」という言葉はさまざまな状況で使用できる、多くの言葉との言い換えが効く便利な言葉にはなりますが、状況においては失礼な言葉として捉えれられてしまう恐れもあるため、言い換えて使う場合には注意が必要な言葉になっています。

次の

「よろしかったでしょうか」ビジネスで確認する際の敬語表現と例文集

問題ないでしょうか ビジネスメール

「問題なければ」という表現を敬語で正しく使いたいとき、まずはこの言葉のどこに問題があるのかを考えてみましょう。 ずばりこの言葉そのものが敬語としては間違いです。 どういうことかは、前述したとおり、順を追ってご説明しながら例文や差し替え表現を検証していきます。 敬語は幾つかの種類に分かれます 日本語の敬語表現には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」とあります。 例文を使ってご説明していきましょう。 「もしも貴方が目上の方に申されるのが問題なければの場合です」という文章の中に「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」を織り込みました。 さて、貴方は直ぐに見分けることができたでしょうか。 もしも問題がなければ、順を追ってこの一文をご説明していきたいのですが、いかがでしょう。 この例文は問題なく成り立っているでしょうか。 それぞれの使い方 「尊敬語」とは相手を敬って使われる言葉になります。 前述した一文の中では「目上の方」と表現した部分です。 これを尊敬語なしの一文に替えてみましょう。 「目上の人」となります。 「謙譲語」の例えを見てみましょう。 「申される」という表現がありました。 こちらを何もなしに言い換えると「言うのなら」となります。 また、これを尊敬語に置き換えた場合でしたら「仰るようでしたら」と表現されます。 「丁寧語」とは主体が相手に対して敬意を表して使うものになります。 「です。 ます」で表される言葉です。 例えの中では「問題なければの場合です」の「です」という表現がこれに当たります。 つまり、この記事で用いられているものも文章も丁寧語に当たります。 では、この記事で問題の「問題なければ」の部分ですが、これは結論からすれば、敬語としては間違いで、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」どれにも当たりません。 メールでの使い方って? 「問題なければ」をメールで使いたい場合はどう書き起こせばいいのでしょうか。 メールなど文書のやり取りでの「問題なければ」は、この表現そのものを書き換えることです。 「問題なければ」という文言は実は敬語としては問題があります。 では、ビジネス文書のやり取りなどで「問題なければ」の意図を含んだ表現を使いたい場合はどんな文面を使用すればいいのでしょうか。 差し替えた表現を考えてみましょう。 「こちらで問題がないようでしたら」これはどうでしょうか。 基本としては同じ「こちらで問題なければ」という表現を使った一文ですが、印象が違うと感じませんか。 これは口語表現や文法を置き換えたためです。 「問題なければ」という文言を「問題がないようでしたら」と助動詞などを使って一部を差し替えて、問題なくビジネス文書に使用できる一文ができました。 上司に向かって使う場面では 自分の目上の人物に当たる上司に向かって、「問題なければ」を使いたい場合はどうすればよいでしょうか。 こちらも言葉を置き換える、もしくは助動詞などの表現に注意するが答えです。 差し替えた表現を見て行きましょう。 「この案件、こちらで問題なければ」。 ここまで見て来て頂いた皆さんにはもうお解りかでしょう。 これはNGです、この発言は目上の上司に対しての使い道としては問題があります。 「こちらで問題がないようでしたら」ではどうでしょうか。 「なければ」という表現を「ないようでしたら」という表現に置き換えました。 日本語の文法は助動詞一つの使い道で敬語になったりならなかったりします。 「問題なければ」をそのまま目上の上司に対して使えば問題ですが、「問題がないようでしたら」と助動詞を入れて丁寧語に置き換えることで目上の方への言い方として置き換えました。 「問題なければ」を敬語で表現した場合の例えは? ここまで順を追って「問題なければ」の問題点を見てきましたが、いかがでしょうか。 「問題なければ」という表現は敬語に当たらないので、敬語に置き換えたい場合は別の表現を用いることになります。 上司など目上の方に用いる場合も「問題なければ」とは使わずに丁寧語などの表現に置き換えることはご納得頂けましたでしょうか。 それでは次です。 「問題なければ」という表現に、そもそも他の言葉を用いることはできないでしょうか。 「差し支えなければ」を使って 「差し支えなければ」。 これが「問題なければ」の敬語表現としては一番適した置き換えに当たります。 見て行きましょう。 「問題なければ理由をお伺いしてもよろしいでしょうか」を「差し支えなければ」に置き換えます。 置き換えた文章を幾つかご紹介してみましょう。 「差し支えなければ理由をお伺いしてもよろしいでしょうか」正しい表現と敬語を使った一文ができ上がりました。 「差し支えなければ」は上記した敬語の種類で行くと「謙譲語」に当たります。 ですので、きちんと敬語表現として成り立ちます。 ですので、お客様など正しく筋と礼を表して言葉を選びたい場合には、丁寧語である「問題がないようでしたら」ではなく、「差し支えなければ」もしくは「差し支えがないようでしたら」と言葉を選ぶのが正しくなります。 「差し支えなければ」を使っていこう!.

次の

「差し支えない」の正しい敬語表現とは

問題ないでしょうか ビジネスメール

「問題ございません」の意味と使い方 「問題ございません」の意味は「問題ない」 「問題ございませんの意味は「 問題ない」という意味で使用される言葉です。 「問題ない」は「 大丈夫である・支障がない」ということを言い表しています。 つまり「大丈夫です」「支障がないです」と伝える丁寧な言い回しが「問題ございません」となります。 目上の人や取引先の相手といった敬意をはらうべき相手に、何かを確認されたときに「大丈夫です」と返事をする場面で「問題ございません」と使用します。 「問題ございません」はビジネスメールで相手の提案に賛同するときに使う 「問題ございません」は、「問題ありません」という言葉を「ございません」という丁寧語に言い換えた表現です。 上述したように「問題ない」には、「大丈夫・支障がない」といった意味があり、 目上の相手の提案に「大丈夫です」「支障ないです」と賛同する場面で使用されます。 特に、顔の見えないビジネスメールでは、「結構です」など冷たく感じられる返信をしてしまうと相手に思わぬ誤解をさせてしまう場合があるので、「問題ございません」と丁寧な言い回しで返信しておくことが無難です。 「問題ございません」は相手の不安・心配を払拭するときにも使う 「問題ございません」は、様々なニュアンスで使用され、 相手の不安・心配を払拭するときにも使用されます。 不安な気持ちがある相手に対して「問題ございません」と伝えることで「心配ないですよ」「大丈夫ですよ」というニュアンスで相手の不安を解消する目的で使用されることがあります。 「問題ございません」の敬語 「問題ございません」は正しい敬語 「問題ございません」は、上述したように「問題」という言葉と、「ありません」という丁寧語の打ち消しを使用した正しい敬語表現です。 「問題ございません」は「問題ありません」を丁寧に表現した言葉であるため、目上の人に対しても使用できます。 「問題ございませんでしょうか」は二重敬語 ビジネスシーンにおいて「問題ございませんでしょうか」と使われていることがありますよね。 実は 「ございませんでしょうか」は間違った表現です。 「ございませんでしょうか」は、「ありません」の丁寧語「ございません」+「だろう」の丁寧語「でしょう」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 「ございません」と「でしょう」はともに丁寧語のため、二重敬語となります。 「問題ございませんので」はそのまま行動を促すときに使う 「問題ございませんので」は、「 問題ないので」「 大丈夫なので」という意味でそのまま行動を促すときに使用する言い回しです。 相手に内容に問題がないか確認されたり、提案をされたというような場面での返事として使用されます。 例文 「ご提出していただいた企画の内容で話を進めていただいて問題ございません」 「はい、そちらの内容で問題ございません。 よろしくお願いいたします」 「先日ご提案いただいた工程で問題ございません。 何卒よろしくお願いいたします」 「問題ございませんでしたら」は「問題なければ」の意 「音大ございませんでしたら」は、「 問題なければ」という意味で相手に問題がないかを確認する場面で使用する言葉です。 相手に書類に不備がないかをしてもらう・企画書の内容を確認してもらうといった場面で使用されます。 例えば、「問題なければそのまま進めさせていただきます」といったように使用します。 目上の人に対しては、肯定の意味でも否定の意味でも「結構です」を使用するのはなるべく避けた方が良いでしょう。 なぜなら、元々身分の高い人が自分より身分の低い人に対して 「それで良い、十分である」と、許可を与える意味合いで使っていた言葉であるからです。 そのため、上から目線なニュアンスがあり、「結構です」は、一般的に目上の人が目下の人に対して使う言葉です。 「構いません」も冷たい印象 「構う」には、「世話を焼く」「気にかける」「気を使う」「からかう」とたくさんの意味が含まれます。 その中でも「構う」の否定形「構わない」は、「気にしない」「差し支えない」を意味しています。 「構いません」には 「許可する」「どちらでも良し」といった偉そうなイメージを持つニュアンスが含まれるため、取引先の相手や顧客など目上の人に対しては使用しない方が良いでしょう。 「構いません」は主に、同等や目下の人に対して使用します。 「問題ございません」の正しい言い換え 親しい目上なら「問題ありません」とOK 親しい目上の相手であれば、「問題ありません」という表現で問題ありません。 「問題ありません」は、 「ない」に丁寧表現である「ありません」を使用した表現であるため、親しい間柄であれば十分に丁寧な表現です。 「問題ございません」では逆に堅苦しすぎるという場合もありますので、使用する場面や相手によって判断しましょう。 例文 ・日程の件ですが、提示してもらった日程で問題ありません。 ・内容には問題ありませんのでそのまま印刷をお願いします。 「承知しました」は目上に使える敬語 「承知しました」の意味は、「 内容を理解して、聞き入れること」です。 相手の依頼や、希望、命令などを聞き入れる場面で、「承知しました」という使い方をします。 また、「承知しました」は、「わかりました」の謙譲語でるため目上の人にも使用できる表現です。 例文 ・ご希望の条件、確かに承知しました。 ・連絡先変更の件、了承しました。 つまり、「差し支えございません」は「 問題ありませんよ」「 いいですよ」を表します。 また、「差し支えございませんでしたら〜」という表現は、相手にただ何かを依頼するだけではなく、「都合が悪かったら断っても構いません」という相手に選択の余地を与えます。 「ことをなす妨げとなる物事」という意味のある「支障」という言葉に、「ありません」の丁寧語である「ございません」という否定の意味のある言葉をつけて「ことを進めるにあたって妨げとなるものではない」という意味になります。 例文 ・その件に関しては、そちらの内容で支障はございません。 ・この場所を来場者の荷物置きにしてもらっても使用はございません。 「心配には及びません」 「心配には及びません」は、「 心配するほどのことでもないですよ」「 問題ないですよ」という意味で使用される言葉です。 不安や気がかりを抱くことはないですよという意味で相手を安心させる意味合いで使われます。 例文 ・すぐにこちらで何とかしますので、心配には及びません。 ・少し休めばすぐによくなると思いますので心配には及びませんよ。

次の