ブラック ナイト 衛星。 1万3000年前のブラックナイト衛星、米フロリダに出現! その正体と目的は?

1万3,000年前の衛星「ブラック・ナイト」か!? 米フロリダに現れた巨大UFOの謎!!

ブラック ナイト 衛星

ブラックナイト(黒騎士の衛星)と呼ばれる謎の衛星をご存知でしょうか? ブラックナイトは人類が打ち上げた衛星ではなく、宇宙人が地球を監視する目的で飛ばしたUFOの一種と思われる謎の衛星なのです。 一説には、 ブラックナイト衛星は1万3,000年前から存在しているというのですから驚きです。 上の動画は2015年7月18日、米国フロリダ州のジャクソンビル上空に出現した黒い未確認飛行物体です。 ネットでは、 ブラックナイト衛星ではないか?と言われて話題になりました。 撮影者の女性は、最初は凧かと思ったそうですが、動き方が奇妙なので慌ててカメラで撮影したそうです。 偶然にも、ブラックナイト衛星の撮影に成功したのでしょうか? 当記事では、 ブラックナイト衛星の正体についても考察してみます。 1万3,000年前のブラックナイト衛星? 「ブラックナイト衛星か?」と話題になった動画から、謎の飛行物体を画像で確認してみます。 一見、フライング・ヒューマノイドか? 飛行している位置が低いので、一見すると凧のように見えます。 ただ、奇妙な形をしています。 フライング・ヒューマノイドか?と思われるような人型の姿にも見えます。 子機のUFOを飛ばした後、消えてしまう! 動画では、大きな飛行物体から、 小さな物体が3つ分離しています。 凧であるならば、分離することはありませんね。 黒い飛行物体はUFOの母船でしょうか? 注目されるのは、子機を分離させた後、母船も一緒に姿を消してしまうことです。 UFO動画では、たまに見られる現象です。 徐々に消えているので、機体を背景の空に似させて、カムフラージュしているのかもしれません。 正体はブラックナイト衛星か? この映像はその後、YouTubeで有名な「Secureteam10」のタイラー・グロックナー氏に託されました。 グロックナー氏に分析によると、謎の飛行物体の正体は、「13,000年前から地球の上空を周回している謎の ブラックナイト衛星である」としています。 衛星ならば、宇宙空間を周回しているはずですが、グロックナー氏は「ブラックナイトは、自らの意思で移動することも可能なのだ」と主張しています。 地上を調査する目的で、ブラックナイト衛星が地上付近まで降りてきたのでしょうか。 ブラックナイト衛星の目的は? ブラックナイト衛星と考えるならば、どこかの星から送り込まれている 地球外探査機となります。 その目的は何なのでしょうか? ブラックナイト衛星は、運用を終えた地球外の探査機? 1万3,000年前と聞くと、「 そんな昔に作られた衛星が存在するだろうか?」と思いますね。 でも、宇宙時間から考えれば1万数千年の時間は、たいして長い時間ではありません。 現在、人類も太陽系の惑星に探査機を送り込んでいますが、そのような技術を持った知的生命体が、1万3,000年前から存在していても、全く不思議ではないのです。 すでに運用を終えている探査機が、「 ブラックナイト衛星」と呼ばれて、地球の軌道を回っているのかもしれません。 ブラックナイト衛星の目的は観測活動? ブラックナイト衛星が自らの意思で移動できるならば、現在もどこかの星から遠隔操作されて、 地球の調査活動が行われている可能性はありますね。 地球の調査が目的ならば、通常のUFOと何が違うのか?と思いますが、ブラックナイ衛星は常時、観測衛星のように地球を周回し、気候などのデータを収集しているのかもしれません。 ブラックナイト衛星は、地上から1,000kmの宇宙空間を周回していると言われていますが、今回のように、必要があれば地上付近に降りてくることもできるわけです。 ブラックナイト衛星とは何か? ブラックナイト衛星について、Wikiには下記のように説明されています。 ブラックナイトは極軌道近くで地球を周回しているとされる、存在の疑わしい物体。 一説ではおよそ13,000年前から存在し、地球外生命に由来するとされる。 1954年に米国の新聞に掲載された「 アメリカ空軍が地球を周回する2つの衛星の存在を報告した」という記事が、ブラックナイトの存在が知られるようになった発端です。 ブラックナイト衛星は、「地球外生命に由来し、13,000年にわたって地球を周回している」という、まるで都市伝説としか思えないような衛星なのです。 ブラックナイト(黒騎士の衛星)の名前の由来 ブラックナイトは、 黒騎士の衛星とも呼ばれています。 このカッコイイ名前の由来は何でしょうか? 中世のヨーロッパ社会では、領主に雇われている騎士と、雇い主を持たない浪人のような騎士がいました。 雇い主を持たない騎士は、黒騎士と呼ばれました。 このため、ブラックナイト衛星は、 地球上のどの国にも属さない衛星という意味を持っているそうです。 黒い機体のイメージも相まって、ぴったりの名前ですね。 NASA撮影のブラックナイト衛星画像 これはNASAが撮影した ブラックナイト衛星の画像です。 1998年、国際宇宙ステーション計画のSTS-88ミッションの中で撮影された物体が、 ブラックナイト衛星であるという説が広く主張されました。 しかし、この画像の正体は、これは船外活動の間に船体から放出されてしまった サーマル・ブランケット(熱遮断用の布)である可能性が高いとされています。 地球の大気圏外には、このような 宇宙ゴミ(スペースデブリ)が無数にあるので、それらがブラックナイト衛星として誤認されているのかもしれません。 また、宇宙人が飛ばしている衛星ではありませんが、軍事用の偵察衛星などは極秘に打ち上げられているので、 公表されていない衛星が宇宙空間に存在していることは事実です。 それをアマチュアの天体観測家が発見し、ブラックナイト衛星しているケースもあるかもしれません。 噴射しているブラックナイト衛星の画像 ブラックナイト衛星について、少し懐疑的な見解を紹介しましたが、ネットでは上の画像のように、 エンジンから火を噴射しているブラックナイト衛星の画像も見られます。 これについては、 光の反射でそのように見えるだけ、と説明されることが多いようです。 とはいえ、 ライトが灯っているような箇所も見られるので、この画像については何とも言えませんね。 UFOがブラックナイト衛星のように見えているのでしょうか? ブラックナイト衛星の解説動画.

次の

ブラックナイト衛星の正体や現在の場所は?その意外過ぎる真実を紹介!!

ブラック ナイト 衛星

解説 ブラックナイト(黒騎士)の名称の起源は明らかではない。 本来の「」とは、を塗りつぶし出自を明らかにしていないを指す言葉である。 「人類の手によらないが地球を周回している」というミステリーの発端は、に ()との2紙を含む新聞に掲載された、が地球を周回する2つの衛星の存在を報告したとする記事である (この当時、人類はまだ衛星の打ち上げに成功していない)。 これにはの発見で知られる天文学者も関わっているとされた。 この記事は、研究家のの書籍『 ()』の内容にトンボーの研究内容を組み合わせたもので 、書籍の記事だという見方もある。 当時のトンボーは軍の依頼によって、宇宙開発の障害となる自然天体の有無を調査していた。 2月、「がから79度傾いた軌道を104. 5分で周回している暗く回転する物体を発見した」との記事が新聞に報じられた。 物体はかなり特異な軌道を持ち、が1728キロメートル、はわずか216キロメートルであるとしている。 この物体は、世界のどの国からも所有を表明されなかった。 後の公開情報によれば、当時のアメリカ海軍は非常に似た軌道へ打ち上げられた(ディスカバラー8号)の「落下した部品」を追跡していたとされる。 ディスカバラー8号は1960年5月に大気圏に再突入して燃え尽きており、同時期に周辺の破片も大気圏内に落ちたと考えられる。 、のSF作家 ()はに検出された異常な電波信号の記録を解析し、信号はからの近くに存在していたから送信されたメッセージで、探査機の起源は(イザール)であると推定した。 これが引用され「ブラックナイト衛星は地球外生命に由来し、13,000年にわたって地球を周回している」という説の根拠とされている。 しかし当時のルナンは探査機の位置を月と地球のトロヤ点(のL4またはL5)としており、地球を周回する衛星の存在については言及していない。 ブラックナイト衛星については、自分とは無関係のナンセンスとにコメントしている。 に行われた計画のミッションにおいて写真撮影された物体が、ブラックナイト衛星であるという説が広く主張されている。 しかし、これはの間に船体から外れてしまった熱ブランケットである可能性が高い。 宇宙開発の ()によれば、ブランケットは軌道を離れて落下し、約1週間後に燃え尽きたという。 2015年6月14日閲覧。 2013年8月8日. 2016年3月8日閲覧。 2013年6月4日. () Podcast. Skeptoid Media Inc.. 2014年3月10日閲覧。 Armagh Planetarium. 2015年6月14日閲覧。 Editors 1960年3月7日. TIME Magazine. 2014年4月9日閲覧。 Michael S. Collins and the Winterwind staff. Winterwind Productions. 2015年8月23日閲覧。 James Oberg 2014年10月21日. 2016年3月8日閲覧。

次の

1万3000年前のブラックナイト衛星、米フロリダに出現! その正体と目的は?

ブラック ナイト 衛星

動画を見てもらう前に「ブラックナイト衛星」について説明しよう。 地球付近を周回する人工衛星はその全てが人類が作り上げたものであるはずだ。 ところが、人類の手によらない、すなわち地球外知的生命体が飛ばしているとされているのがブラックナイト衛星で、一説ではおよそ13,000年前から存在していると言われている。 ミステリーが加速するこの衛星は実在すると信じたい人は、今日もその影を追い求めている。 そこでこの動画だ。 イギリスのアマチュア天文家が今年9月に天体望遠鏡で月を観測していたときに偶然映り込んでいたものだという。 その形状が、我々が想像するブラックナイト衛星そっくりの形なのだ。 Classic "Flying Saucer" Captured Passing The Moon By Amateur Astronomer. Berkshire, England この映像を撮影したのは、イギリス・バークシャー州のジェイソン・カラム氏だ。 彼はいつものように天体望遠鏡で月を観測していた時、奇妙な黒い物体が横切っているのを偶然目撃したという。 黒い物体は画面向かって右から左側の方向に移動しているのがわかる 果たしてこの物体は? 地球外生命体がもたらした、地球を周回する人工衛星「」なのか? それとも陰謀論者たちが噂するところのNASAの機密機器なのか?.

次の